« 「ふねでしぼった、しだいずみ 志太泉」、そして「浜松の日本酒文化を盛り上げる仕掛け人「加藤 國昭」」 | トップページ | 働く女子のための、太らない「コンビニランチ」5days »

2018年5月22日 (火)

がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん(1)「フライパンひとつで、大満足のおかず」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「山手線 駅から5分さんぽ」「北区 田端」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/711245/
<田端ふれあい橋>
♪ 喝采 ちあきなおみ(1972年)
※JR東日本東京支社や新幹線の車庫があり「鉄道の聖地」と言われている。
<第二中里踏切>
 山手線で唯一の踏切が田端~駒込間にある。
《ぐぅふぃ~》駄菓子屋、もともとは紙風船屋
*TABATIME:
 櫻井さんが取材・撮影して、田端の良い所を紹介するwebサイト
《麺飯食堂 八右衛門》
☆番長タンメン 800円
《長峰製茶》静岡の製茶工場の直売店
・むせ抹茶ソフト 350円
<Cinema Chupki>
 おととし7月に募金だけで作られた小さな映画館で、座席数は20
<エクスプレスショップ はやて>鉄道グッズの専門店
☆改札鋏 8,000円~
☆制帽 4,000円~
☆鉄道懐中時計 10,000円~
☆オレンジカード(未使用) 2,000円~
♪ ホームタウン急行(エクスプレス) サーカス(1979年)
☆ヘッドマーク(あさま) 80万円
☆行き先表示板 20,000円~
☆サボ(ホーロー) 6,000円~
 列車につける行き先表示板は昔はサービスボード、略して「サボ」
☆合図灯 5,000円~
☆タブレット&玉 23,000円
♪ SOMEDAY 野元春(1981年)
 1989年のJR東海CMソング
「田端高台通り」
 高台にある商店街で昔ながらの建物が多く残る
<田端文士村記念館>
 田端に住んだ芥川龍之介や室生犀星、萩原朔太郎などの資料を展示。
<芥川龍之介旧居跡>
 大正3年~昭和2年に住み「羅生門」「鼻」などを執筆した。
《浅野屋》
・天ぷらそば 900円

 「昼めし旅」は、「新潟県 十日町市」。3/7の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1144069/
 星峠の棚田、松之山温泉(上杉謙信の隠し湯)
※日本3大薬湯:
 松之山温泉、草津温泉、有馬温泉
<松之山温泉 里山ビジターセンター>
《ひなの宿 ちとせ》
☆平日 1室2名 14,190円~
☆湯治豚丼定食(ランチ) 1,300円
※湯治豚:
 地元産の「妻有(つまり)ポーク」を真空パックに詰めて温泉で加熱。
・エビチリ風麻婆豆腐
①豆腐、むきエビ、ネギ、しめじ、白菜
②豆板醤、ケチャップで味付けし、水溶き片栗粉を加える。ごま油で香り付けして完成。
《カールベンクス古民家レストラン 澁い SHIBUI》<カールベンクス建築設計事務所>
☆ほうれん草のキッシュ 1,000円
☆カールさん好みの生ハムオープンサンド 1,200円
・新潟県産豚肉のソーセージ、豚の血のソーセージ、豚モモ肉のアイスバイン、新潟県産キャベツのザワークラウト、十日町産ジャガイモ
・大豆のカレー
・リンゴのタルト

 「サッポロ」より、メール。「★作者サイン入りのオリジナルイラストや単行本、そして黒ラベルが当たる!「山と食欲と私」×「Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY」クイズキャンペーン!」♪
  大ヒット漫画『山と食欲と私』『Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY』コラボ企画2回分のコンテンツをご覧のうえ、クイズにご回答ください。
 全問正解された方に抽選で、信濃川先生サイン入りのオリジナルイラストやサイン入り単行本、サッポロ生ビール黒ラベル1ケース(350ml缶×24本)の中から、ご希望の賞品をプレゼントいたします!
 締切:5月30日(水)12:00(正午)

http://d.sapporobeer.jp/c/ahmZamsK7irTkMab
 「キリン」より、メール。「つくって食べよう!お豆腐餅 黒酢あんソース添え」♪
http://recipe.kirin.co.jp/b00089.html?utm_source=kbcmn&utm_medium=email&utm_campaign=own-KBC_kbcmn_180522

がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん(1)「フライパンひとつで、大満足のおかず」

 仕事を終え、帰宅して、先日半額で買った「一度は食べてもらいたいッ!白菜を知り尽くした八百屋の キムチ」で一杯♪
250g
100g当り 55kcal
販売者 株式会社デセールクレア
東京都豊島区池袋二丁目16番11号小林ビル2階
TEL 0120-239-380

 それに、「タケノコの煮付け」♪
 まず、砂糖とお酒で煮る。それから醤油を入れて煮る・・・「甘勝ち」だね!!!これが美味しい!!!

 『JAF Mate』2018年5月号の「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん フライパンひとつで、大満足のおかず」の引用♪♪♪
 毎日3食、ごはんを作るのは、なかなか大変な作業です。料理を生業(なりわい)とする私でも、仕事と子育てに追われる日々の中、手が込んだ料理を作ることに、限界を感じるようになりました。
 ”ていねいな暮らし”にこだわるあまり、イライラしたり、家族と過ごす時間が減ったりするのは本末転倒。そう気づいた私は「前向きに手を抜こう!」と気持ちを切り替え、”がんばりすぎない料理”を考えるようになりました。とはいえ、味に妥協はできません。手間を省いても、工夫次第でちゃんとおいしい料理ができることを皆さんにお伝えしていきたいと思います。
 今回ご紹介する3品は、そんな”がんばりすぎない料理”の代表格。肉とほぼ同量の野菜が一度に取れる、栄養バランスのよいおかずです。①のクリーム煮には、バターライス(ごはんにバター、きざみパセリを混ぜる)を添えるのがおすすめ。③のバターレモン煮は、肉を豚こま切れ肉や鶏肉に、野菜をカブやキャベツに変えてもおいしくできます。
※すべての材料をフライパンに入れてから火にかける。肉に下味をしっかりつけておくのが、おいしく仕上げるコツ。
(1)【鶏肉とグリンピース、マッシュルームのクリーム煮】
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚
・A
 塩・・・小さじ3/4
 小麦粉・・・小さじ1
・マッシュルーム・・・100g
・グリンピース(正味)・・・100g
・ニンニク・・・1/2かけ
・生クリーム・・・1/2カップ
・白ワイン(酒でも可)・・・大さじ2
『作り方』
①ひと口大に切った鶏肉をフライパンに入れ、Aをからめて5分ほど置く。
②ニンニクを薄切りに、マッシュルームは石づきを取って半分~4等分に切る。
③①のフライパンに、②とその他すべての材料を加えて中火にかけ、沸騰したらふたをして8分ほど煮る。焦げやすいので、途中何度かかき混ぜる。
(2)【牛肉とたけのこの梅オイスター炒め】
『材料』(2人分)
・牛こま切れ肉・・・200g
・A
 オイスターソース・・・大さじ1
 梅干し(塩分10%前後のもの)・・・2個
 しょうゆ・・・小さじ1
 おろしニンニク・・・小さじ1/2
 おろししょうが・・・小さじ1/2
・ゆでたけのこ・・・150g
・パプリカ・・・1/2個
・ごま油・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ2
『作り方』
①フライパンに牛肉を入れ、Aを加えてよく混ぜ、5分ほど置く。
②たけのこは薄切りに、パプリカは乱切りにする。
③①のフライパンに、②とその他すべての材料を入れて中火にかけ、沸騰したらふたをして8分ほど煮る。
④ふたを取り、強火にして1~2分ほど炒めて水分を飛ばす。
(3)【豚肉と春野菜のバターレモン煮】
『材料』(2人分)
・豚肩ロース肉(生姜焼き用)・・・200g
・塩・・・小さじ3/4
・アスパラガス・・・6本
・スナップエンドウ・・・50g
・にんじん・・・1/2本
・バター・・・20g
・水・・・大さじ3
・レモン(薄切り)・・・2枚
・コショウ・・・少々
『作り方』
①フライパンに豚肉を入れ、塩をからめて5分ほど置く。
②アスパラガスは根元を落として5cmの長さに切る。スナップエンドウは筋を取って半分に割く。にんじんは5cm長さの短冊切りにする。
③①のフライパンに、②とその他すべての材料を加えて中火にかけ、沸騰したらふたをして8分ほど煮る。
*近藤幸子
 料理研究家。管理栄養士。宮城県出身。大学卒業後、仙台の料理学校にてアシスタント、講師を務めた後、独立。2004年より東京・清澄白河で、料理教室「おいしい週末」を主宰。2児の母。

本日のカウント
本日の歩数:6,671歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.9kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:2個

|

« 「ふねでしぼった、しだいずみ 志太泉」、そして「浜松の日本酒文化を盛り上げる仕掛け人「加藤 國昭」」 | トップページ | 働く女子のための、太らない「コンビニランチ」5days »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66747922

この記事へのトラックバック一覧です: がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん(1)「フライパンひとつで、大満足のおかず」:

« 「ふねでしぼった、しだいずみ 志太泉」、そして「浜松の日本酒文化を盛り上げる仕掛け人「加藤 國昭」」 | トップページ | 働く女子のための、太らない「コンビニランチ」5days »