« 「太陽がいっぱい(Plein Soleil)」、そして「すぐできて簡単!親子で作ろう パスタランチ」 | トップページ | 「ウナギ増へ新養殖法 愛知県水産試験場が考案」「ビアンカ」、そして「さつまの黒酢炊き黒豚角煮」 »

2018年5月 5日 (土)

「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 今日は5月5日、「こどもの日」「立夏」。
 夏の始まりの日とされる立夏。日には年によって異なり、今年は5日です。そろそろ夏が近づいてくる気配を感じる頃です。
端午の節句 5月5日
 子どもの成長を祈って
立身出世、子孫繁栄を願う
 端午の節句には、柏餅や粽を食べたり、立身出世の象徴である鯉のぼり、病気などの災いから身を守る兜を飾って男の子の成長を祝います。
 古く中国ではこの日、薬草である菖蒲をつんで軒下に飾ったり、菖蒲湯に入ったりして、季節の変わり目の邪気を祓うならわしがありました。のちにこの風習が日本に伝わり、武士の時代になると、菖蒲が「尚武(武勇、武道を尊ぶこと)」に通じるとして、武家の男子の成長を祝う行事となったようです。
 端午の節句に柏の葉で包んだ柏餅を食べるのは、新しい芽が出るまで古い葉が落ちない柏の葉が、親から子へ代がとぎれることなく続く、縁起の良いものであることからです。今年は柏餅を手作りしてみてはいかがでしょうか。
【柏餅】(1個分164kcal)
『材料』(6個分)
・上新粉・・・140g
・白玉粉・・・60g
・こしあん(市販)・・・120g
・柏の葉(塩漬け)・・・6枚
・水・・・180ml
・砂糖・・・大さじ2
①こしあんは6等分にして平たく丸める。柏の葉は水洗いして水気をふく。
②ボウルに上新粉と白玉粉を混ぜ合わせ、水を少しずつ加えてなめらかになるまで混ぜる(かなりやわらかい状態でOK)。
③耐熱の皿に移し、霧吹きで表面を湿らせ、ラップをかけて電子レンジで3分加熱する。上下を返して再び霧吹きで表面を湿らせ、ラップをかけてさらに2~3分、透明感が出るまで加熱し、氷水につける。
④あら熱が取れたら、布巾で軽く水気をとってまな板に取り出し、砂糖を加えて包むようにし、手に水をつけながらなめらかになるまでこねる。
⑤6等分にした平たい楕円形に成形し、①のあんを挟んだら、柏の葉で包む。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 『山月記』などの作家中島敦はかなりの子煩悩だった。パラオに単身で赴任した際は毎日のように愛情のこもった手紙を息子あてにつづっている
▼『チビの歌』と題した短歌も残した。子育ての日々を<明方(あけがた)をわが床に来てもそくさとチビが這(は)ひ込むくすぐつたさよ>などとユーモアをまじえながら詠んでいる。幸福感がにじむ一方で、作家の三十三歳での早世を思うと切ない
▼しつけの悩みの歌も多い。<叱らでも済みけるものを後向(うしろむ)きてべそかきをらむチビ助よ許せ><わが父ゆわれの伝へし寝坊なればチビも嗣(つ)ぎけむ今朝も未(ま)だ起きず>
▼親といっても完全ではない。むしろ欠点だらけなのだけど、なんとか子供を正しい方へ、導きたい。そんな父親の思いと葛藤が、みえてくる。きっと、いい親子の関係だったのだろうと想像できるほほえましさもある
▼発達心理学の岡本夏木さんは著書『幼児期』で、しつけについて語る中で中島敦の子育ての歌を紹介した。欠点を抱えながらも、大好きな親が努力している姿を子供は手本に育つのだと説いている。親も努力しなければ早起きできないなどと知ることが子供の努力を支えると
▼悩みつつ泣き笑いの日々を送っているお父さん、お母さんは多いことだろう。今日はこどもの日。欠点だらけだから子供のいい手本になれる。そんなふうに子育てを見つめてみるのはいかがだろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018050502000109.html

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「トウモロシコ(味来)」が10本3,880円(税込)♪
https://item.rakuten.co.jp/snowland/102801/?scid=rm_190841
 「釜庄」より、楽天メール。いろいろと美味しそうなものが盛りだくさん!
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kamasho/?scid=rm_192960

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「なぜ?5駅以下のローカル線さんぽ」「西武国分寺線」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/705997/
「鷹の台駅」
♪ 風 はしだのりひことシューベルツ(1969年)
<国指定史跡 玉川上水>
 江戸時代、生活用水に利用するため、全長43kmにわたって掘られた上水路
♪ 志村けんの全員集合 東村山音頭 ザ・ドリフターズ(1976年)
※西武国分寺線
 明治27年12月開通。西武鉄道の路線では1番最初に開通した路線。
「小川駅」
《木村豆腐店》
・豆腐 1丁 160円
<浅間塚>
 江戸時代に作られた浅間神社を祀る塚
「東村山駅」
《餅萬 西口本店》
♪ いい湯だな ザ・ドリフターズ(1966年)
・だいじょうぶだァー饅頭 5個入り 650円
<大善院>
・家庭円満のこぶし
・ハートマーク

 「孤独のグルメ Season 7」は、第五話「東京都荒川区 三河島の緑と赤の麻婆豆腐」
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume7/backnumber/backnumber5.html
《やきとり・鳥善》
《丸萬商店》キムチ
《麻婆豆腐専門店 眞実一路》
東京都荒川区西日暮里1-4-12
TEL 03-6306-5232
・白茶
・ワンタン入り 滋養スープ 680円
・ザーサイのネギ生姜和え 280円
・海老と大葉のハルマキ 380円
・豚ヒレと野菜の五目ハルマキ 280円
・緑麻婆豆腐 950円
・ライス
・五味一体 麻婆豆腐 600円
・正式杏仁豆腐 500円?300円?
★胡瓜の四川唐辛子和え 280円
★ピータンとピーマンの香り和え 680円
★白麻婆豆腐 850円
★カメ出し紹興酒 480円
★麻婆豆腐専用ウイスキーハイボール 480円

 「おとな旅 あるき旅」は、「歴史と美酒に酔う京都・伏見 陽春さんぽ」。
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1255399_6111.html
<伏見稲荷大社>
・千本鳥居
・おもかる石:
 想像より軽ければ願いが叶うといわれる試し石
・根上がりの松
*《にしむら亭》四ツ辻
・ビール 650円
「伏見稲荷参道商店街」
《日野家》
※うずらの丸焼き
 平安時代、この辺りが戦いで焼け野原になり、野鳥を食用とした名残。
・ビール
・鯖寿し 1本 2,800円
・うずらの焼鳥 1本 750円
<御香宮神社>御香水
《魚三楼》
・玉乃光酒造 純米大吟醸 備前雄町 300ml 2,732円
・花籠御膳 5,400円
(焚合せ(筍・若布・うすい豆・里芋・湯葉)、取肴(出汁巻・鰆小串・かまぼこ・蓮根)
《黄桜カッパカントリー》地ビールレストラン《黄桜酒場》
・京都麦酒飲み比べセット(ケルシュ・アルト・蔵のかほり) 680円
《伏水酒蔵小路》
 どの店に入っても、全9店舗の出前ができる。
*《むかし屋》
・三種の利き酒セット 1,480円
・城陽酒造 吟醸酒 辛口 祝 650円
・もつ鍋(白) 2人前 3,160円
*《焼鉄》
・俺の焼鉄 780円

 「スギちゃんのさすらいグルメ旅」は、「福島県の旨いもの ワイルドに食べまくり」。
http://www.tabichan.jp/travelogue/wild-sugichan
「福島県 松川浦漁港」
 アカガレイ、毛ガニ、タコの卵
《海鮮市場 カネヨ》
相馬市尾浜字原228-25
TEL 0244-38-8808
・小女子(こうなご) 500g 1,620円
  ↓
 女郎人(めろうど)(イカナゴ)
・アンコウのともあえ
《たこ八》
相馬市尾浜字原228-25
TEL 0244-38-8808
・ホッキ飯定食
・海鮮宝船
《みそ漬処 香の蔵》
福島県南相馬市鹿嶋区永田字北永田28-3
TEL 0244-46-2233
・とうふのみそ漬
・あん肝のみそ漬
・クリームチーズのみそ漬
・八丁みそ漬
*甲冑館 菊翁
《香の蔵 手づくりアイス じぇらーと藏》
福島県南相馬市鹿嶋区永田字北永田28-3
TEL 0244-46-2233
・まるごといちごミルク
《銘醸館》
福島県南相馬市原町区本町2-52
TEL 0244-22-2114
※野馬追の里
・出陣弁当
 三献の儀(敵に打ち勝ちよろこぶ)打ちあわび、勝ち栗、昆布
《亀屋》和菓子
福島県南相馬市原町区旭町3-29
TEL 0244-23-3531
・かめの子まんじゅう
《黒潮海苔店》
福島県南相馬市原町区旭町4-5
TEL 0244-22-2555
・焼きのり 10枚入り 1080円
・黒のり(生のり)

 「林家正蔵の今日も四時から飲み」は、「銀座 三州屋」。
http://www.tabichan.jp/travelogue/4jikaranomi
http://www.tabichan.jp/travelogue/4jikaranomi/4
<木挽堂書店>
《大衆割烹 銀座 三州屋》
東京都中央区銀座2-3-4
・山海漬(お通し)
・生ビール
・カキフライ
・鳥豆腐
《銀座バール・デルソーレ 2Due》
東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館1F
TEL 03-5159-2020
・グラッパ・サルパ・ディ・ポリ・リゼルヴァ
・ジェラート1種盛りプレート(ジャンドゥイア)
・ナルディーニ・アクアヴィーテ・リゼルヴァ

 先日の「ニッチェのラーメンコンシェルジュ」は。「冷やしラーメン」。
https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5
《中華そば勝本》
千代田区三崎町2-15-5
※鶏と豚をベースにした魚介系スープ
☆冷やしラーメン 880円
《鯛塩そば灯花》
新宿区舟町12-13 石原マンション1F
※新鮮な真鯛を贅沢に使用したスープ
★冷やし鯛塩そば 980円
《麺ダイニング ととこ》
千代田区神田小川町3-10-9 斉藤ビル1F
※山形県の食材にこだわり抜いた冷やしラーメン
☆特製つったいラーメン 1,060円
 「つったい」とは山形弁で「冷たい」という意味
「簡単!ニッチェごはん」【冷やしラーメン】
①中華めん 1人前を茹でる。
②生姜の皮をスプーンの先で、削り取る。すりおろす。
③麺つゆ、水、ごま油 小さじ1、おろししょうが 小さじ1を入れ、混ぜる。
④麺を水洗いし、氷水でしめる。水を切り、スープの中に入れる。
⑤ネギ、キュウリ、ゆで卵、鶏肉チャーシューをのせる。すりごま 少々をふる。ラー油 少々をかける。

 「和風総本家」は、「隠れた名店 誰も知らない美味しい京都」。
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/
*《京料理およね》下京区
*《釜めし割烹 あげ半》先斗町
*《料理旅館 鶴清》
*《祇園さゝ木(和食)》
*《京懐石 美濃吉本店 竹茂桜》
・紅懐石 16,200円(税込、サービス料別)
*《京料理 いそべつ》
☆《ぎをん 川柳》祇園
・焼き椎茸のこのわた掛け 1,800円
 椎茸に日本酒をふりかけ、オーブンで焼く。このわたを包丁で叩いて、4等分にした椎茸にかける。
・甘鯛の塩焼 2,160円
 甘鯛に高温の油をかけて、からっと揚げてから焼く。
・ホタルイカのしゃぶしゃぶ 1人前 3,240円
*《草喰 なかひがし》左京区、平成9年創業
・コース料理のみ 12,000円~
《お好み焼き 珠ちゃん》
☆《ゆば工房半升》平成19年創業
・湯葉 1パック 800円
*<三条タナカ>
《ちからもち》蕎麦
*<靴屋 野勢>
☆《中国料理 龍鳳》
・カラシ入りそば 700円
*《漬物屋 中口》
☆《いけまさ亭》
・月替わり定食 1,850円
「北野天満宮」上七軒(上京区)
*<お茶屋 梅乃>
☆《糸仙》昭和56年創業
・春巻 800円
 卵、片栗粉に水を加えかき混ぜる。中華鍋で焼く。たけのこなどを炒めたものを包み、油で揚げる。
・すぶた 750円
・焼豚汁そば 600円
・杏仁豆腐 350円
*<東寺書院>
*《田中鰹節店》
《巴屋》昭和62年創業
・おはぎ 1個 130円
*<仁和寺>888年創建
☆《kabe家》右京区
・もり蕎麦 880円
*<金彩 荒木>大正2年創業
*<安藤人形店>明治36年創業
*<杉本工芸>明治21年創業
*<帯屋 捨松>安政年間創業
☆《寿し割烹 十両》
※鰤、上賀茂の無農薬野菜(大根のつま)
・天然ブリ造定食 1,300円
・ブリ大根あら煮定食 1,080円
*<黒田装束店>江戸初期創業
《松屋 常盤》江戸初期創業、中京区
・味噌松風 800円
*<大入>掛け軸の修復、昭和26年創業
《割烹 たん義》
・かき揚丼 1,000円
*<ふさとひも 宮本>明治30年創業
☆《酒場 井倉木材》
・谷中しょうが豚バラ巻 650円
 谷中生姜に豚肉を巻き、炭火で焼く。
・海老とアボカドのかき揚 500円
「ふるさとごはん」福井県坂井市
・ぼっかけ
 ささがきのごぼう、ニンジン、厚揚げなどをダシで煮た後、ご飯の上にかける。
 ごはんに汁を「ぶっかける」のが転じ名前の由来となった。

http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=11876/episodeID=1157892/

「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 朝食のヨーグルトに「Strawberry Jam」を入れてみた!
NET. 14g

 病院にお見舞いに行く。「京ばあむサブレ」を持って行ったが、何人かと談話をしていたので、渡さず持ち帰り。
「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

京ばあむサブレ
 KYOBAUMU SABLE
1箱10枚あたり453kcal
原材料名 小麦粉、バター、粉糖(砂糖、オリゴ糖)、ショートニング、米粉、アーモンドパウダー、抹茶、豆乳(大豆を含む)、卵黄(卵を含む)、食塩/乳化剤、酸化防止剤(V.E)
製造者 株式会社美十
京都市南区西九条高畠町35-2
TEL 0120-8284-39

http://www.otabe.kyoto.jp/2013_new/sweets/kyobaum_series.html
「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 宇治抹茶と豆乳のさくさくサブレ
KYOBAUM SABLE 京ばあむサブレ
 みなさまにご愛顧頂いております「京ばあむ」の鮮やかな緑と白の色合いをそのままに京都宇治「森半」の宇治抹茶と豆乳を使ったさくさくっとした食感が楽しいサブレです。

 イチゴの収穫。今年はあまり穫れないね・・・。

 夕方は、「タケノコ汁」で一杯♪
「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 「さば みそ煮」を使いましょう
化学調味料 無添加
 DHA・EPA 含有
固形量:110g
内容総量:150g
100gあたり114~247kcal
販売者 富永食品株式会社
神戸市中区御幸通5-1-21
TEL 078-232-8615

「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 豆腐も入れましょう!
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900

TEL 0120-047-803

「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 コンニャクも入れましょう!
「群馬のあく抜きこんにゃく」
250g
100g当たり5kcal
・煮物やおでんに
・田楽や炒め物に
製造者 株式会社ヨコオデイリーフーズF
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
TEL 0274-70-4002

「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」

 「七味唐がらし」は、先日買ったもの。
TOPVALU 豊かな風味 七味唐がらし
 唐がらし、ちんぴ、黒ごま、けしの実、鷹の爪、山椒、青のりを程よくブレンドした七味唐がらしです。
27g
1g当たり 4kcal
 うどん、そば、やきとり、みそ汁、鍋物、豚汁などにご利用ください。
販売者 イオン株式会社 J101
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

 ここで『HOT PEPPER』2018年5月号の「フカボリ 美味なるご当地グルメ」(長野県偏)より、「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」の引用♪
 日本各地で愛されるご当地食べもの。毎回1県を決めて、その特徴や意外な一面をリポートしますよ!
menu 01「タケコノとサバの味噌汁」
サバの水煮缶を使った ダシ要らずの意外なおいしさ
 日本の食卓に欠かせない味噌汁。各地にユニークな具材がありますが、長野県の北部ではサバとタケノコのペアが人気なんです。ちょっと意表を突く組み合わせですよね。そして「長野でサバって・・・海なくない?」なんて思う人も多いのではないでしょうか。
 実は使われるのはサバの水煮缶。海から離れた地域でサバ缶は保存のきくたんぱく源として活躍してきました。タケコノは細身のネマガリダケという品種が使われ、5月ごろからが山採れのシーズン。サバのコク×タケコノの香り×信州味噌、最高のトリオなんですよ。ダシ要らずの簡単さも嬉しいところ。機会があればぜひお試しを!
menu 02「ニラせんべい」
春が旬のニラを使った 北信濃の名物おやつ
 ”粉もん”フードといえば大阪をはじめ関西が有名ですが、いえいえ長野県だって負けてはいません。小麦栽培の歴史が長くて、おやき、すいとんなど小麦粉を使った名物料理はたくさん。中でもニラせんべいは手軽なスナックとして人気なんですよ。
 せんべいといってもお好み焼きの薄いバージョンのような感じで、韓国料理のチヂミに似ています。「春にニラが伸びてきたら摘んで、母がよく作ってくれました」なんて声も聞かれます。中力粉に卵と味噌と水、少々の砂糖を加え、ニラを入れて焼くだけの手軽な一品。ナスなど他の野菜を使ったいろんなバリエーションもあるんですよ。
*案内人 白央篤司
 郷土料理を研究するフードライター。著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)や『ジャパめし。』(集英社)などがある。
「メシ通」
 「メシ通」は食欲と知識欲をシゲキする食メディアです。食レポやレシピなどを日々更新!
 タケコノとサバの味噌汁をもっとフカボリレシピもあるよ。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/

本日のカウント
本日の歩数:4,536歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「太陽がいっぱい(Plein Soleil)」、そして「すぐできて簡単!親子で作ろう パスタランチ」 | トップページ | 「ウナギ増へ新養殖法 愛知県水産試験場が考案」「ビアンカ」、そして「さつまの黒酢炊き黒豚角煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66686512

この記事へのトラックバック一覧です: 「京ばあむサブレ」、そしれ「フカボリ 美味なるご当地グルメ「タケノコとサバの味噌汁」「ニラせんべい」」:

« 「太陽がいっぱい(Plein Soleil)」、そして「すぐできて簡単!親子で作ろう パスタランチ」 | トップページ | 「ウナギ増へ新養殖法 愛知県水産試験場が考案」「ビアンカ」、そして「さつまの黒酢炊き黒豚角煮」 »