« 「四川式 回鍋肉」、そして「いただきます 春キャベツを食べる」 | トップページ | 「奄美黒糖焼酎 JOUGO(じょうご)」、そして「前日の”ちょい作りおき”でラクラク!楽しさいっぱいピクニック弁当」 »

2018年5月 9日 (水)

「丸ごと小いわし唐揚げ」、そして「いただきます 春野菜を使って」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「19年前の!散歩の達人でお茶の水さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/707205/
*『残歩の達人』1999年9月号
♪ 朝日を見に行こうよ SMAP(1999年)
<東京復活大聖堂(ニコライ堂)>
《画廊喫茶 ミロ》
♪ 夏の扉 松田聖子(1981年)
《萬楽飯店》→《味の萬楽》
・冷やし中華 850円
♪ お祭りマンボ 美空ひばり(1952年)
♪ すべてへ 19(1999年)
<菊水湯>
 利用者の減少により2015年廃業
♪ Believe Cher(1998年)
※本郷:
 多くの文豪が住んでいた街。夏目漱石、樋口一葉、宮沢賢治、川端康成、石川啄木など。
《喜久月》
・文豪スイーツ そうせき 160円 夏目漱石の大好物ピーナツが入ったお菓子
・文豪スイーツ 樋口一葉 おぼろ月 160円 「朧月」をイメージしたお菓子
《FIRE HOUSE》
・ベーコンチーズバーガー 1,490円

 「昼めし旅」は、2/21の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1140213/
「鹿児島県 霧島市」
<西郷どんの宿>
《焼肉厨房わきもと》脇元さん
*霧島純粋豚:
 クラッシックを聴かせ、霧島山系の地下水で飼育
☆黒豚塩セット 2,100円
 ライス・キムチ・サラダバー付き
・霧島純粋豚の豚キムチ
①豚バラ肉を切り、塩、コショウで下味をつけ、ニンニクと炒める。
②キャベツ、タマネギ、自家製キムチを投入。
③秘伝の焼き肉のタレを絡ませる。
・霧島純粋豚のぶた汁
①ニンジン、ダイコン、シイタケ、さつま揚げなどと霧島純粋豚のこま切れを煮る。
②麦味噌で味付け。
・霧島純粋豚の豚丼
  そのままで
  だし汁をかけて、ひつまぶしで
「静岡県 南伊豆町」
 河津桜、さんま寿司、酒漬けさんま
<山本さん>
 イタリアンパセリ、葉ニンニク、ふきのとう、キクイモ
・とろろご飯
①自然薯をすりおろす。
②醤油、カツオ節、シイタケなどのだし汁でとろろを混ぜてすり潰す。
③ご飯にかける。
・ふき味噌
①ふきのとうをサッと塩茹でし、水を切ってから細かく刻む。
②金山寺味噌と混ぜる。
・キクイモの素揚げ
①キクイモを素揚げし、塩、こしょうを振る。


①葉ニンニクを切り、豚肉、シイタケ、キクラゲと炒める。
②塩、コショウで味をととのえる。
・自然薯のたまり漬け(醤油とみりん)

 『田舎暮らしの本』2018年6月号の「47都道府県 絶景案内」28「岐阜県関市」の引用♪
クロード・モネの絵画を彷彿させる、名もなき池
 透き通った水面にスイレンの葉が浮く様子が、あたかもフランスの印象派画家クロード・モネの連作絵画『睡蓮』のようだと評判の岐阜県関市の貯水池。根道神社参道脇に位置し、通称「モネの池」として人気の観光スポットとなっている。
 ニシキゴイと水草が透明度の高い水の中をたゆたう光景は、年間を通して楽しめるが、スイレンの咲く6月~8月にかけては格別の美しさ。紅葉が池に映り込む11月~12月も見ごろだ。
所 岐阜県関市板取上ケ瀬1643-17
問 関市板取事務所
TEL 0581-57-2111
 関東・関西・名古屋方面からは、東海北陸自動車道美濃ICから約40分。北陸方面からは、東海北陸自動車道郡上八幡ICから約40分。
 カーナビを利用される方は、国道256号線沿い根道神社入り口の目印にもなっている『風土や』さんの住所(岐阜県関市板取400-1)

 「楽天市場」を名乗る架空請求のメールがたくさん来ている!!!迷惑だな!
「マサニ電気株式会社 楽天市場店」
 注文番号 205010-20180509-00169454
 注文日時 2018-05-09 13:42:51

 仕事で出張したのに、「39,720円を支払え」なんて変だよね!!!仕事で、夜もしっかり眠れなかったのに・・・。

 今日は、寒いな・・・。
 仕事を終え、帰宅して、スーパーに向かう。
 売り出しの「丸ごと小いわし唐揚げ」100g159円で171円のもの、それに「納豆」3パック73円、「CGC 生乳100%ヨーグルト」105円を買い、帰宅。

 帰宅して、まず「新タマとキャベツのサラダ」で一杯♪
「丸ごと小いわし唐揚げ」、そして「いただきます 春野菜を使って」

 それから、今日買った「丸ごと小いわし唐揚げ」♪・・・これは何というイワシなんだろう???
 「ウルメイワシ」かな???
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%B7
 「マイワシ」みたいだな・・・。
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%B7

「丸ごと小いわし唐揚げ」、そして「いただきます 春野菜を使って」

 デザートは頂いたお菓子。
餅の おまつりこまち しょう油味
 mochi no omatsuri komachi
1枚(約7g)当たり34kcal
餅のおまつり本舗 株式会社 もち吉
福岡県直方市下境2400番地 字餅米もちだんご村餅乃神社前
TEL 0120-12-6311

http://www.mochikchi.cco.jp/

 ここで、「いただきます 春野菜を使って」の引用♪
 2018年4月15日の「いただきます 春野菜を使って」は、【春野菜とチョリソーのグリル】(391kcal)。
『主な材料』(2人分)
・チョリソー(ソーセージ)・・・2本
・春キャベツ・・・1/4個
・新タマネギ・・・1/2個
・ニンジン・・・小1/2本
・新ジャガイモ・・・小4個
・バルサミコ酢・・・大さじ1
・バター・・・10g
『作り方』
①キャベツ、タマネギ、ニンジンは大きめに切る。ニンジンと皮付きのイモは耐熱皿にのせ、ラップをして500Wの電子レンジで約2分加熱する
②オーブン皿に野菜を並べ、オリーブ油大さじ1をかける。210℃のオーブンで約10分焼く。チョリソーを加え、さらに10分焼く
③耐熱容器にバルサミコ酢、しょうゆ大さじ1/2を合わせ、電子レンジでラップなしで2~3分加熱する。バターを加える
④②に③を添える。

 2018年4月16日の「いただきます 春野菜を使って」は、【春野菜と牛肉のコチュジャン炒め】(412kcal)。
『主な材料』(2人分)
・牛切り落とし肉・・・200g
・新ゴボウ・・・1/2本(80g)
・タマネギ・・・1/4個(50g)
・ニンジン・・・30g
・スナップエンドウ・・・8本(40g)
・コチュジャン・・・小さじ2
・いりごま(白)・・・小さじ1
『作り方』
①スナップエンドウは筋を取り、熱湯でゆでる。
②タマネギは薄切り、ニンジンとゴボウは皮むき器で薄くけずり、ゴボウは水にさらして水気をきる。
③砂糖・酒・しょうゆ各小さじ1、コチュジャンを合わせる。
④フライパンにごま油小さじ1を温め、(2)、肉を入れて炒める。肉に火が通り野菜がしんなりしたら(3)を混ぜる。スナップエンドウを加える。
⑤器に盛り、いりごまをふる。

 2018年4月17日の「いただきます 春野菜を使って」は、【アスパラガスのかんたん白あえ】(108kcal)。
『主な材料』(2人分)
・グリーンアスパラガス・・・5本(100g)
・ニンジン・・・30g
・木綿豆腐・・・1/3丁(100g)
・練りごま(白)・・・大さじ1
『作り方』
①豆腐はペーパータオルに包んで耐熱皿にのせ、500Wの電子レンジで約1分加熱する。水気をきってボウルに移し、ゴムべらでつぶす。
②(1)に砂糖大さじ1、練りごま、塩小さじ1/6を混ぜ、冷ます。
③アスパラガスは根元の硬い皮をむき、約5mm厚さの斜め切りにする。ニンジンは約5cm長さのせん切りにする。両方を耐熱皿に広げ、ラップをして電子レンジで約1分30秒加熱する。
④野菜が冷めたら、(2)であえる。市販の練りごまを使って手軽に。

 2018年4月18日の「いただきます 春野菜を使って」は、【新キャベツのサラダ】(183kcal)。
『主な材料』(2人分)
・新キャベツ・・・120g
・紫キャベツ・・・30g
・グレープフルーツ・・・1/2個
・生ハム・・・40g
・粒マスタード・・・小さじ1
・はちみつ・・・小さじ1
・マヨネーズ・・・大さじ2
『作り方』
①新キャベツは手で小さくちぎり、冷水につけてパリッとさせ、水気をきる。紫キャベツはせん切りにし、塩少々をふって5分おき、水気をしぼる。
②グレープフルーツは果肉を取り出し、ひと口大に切る。果汁大さじ1を取りおく。生ハムは食べやすく切る。
③果汁、粒マスタード、はちみつ、マヨネーズを合わせる。
④キャベツと(2)を混ぜて器に盛り、(3)をかける。やわらかい新キャベツはサラダにぴったり。

 2018年4月19日の「いただきます 春野菜を使って」は、【フキとホタテのマヨネーズあえ】(157kcal)。
『主な材料』(2人分)
・フキ・・・100g
・シイタケ・・・2個
・ホタテ貝柱(生食用)・・・2個(70g)
・マヨネーズ・・・大さじ2と1/2
『作り方』
①フキは葉を落とし、ゆでる鍋の直径に合わせて長さを切る。まな板の上で塩小さじ1/2をふり、手で転がす。熱湯に入れて約2分ゆでる。水に取り、手で皮をむく
②シイタケは軸を取る。フライパンに油小さじ1を温め、ホタテ、シイタケを一緒に中火で焼く。両面に軽く焼き色がついたら取り出す。
③フキは5mm幅の斜め切り、シイタケは細切りにする。ホタテは5つか6つにさく
④ボウルにマヨネーズ、しょうゆ小さじ1/2を合わせ、③をあえる。

 2018年4月20日の「いただきます 春野菜を使って」は、【卵豆腐の青豆あんかけ】(182kcal)。
『主な材料』(2人分)
・グリーンピース(さや付き)・・・200g(正味100g)
・むきエビ・・・100g
・卵豆腐(市販)・・・2個
・だし汁・・・200ml
・ショウガ・・・小1かけ(5g)
『作り方』
①グリーンピースはさやから出す。エビは1cm大に切る。ショウガはすりおろして汁を取る。
②鍋にだし汁、みりん・うすくちしょうゆ各小さじ1を入れて火にかけ、煮立ったらグリーンピースを加え、弱火で約5分煮る。エビを加え、さらに約3分煮る。
③片栗粉・水各小さじ1を合わせ、(2)に加えてとろみをつける。ショウガ汁を加える。
④卵豆腐を耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジで約30秒加熱して、(3)をかける。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:8,244歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「四川式 回鍋肉」、そして「いただきます 春キャベツを食べる」 | トップページ | 「奄美黒糖焼酎 JOUGO(じょうご)」、そして「前日の”ちょい作りおき”でラクラク!楽しさいっぱいピクニック弁当」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66701518

この記事へのトラックバック一覧です: 「丸ごと小いわし唐揚げ」、そして「いただきます 春野菜を使って」:

« 「四川式 回鍋肉」、そして「いただきます 春キャベツを食べる」 | トップページ | 「奄美黒糖焼酎 JOUGO(じょうご)」、そして「前日の”ちょい作りおき”でラクラク!楽しさいっぱいピクニック弁当」 »