« 「椿三十郎」、そして「いだだきます おうちで居酒屋メニュー」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「ニラレバ炒め」 »

2018年6月24日 (日)

「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「山形・月山 山に暮らすマタギと初夏の山菜取り!」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0150/
*マタギ 今野信秋さん
 ウルイ、フキノトウ
《お座敷天婦羅 天孝》東京・神楽坂(新井均さん)
☆東京湾産あなご
☆車海老のヒゲ
☆小柱の海苔巻き
※石跳川(いしばね)
・山ウド:ウコギ科の多年草。傾斜地を好み大きなものは3mにもなる
(※白ウド:遮光した地下などで栽培された真っ白なウド)
・山ウドの酢味噌和え(野生の風味)
・コゴミのサラダ
・フキノトウ
・月山筍(根曲がり筍):笹の一種、チシマザサの新芽。標高1300m。
《清水屋旅館》
☆山菜御膳(コゴミの胡麻和え、イワナと行者ニンニクのたまり漬け)
・月山筍のあなご巻き
・山ウド、タラノメ、コゴミの天ぷら
・山菜のかき揚げ天丼
※山菜のアク抜き
 加熱すると細胞壁が壊れ、えぐみや苦味の成分が溶け出す。
 ゆでるとアクとともに香り成分も溶け出す。
※天ぷらのアク抜き
 アクは油に溶け出すが香り成分は残るため、山菜の香りを生かすことができる。

 「博多華丸のもらい酒 みなと旅2」は、「武蔵小山」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1168600/
《ドスコイ酒場 西海》ちゃんこ店
☆ドスQ 594円
☆刺身盛り 2,376円
・ちゃんこ鍋 しお味(2人前) 5.400円
・ドスコイ唐揚 626円
・日本酒
・生ビール 大 (800ml)
・お通しのもつ煮込み 356円
《米食米酒 穂のか》日本酒専門店
☆田光純米吟醸(三重)
☆はなざかり純米酒(岐阜)
☆六歌仙ひととき ロゼ
☆シンプル厚焼玉子 918円
☆メンチカツ 1,458円
・純米超辛口「開春」発泡酒(島根)
・焼き味噌 5種 810円
(明太子、じゃこ、柚子胡椒、酒盗、胡桃)

 先日の「タモリ倶楽部」は、「レトルトカレーが30種超え!無印良品カレー王国の謎」。
https://readymade-net.com/440/jimon-29-mujirushi-curry/
*無印良品:年間300万食、素材を生かしたカレー、バターチキン
※パニール マッカニー、プラウンマサラ、サグチキン
・2009年発売 バターチキン 北インド
・2006年発売 キーマ 北インド
・2018年発売 チキンとごろごろ野菜のスープカレー
・2017年発売 チキンシャクティ 南インド
・2017年リニューアル プラウンマサラ 南インド
・2017年発売 スパイシーチキン 北インド
・2015年発売 国産りんごと野菜のカレー 日本
・2000年頃発売 グリーン タイ
・2016年発売 ジンジャーパネン タイ
・2017年発売 豚肉と玉ねぎのカレー 日本
※3種の唐辛子とチキン

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「地ビール&おつまみセット」の案内♪
https://m3.rakuten.co.jp/suigodori/fath04/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/byhrw/4/76mi0/

 今朝の朝刊の折り込みチラシに「期間従業員募集」が入っていた!
正社員登用制度あり
・仕事 四輪・パワープロダクツ製品などの製造にともなう諸作業(組立・機械加工など)
・時間 交替制勤務(2交替または3交替)もしくは平常勤務
・休日 年間121日(原則土・日 ※当社カレンダーによる)、有給休暇、各種特別休暇有り
「本田技研工業(株)トランスミッション製造部」
浜松市中区葵東1-13-1
TEL 0120-735-107

http://www.honda-employee.com/

 今日は、日曜日だけど仕事・・・・。

 仕事を終え、ちょっと遅い昼食に向かいましょう!
「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」

 「晴美」にて昼食。入店すると、テーブルが空いていたが片づけられていない。カウンターも2人座っていたが、1席片付けられていない・・・。お客さんにはすべて配膳され、皆さん食べているのに何なんだろう???店員さんがサボっている???
 とりあえず、以前、テレビの「博多華丸のもらい酒 みなと旅」で、博多華丸さんが座っていたテーブルに座る。店員さんがなかなか出てこないので、「すみませ~ん!!オーダー、お願いします!」と呼んでみた。
 店員さんが出てきて、「1人ならカウンターにして下さい。」と言われた。でも、以前、片づけてない席に座ったら、食べ終わた客と間違えられて、オーダーも聞きに来なかったお店があったんだよね!!!
「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」

 カウンターに移動し、「カツ丼」860円を注文。「中華そば」は540円だね。「エビサラダ」650円もいいかも!!定食なら970円!
 配膳されるのが遅いね・・・!!!初めからいた人はみんな食べているジャン!と思ったら、へぇ~!2階があるのかぁ~!
 やがて配膳される。
 肉はスジが多いし、タレは甘ったるいね・・・。本当に「カツ丼」が有名な店なんだろうか???
静岡県浜松市西区舞阪町舞阪2074-1
TEL 053-592-0408
営 11:00~14:00、16:30~20:00
休 火曜日、第3水曜日

https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22009281/
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g303148-d7447020-Reviews-Harumi-Hamamatsu_Shizuoka_Prefecture_Tokai_Chubu.html
https://retty.me/area/PRE22/ARE337/SUB33704/100001270372/
http://snap.hamazo.tv/e6849735.html

 「ビッグ富士」に買い物に寄る。
 売り出しの100g192円の「チリ産 サーモントラウト(刺身用)」328円の物、「明治ブルガリアヨーグルト」137円、それに、「国産若鶏レバー」100g41円で136円の物、「真いわし丸干し」213円のところ305引きで149円を買い帰路に就く。

「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」

 途中、「LOTO 6」、「LOTO 7」、「TOTO BIG」を買う。

「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」

 帰宅して、「チリ産 サーモントラウト(刺身用)」で一杯♪

 『ふれ愛交差点』2018年3月号の「おいしいもの見つけた!」より、「チリ産銀鮭」の引用♪
【鮭とじゃがいも、コーンのバター蒸し焼き】(377kcal)
春野菜と蒸し焼きに。厚切りタイプを使えば食べこたえもアップ
『材料』(2人分)
・チリ産銀鮭(切身・甘口)・・・2切れ
・春キャベツ・・・200g
・新じゃがいも・・・2個(100g)
・ホールコーン・・・1/2カップ
・酒・・・大さじ2
・塩・・・少々
・バター・・・20g
・こしょう・・・少々
・水・・・大さじ5
・細ねぎ(小口切り)・・・適量
『作り方』
①鮭は酒をふって5分ほどおき、出てきた水気をペーパータオルでふく。
②キャベツは大きめにちぎる。じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま厚さ8mmの輪切りにする。
③直径26cmほどのフライパンか、浅めの鍋にじゃがいもを並べて塩をふり、キャベツ、鮭、コーンの順にのせる。バターをちぎってのせ、こしょうをふり、水をまわしかける。
④ふたをして中火にかけ、煮立ってきたら、そのまま10分蒸す。器に盛り、細ねぎをちらす。
POINT
 火の通りにくいじゃがいもを一番下にして、他の具材を重ねます。バターは全体に行き渡るように、ちぎってところどころにのせます。
【鮭とアスパラのガーリックこしょう炒め】(339kcal)
ピリッとこしょうがきいて、ごはんがすすみます
『材料』(2人分)
・チリ産銀鮭(ぶる切り・甘口)・・・200~250g
・グリーンアスパラガス・・・4本
・たまねぎ・・・1/2個
・しめじ・・・1/2パック(50g)
・酒・・・大さじ2
・A
 にんにく(粗いみじん切り)・・・1かけ分
 粗挽き黒こしょう・・・小さじ1
・サラダ油・・・大さじ1と1/2
・B
 しょうゆ、みりん・・・各小さじ1
『作り方』
①鮭は酒をふって5分ほどおき、出てきた水気をペーパータオルでふく。アスパラガスは、皮をピーラーで縞目にむいて長さ4cmに切り、たまねぎは6等分のくし形切りにする。しめじは小房に分ける。
②フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、鮭を入れる。両面を2~3分ずつ焼いて、一度取り出す。
③②のフライパンをサッとふき、残りの油を入れる。Aを加えて軽く混ぜ中火にかけ、香りが出たらたまねぎ、アスパラガス、しめじを入れて2~3分焼きつける。
④野菜の上下を返し、②を戻し入れてサッと炒める。Bをまわしかけ、1分ほど炒める。
【鮭のムニエル きゅうりとパプリカのタルタルソース】0(0427kcal)
ふっくら焼いた鮭に、シャキシャキ食感のソースがよく合います
『材料』(2人分)
・チリ産銀鮭(切身・無塩)・・・2切れ
・きゅうり・・・1/2本
・パプリカ(赤)・・・1/4個
・A
 白ワイン(または酒)・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/2
 こしょう・・・少々
・薄力粉・・・大さじ2
・サラダ油・・・大さじ2
・B
 マヨネーズ・・・大さじ3
 からし、レモン汁(または酢)・・・各小さじ1
 塩、こしょう・・・各少々
・サニーレタス・・・適量
『作り方』
①鮭はAをふって10分ほどおき、出てきた水気をペーパータオルでふき、薄力粉をまぶす。サニーレタスは食べやすくちぎる。
②きゅうりはところどころ皮をむいて5mm角に切り、パプリカも5mm角に切ってボウルに入れる。Bを加えて混ぜ、タルタルソースを作る。
③フライパンに油を中火で1分ほど熱し、①の鮭の薄力粉をはたいて入れる。焼き色がつくまで4~5分焼き、上下を返してさらに3分焼く。サニーレタスとともに器に盛り、タルタルソースをかける。
POINT
 白ワインと塩、こしょうで、下味をしっかりとつけます。出てきた水分をふき取るころで臭みも取れます。

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「マグロくん」(和歌山県)の引用♪
子供が喜ぶ楽しい発想
 「熊野三山」と呼ばれる熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社と、参詣道・熊野古道は世界遺産で有名だが、そのお膝元のひとつ和歌山那智勝浦町は、国内屈指の遠洋マグロ漁船基地としても知られる。
 勝浦港に水揚げされた後「紀州勝浦産」ブランドで各地に出荷されるが、もちとん地元の名物でもある。これを料理だけでなく「日持ちするカマボコに」と考えたのが熊野フードファクトリー。那智川沿いに、温泉施設を併設した大規模直売店を構える県内有数の練り物メーカーだ。
 施行錯誤の末、完成したのが「マグロくん」。マグロとタラなどを原料に作ったカマボコを、さらに油で揚げた”カマボコの天ぷら”。「魚の苦手な子供さんにも食べてほしいとの願いも込めて開発したもので、黒糖が隠し味。しっかりとした甘みがあり、おやつにもなります」と、社長の南陽一さん。
 この発想が喜ばれ、ご当地の味自慢を主婦が選ぶ、よしもと47シェフランで金賞を受賞。長さ7cmほどのかわいい魚形、パッケージの面白さ、一口ならぬ「2口サイズ」の表示なおd、意表をつく商品作りが受け、人気随一の土産品という。
●(株)熊野フードファクトリー
和歌山県那智勝浦町市野々3917
TEL 0735(55)0088
FAX 0735(55)0181
マグロくん10個入り(240g)税込み1080円(送料別途)
※他にカマボコ製品は多彩

https://www.kamasen.jp.net/

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「スルメイカ」の引用♪
なじみの肴 いまや希少
 「スルメ」はイカを開いて干したものの総称でもあります。「一番スルメ」といえばケンサキイカで、スルメイカの干物は「二番スルメ」なのだとか!
・科属:ツツイカ目アカイカ科スルメイカ属
・漢字名:鯣烏賊
・英名:squid (Japanese common squid)
 イカといえば思い出すのが、八代亜紀の「舟唄」。「お酒はゆるめの燗が・・・肴はあぶったイカで・・・」としみじみ歌われると、香ばしいにおいまで漂ってきそう。このイカの種類はたぶんスルメイカだ。日本人にとって最もなじみ深いイカの代表格。
 昔は干したスルメをストーブの上で焼いたものだ・・・などと想いを馳せていると、うっかり冬の味覚のような気がしてくるが、間違えてはいけない。スルメイカの旬は初夏から夏だ。
 もちろん魚介類の旬は一概にはいえない。スルメイカも獲れる時期や場所は移り、全体的に見れば通年出回る。冬生まれ、秋生まれ、春夏生まれの三系統があるともされ、漁期は長い。
 それでも、やはりメインは6月頃から。函館などスルメイカ漁が盛んな港では、夜ごと集魚灯を吊るしたイカ釣り船が出漁する。暗い水平線に漁火が連なる光景は、美しい風物詩だ。
 獲れたてのスルメイカは身が透き通り、コリコリしている。これはもう細切りにして「イカそうめん」として味わうのが一番。スルメイカはワタが大きいので、塩辛にもいい。
 近年は不漁の話題を耳にする。ありふれていたはずのスルメイカも希少になってきた。格上とされるヤリイカやケンサキイカ並か、もっと高価になる可能性も。移ろう海模様に、改めて海の恵みという言葉を思う。

本日のカウント
本日の歩数:5,514歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「椿三十郎」、そして「いだだきます おうちで居酒屋メニュー」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「ニラレバ炒め」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66865173

この記事へのトラックバック一覧です: 「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」:

« 「椿三十郎」、そして「いだだきます おうちで居酒屋メニュー」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「ニラレバ炒め」 »