« JRさわやかウォーキング「大橋を渡って 汐の香 バラの香漂う 浜名湖の一日(をあなたに)」 | トップページ | 「ふねでしぼった、しだいずみ 志太泉」、そして「浜松の日本酒文化を盛り上げる仕掛け人「加藤 國昭」」 »

2018年5月20日 (日)

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」は、「貝の採り方食べ方研究」。
http://www.ntv.co.jp/megaten/oa/index.html
*アサリ
 波が少ない、凹んだところにいる。(潮だまり)
 5cmくらいの深さ
 人が少ない、砂が硬めの場所
*砂抜き
 3%程度の塩水で平らなバットに入れる。塩水1Lに対し、ハチミツ1gを加える(0.1%)。常温で新聞紙をかけて暗くする。
*焼き貝
 下の具が剥がれ始めたら裏返す。海水は捨てる。
*ホンビノス貝
・ホンビノスのお吸い物
①水で茹でる。
・ホンビノス豆腐
①フライパンでホンビノス貝、豆腐、ショウガスライス、日本酒を入れに火掛ける。
②しょう油で香り付け。
③ネギを散らす。
・ホンビノスフライ
①ホンビノス貝を茹でてむき身にする。
②薄力粉、卵、パン粉をつけて揚げる。

http://kininaruthing.com/11362.html

 昨日の「ごはんジャパン」は、「岩手 岩泉町 最高のバターで最高のパンを焼く!」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0145/
《千葉県松戸市 パン焼き小屋 ツオップ》伊原靖友
<なかほら牧場>中洞正さん
*グラスフェッド・バター
 ジャージーやホルスタインなど約120頭の乳牛を放牧している。
*山地酪農
 稲作や畑に向かない山林の土地を有効活用しる自然放牧
・サイレージ:1頭あたり、1日12kgのサイレージを食べる。
・野草(野シバ)
★6種類のパン&奥様特製シチュー
 カンパーニュ、バターロール、ツオップ、白パン、食パン、クリームパン
※なかほら牧場の牛乳とバターでカスタードクリームを作った。
 生地に牛乳、卵黄、バターを加える。一次発酵(70分)
 牛乳、卵黄、バターを足すとやわらかくしっとりとした食感になる。
 カスタードクリームとつめて、型を整えて、ココットに入れて二次発酵(30分)
 220℃のオーブンで焼く。

 「博多華丸の もらい酒 みなと旅2」は、「港区 浜松町」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1158791/
《名酒センター》1杯200円~
☆福島県 十八代 伊兵衛 1杯 1,100円
・新潟県 越乃寒梅 百十周年祝酒 1杯 4,150円
・山形県 雪漫々 1杯 600円
・広島県 極濁 1杯 400円
☆燻製さば 400円
☆つけものこん 400円
☆さんまの干物なめろう 400円
・からし巻き 400円
《新亜飯店》日本で初めて小籠包を出した
☆エビチリ 3,024円
☆とうみょう炒め 2,376円
・ビール
・小籠包 1,490円
・チャーハン 1,080円

 「TVチャンピオン 極」は、「和スイーツ職人選手権」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp/
*太田新太郎
 おうかんと浮島の3層ケーキ
*岡一世
 ワインとメープルシロップの最中ケーキ
*丸山卯
 バースデーバッグ
*徳増俊則
 和菓子屋さんのプロフィットロール
《新潟 百花園》太田新太郎
・生キャラメルようかん
・パッションフルーツのカラフル大福
・甘酒ようかん
《横浜 元ホテルニューオータニ釜番》徳増俊則
・チーズ焼きまんじゅう
・抹茶クレームブリュレ
・羽二重餅のローズ大福

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/82949/710699/

 先日の「タモリ倶楽部」は、「文庫本の裏にあらすじあり!!ウラスジ大読書会」。
https://matome.naver.jp/topic/1Lwdi
※うらすじ:文庫本の裏表紙にある「あらすじ紹介」の部分のこと。
*「文藝春秋」文春文庫部次長 児玉藍さん
*「新潮社」新潮文庫nex編集室 編集長 髙橋裕介さん
*「KADOKAWA」文芸局局長 郡司聡さん
・『大相撲殺人事件』小森健太朗(文藝春秋)
 相撲部屋に入門した外国人の青年マークが角界に起こる奇想天外な殺人事件を解決する。
※・・・ 3点リーダー
 ― ダーシ
(文字数の調整に使う)
※最近のパワーワード
 〇〇必読、異色の〇〇

 「越前かに問屋 ますよね」より、楽天メール。「うなぎ蒲焼」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/masuyone/y-unagi2-8/?scid=rm_195745
 「水郷のとりさん」ほり、楽天メール。「溢れ出す肉汁コラーゲンスープ!水郷どり焼き小龍包」♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/syoronpo/?scid=rm_197493

 今日は、ムラの草刈。草刈り機が欲しい!!!
 お茶をもらって帰宅。

 買い物に出掛ける。「イーオン」にて、「納豆」48円、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、「岩田屋ホルモン」306円のところ240円、「TVバラ焼豚切落し」300円のところ218円、「ビアソーセージ」321円のところ238円、「根菜きんぴら」213円のところ170円、それに売り出しの「たまねぎ」30円、「TVぶなしめじ」105円、「真あじ」108円を買う。今日は、20日なので5%OFF!!!
 お酒コーナーで「サッポロ黒ラベル」1,099円、「TV芋まろやか(焼酎)」969円を買う。焼酎は5%オフ!!!

 昼食を食べに出かけましょう!
早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 竹林に生えているタケノコ、何という種類なんだろう???うちのタケノコとは違うな・・・。

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 昨日と違う「吉野家」に到着。
https://www.yoshinoya.com/menu/toridon/torisuki-don/
早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 「鶏すき丼」759kcal450円を食べる。
 昨日と同じ「山椒」が付いているし、味は昨日と同じようだが、盛り付けがちょっと違う感じ!
 「吉野家」のアンケートに応募しましょう!!!
https://enq2.tsite.jp/ans/pc/start.php

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 コンビニで「TOTO BIG」を買いましょう!

 「サッポロ生ビール黒ラベル「41種から選べるビヤグラスプレゼント」」に応募。
 百均を覘いて、「エナメル線」を探すがなかった。

 「酒&FOOD かとう」に行き、1升瓶を返しがてら、「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円を伝票にて買う。
 「盛り合わせ」378円のところ259円、「塩麹入り若鶏から揚げ」267円のところ192円をgetし、帰宅。(ありがとうございます)

 「吉野家」のアンケートに応募。これがなかなか500ポイントが当たらないんだよね・・・何人に当たっているんだろおう???
https://enq2.tsite.jp/ans/pc/start.php
早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 夕方は、昨日半額で買った「野沢菜漬」で一杯♪漬物には、日本酒が合うよね!!!
信州伝統の味
 国産原料使用
 しゃきしゃき歯ごたえでさっぱりおいしい
 ご飯がすすむ野沢菜の浅漬けです。
信州真田屋
内容量 200g
100gあたり29kcal
販売者 有限会社 信州真田屋 Y
長野県上田市吉田171-2
TEL 0268(88)3187

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 それに「盛合わせ」♪
いかフライ、きす天、メンチカツ、国産小麦粉、パン粉、鶏卵、その他

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 ソースは昨日買った「イカリソース 中濃」♪
創業明治29年
SIMPLE PREMIUM
 フルーティーでコクのある旨味
300ml
PREMIUM(プレミアム)
 10種類の野菜・果物で自然なおいしさ
 15種類の香辛料で圧倒的スパイス感!
 国産の鰹節、昆布、オイスターの旨味!
大さじ1杯15ml(約18g)あたり23kcal
製造者 イカリソース株式会社
兵庫県西宮市鳴尾浜1-22-6
TEL 06-6453-1480

http://www.ikari-s.co.jp/

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 「塩麹入り若鶏から揚げ」もいただきましょう!
とり肉、塩麹、有機馬鈴薯片栗粉、国産小麦、海の精(食塩)

早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」

 今日、170円で買った「根菜きんぴら」もあるな!
20%増量(当社比)
1パック当たり225kcal
製造者 イニシオフーズ(株) 名古屋工場
愛知県一宮市明地南茱之木25-1

 ここで、『ふれ愛交差点』2018年4月号の「コウケンテツの 早うま!家ごはん」より、【鶏のピリ辛から揚げ】(510cakl)の引用♪
 今月から「ふれ愛交差点」で連載を始めることになりましたコウケンテツです。日々のごはん作りは時間との勝負!ちょっとした工夫で時間が短縮できたり味わいがアップするコツを紹介していきます。今月は「鶏のピリ辛から揚げ」。外はカリッと、中はジューシーに仕上げるコツを、ぜひ試してみてください。
*コウケンテツ(料理研究家)
 旬の素材をいかした簡単でヘルシーなメニューを提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。NHK BS1で放映中の『コウケンテツが行く アジア旅ごはん』も好評。近著は『コウケンテツのおやつめし2』(クレヨンハウス)。
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚(300g)8等分に切る
・たけのこ(水煮)・・・1/2個 厚さ7~8mmの薄切りに
・A
 白いりごま・・・大さじ1
 にんにく、しょうが・・・各1/2かけ すりおろす
 酒・・・大さじ2
 コチュジャン、しょうゆ・・・各大さじ1
・日清 水溶きいらずのとろみ上手・・・大さじ4~5
・日清 こめ油・・・適量
『作り方』
①ボウルにAの材料と鶏肉を入れてもみ込み、10分ほどおく。
②たけのこに日清 水溶きいらすのとろみ上手 大さじ1を薄くまぶし、低めの中温(約170℃)に熱した日清 こめ油に入れて1分ほど揚げ、取り出して油をきる。
③①の鶏肉の全体に日清 水溶きいらずのとろみ上手 大さじ3~4をまぶす。
④低めの中温(約170℃)に熱した日清 こめ油に③を入れる。表面が色づいてきたら少し火を強め、上下を返しながらカリッとするまで4~5分揚げ、取り出して油をきる。
※カラッと揚げるアドバイス
 鶏肉の上下を返す時に、1つずつ菜箸で持ち上げて空気に触れさせると、余分な水分がとんでカラッと揚がるんです。
 揚げている音がパチパチと聞こえてきたらそこで取り出して!
※肉汁たっぷりアドバイス
 いつもから揚げがパサつく・・・とお悩みの人は、ひと息早めに取り出してみて。油をきる間の余熱でも火が通ってジューシーになりますよ。

 ここで、今朝の朝刊、「全国旨いもん」より、「ほっきめしの素・美味飯」(北海道)の引用♪
しっかり伝わる貝の味
 北海道中南部、太平洋に臨む苫小牧は紙の町。フェリーが出入りする港でも名高いが、知る人ぞ知るホッキ貝の水揚げ日本一の町である。
 ホッキ貝とは北寄貝と当て字されるように北日本、とくに北海道近海で多く獲れる和名ウバガイ。初冬から春にかけてが旬で、身は肉厚でふくらみがあって味わいが濃い。
 灰白色でぷりっとした食感の生は刺し身やすし種にバッチリ。茹でるとピンク色になり、歯切れがよくて味を増す。このむき身をホッキ節やホッキ魚醤油を隠し味に味付けしたのが、丸恭水産が6年前に発売した「ほっきめしの素・美味飯」である。
 炊き上げたご飯に具と汁をまぜ合わせるだけで簡単に出来上がる。食べると汁が染みたご飯とシャキッとした歯応えのホッキ貝から噛むほどに旨みが滲み出す。
 わりあいあっさりした味付けだけに貝の味が伝わり、飽きもこない。
 「ホッキ貝のおいしさを広めるための簡単調理の商品開発の一つ」と語る常務の田中真人さん。「おにぎりやお茶漬けなどの具や味付けに使ってもおいしいです」
 食品衛生優良施設の清潔な工場で作る「生うに」も評判が高い。
●(株)丸恭水産
北海道苫小牧市汐見町1の3の6
TEL 0144(36)6644
FAX 0144(36)6944
8時~16時、日曜休
ほっきめしの素・美味飯 1箱2~3人用 税込み900円
※常温宅配。送料別途

http://www.marukyosuisan.com/

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「キビナゴ」の引用♪
さばく楽しさ 味わって
 キビナゴの名産地といえば鹿児島県。刺し身を菊の花のように並べた「菊花造り」が有名です!
・科属:ニシン科キビナゴ属
・漢字名:黍女子、黍魚子、吉備女子
・英名:silver-stripe round herring / banded blue sprat
 青光りする帯模様が走る、きらきらした銀色の細身。体長10cmほどのキビナゴは、見るからに華奢な美しい魚だ。性質もデリケートで、きれいな海水の中でしか生きられず、ちょっとしたことでも怯えてすぐ逃げてしまうほど臆病だという。
 春から初夏にかけて産卵期を迎えると海岸に寄ってきて、その頃が一番の旬。一方で、身が締まる冬もおいしい。
 透き通るような身は、味もまた上品だ。臭みは少なく、だがうまみはしっかりしている。生のキビナゴは流通が難しいとされてきたが、近年は技術の進歩のおかげで、産地以外でも出回るようになっている。
 キビナゴは料理がラクな魚だ。洗うだけでウロコがとれるし、そのままさっと塩を振って焼くだけでも美味。もちろん唐揚げや天ぷらもいい。すき焼き風の「きびすき」も試したい。
 鮮度抜群なら刺し身が一番。これも手開きで簡単に出来上がる。ピッと頭部を折り腹の部分に親指を入れて身を開くだけ。内臓や骨もすぐ取れる。包丁が要らず、不器用な人間には実にありがたい。
 生魚を扱うのは苦手という人は増えているようだが、せっかく鮮魚が身近な日本なのだから、時には向き合いたいもの。大きな魚を捌くのは大変だが、この小さなキビナゴなら気軽。丸ごとの魚の魅力を楽しもう。

本日のカウント
本日の歩数:8,242歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« JRさわやかウォーキング「大橋を渡って 汐の香 バラの香漂う 浜名湖の一日(をあなたに)」 | トップページ | 「ふねでしぼった、しだいずみ 志太泉」、そして「浜松の日本酒文化を盛り上げる仕掛け人「加藤 國昭」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66740269

この記事へのトラックバック一覧です: 早うま!家ごはん「鶏のピリ辛から揚げ」、そして「ほっきめしの素・美味飯」:

« JRさわやかウォーキング「大橋を渡って 汐の香 バラの香漂う 浜名湖の一日(をあなたに)」 | トップページ | 「ふねでしぼった、しだいずみ 志太泉」、そして「浜松の日本酒文化を盛り上げる仕掛け人「加藤 國昭」」 »