« JRさわやかウォーキング「〜静岡DC記念〜 ぶらり浜松ウォーキング〜家康公祭りを訪れ偉人の歴史に触れよう〜」、そして「栗焼酎 ダバダ火振」 | トップページ | 「冷やし中華にマヨネーズ」そして、「いただきます バラエティー麺」 »

2018年6月 3日 (日)

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「金沢 加賀料理×九谷焼」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0147/
《懐石 つる幸》河田康雄
☆鯛の唐蒸し
☆はす蒸し
☆かぶら寿し
*九谷焼
 久谷五彩:九谷焼に用いられる基本の色「緑・青・赤・黄・紫」
・久谷庄三作「龍花卉文農耕図盤(りゅかきもんのうこうずばん)」
・久谷庄三作「色絵花鳥図大平鉢(いろえかちょうずおおひらばち)」
・武腰潤作「夏の野大皿」 25万円
※三度おいしいのが加賀料理
<伊野正峰の展示テント>
・人間国宝 三代 故 徳田八十吉「碧明耀彩花瓶(へきめいようさいかびん)」
・人間国宝 吉田美統(みのり)「釉裏金彩牡丹文花花瓶(ゆうりきんさいぼたんもんかびん)」
 物を見る時、左上から右下に目線を動かす傾向がある。目立つ柄を左上に配置し、左上から右下へ盛り付ける。
<泰山窯>武腰 潤さん
※たたら作り:板状の土を型に押し当て器に成形していく。
・「鴾共々の四稜壺」
※線描:黒い顔料「能登呉須(のとごす)」を使って輪郭を描く。
 上絵付け:焼くと様々な色に変化する釉薬をのせる
・「翡翠憩(かわせみいこう)横長香炉」
・「翡翠番(かわせみつが)い耳付き長瓶」
・「翡翠の絵の耳付き長瓶」
・「翡翠の碗」
・鴾の六角絵皿」
・「牡丹の台皿」
*古九谷「色絵牡丹蝶文大皿(いろえぼたんちょうもんおおざら)」(江戸時代・作者不明)
※釉薬:粘土に混ぜる金属質(鉄・銅・マンガンなど)によって色が変わる。
*加賀野菜
 加賀太きゅうり
★日本海の廻船と加賀野菜の和サラダ
★太きゅうり釜治部煮風

 葉緑素=クロロフィル(緑色)→加熱→フィオフィチン(茶色)
 煮る前に重曹水をかける。
 重曹:野菜の繊維を分解し、柔らかくし、色鮮やかにする効果がある。
 下茹で時間 約2分
 だしを含ませる時間 約2分、すぐ氷水で冷やす。
★太ゆうり もろ味噌和え

 「博多華丸のもらい酒みなと旅SP」は、「いきなり訪問!一升瓶でお邪魔します!」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/1168217/
地元ならではの食材で作るあなたの家の一番のおつまみは?
「千葉県 保田漁港」
 アジ、スズキ、ヒラメ、内房のブランド魚 金アジ、ダルマイカ
《保田漁協直営 ばんや食堂》
<能谷幸治さん>
・日本酒「春泥 純米吟醸」(福島県・会津)
・そら豆のかき揚げ&カレイの唐揚げ
・白鶴 純米吟醸 山田錦(船で揺られるとまろやかな味わいに)
・イシガニ(砂糖と醤油で煮付けにする)
<道の駅 きょなん>
<柴本光浩さん>
・金アジのフライ
・アジのなめろう
(味付けは、大葉、生姜、白味噌)
・上善如水(新潟県)
・千年翠(せんねんみどり)(新潟県)
<道の駅 保田小学校>
<三瓶聖史さん>
・鋸南町 純米吟醸(千葉県)
・お米コロッケ
<コワーキングスペース「まろも」>
 web関係の仕事をする人が作業する場所
<シェアハウス ボイド>
・鶏のみぞれ煮
 麺つゆで味付けし、砂糖で甘みを加える。
「福岡県」
<唐人町商店街>
《佐藤鶏肉店》
☆はすの木の葉揚げ 190円(100g)
 レンコンに鶏のミンチと玉ねぎ
《深堀精肉店》深堀実さん
・黒伊佐錦 黒麹仕込みの焼酎
・だいこんのソテー
 だいこん:太ももの外側の肉で、噛むほどに旨味が溢れる。
 にんまる(すりおろしニンニクと醤油の合わせ調味料)をつけて食べる。
「唐泊(からとまり)漁港」
 真鯛、カワハギ
<津上一美さん>
・アジのあんかけ
・自家製イカ塩辛
<柴田祥さん>
・鯛のづけ
 醤油に砂糖を加えて甘辛く
・吟醸酒 喜多屋
・カワハギの肝・鯛の卵の煮付け

 「おばあちゃんの台所」は、「静岡県湖西市新居町」。3/8の放送分。
https://www.webtsc.com/prog/obaachan/recipe/1494/
<太田悦子さん>
・すわま
『材料』(25個分)
 米粉 1kg。 熱湯 1L、 片栗粉 適量
<みつ>
 三温糖 800g、 しょうゆ 200cc、 水 300cc
①米粉をふるいにかけながらボウルに入れ、真ん中に穴を開けてドーナツ状にする。
②鍋に三温糖、しょうゆ、水を入れて混ぜ合わせた後、強火で沸騰させる。
 沸騰したら焦げないように火を調整しつつ、とろみが出るまで10分程度さらに煮てみつを作る。
③②を500cc、①の穴に流し込み、蜜と米粉が混ざったところで、熱湯を2回に分けて注ぎ、耳たぶくらいのかたさになるまで練る。
④③を約100gずつ小判型の形にして、箸で2本線を生地の表面に作る。
⑤④の表面についた片栗粉をハケで落としたら、10分程度蒸して完成。※かたくなったら、焼いて食べてもOK。
※砂浜→すはま→すわま

 2本撮りだね。3/22の放送分。
https://www.webtsc.com/prog/obaachan/recipe/1526/
・うなぎのぼくめし
『材料』(4人分)
 ウナギの白焼き 1枚、ゴボウ 1/2本、 米 2合、 サラダ油 適量
<調味料>
 砂糖 105g、 酒 50cc、しょうゆ 100cc、みりん 50cc、 市販のウナギのたれ 50cc
<飾り>
 大葉 5枚、いりゴマ 大さじ2、錦糸卵 適量、 刻みのり 適量
①ゴボウをささがきにして水にさらした後、フライパンにサラダ油をひいて、少し色が変わるまで3~4分強火で炒めた後、冷ましておく。
②ウナギの白焼きを縦に半分にした後、1cm程度の厚さに切っておく。
③鍋に<調味料>を入れて混ぜ合わせたら、強火で煮る。
④③の砂糖が溶けたら、②を入れてアクをとりながら強火のまま煮た後、火を止め、冷めるまで漬けておく。
⑤①に③のたれのみをゴボウ全体になじむ程度の量を入れて、汁がなくなるまで煮る。※ゴボウを別に煮ることで素材の旨みを残すことができる。
⑥炊いた米に⑤と千切りにした大葉を入れ混ぜ合わせ、器に盛り付ける。
⑦⑥に、いりゴマ、錦糸卵、刻みのりを飾りつけ、最後に④を盛り付けて出来上がり。

 「博多華丸のもらい酒みなと旅2」は、「千代田区 水道橋」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1162760/
《いかのでん》いか専門居酒屋
☆わた刺し 270円
☆げそ焼き 302円
・生ビール
・いかなんこつ串 302円(特製味噌ダレでいただく)
・いか団子汁 410円
・レモンサワー 410円(コダマサワー)
・いか刺し 370円(肝醤油でいただく)
・いかメンチ 410円
《ひょうたん茶屋》
☆栃尾の油揚げ納豆入り 810円
☆ネギチャーシュー 702円
・にんにくバター 972円 → 雑炊
・ジャンボつくね 702円
・霜降り馬刺し 1,296円
・焼酎水割り
*料理芸人 犬の心 いけや
・特製バンバンジー
①袋に入れたキュウリ 1本を叩いて砕く。
②蒸し鶏 1袋を割いて入れ、混ぜ合わせる。
③ゴマだれ 適量、ラー油 少々、100%オレンジジュース 少々を入れ、袋を振って、混ぜる。

 床屋に行き、散髪!さっぱりした!!!2,730円也。

 買い物に行く。「子持ちカラフトししゃもフライ」321円、「マヨたま冷やし中華」192円のところ半額で96円、「木綿豆腐」36円、「あく抜きこんにゃく」48円、「アボカド」105円、「納豆」50円を買う。

 病院に、お見舞いに行く。

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 帰宅途中、ちょっと離れた「吉野家」に足を延ばす。「鶏すき丼」が店によって、若干盛り付けが違う気がしたからだ。いろいろなお店で食べ比べなんですよ!
 「吉野家」のテーブル配置って、2通りあるのですね!
「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 「鶏すき丼」を頼む。やがて配膳。
 450円、WAONで支払い、新しいスタンプカードをもらい帰路に就く。
 しまった!!!スタンプが1個しか押してくれていない・・・???帰宅途中、気がついた!!!(スタンプを2つくれるから「鶏すき丼」を頼んだんだよ!!!)
 昨日も催促しないと、2つ押してくれなかったぞ!!!・・・ほとんどのお店が催促しないとスタンプを2つ押してくれない・・・確信した!!・・・「吉野家は、催促する客しかスタンプを2個押さない」・・・!!!「吉野家」は、そういう社員教育をしているのか!!???
 「吉野家 住吉店」に電話をする。「今度行ったら押してくれる」と言われたが、ちょっと遠いんだな・・・「近くの吉野家でもいいか」と聞いたら「いいと思います」と答えた!!!・・・こんなお店、2度と行かない!!!
https://www.yoshinoya.com/
浜松市中区住吉2-8-20
TEL 053-478-7300

https://enq2.tsite.jp/ans/pc/start.php

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 帰宅途中、「LOTO 7」と「TOTO BIG」を買おうと思ったが、定休日だった・・・。

 「酒&FOOD かとう」に寄り、「甲子」2,678円を伝票にて買い帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 帰宅して、コーヒーを飲む。
KEY COFFEE コク深い リッチブレンド
 GRAND TASTE グランドテイスト ドリップコーヒー
DRIP COFFEE
 Technique of KEY COFFEE, realized after lengthy experience, has brought about an excellent taste.
品名:レギュラーコーヒー(粉)
原材料名:コーヒー豆
販売者:キーコーヒー株式会社
東京都港区西新橋2-34-4
TEL0120-192008

http://www.keycoffee.co.jp

 「JAF」のプレゼントに応募。
http://jafnavi.jp/present/index.php

 「ビワの葉酒」を作りましょう!
「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 「クコの実」も入れました!
自然派素 健康薬膳
 自然の恵みをたっぷり、体の中から美しく健康に
クコの実
 中国が大産地で、古くから薬膳として用いられ内臓の働きを良くし、滋養強壮等に良いといわれています。
品名 くこの実
名称 ドライフルーツ
原産国 中国
内容量 NET 70g
製造者 有限会社 マメシゲピーナツ
愛知県豊橋市大岩町大穴123
TEL (0532)41-6026

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 使った焼酎は「芋焼酎 芋まろやか」。
TOPVALU
焼酎甲類乙類混和 芋焼酎 芋使用率10%
 芋の香りをいかしながら すっきりした味わいに仕上げました。
25度
1.8L
■お召し上がり方
 水割り、お湯割り、梅干割り、お茶割りなどでお召し上がりいただけます。
・水割り
 氷を入れたグラスに焼酎を注いでから水で割り、軽く混ぜ合わせます。
・お湯割り
 最初にお湯を注いでから焼酎を入れ、軽く混ぜ合わせます。
・梅干割り
 水割りやお湯割りにした焼酎に梅干をひとつ入れます。梅干をつぶすと風味がよりよくなります。
・お茶割り
 氷を入れたグラスに焼酎を注いでからウーロン茶や緑茶等で割り、軽く混ぜ合わせます。
※水(お湯)、お茶の割合はお好みで加減してください。
※温めるときは他の容器に移し替えてくだささい。
100ml当たり140kcal
品名 焼酎甲類乙類混和
原材料名 焼酎甲類83%(さとうきび糖蜜)、焼酎乙類17%(さつまいも、米麹(ベトナム産米)
アルコール分 25%
内容量 1800ml
製造所固有記号/ロット番号
 K/403171L00
製造者 合同酒精株式会社
東京都中央区銀座6丁目2番10号
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 夕方は、今日買った「甲子(きのえねまさむね)」で一杯♪
純米吟醸生原酒
 55%まで磨いた酒造好適米を用い、もろみを長期低温管理しました。
 すっきりとした中にも純米ならではのまろやかな味わいの純米吟醸生原酒です。
アルコール分 17度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合 55%
内容量 1.8L
製造者 株式会社 飯沼本家
千葉県印旛郡酒々井町馬橋106
TEL 043-496-1111

http://www.iinumahonke.co.jp/

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 おつまみは、今日買った「子持ちカラフトししゃもフライ」321円♪
子持ち からふと ししゃもフライ
1尾当たり 74kcal
12本入り

 さらに「筍汁」♪
「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」

 コンニャクは「群馬のあく抜きこんにゃく」。
250g
100g当たり3kcal
・煮物やおでんに
・田楽や炒め物に
製造者 株式会社ヨコオデイリーフーズ
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
TEL 0274-70-4002

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」(山形県)の引用♪
ブランド「生みの親」自信作
 豚は日本人にもっとも好まれている食肉だろう。品種改良や肥育、加工、保存等の進化に伴い、各地に美味なブランド豚肉が多数ある。
 三種類の純粋種の長所を掛け合わせて生まれた”三元豚”はその代表的銘柄だが、試行錯誤を経て最初に生み出したのが、鳥海山を望む山形県酒井市の平田牧場である。
 精肉やハム、ソーセージ、生ハムなどいろいろ加工されているが、豚肩ロース肉をオリジナルブレンド味噌にじっくり漬け込んだ「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」も評判が高い。
 「日本のお米を飼料に育てた豚で、漬け込みの味噌は遺伝子組み換えでない大豆や純米酒の酒粕、沖縄産サトウキビ100%の砂糖などを使用しています」とオンラインショップの鈴木康恵さんは安全・安心に自信をこめる。
 オーブントースターでふんわりと焼き色がついた頃合いの肉を口にすると、肉質が密でしっかりしているのに軟らかくて歯切れがよい。味噌の風味をまとってほんのり脂がにじむ肉は上品で滋味深く、思わず「旨い」と口に出るにちがいない。
 品種改良から肥育、加工、販売までの一貫性も上質な肉の大きな理由だろう。
●平田牧場
山形県酒田市松原南5の6
TEL 0570-550029
FAX 0120-410292
9時~17時、土・日曜、祝日休
1個税込み594円
※冷蔵便で宅送、送料別途

http://www.hiraboku.info/

 さらに、「旬の魚介 あれこれ」より、「キス」の引用♪
釣り人魅了する「美女」
 各地の海岸でよく釣れることから、岸の魚→キス(シ)ゴと呼ばれたとする説があります。
 「ゴ」は魚を表す魚名語尾のひとつで、省略されて「キス」になったそうです!
・科属:スズキ目キス科キス属
・漢字名:鱚
・英名:Japanese silver whiting / sand borer
 縁起物とされる魚介類は幾つもあるが、キスもハッピーな気分を漂わせている魚だ。まずは名前がいい。英語のkissを思わせるし、漢字名も魚偏に喜ぶと書く。
 何より姿形が美しい。特にキスの代表格であるシロギスは清楚な美女に例えられる。透き通るような白肌に、黒々したぶつらな瞳とおちょぼ口。頭は小さく、スリムなのにむっちりそした八頭美人、いや美魚。
 味も魅力的だ。上品な白身で、天ぷらがよく知られるが、ぴちぴちした鮮魚は、刺し身も美味。ふっくらとした塩焼きも、味の良さがよくわかる。
 釣り魚としても人気が高い。簡単な投げ釣りでも割りとラクに釣れるし、ぶるぶるっとくる手応えがたまらないという釣り人は多い。初夏には各地でシロギス釣りの大会も開催される。
 旬は6月頃。「6月の鱚は絵に描いたものでも食え」という言葉もある。夏に向かってだんだん大きくなり、20cmを超えてくると食べ応えも増す。
 かつては「食べたらシロギス、釣ったらアオギス」とされた。アオギスは江戸前の魚として人気が高く、脚立で釣る光景は東京湾の風物詩だった。だが、水質汚染などで激減し、今では姿を見ることはほとんどない。
 シロギスも次第に減っているという。この美魚がいつまでも身近なものでありますように。

本日のカウント
本日の歩数:6,705歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« JRさわやかウォーキング「〜静岡DC記念〜 ぶらり浜松ウォーキング〜家康公祭りを訪れ偉人の歴史に触れよう〜」、そして「栗焼酎 ダバダ火振」 | トップページ | 「冷やし中華にマヨネーズ」そして、「いただきます バラエティー麺」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66790197

この記事へのトラックバック一覧です: 「甲子(きのえまさむね)」、そして「日本の米育ち三元豚 特製味噌漬け」:

« JRさわやかウォーキング「〜静岡DC記念〜 ぶらり浜松ウォーキング〜家康公祭りを訪れ偉人の歴史に触れよう〜」、そして「栗焼酎 ダバダ火振」 | トップページ | 「冷やし中華にマヨネーズ」そして、「いただきます バラエティー麺」 »