« 旬の野菜で四季を楽しむ 漬物のススメ | トップページ | JRさわやかウォーキング「大橋を渡って 汐の香 バラの香漂う 浜名湖の一日(をあなたに)」 »

2018年5月18日 (金)

ピーターラビット(Peter Rabbit)

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「新緑のある街 文京区後楽園 さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/709977/
♪ I SAW HER STANDING THERE THE BEATLES(1963年)
<東京ドームシティアトラクションズ>
・観覧車 ビッグ・オー 定員4名 料金820円
♪ Let It BE THE BEATLES(1970年)
《自家製麺 MENSHO TOKYO》
☆ラム豚骨らーめん(ノーマル) 750円
☆ラム豚骨つけ麺(全部のせ) 1,080円
・まぜひつじ 900円
<小石川後楽園>
 三戸徳川家 初代・頼房(よりふさ)によって造られ、完成させたのが2代目・光圀
♪ あゝ人生に涙あり 里見浩太朗・横内正(1969年)
 庭園は海・川・山・田園の4つの風景、江戸から京都への旅が楽しめる造りとなっている
・円月橋
・ハナショウブ
・大泉水
・京都への道

 「昼めし旅」は、「静岡県 伊東市」。3/5の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1143502/
 ねごめし、温泉開湯は平安時代
「伊東魚市場」
 マイワシ、ブリ
《さかや 水産》マルスイ、齋藤さん
 ブリの心臓、ブリの胃袋、ブリカマ
・カマ・心臓の塩焼き
・チキンソテー
・ブリのアラ煮
①アラを熱湯にさらし、臭みをとる。
②醤油、砂糖、酒、生姜の煮汁で煮る。強火で20分煮る。
・ブリ・キハダマグロの刺身
<湯川弁天の湯>
<石田さん>
・タラとエリンギのクリーム煮
・炊き込みご飯
・ナスの味噌汁
<小原さん>
・杉浦流 豆腐ステーキ
①豆腐を薄めにカット、塩、コショウで下味をつける。
②小麦粉をまぶし、揚げ焼きにする。
③鰹節を敷き詰めた皿に盛り付け、鰹節をふりかける。ネギを散らし、醤油をかける。
・小原流 湯豆腐
(タラ、サケ、野菜)

 「アサヒ」より、メール。
 アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で50名様に「アサヒスーパードライ(缶350ml)」6本セットをプレゼント!
【ご回答期限】2018年5月25日(金)10:00
<↓↓ご回答はこちらから↓↓>

http://news.asahi-mailmagazine.jp/?4_--_1526852_--_115498_--_2
 「西内花月堂」より、楽天メール。「カリフォルニア レーズン」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/nishiuchikagetsudo/honki-mode7757-22/?scid=me_ich_pcn_301_20180518_ranking_024
 「サッポロ」より、メール。「★作者サイン入りのオリジナルイラストや単行本、そして黒ラベルが当たる!「山と食欲と私」×「Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY」クイズキャンペーン!」♪
 大ヒット漫画『山と食欲と私』と『Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY』コラボ企画2回分のコンテンツをご覧のうえ、クイズにご回答ください。全問正解された方に抽選で、信濃川先生サイン入りのオリジナルイラストやサイン入り単行本、サッポロ生ビール黒ラベル1ケース(350ml缶×24本)の中から、ご希望の賞品をプレゼントいたします!
締切:5月30日(水)12
:00(正午)
▼ご応募はこちら
http://d.sapporobeer.jp/c/ahmZamsK7irTkMab

 ん~ん・・・USBフラッシュメモリーが一杯になった・・・データをCDやDVDに焼こうを思ったんだけど、できない・・・なぜだ???

 今日の仕事・・・事前に分かっているんだったら、急に言うなよ!!!こちらだって、予定があるんだよ!!!・・・そんな管理職の対応だから、部下が信頼していないんだよ・・・!!!
 前回、「パターン」だったから、今日は、「ディフェンス」と「モーション」の指導。
 そんな訳で、仕事を遅く終え、帰宅。
 帰宅して、焼うどんで一杯♪・・・暑かったから、ビールが美味しいな↑↑↑

ピーターラビット(Peter Rabbit)

 今日から、映画「ピーターラビット」公開された・・・見に行こうと楽しみにしていたのに、吹替版しか上映されていない・・・つまない・・・見に行かない↓↓↓
ビアトリクス・ポター原案
 ケンカするほど、好きになる。
このウサギ、こう見えてスゴイんです!
 ”本物の”ピーターラビットは、カワイイだけじゃない。
あの絵本のピーターラビットが生きて、ここにいる!
 ずっと会いたかったピーターが、すぐ目の前に!!活き活きと動き、跳び回るウサギたちは誰もがギュッと抱きしめたくなる愛らしさ!!
『ANNIE/アニー』の監督が贈る、夢いっぱいのダンス&シング!
 動物たちが奏でる、まるでミュージカルのような心躍る世界が、一大パノラマをバックに繰り広げられる!
まさに地球の宝もの-舞台は<世界遺産>イギリス湖水地方
 イギリスで最も美しい風景と称えられる湖水地方。原作者ビアトリクス・ポターはこの地でピーターラビットを生み、今も当時のままの美しさを保ち世界中の人々を魅了し続けています。
Story
 ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引っ越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの”恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだが-。
5.18 FRI 歌って♪踊って♪恋をして
監督:ウィル・グラック『ANNIE/アニー』
映画原案/脚色:ロブ・リーバー、ウィル・グラック
キャスト:ローズ・バーン『ANNIE/アニー』、ドーナル・グリーソン『アバウト・タイム~愛おしい時間について』、サム・ニール『マイティ・ソー・バトルロイヤル』and ジェームズ・コーデン as ピーターラビット

http://www.peterrabbit-movie.jp/

あの「ピーターラビット」が初の実写映画化 イギリス湖水地方を舞台にステキな物語が始まる!
「ピーターラビット」5/18(金)公開

 シリーズ累計2億5000万部の世界的大ベストセラーが初めて実写としてスクリーンに登場!作者のビアトリクス・ポターのスピリットを引き継ぎ、緑豊かで色鮮やかな花々に囲まれたイギリス湖水地方が舞台。そんな、素朴でありながらカラフルでうっとりするような一大パノラマのなか、元気なウサギたちの姿が歌と踊りにのせて軽快に描かれる。
 大好きなビアと仲間たちと、にぎやかで楽しい日々を送るピーター。しかし、都会から越してきた動物嫌いのマグレガーのせいで、その幸せな生活が危ぶまれ・・・。ピーターはマグレガーを都会に帰そうと、あの手この手といたずら攻撃を開始!マグレガーも大人気ない反撃を仕掛け、思わぬ大事件へと発展してしまう。
 日本ではかわいいだけのイメージの「ピーターラビット」だが、本当のピーターは少し違う。彼が仕掛けるいたずらは過激なものも多く、そのギャップに驚かされると同時に、あまりの暴れっぷりにクスッと笑ってしまうだろう。そんなウサギたちが、いきいきと動き回る姿は愛らしくて目が離せない。あの絵本のピーターラビットが、生きてここにいる!
・ちょっぴりワイルドなウサギ ピーター
 青いジャケットがトレードマーク。好奇心旺盛ゆえに、たまにやりすぎて周りをハラハラさせてしまうことも!?
「ANNIE/アニー」の監督が描くダンス&シング!
 抜群の選曲センスは「ANNIE/アニー」のウィル・グラック監督ならでは。ウサギたちが歌って踊る姿は、かわいさ満点だ。
イメージをくつがえす!?かわいいだけじゃないピーターの秘密
・実は 家族想い!みんなの幸せのために奔走
 マグレガーを追いだしたピーターだったが、ビアと家族の幸せのために、マグレガーのいるロンドンへ向かうことを決心する。
・実は 攻撃的!?ライバルを追いだし作戦!
 潔癖症で動物嫌いのマグレガーが都会から越してきたことで、ピーターの平和な日常は一変。マグレガーとの攻防が始まる!
・実は 独占欲が強い!大好きなビアといつも一緒
 両親を亡くしたピーターは、唯一心許す女性ビアと大自然の中で楽しく暮らしている。この生活を邪魔する者は許さない!?

本日のカウント
本日の歩数:12,359歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 旬の野菜で四季を楽しむ 漬物のススメ | トップページ | JRさわやかウォーキング「大橋を渡って 汐の香 バラの香漂う 浜名湖の一日(をあなたに)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーターラビット(Peter Rabbit):

« 旬の野菜で四季を楽しむ 漬物のススメ | トップページ | JRさわやかウォーキング「大橋を渡って 汐の香 バラの香漂う 浜名湖の一日(をあなたに)」 »