« 10年目の新発売 麦とホップ 3月6日発売 | トップページ | ハチミツのヒミツを知ろう »

2018年3月 7日 (水)

「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「東横線!5000歩さんぽ」「目黒区 中目黒」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/688121/
♪ じゃあね おニャン子クラブ(1986年)
*目黒川の桜:
 昭和2年に植えられ、現在3.8kmに830本!
「目黒銀座商店街」
<ギンザ堂靴店>
 昔からある「便サン」がブーム
《雷神堂 中目黒店》昭和53年創業
・ウルトラカラシ 150円
・煎餅に文字を書き色付け 1,300円(文字オーダー品 1,400円)
<かとうロックサービス>
《喜風堂》
・筍最中 600円
※中目黒は筍の里だった!
♪ 春夏秋冬 泉谷しげる(1972年)
*中目黒高架下:
 昨年6月 全面開業。700mに28店舗
*蛇崩川緑道:
 流れていた蛇崩川にフタをして出来た緑道。玉川通りを越え、下馬一丁目まで3km続く。
《吉次 蟹蔵》毛蟹とキンキの鍋専門店
・毛蟹大根鍋 14,000円
 北海道から生きたままの毛蟹を直送。味噌とバターで味付け。
 大根は昆布と唐辛子で半日煮込んだ物。

 「昼めし旅」は、「兵庫県 神戸市」。12/11の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1120915/

 神戸牛(神戸牛焼肉 八坐和 本店)
《光栄丸》幸内さん
※須磨海岸で海の家を経営、夏以外は定食屋の幸栄丸を経営
☆須磨丼
☆日替わり定食 650円
・ハリイカの松かさ焼き
①ハリイカ(コウイカ)に斜めに格子状に切り込みを入れ、醤油を塗って焼く。
・ハリイカと焼き豆腐の煮付け
(ハリイカ、醤油、ミリン、砂糖など)
・ホウボウの煮付け
(ホウボウ、醤油、ミリン、砂糖など)
・キスとホウボウの天ぷら
・ハリイカの刺身
<吹田バーバラさん>
*手作りジャム(甜菜の糖分を使いジャムを作る)
 グーズベリー、ハスカップ、ラズベリー、ルバーブ
 あかすぐり、きいちご、かりん
・クワの実ジャム
・ドイツパン(プルッツェル、フォルコルン)
・3種類のチーズ(ブリー、ゴルゴンゾーラ、とろけるチーズ(パルメザンチーズ入り))
・フォルコンにカリンジャム、ハスカップジャムをたっぷりのせ、とろけるチーズをのせる。カリンゼリーをトッピング。

 「林修の 今でしょ!講座」は、3時間スペシャルだった。
http://www.tv-asahi.co.jp/imadesho/backnumber/0097/

①納豆
 かき混ぜる回数は、糸を引くくらい(50回程度)がベスト。
 先にタレをかけると粘りが出なくなってしまうため、混ぜてからタレをかける。
 ナットウキナーゼは熱に弱いため、ご飯をよそってから少し時間をおいて納豆をかける。

https://yukhd.com/2018/03/06/hayashi-nattou/

②みそ
 赤味噌の色の成分、メラノイジンに糖の吸収を抑えて食後の血糖値の上昇を緩やかにする
 血圧を下げるのに効果的な味噌汁の具材はわかめ
 豆腐もオススメで大豆ペプチドが入っているので血圧高めの人にはオススメの具材となります
 味噌汁を作るときの味噌を入れるベストタイミングは、火を止めて5分後です

http://hibinodekigotokiroku.blog.so-net.ne.jp/2018-03-06

③ヨーグルト
 食事の後にヨーグルトを食べると良い。
 ホットヨーグルト(電子レンジ500Wで40秒)にすると良い。
 ビフィズス菌は食物繊維があるとより活性化するため、フルーツと一緒に食べるとより効果的。

https://yukhd.com/2018/03/06/hayashi-yoguruto/

 「TNC」のトップ画面が変わった???「迷惑メールチエック」に入り方が分からない・・・???
http://www.tnc.ne.jp/

 「TOTO」より、メール。
*Mission 1「金箔スイーツを手に入れよ!」
 COREDO室町1の「箔座日本橋」。金沢の金箔メーカー「箔座」の旗艦店である日本橋店は、都内では珍しい金箔商品の専門店である。ここ日本橋にはかつて金箔銀箔の職人が多く住んでおり、箔とは縁の深い場所なんだそうだ。
・名物のきんつばとマカロンの2品
*Mission 2「パワースポットの石神井公園で金箔スイーツを食す!」
 練馬区・石神井公園。実はこちら、都内でも屈指のパワースポットとなっている。ここには2つの大きな池があり、中でも三宝寺池には古くから龍の伝説があることでも知られている。龍は、風水の世界では運気そのもののシンボルマークだ。
*Mission 3「皆中稲荷神社で金運のご利益を受けよ!」
 新宿・大久保の目抜き通りにたたずむ「皆中稲荷神社」だ。
 「みな、あたる」と書いて皆中(かいちゅう)。文字通り、必勝祈願や合格祈願、さらにはくじの当せんや、最近ではライブチケットの当選を祈願する人々が日々訪れる人気の神社である。
 売れ筋の「皆中守」と、弓と矢の封入された「的中御守」を手に入れた!
*Mission 4「よく当たると評判の占い師に会いにゆけ!」
 新宿駅にほど近いマンションの一室、こちらがNOI CAFEさん。雑誌やWEBメディアでも話題の占いサロンである。的中率が高いと言われている紫微斗数(しびとすう)をメインに、四柱推命とタロットも合わせて占ってくれる。ドアを開けるとアジアンテイストのインテリアと、インコの「こはる」さんが迎えてくれる、癒しの空間だ。
 生まれた年、場所、時刻で占うという紫微斗数。
 「今年は『土』が強くなる年なんです。つまり、耕すときであり、落ち着くときであり、1回手放すとき…断捨離ですね。縁を切ったり、悪いものを捨てる年になります。金運に関して言えば、そうですねぇ…金(きん)って、『土』に埋まってるでしょ。ということは、昔買ったくじに換金忘れがあるかも?もう一度、確認してみては」
 「大きく俯瞰すれば、そんな感じですかね。ならば、積極的に金運を“上げる”には?」
「それはつまり、『自分の魂のレベルを上げる』ことにつながるのです。例えば私も実践していることですが、
・塩を舐める
・風呂に酒と塩を入れて、時計まわりに回る
・かしわ手を打つだけでも浄化作用アリ
・薄暗いところに悪いものが溜まるので、トイレに悪いものが行きやすい。明かりをつけっぱなしにしてもいい
 それと、収入が不規則な人は、収入UP(仕事UP)のときにくじを買うといいですよ」
*Mission 5「ついにラスボス?!BIGに挑む!!」
 

 「サッポロビール」より、メール。「黒ラベル」が当たる!!!
http://www.sapporobeer.jp/special/overquality/180208/index.html
「山と食欲と私」
http://www.sapporobeer.jp/special/overquality/kitchen/vol11.html
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「特選ローストチキン丸蒸し焼き」が2,980円♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/rosutomaru4/?scid=rm_197493

 「カルピス」より、メール。
【いちご白玉しるこ】(2人分)
 白こしあんで作るおしるこです。おしるこに浮かべたのは「カルピス」の甘ずっぱさがポイントの白玉。いちごと一緒にいただきます。
・「カルピス」白・・・50cc
・白玉粉・・・80g
・水・・・大さじ3
・いちご・・・4粒
・A
 白こしあん・・・200g
 水・・・200cc
・ミントの葉・・・適量
①ボウルに「カルピス」白・白玉粉・水をあわせ、耳たぶ位のかたさになるまでこねる。
②1を親指大に丸めて熱湯に入れる。浮き上がってくるまで茹でたら、冷水に取る。
③鍋にAをあわせてなめらかになるまで混ぜ、中火で加熱する。
④器に温かい3を注ぎ入れて2の白玉・へたを除いて半分に切ったいちごを盛りつけ、お好みでミントの葉を飾る。
※白いおしるこに、いちごの赤が映えます。甘ずっぱい白玉は春らしい味わい。お好みで生クリームをかけてもおいしいです。
【さわやかさくらもち】作りやすい分量(8個分)
「カルピス」を加えた生地でこしあんを巻き、さくらもちを作りましょう。抹茶色と桃色の2色を作ります。
・白玉粉・・・20g
・水・・・大さじ2
・「カルピス」カロリー60%オフ・・・50cc
・薄力粉・・・50g
・食紅・・・微量
・抹茶・・・小さじ1
・こしあん・・160g(8等分にして丸める。)
・桜の葉の塩漬け・・・(塩抜きしたもの)8枚
①ボウルに白玉粉・水をあわせて白玉粉をしっかりと溶かす。 
②1に「カルピス」カロリー60%オフ・薄力粉をあわせてよく混ぜ、半量ずつ分けて食紅、抹茶でそれぞれ着色する。
③ホットプレートに2を1/8量ずつ流し入れ、楕円形に伸ばして両面焼く。
④粗熱が取れた3の生地をこしあんに巻き、桜の葉の塩漬けで包む。
※さっぱり、そしてもちもちした食感の生地は「カルピス」入りならでは。桜の葉のほのかな塩味も「カルピス」と相性抜群♪
【お豆腐アイスクリーム】作りやすい分量(4~6人分)
寒い日にお部屋でアイスクリームを食べるのはおいしいですよね。ひな人形を愛でながら、こんなアイスクリームはいかがですか。
・「カルピス」巨峰・・・150cc
・絹ごし豆腐・・・1丁(300g)
・生クリーム・・・100cc
・抹茶・・・適量
・桜の花の塩漬け・・・(塩抜きしたもの)適量
①ミキサーに「カルピス」巨峰・豆腐・生クリームをあわせ、滑らかになるまでよく混ぜる。
②耐冷容器に1を流し入れ、冷やし固める。
③器に2を盛りつけ、抹茶をふって桜の花の塩漬けを飾る。
※「カルピス」巨峰の奥深い香りと甘ずっぱい味が、抹茶のほろ苦さに合うんです。
【桃のミニシフォンケーキ】直径10cm 1台分
ひな祭りの日にケーキがあると食卓もグッと華やかになりますよね。軽い口当たりのシフォンケーキに添える生クリームの甘味づけに「カルピス」がぴったり。
・シフォンケーキ・・・(市販のもの)1台
・A
 生クリーム・・・50cc
 「カルピス」国産白桃・・小さじ2
 食紅・・・(お好みで)少々
・いちご・・・1粒
・白桃(缶)・・・1/2切れ
・ミントの葉・・・適量
・粉糖・・・適量
①ボウルにAをあわせて角が立つまで泡立て、絞り出し袋に入れる。 半分に切ったシフォンケーキにクリームを絞ってデコレーションする。
②5㎜角に切ったいちご・白桃を飾り、お好みでミントの葉を飾って粉糖をふる。
※シフォンケーキは食べきりサイズ。フワフワのシフォンケーキの食感と「カルピス」国産白桃の華やかな香りをお楽しみください。

http://www.calpis.info/mail/mizutamadays/2017/

            ∴l∴
              ∴\∨/∴
        ?>*<?  どーん           ひゅるるるぅ
  ∴l∴  ∵/∧\∵           ∴l∴ 
 ∴\∨/∴  ∵│∵          ∴\∨/∴
  ?>*<?                 ?>*<?
 ∵/∧\∵                    ドーン    ∵/∧\∵
  ∵│∵                                 ∵│∵ 

 今日の仕事・・・。
 来年度の訪問こと・・・管理職は「訪問」に対して、「やっつけ仕事」と思っているんじゃないの???あと半年も先のない人を指導してどうするの???それなら、先のある方々を指導すべきじゃないんですか!!!???
 お上も管理職も、「やっつけ仕事」でやっているから、子どもたちに力をつけられないんですよ!!!

 仕事を終え、帰宅して朝刊に載っていた「いただきます 冬のおもてなし料理」の【牛肉と豆腐のみそすき煮】で一杯♪
「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】

 「味噌」は先日買った「信州 山吹」♪
極醸 味噌
品名 米みそ
原材料 大豆・米・塩
内容量 1kg
製造者 信州味噌 株式会社
長野県小諸市荒町1-7-11

「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】

 「小松菜」は、先日、105円で買ったもの。
静岡県産 こまつ菜
和久田ファーム
 和久田 麗香
浜松市西区大久保町
【小松菜ベーコン炒め】
『材料』(2人分)
 小松菜 1束、サラダ油 適量、ベーコン 2枚、塩コショウ 少々
『作り方』
①小松菜とベーコンを食べやすい大きさに切る。
②油を熱し、ベーコンと小松菜の芯を炒め、最後に小松菜の葉と塩コショウを入れたら出来上がり。
【小松菜と揚げのお浸し】
『材料』(2~3人分)
 小松菜 2束(細ければ3束)、薄揚げ 1枚、ごま油 小さじ1/2、☆(水 150ml、ほんだし 1/2袋(5g)、しょうゆ 小さじ1、お酒 小さじ1/2)
『作り方』
①小松菜は根元を切り落としてから3cm幅に切る(葉の部分は大きいので1.5cm~2cm幅と小さめに)。
②揚げは横長に置き、横に2等分に切ってから縦に細く切る。
③鍋に☆を入れ強火にかけ、沸騰したら小松菜の茎、葉、薄揚げの順に一気に投入して、中火にする。
④煮詰めて3分たったらごま油を入れて混ぜ、そのまま7分煮たら完成。
⑤火を止めてから、鍋のまま3~4分放置して味を染み込ませる。

「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】

 タマネギも先日買ったもの。

「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】

 デザートは、頂いた「焼菓子(フリアン)」♪
製造者 (株)たこ満
掛川市上平川565-1
TEL (0537)73-5289

 ここで「いただきます 冬のおもてなし料理」のレシピを載せておきましょう↑↑↑
 2017年12月24日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【豚ヒレ肉とジャガイモの重ね煮】(407kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ヒレかたまり肉・・・200g
・ジャガイモ・・・2個(300g)
・タマネギ・・・1個(200g)
・バター・・・30g
・パセリ(みじん切り)・・・少々
・白ワイン・・・大さじ2
『作り方』
①タマネギは6mm幅に切る。ジャガイモは同じ厚さの輪切りにし、水にさらす
②肉は7mm厚さに切って塩・こしょう各少々で下味をつけ、小麦粉大さじ2をまぶす
③フライパンにバターを溶かし、肉の両面を焼く。上にジャガイモ、タマネギの順に並べ、かぶるくらいの水、固形スープのもと1個、白ワインを加えてふたをし、中火でジャガイモが軟らかくなるまで煮る
④塩・こしょう各少々で味を調え、パセリをふる。

 2017年12月25日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【洋風てまりずし 2種】(全量761kcal)。
『主な材料』(16個分)
・米・・・1合(150g)
・オリーブ・・・4個
・生ハム・・・2枚
・パセリ・・・2枝
・スライスチーズ・・・2枚
・ピンクペッパー(あれば)・・・適量
『作り方』
①米は炊く。砂糖大さじ1、酢大さじ1と1/2、塩小さじ1/3を合わせ、ご飯に混ぜる。
②オリーブ、パセリはみじん切り、生ハム、チーズは1枚を四つに切る。
③(1)の半量にオリーブ、残りにパセリを混ぜ、それぞれ8等分して軽く丸める。
④ラップを広げて生ハムをのせ、その上にオリーブ入りすし飯をのせる。ラップの端をしぼり、丸く形を整える。8個作る。
⑤同様にチーズとパセリ入りのすし飯で形を整え、8個作る。上にピンクペッパーを飾る。

 2017年12月26日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【スペアリブとレンコンの煮込み】(518kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚スペアリブ(5~6cm長さ)・・・300g
・レンコン・・・200g
・オイスターソース・・・大さじ1
『作り方』
①レンコンは皮をむいて5~6cm長さの乱切りにし、水にさらして水気をきる。
②豚スペアリブは熱湯に通し、水気をきる。
③厚手の鍋に水200ml、砂糖・酒各大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、オイスターソース、酢小さじ1を合わせ、レンコン、スペアリブを入れて強火にかける。煮立ったらアクを取り、ふたをずらしてのせる。弱火で約30分煮る。途中1~2回上下を返す。
④ふたを取り、汁気が残っていたら火を強めて煮つめる。

 2017年12月27日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【豚肉のトマト煮】(343kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚角切り肉・・・200g
・パプリカ(黄)・・・80g
・タマネギ・・・100g
・マッシュルーム・・・100g
・ニンニク(薄切り)・・・10g
・トマト水煮(カット)・・・200g
『作り方』
①パプリカはひと口大、タマネギは2cm幅のくし形、マッシュルームは半分に切る。
②豚肉に塩・こしょう各少々をふる。
③鍋に油大さじ1/2、ニンニクを入れて弱火で炒める。香りが出たら肉を入れて強めの中火で焼く。
④焼き色がついたら(1)を加えて炒め、水50ml、顆粒スープのもと小さじ1/2、トマト水煮を加える。煮立ったらあくを取り、ふたをずらしてのせ弱火で約20分煮る。塩・こしょう各少々で調味する。

 2017年12月28日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【春菊のあえもの イクラおろし・からし酢】(107kcal)。
『主な材料』(2人分)
・春菊・・・150g
・大根・・・150g
・イクラ・・・20g
・チリメンジャコ・・・大さじ1
・練りがらし・・・小さじ1/6
『作り方』
①春菊は葉をつみ、長ければ半分に切る。水にさらして水気をきる
②大根はすりおろしてざるにとり、自然に水気をきる。ボウルに酢大さじ1/2、塩小さじ1/6、しょうゆ小さじ1/2、オリーブ油小さじ2、こしょう少々を順に合わせ、大根おろしを加えて混ぜる
③春菊の半量を器に盛り、②をかけて、イクラをのせる
④別のボウルに練りがらし、酢・しょうゆ各小さじ1/2、砂糖少々を合わせ、残りの春菊を入れてあえる。器に盛り、ジャコを散らす。

 2017年12月29日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【牛肉と豆腐のみそすき煮】(431kcal)。
『主な材料』(2人分)
・牛バラ肉(薄切り)・・・150g
・タマネギ・・・100g
・もめん豆腐・・・1/21丁(150g)
・小松菜・・・1/41束(80g)
・ショウガ・・・1かけ(10g)
・みそ・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①タマネギは1.5cm幅のくし形、小松菜は4cm長さに切る。豆腐は八つに切る。
②ショウガは薄切り、牛肉は3cm幅に切る。
③鍋に砂糖大さじ1/2、酒大さじ2、みそ大さじ1、水100mlを合わせ、(2)を入れて強火にかけ、肉をほぐす。
④煮立ったらあくを取り、タマネギと豆腐を加える。ふたをして中火で10分ほど煮る。途中でそっと混ぜる。
⑤煮汁を少量取り、残りのみそを溶いて加える。小松菜を加え、さっと煮る。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:6,305歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 10年目の新発売 麦とホップ 3月6日発売 | トップページ | ハチミツのヒミツを知ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66470493

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】:

« 10年目の新発売 麦とホップ 3月6日発売 | トップページ | ハチミツのヒミツを知ろう »