« 「サラシア牛丼」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(5-1)「あさりのスパゲティ」 | トップページ | 今しかできない! 梅雨の手仕事を楽しみましょう »

2018年6月10日 (日)

「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」

 今朝のテレビ「もしもツアーズ」で「佐島のタコ」を取り上げていた。
https://www.fujitv.co.jp/moshimo/
・ゆでタコ → コショウでいただく
《うりんぼう》
・夏蛸のちらし寿司
 オリーブオイル、醤油、レモン汁、花椒(ホワチヤオ)

http://fashionpressblog.com/2018/05/20/tv-1364/

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「京都 宇治市」「抹茶」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0148/
《京都 宇治茶房 山本甚次郎》1848年創業 山本晃一郎さん
《菓匠 京山》佐々木勝
☆獨楽、冬椿、花菖蒲、ひまわり、里の柿、めじろ
※”本ず”:ヨシズとワラで遮光する。
*覆下(おおした)栽培:
 新芽の生育中に一定期間日光を遮って育てる方法。
 日光を遮ると緑色が濃くなる。葉は少ない光で光合成をするため葉緑素が増え、緑色が濃くなる。
 日光を浴びるとうま味が渋味に変わる。日光を遮りうま味を残す。
*寒冷紗(かんれいしゃ):
 ”本ず”に代わるものとして開発された化学繊維。
 紫外線は”本ず”の方がカットする。
*茶摘み:
 新芽を2週間ほどで手摘み収穫
*お茶農家のお点前
 最初に少量の水で混ぜる。そして、熱湯を注ぐと適温、約80度になる。
 茶せんを浮かせて混ぜると泡の花が咲く。
*蒸機
 茶葉を蒸し、酸化を止める。
*散茶機
 茶葉を巻き上げ、冷やし、水分を飛ばす
※堀井式碾茶(てんちゃ)乾燥炉(1925年建造)
 大正時代の生まれた歴史ある乾燥炉
※香ばしい香り ホイロ香
 甜茶を石臼でひく→抹茶
・抹茶水ようかん
・初夏宇治の風景
 宇治の郷(茶畑)、砂ずりの藤(平等院)、薯蕷(じょうよ)饅頭 あじさい

 「TVチャンピオン 極 ~KIWAMI~」は、「ココイチ王選手権」。
http://www.bs-j.co.jp/tvchamp/special/
*スパイシー丸山
*高桑蘭佳
*山下圭太
*安達大祐
《西枇杷島(にしびわじま)店(1号店)》
・ポークカレー 484円 ライス 300g 辛さ 普通
・ソーセージ 290円
・スクランブルエッグ 154円
・チーズ 217円
・なす 154円
・半熟タマゴ鶏つくね 329円
・ココイチの黒部ダムカレー 927円
・手仕込みひれカツカレー
・ネバネバ三昧カレー
・トマトアスパラカレー
《カレーハウス CoCo壱番屋 虎ノ門三丁目店》東京都港区
・ポーク 484円、3辛 63円、500g 206円、ゆで卵 72円、なす 154円、手仕込みささみカツ 456円、合計1,435円
・ビーフカレー 597円、やわらかポーク 350円、なす 154円、ソーセージ 290円、合計1,391円
・ロースカツカレー 690円
・ハンバーグカレー 638円
・エビにこみカレー 690円
・チキンにこみカレー 722円
・トマトアスパラカレー 690円
・フィッシュフライカレー 638円
・スクランブルエッグカレー 638円
・納豆カレーナらっきょう 669円
・ほうれん草カレー 710円
・イカカレー 690円
・フライドチキンカレー 722円
・パリパリチキンカレー 774円
・ポーク三昧カレー 1,441円
・ビーフ三昧カレー 1,317円
・ベジタリアンカレー 500円
・ハーフソーセージカレー 499円
・ビーフカツカレー 844円
・エビカツカレー 916円
・たっぷりあさりカレー 664円
・豚しゃぶカレー 742円
・きのこカレー 690円
・チーズカレー 701円
・野菜三昧カレー 1,090円
・手仕込みとんかつカレー 947円
・エビカツカレー 916円
・チーズインハンバーグカレー 792円

https://www.facebook.com/pg/cocoichicurry/posts/

 「もらい酒 みなと旅2」は、「水道橋」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1164705/
《焼肉 京城》
 始めて近江牛を出す事を認可された焼肉店
・豪快!ハラミステーキ 2,160円
・特選 炙りロース 2,052円
・マッコリ 1,500円(ボトル)
「千代田区神田」
 東京3大野球居酒屋
 《あぶさん》四谷、《野球小僧》日本橋
《リリーズ神田スタジアム》
・赤ヘルトマト
・東京DoMEサラダ 626円
・鳥ネギチャーシュー
*料理芸人 いけや
・いけや流カナッペ
 クラッカー 1枚、クリームチーズ 1パック、塩昆布 適量

 「西内花月堂」より、楽天メール。「世界のミックスナッツ」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/nishiuchikagetsudo/se-mixnuts250/?scid=me_ich_pcn_301_20180610_6364680_001

 映画「用心棒」を見に行く。
 「TOHOシネマズ」は、6月15日(金)~21日(水)は、映画が1,100円なんだね↑↑↑
https://www.tohotheater.jp/
「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」

 チケットを買って、「LOTO6」、「LOTO7」、「TOTO BIG」を買いに行く。
 映画館に戻り、座って待つ。
 やがて開場。黒澤映画って、どなる場面が多いね。腕を着物の首の所から出すのも、黒澤流?
「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」

世界のミフネが一世一代の当たり役を演じた痛快時代劇
 二組のやくざ一家が争いを繰り返している上州の宿場町。そこにふらりと現れた凄腕の浪人、桑畑三十郎と名乗るその男は、双方の親分に自分を用心棒に雇わんかと売り込みをかける。不敵な笑みを浮かべる三十郎の真の狙いとは一体?
監督:黒澤明
出演:三船敏郎、仲代達矢、司葉子、山田五十鈴、加東大介、志村喬
1961年/モノクロ/110分/日本

「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」

 帰宅途中、「吉野家」に寄り、「サラシア牛丼」480円のところ380円を食べる。スタンプを集めているんです!
「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」

 「吉野家」って、チェーン店だけど、店によって味が違うんです・・・今日食べた「サラシア牛丼」は、イマイチだった。肉は硬い詩、味は濃いし・・・煮詰まっている感じ。
 昨日のお店のは、出来立てって感じだった!タイミングによって、味が違っちゃうんだろうな!!!
https://www.yoshinoya.com/

 「イーオン」に寄り、売り出しの「TVぶなしめじ Wパック」105円、それに「納豆」48円を買う。納豆の表示が見にくくて、高い納豆を買いそうになった!!!

 「ビッグ富士」に行く。「キャベツ」105円、「木綿豆腐」41円、「こんにゃく」47円、それに売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」137円を買う。
 「明治ブルガリアヨーグルト」だいぶ前は500g入っていたのに、ちょっと前に450gになった。今日、買おうと持ち上げたら軽く感じた。見たら400gとなっている!!!どんどん内容量が少なくなっているんだね!!!実質的値上げだ!!!

 そして、帰宅。
 アサリを冷蔵庫から出し、蜂蜜を入れてしばらく置きましょう。

 夕方は、「所さんの目がテン!」でやっていた「ホンビノス豆腐」ならぬ「アサリ豆腐」で一杯といきましょう!!!
 ホンビノス貝はハマグリよりも味が濃い。調味料などを入れず水で煮る「ホンビノスのお吸い物」や、豆腐・酒・しょうがスライスなどと煮込み調理した「ホンビノス豆腐」を紹介。茹で身を取り出し薄力粉・卵・パン粉をつけて揚げたフライは身の縮みが少なく安価なホンビノス貝ならでは。
①豆腐・しょうがスライス・日本酒・ホンビノス貝を鍋に入れる。
②しょう油で軽く香りづけする。
③ねぎをちらして出来上がり。

http://kininaruthing.com/11362.html
 ホンビノス貝の代わりにアサリを使ったんです。本当に、ハチミツを入れて、砂出しをするとアサリがおいしくなる!!!
「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」

 豆腐は、今日買った木綿豆腐。
にがり寄せ 木綿
350g
100g当たり72kcal
製造者 有限会社 浜松西川屋
浜松市東区笠井新田町1482番地1
TEL 0120-73-5561

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「えぞしかほうじ茶佃煮・雪もみじ」(北海道)の引用♪
大切な命 名物食材に
 近年、農作物に被害を及ぼす害獣を、土地の名産食材として活用する自治体が増えている。最も盛んな北海道ではエゾシカが多く、保護と狩猟の共生策を志向するエゾシカ協会も設立。会員企業ではさまざまな製品を開発するが、なかでも人気が玉木商店(お茶の玉翠園)の「えぞしかほうじ茶佃煮・雪もみじ」だ。
 同社は昭和8(1933)年創業の茶問屋。「お茶をよりおいしく味わうには、良質の水も不可欠で、湧水を生む森林資源を守ることが家訓」と、社長の玉木康雄さん。そのため、自然バランスを崩すエゾシカの増加を抑えるため、自ら30年近く厳冬期に狩猟を行ってきたという。
 「せっかくいただいた命ですから、おいしく食べることで恵みのすばらしさを、より広く啓発したい」との考えから、自家焙煎の特製ほうじ茶でじっくりと炊き上げ佃煮にすることを企画。地元の畜産、食品企業とコラボして開発したのがこの商品だ。
 くせの少ない優しい味わいだが、シカ肉独特の風味と適度な歯応えを残しているのもいい。北海道庁主催のエゾシカレシピコンテストでは、これをベースにネギ味噌を加えた料理を提案し優勝。旨さ、お墨付きである。
●(株)玉木商店
北海道札幌市中央区南1条東1の1
TEL 011-231-1500
FAX 011-231-1502
えぞしかほうじ茶佃煮・雪もみじ(120g)972円(送料別途)
※商品名は肉の旨くなる秋から冬をイメージ

http://www.gyokusuien.co.jp/

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「イシモチ」の引用♪
石を持って愚痴る!?
 この魚の「へ」と呼ばれた浮袋を煮てにかわの原料にしたことが「ニベ」の語源だとか!そっけないことを示す「にべもない」の「ニベ」と同じなんだそうです!!
・科属:スズキ目ニベ科シログチ属
・漢字名:石持/白愚痴
・英名:siliver croaker / white croaler / silver jewfish
 梅雨時になると気になる、涼やかな印象の魚がいる。パールホワイトの細かなウロコがきらきらして、丸みを帯びた姿形もたおやか。ただし、頑丈そうなきざきざの歯は肉食獣めいている。初夏から夏の釣り魚としても人気が高いイシモチだ。
 一般的に標準和名イシグチという魚を指すとされるが、同じ科のニベもまとめてイシモチと呼んでいたりする。西日本では単にグチと呼ばれることも。
 魚名というのは実に厄介だ。地域で呼び名が変わるだけならまだしも、同じ名前なのに違うものを指していたりする。学名に対応する標準和名も定められてはいるが、なじみが薄かったりすると、これがまた混乱のもとにもなる。
 ともあれ、魚名の由来は単純なものが多い。イシモチの名は、大きな耳石を持つから。魚の頭部には平衡感覚をつかさどる耳石があるが、イシモチのそれは目立って大きい。
 シログチは白いグチで、グチの由来は、釣り上げられたときにグーグーと浮袋を鳴らし、愚痴のように聞こえるから。どちらにしても、このきれいな魚に、なんとも無粋な名前を付けたものだと思ってしまう。
 容姿だけでなく、味も涼やか。ぽってりした白身はやわらかく、くせがなくて旨みはしっかりしている。うっとうしい季節、塩焼きですっきりと味わいたい。

本日のカウント
本日の歩数:9,698歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「サラシア牛丼」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(5-1)「あさりのスパゲティ」 | トップページ | 今しかできない! 梅雨の手仕事を楽しみましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66815042

この記事へのトラックバック一覧です: 「用心棒」、そして「えぞしかほうじ茶佃煮。雪もみじ」:

« 「サラシア牛丼」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(5-1)「あさりのスパゲティ」 | トップページ | 今しかできない! 梅雨の手仕事を楽しみましょう »