« 「法隆寺」「平安神宮跡」「東大寺」「南禅寺 順正」「高台寺」、そして「京都ガーデンパレス」 | トップページ | 「伏見稲荷大社」「平等院」、そして「喜撰茶屋」 »

2018年4月26日 (木)

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 歌は二番から先がいい。そんな説がある。昭和の流行歌を愛した演出家の久世光彦(くぜてるひこ)さんによると、一番の歌詞は、テーマに沿って、状況や登場人物を描写しないといけない。心情に深く立ち入るのはその先だから「しびれる文句」は二、三番にあるのだという
▼挙げたのが西条八十作詞の名曲『蘇州夜曲』の三番だ。「船唄」「水の蘇州」「花散る春」など説明的な言葉が一番にあるのに対し、三番は<髪に飾ろか/口吻(づ)けしよか/君が手折りし/桃の花/涙ぐむよな/おぼろの月に/鐘が鳴ります/寒山寺>。好みはあろうが、味わいは深い
▼二、三番がしびれる歌は確かに多い。同じ八十の詞で、昭和を代表する歌『青い山脈』。一番の詞の素晴らしさはそれとして<古い上衣(うわぎ)よ/さようなら>の二番により強くひかれる人は多いのではないか
▼<雨にぬれてる/焼けあとの/名も無い花も/ふり仰ぐ>の三番は、一番と異なる趣がある
▼世の中も二番から先がおもしろい。そう考えてはどうだろうか。会社や学校で、最初のひと月が過ぎるという若者の中には人間関係や職場になじめない人も多いはずだ
▼顔を合わせてからの堅苦しい関係が終わって、人の味わいが見え始め、積み上がった仕事の中にやりがいを見つける時期だと考えては。古い上着を脱ぐように心の持ち方を少し変えてみる。「五月病」の薬の一つではないか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018042602000133.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「GW直前!都内近郊で海外気分さんぽ」「神奈川県大和市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/703183/
<大和ゆとりの森>
♪ Sir Duke Stevie Wonder(1976年)
<いちょう団地>
 全84棟、1400世帯が暮らす神奈川県最大の団地。1960年代のベトナム戦争で生じた難民を大和市が受け入れ、その後、仕事を求めて来日した外国人が暮らすようになった。
《金福》東南アジアの食材店
・ベトナム風焼き豚 100g 250円
《バインミー ヴィエ》
※ベトナム料理。フランスの食文化の影響を受けた料理。
・バインミ・ティ 500円
 ベトナム風サンドイッチ バインミー
《いちょうショッピングセンター》
*《アジア食品 ビェット-フォン》
♪ Strawberry Fields Forever THE BEATLES(1967年)
※大和市の歴史:
 約2万3千年前の旧石器時代から人類が生活。市内各所に竪穴式住居跡や石器が出土している。
《みどりや和菓子舗》
・いちご大福(白あん入り) 220円
《太古レストラン酒場 DINOSAUR》
 ティラノサウルス、プテラノドン、ステゴザウルスなど20体の動く恐竜
・太古の骨付き肉 6,458円 ※前日までに要予約
♪ はじめ人間ギャートルズ ザ・ギャートルズ(1974年)
☆恐竜の巣サラダ 1,058円
☆ダイナソー火山カレー 1,382円
♪ between the word&the heart -言葉と心- 小田和正(1988年)

 「昼めし旅」は、「栃木県 那須塩原市」。2/13の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1138089/
 巻狩鍋《和食屋 なす野》イノシシ・シカ・カモなどの肉を味噌味で煮込んだ鍋。元々獲物を取り囲んで追い込む巻狩りで捕らえたものを使ったのがこの鍋の始まり。
*巻狩り:獲物を取り囲んで追い込む。
「塩原温泉」
<鈴木屋>《SUZU cafe》川辺のテラス席
☆いなご佃煮 750円
☆イチゴたっぷりヨーグルトとて(コーヒーセット) 700円(税込)
※とて焼き:
 那須塩原を走っていたトテ馬車のラッパをモチーフに、クレープのようなスイーツ。生地には那須塩原の牛乳と卵を使用。
・山椒の新芽の佃煮入りおむすび
①ご飯に自家製 山椒の新芽の佃煮を混ぜる。(醤油、鰹節、みりんで混んだ伝統の味)
②おにぎりに握る。海苔を巻く。
・豚肉のステーキ
・玉こんにゃくと糸こんにゃく
・梅干しの甘煮
・イナゴの佃煮
《G-ba》焼きそば、駄菓子
☆焼きそばとコロッケのセット 460円(税込)
(焼きそばを鰹だしの醤油ベースのつゆにつけて食べる。ラー油でアクセント。スープと焼きそばを分けてつけ麺風に。)
※那須塩原ご当地グルメ:スープ入り焼きそば
・天丼
①うどを細切りにし、衣をつけて揚げる。衣にちょっとホワイトリカーを入れると、サクサク感が増す。
②タマネギ、桜エビのかき揚げを揚げる。
③サツマイモ、きこの(しめじ、まいたけ)を揚げる。
④ご飯の上に、丼つゆをくぐらせた天ぷらをのせる。
・手打ちそば
①そばを茹で、しめる。
②茹でたもやしに唐辛子をかける。醤油、ゴマ油で味付け。よく和えて、そばつゆに入れる味付けモヤシの完成。

 今日も早朝から、起床!
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 朝食は、洋食。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 でも、お箸も付いている!

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 1日乗車券を持って出かけましょう!
 「1日乗車券」を無くさないように、首から下げるというのは正解だね!
地下鉄・バス一日券
 Kyoto City Subway, Kyoto City Bus, Kyoto Bus, Keihan Bus One-Day Pass
・地下鉄(烏丸線)
・地下鉄(東西線)
・市バス(全線)
・京都バス(一部路線除く)
・京阪バス(一部路線除く)
\900-

https://oneday-pass.kyoto

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「二条城」に到着。混んでいるね。
 3年前は、改修中だったが、今年は完成していた!
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

 「東寺」に向かいましょう!・・・京都は、地下鉄の駅の入り口が分かりにくいな!
 地下鉄「九条駅」に到着。
 地下鉄の駅員さんが、外人さんに英語で説明をしていた。京都ってスゴイ!

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「東寺」に到着。
 ここは、空いているね!
 特別展をやっているようだ。
http://www.toji.or.jp/

 バスに乗り、次に向かいましょう!
 バスの運転手さんが途中交代・・・パスがぐるぐる回っているから、交代をするんだろうな。

 「豊国廟」に寄ってみた。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 入口で100円支払らう。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

豊国廟 登拝券
No 016665
 豊国廟は慶長3(1598)年、伏見城にて薨去された太閤秀吉公の墓所です。御遺骸は遺命によりこの阿弥陀ケ峯に葬れ、山腹には正一位豊国大明神として秀吉公を祀る壮麗壮大な豊国社が創建されました。しかし豊臣家滅亡後、幕府の命により豊国社は廃祀され御廟も空しく叢に埋もれてしまいました。幕府崩壊後、明治天皇のご沙汰で方広寺大仏殿跡地に神社は再興されました。現在の御廟は明治31年豊太閤三百年祭にあたり、豊国会の手により全国の浄財を集めて造営されたものです。
  正面の階段489段 五輪塔(御墳墓)高さ約10m(3丈1尺)
京都市東山区大和大路正面茶屋町 豊国神社社務所

https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=10&ManageCode=250

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 階段は長いね。前を登っている人がいるよ。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 そして、到着。
 ここは、2年ぶりだね。
 お参りを済ませて下山。 

 バスに乗り「清水寺」に向かう。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「祇園下河原 ひさご」にて昼食としましょう!
 開店15分前に到着。前に5人くらい待っていた。列に付き、座って待つ。開店前に行列だね!修学旅行生がどんどんやって来るよ。
 11:30開店。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「親子丼」1,010円を注文。
 やがて運ばれてくる。学生向けなのだろうか、ご飯の量が多いね。
 「七味家」の「粉山椒」が置いてある。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町484
TEL 075-561-2109

https://kyotohisago.gorp.jp/

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「清水寺」は、相変わらず混んでいた!
http://www.kiyomizudera.or.jp/

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「京ばあむ 清水店」に寄る。
 「京ばあむ 清水限定」1,166円を買う。
京都市東山区清水2丁目229
TEL 075-525-2180

http://kyobaum.shop/

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「京都大原 志ば漬けの里 土井志ば漬本舗」に入り、「すぐき漬け(刻みすぐき)」475円を買う。
京都市左京区大原花尻橋畔
TEL 075(744)2311(代)
京都・東山
TEL 075-533-4385

http://www.doishibazuke.co.jp/

 うぅっ・・・お腹の調子が・・・コンビニでトイレを借りる!京都のコンビニって、色がちょっと違うね・・・。

 バスに乗り、「大丸」に向かう。
 「ノンタン」648円を買いましょう!
京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地
TEL 075-211-8111

https://www.daimaru.co.jp/kyoto/

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「錦市場」に行く。ここも、混んでいます!
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 地下鉄に乗り、「こと路」に行き、「ちりめん山椒」50g648円を買いましょう!
京風味 ちりめん山椒
 春は仁和寺の桜
 夏は鴨川の床
 秋は常寂光寺のもみじ
 冬は嵯峨野の雪景色などなど
 季節ごとに楽しませてくれる京都
 そんな京都に”こと路”は生まれました
 京都御所のほんの近くにございます
 近くにおいでの折は
 ぜひお気軽に
 お立ち寄り下さいませ
贈り物に ちりめん山椒
 厳選された細かなおじゃこと、
 一粒づつ軸を手摘みした
 山椒を緑色のままに、
 京風にさっぱりと
 炊き上げています。
 実山椒のぴりっとした
 辛さと香りが味を
 引き立てています。
 白いごはんのお供に、
 又酒の肴にもどうぞ。
京都市上京区出水通室町西入近衛町46-3
TEL 075-432-9283

http://kotoji.net/
 ここは「紀州極上梅干 こと路の梅」も有名です!
 梅干の中でも紀州梅は薄皮で、
 果肉が厚くやわらかで、
 その品質は全国一を
 誇っています。
 この梅干は産地の農家と
 提携し、素材、味を
 ことごとく吟味し、
 酸味・塩分を控えた
 こと路独特のまろやかな
 お味に仕上げました。

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 「足腰の守護神 いのししの護王神社」にてお参りする。
http://www.gooujinja.or.jp/

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 夕食は、ステーキだね!

「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

 夜の活動は、「」の見学。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

-能の台本は詩
 現代に生きる私たちにとって、能の台本である謡(うたい)は難しいと感じられるかもしれませんが、それは和歌や「源氏物語」など古典を引用しつつ練り上げられたまことに美しい詩であるといえます。読めば読むほど味わい深いものですが、ただ聞くだけでも花鳥風月に彩られた美しい情景が広がります。
-能はドラマチック
 一口に能といっても物語の展開を楽しむもの、激しい戦いのあるもの、迫力のある鬼の出るもの、しっとりとした女の人が舞う能などいろいろなものがあり、さまざまな面白さがあるのです。しかし、すべてに共通するのは人間の変わらない思いを扱っているところでしょう。そこには常に深いドラマが生まれます。
-能はミュージカル
 「舞」も能の見所の一つです。謡が止まり、囃子(音楽)に合わせて舞う登場人物を見ながら観客は自由に想像力をふくらませることができるでしょう。また、囃子は「間」を大切にしていて能を盛り上げます。音楽と動きが一体となる、まさに能はミュージカルといえるでしょう。
-能は動く美術館
 能を見る楽しみの一つに「面(おもて)」や「装束(しょうぞく)」を見るということがあります。能装束が現在のように豪華になったのは江戸時代になってからといわれ、能の表現をさらに豊かにしています。一方、面は世阿弥の頃すでに現在のようなものが生まれていました。能の魅力が集約されているよな面はいくら見ても見飽きない美しさです。

 このようにさまざまな魅力の総合体である能を完成させる最後のそして最も重要な要素は見ている人の心です。能は観客の想像力を豊かにふくらませます。能の「正しい見方」というものはありません。まことに自由なものです。ですから同じ曲を何度見ても新しい感動があります。何回上演されても常に新しいのです。さあ、あなたも能の新しい歴史にご参加しませんか? 

・能とは
 能は、詩、劇、舞、音楽、美術などさまざまな要素が一体となって観客の感動を呼び起こす「総合芸術」であるといえます。そして、簡潔な舞台や演者の動きは無限の感動を生むことができます。観阿弥、世阿弥が大成し、約600年続いている古典芸能である能は、同時にまた現代に生きる芸術なのです。
・能舞台
 能は屋根のある専用の能舞台で演じられます。これは、能が屋外で行われていた名残といえます。檜の白木作りで正面奥に松、右側に竹が描かれています。必要以上の装飾が無く、また幕の無い舞台は能独自の魅力を引き出します。
「楽器紹介コーナー」
・笛
 能笛(のうかん)って、とってもおんち!!同じ穴を抑えてもいろんな音が出てくるし、1本1本、笛によって音の高さも違う、個性的な楽器。
・小鼓(こつづみ)
 デリケートな小鼓は、その日の天気で音が変わる。演奏中にもツバをつけたり、息をかけたりと忙しい。調緒を左手で操作しながら音を造り出していく。
 どちらかというと女性的な楽器。
・大鼓(おおつづみ)
 大鼓(大革(おおかわ))は、演奏前に革を炭火で乾燥させて、その上、調緒(しらべお)と小締め(こじ)で締め上げているからカチンコチン。だから、カーン!!というたかーい音がする。
 まわりをリードする男性的な楽器・
・太鼓(たいこ)
 ここ1番!!という時、必ず登場するのがこの太鼓。両手に撥(ばち)を持って演奏するから、とっても華やかで1曲のクライマックス部分に活躍する。
 演奏中はまわりを断然リードする。
「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」

「京都 河村能舞台」
京都市上京区烏丸上立売上ル柳図子町320-14
TEL 075-722-8716
FAX 075-722-8717

http://www.omosiro-noh-taiken.kyoto.jp/

 打ち合わせの後、就寝。

河童
 私のことなど忘れ去っているか、と思う時分になると、決まって、実家から箱が届く。物々しい箱は、開く前より甘い香りがした。
 「今年もまた、来てますよ」
 大家に運ばせるわけにもいかないほどに、箱は重い。
 開くと、ふんわりと甘い香りが濃くなった。突き刺すような柑橘の香では無く、かといって花ほどあっさりするでも無い。みずみずしく、ねっとりと鼻の奥に絡み込むかのように入ってくるのは、桃の香である。私の実家は、桃を育てているので、幼い頃からこの香りに囲まれて育った。
 「このへんで売ってるんとは、なんや違う気がするんです」
 いくつかいつものように渡すと、大家は果実に鼻を近づけて、思い切り匂いを吸い込んでいた。

 珍しく私が贅沢を出来る品である。どうせ放り過ぎれば腐るものであるから、と、二個を手に、散歩をすることにした。
 鴨川沿いを歩いていると、一人の少年と出会う。
 「いりますか」
 こくり、と頷く。言葉を失っているのかとよく見れば、少年と思ったものは河童であった。中途半端に姿を変えているのがよくわかる出で立ちで、私の手を見ている。
 河童は胡瓜が好きであるというが、さて、桃も食うのだろうか、などと考えたものの、本人が欲しいと言うのであるから食うのであろう。一個を、気前良く渡してやった。
 ざぶざぶと、河童は鴨川に腰までつかり、桃を洗い始めた。
 「私の分も、洗ってもらえますか」
 また頷くと、河童に洗った上に皮まで剥いた。親切な河童である。
 並んで、桃にり付いた。暑かったので、私も下駄を脱いで足先を川に浸してみた。
 鴨川の流れは、ゆるりとしているようで、実は意外と激しい。思えば天下に敵わぬものなど無さそうであった上皇も、鴨川の流れを意のままにならぬ悩ませものと、数えていた時代もあった。
 暑い日差しの中、こっくりとした濃い桃を飲むのは、大変な贅沢であった。河童と並んで食べているのが、どこか可笑しかった。
 ふと、実家に居た時分も同じようなことがあった気がして、考えてみる。友人と、裏の川で桃を食べていた記憶はあるのだが、と考えているうちに、友人と思っていたがもしや河童であったかな、という気になってきた。まあ、同じように遊んで桃に齧り付いていたのならば、友人に違いはあるまい。

 思い出に耽っていると、種の周りまであっという間にきれいに食べつくした河童は、一礼をして泳いでいった。
 来年も桃を持ってきて並んで食べたら、私と河童は友人と呼べるのだろうか。
 そのようなことをぼんやりと、光る流れを見つめながら考える。
聖護院八ッ橋総本店
TEL 0120-51-8284

本日のカウント
本日の歩数:30,691歩
(本日のしっかり歩数:13,239歩)
本日:kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「法隆寺」「平安神宮跡」「東大寺」「南禅寺 順正」「高台寺」、そして「京都ガーデンパレス」 | トップページ | 「伏見稲荷大社」「平等院」、そして「喜撰茶屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66778186

この記事へのトラックバック一覧です: 「二条城」「東寺」「豊国廟」「ひさご」「清水寺」「錦市場」、そして「河村能舞台」:

« 「法隆寺」「平安神宮跡」「東大寺」「南禅寺 順正」「高台寺」、そして「京都ガーデンパレス」 | トップページ | 「伏見稲荷大社」「平等院」、そして「喜撰茶屋」 »