« 「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」 | トップページ | 「いただきます 梅干しを使って」【イワシの梅煮】 »

2018年6月25日 (月)

「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「ニラレバ炒め」

 今朝の朝刊「くらし歳時記」より、「茅の輪」の引用♪
 時計を見ると19時近く。日没は遅く、なかなか暗くなりませんから、得をしたような気分になる日々が続きます。それでも先週、夏至を過ぎましたので、すでに太陽は私たちが気づかないような速さで、冬至への道のりを進んでいます。
 さて、6月は五節句などがある月と比べると、目立った行事も少ないように感じます。でも今週末の30日には、古くから続く「夏越の祓(なつごしのはらえ)」という行事があります。
 これは12月31日の大祓(おおはらえ)と対のもの。半年に一度、心身を清める意味があり、神社では大きな茅の輪くぐりをするところも見られます。
 暦が旧暦から新暦に変わったためにわかりにくくなってしまったのですが、6月はお盆の前、12月はお正月の前に、大事な存在を迎えるための準備の意味合いもありました。
 今年は、災いを祓う力のあるといわれる茅(ちがや)を摘んで、小さな輪を編み、ササを添えました。残り半分となった2018年が、よりよい日々でありますように。

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0142/
「山梨県 富士河口湖町」
「長野県 白馬村」
*猿倉登山口
 白馬大雪渓
 タムシバ、ショウジョウバカマ、二輪草、エンゴサク、白根葵
*青木湖

 「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、「長野県 安曇野市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/47268/721621/
《そば処 上條》
・ざるそば 830円(税別)
《須砂渡食堂》
☆ラーメン 500円(税別)
☆山菜の天ぷら 時価800円~
・イワナの塩焼き 時価650円~1000円
・とりもつ 500円 (税別)
《大王わさび農場》
★わさび
 出汁茶漬け:ご飯に、海苔・ねぎ・わさびをのせる。出汁をかける。
《肉のマルト》
☆特選ロース(信州和牛) 1680円(税込)
☆和牛カルビ丼 830円(税込)
・生ビール
・サーロインステーキセット 200g 3900円(税込)

 「ごちそうカントリー」は、「静岡茶」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=58322
<ふじのくに 茶の都 ミュージアム>
島田市金谷富士見町3053-2
TEL 0547-46-5588
・抹茶挽き体験 体験料 100円(税込み)
*碾茶(てんちゃ)生産者:大石さん
「おいしいをつくりましょ。【茶パンケーキと抹茶アイス】
『材料』
<抹茶パンケーキ>
・静岡抹茶パンケーキミックス・・・1袋(200g) 550円(税抜き)
・水・・・1カップ(200ml)
<抹茶アイス>
・粉抹茶・・・8g
・砂糖・・・50g
・牛乳・・・100ml
・生クリーム・・・100ml
<その他 アイス作りに必要な物 >
・ペットボトル(1.5L以上)
・アルミ缶
・塩・・・150g
・氷・・・適量
・タオルと輪ゴム
・ガムテープ
・カッター など
『抹茶パンケーキの作り方』
①静岡抹茶パンケーキミックスをボウルに入れ、水を加えながら混ぜる
※粉のつぶつぶ感が少し残る程度にさっくり混ぜるのがポイント♪
②フライパンの場合は弱火、ホットプレートの場合は170℃に設定し、油(またはバター)を薄くひいて片面2分程度焼く。端が固まって、表面にふつふつと気泡があがってきたら裏返す。
③半対の面にほんのり焼き色がついたら 抹茶パンケーキ完成!
『抹茶アイスの作り方』
①ペットボトルの上から1/3くらいのところを切る。
②アルミ缶に 粉抹茶や砂糖などの材料を全て入れ、しっかり口を閉める。
※ここでもある程度振っておくほうがよい
③ペットボトルの底(そこ)に 氷と塩を入れる。
④アルミ缶を入れ、まわりにも 氷→塩→氷→塩を繰り返しながら入れる。
⑤ペットボトルの上下を合わせて、中身がでないようにガムテープで止める。
⑥タオルを巻いて、15分くらい振り続ける。
⑦アルミ缶を取り出し、中から音がするかどうかを確認し、音がしなかったら中身をとりだす。手作り抹茶アイスの出来上がり。
☆お好みで生クリームやジャム、フルーツなどで飾り付け、お召し上がり下さい!

 今日の仕事・・・
 何なんですか・・・!!!上の者の「会議は意見をいうところではない!」って・・・それなら何で会議をしているんですか???会議の時間の無駄ジャン!!!会議をする必要なんてないでしょう!!!
 下の者には発言権がないんですか???「上役会議」で決まったことをしていればいいという発想なのですね!!!去年も「本人が知らされないまま、いつの間にか決まっていた」ということが複数あった・・・!!!
 それでいいのですか???トップダウンだったら、新しい考えなんて得られないでしょう!!!ボトムアップじゃなきゃ、組織は変わらないよ!!!下々の意見を反映してよ・・・いろいろな考え方が入らないよ!!!
 トップダウンでなくてボトムアップの組織なら、その集団はイキイキとしてくるでしょうね!!!
 管理職(上役)がトロい!!!こんなんじゃ、一般企業じゃあ、潰れているよ!!!
 全く「パワハラ」だね!!!

 こんなんじゃ、やってられないよね・・・。
 仕事を定時に終え、帰宅。
 「ニラ」を収穫。
 夕方は、「土井善晴の料理は楽し」の「ニラレバ炒め」で一杯♪
「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「ニラレバ炒め」

 使ったレバーは昨日買った「国産若鶏レバー」100g41円、332gで136円のもので一杯♪これって、美味しいねぇ~↑↑↑

 ここで、そのレシピの2016年5月22日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」、【ニラレバ炒め】(172kcal)の引用♪
最後の最後に「主役」投入
 あっさりとした鶏のレバーで作ります。元気の湧いてくるおかずです。
『材料』(2人分)
・ニラ・・・1束(100g)
・ニンニク・・・2かけ
・鶏レバー・・・200g
<下味>
 しょうゆ・・・大さじ1
 コショウ・・・少々
・片栗粉・・・大さじ3
・サラダ油・・・大さじ2
<合わせ調味料>
 しょうゆ・・・大さじ1/2
 砂糖・・・大さじ1/2
 酒・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/3
・ごま油・・・大さじ1/2
①下ごしらえをする
 ニラは洗って水気をきり、4~5cm長さに切る。ニンニクは皮つきのまま包丁の背などでたたき、皮を取り除いて粗く刻む。合わせた調味料は材料を混ぜておく。
②鶏レバーの下ごしらえをする
 鶏レバーはきれいなら洗わなくてもよい。
 「血が気になるときも、塩水でサッと洗うだけでよいのです」
 表面の水分を拭き取り、食べやすくブツ切りにする。
③レバーに下味と片栗粉をつけながら、フライパンに入れる。
 フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油とニンニクを入れて、中火にかける。鶏レバーに下味のしょうゆ、コショウをからめ、片栗粉をまぶしながら、フライパンの中に入れていく。
④レバーをこんがりと焼く
 ③のフライパンを中火~強火にかけて、レバーにしっかりと焼き色をつける。温度が上がってくると、レバーがポンッと破裂するので、ふたなどを盾にして構えながら焼くとよい。
⑤ニラ、調味料を加えて炒め合わせる
 ニラを入れ、合わせ調味料を加えて、塩をふり、鍋を手早くあおる。ごま油をまわし入れて、ニラがションボリする前に火を止め、器に盛る。
《食のこころ》
 ニラレバか、レバニラか-。積年の疑問に対する土井さんの答えは、「主役にする方が先にきます」と明快。つまり、この土井さんのレシピは、ニラをおいしく食べる料理なのだ。
 とはいえレバーの存在感も、もちろん大事。新鮮なものを買ってきたら、「薄くならないように」ブツ切りにする。肉厚に切ることで、炒めたときにまわりはカリッとし、中がソフトに仕上がる。
 下味と粉をまぶしたら、強めの火で焼きつけて「レバーのうまみを封じ込めます」。フライパンの中が高温になるとレバーがハネるので、ふたでガードしながら焼く。ここだけが難所といえば難所。
 レバーに味をつけたところで、最後の最後にニラを加える。あとは余熱にまかせるつもりで、すぐに火を止める感覚だ。青々として、シャキッとした歯切れの残るニラを、ニンニク風味のレバーのうまみでいただく。貧血に効果バツグン。女性にも食べやすい、フレッシュな味わいである。

 NTTの「株式会社 ワイズ」を名乗る電話あり・・・「光回線営業」らしい・・・「電話回線は、何ですか?」と聞いてきた。NTTなら、そんなの調べられば分かるでしょ!!!本当にNTTの代理店なの???怪しい!!!
0120-992-069
https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_992_069.html
東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
wiz_sodan@012grp.co.jp
TEL 03-5931-0726
TEL 03-6368-6275

http://012grp.co.jp/index.html

本日のカウント
本日の歩数:7,394歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」 | トップページ | 「いただきます 梅干しを使って」【イワシの梅煮】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「ニラレバ炒め」:

« 「晴美」、そして「おいしいもの見つけた!「チリ産銀鮭」「マグロくん」 | トップページ | 「いただきます 梅干しを使って」【イワシの梅煮】 »