« 春はもうすぐ!はままつ桜最前線「お花見に出かけよう」 | トップページ | 「梅錦」「ふきのうま煮」「バウムクーヘン」、そして「「神様」の酒 神髄感じて 小松・農口尚彦研究所」 »

2018年3月22日 (木)

浜松発 浜名湖産のりと駿河湾・焼津の海洋深層水の塩 ポテトチップス

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「春旅行にオススメ!瀬戸内さんぽ」「香川 小豆島」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/692787/
面積:169.86km(山手線内側の約2.5倍)
入口:約2万8,000人(平成29年 現在)
<オリーブビーチ>
・Paradise Gate(楽園への入口)
♪ ハッとして! Good 田原俊彦(1980年)
*小豆島産オリーブ:
 生産しているのは約60品種。味が濃厚で風味が強い。
♪ Wake me up 倉木麻衣(2014年)
*実写映画「魔女の宅急便」(2014年公開)のロケ地
 小豆島でロケが行われ、撮影スポットに!
《道の駅 小豆島オリーブ公園 オリーブ記念館》
 グッズや化粧品など約180種類
☆オリーブソフト
・オリーブサイダーフロート 420円
☆小豆島産 オリーブ佃煮 540円
☆(早摘み)小豆島産エクストラヴァージンオリーブオイル 150ml 4,000円
☆小豆島産 手摘み一番搾り エクストラバージンオイル 4,000円
※市場のオリーブオイルはほとんどが外国産。小豆島産オリーブは収穫量が少なく、希少価値も高い。
♪ ルージュの伝言 荒井由実(1975年)
※小豆島へオリーブがやってきたのは、1908年。国の事業の試験場として温暖が小豆島が選ばれた。三重・鹿児島でも試験栽培は行われたが、成功したのは香川県小豆島だけだった。
<土渕(どふち)海峡(本島と前島を結ぶ)>
 1996年に世界一狭い海峡としてギネス世界記録に認定。
<迷路のまち(土庄地区)>
 江戸時代、海賊から街を守るため、意図的に街を複雑に造った。
<エンジェルロード>
 干潮時に現われる砂の道のこと。大切な人と手を繋いで渡ると願いが叶うらしい。
 歩けるのは、干潮前後の約2時間。
♪ You're the Only 小野正利(1992年)

 「タモリ倶楽部」は、「なぜ4文字で正解できるのか!?クイズ王直伝!早押し虎の穴」。
https://matome.naver.jp/topic/1Lwdi
*クイズ王 伊沢拓司
 早押しを制する者が、クイズ番組を制する
*「クイズ!クイズ王クイズ」第1問
 「おおかみのふ/んを混ぜていたことから、漢字では「狼煙」と書くものは何?」
  のろし
※ベタ問:
 クイズ界で過去に何回も出題されている問題。
*「クイズ!クイズ王クイズ」第2問
 「フランス語で「稲妻」/という名前がついた、表面にチョコレートを塗った細長いシュークリームは何?」
  エクレア
※語源問題:
 言葉の語源から推測して何かを答える問題
※フランス語語源問題例
 ろうそく→シャンデリア
 年金→ペンション
 鉛筆→クレヨン
 半分煮詰めた→デミグラス
*クイズ!尾道クイズ
 「ポルトガル語で「小舟」は何?
  バッテラ
*「クイズ!クイズ王クイズ」第3問
 「世界三大料理といえば、フランス料理、中華料理ともう1つは何?」
  トルコ料理
※「クイズ王直伝!必勝テク」知名度で答えが決まる!
 3つの答えがある中で正解となりやすい答え
  ・1つだけ知名度が低い物
  ・序列が決まっている物の3番手
 三大から四大になった場合は、後から足された物が答えになる。
*「クイズ!クイズ王クイズ」第4問
 「国民の三大義務といえば、教育の義務、勤労の義務ともう1つは何?」
   納税の義務
※出てくる順番
 三大栄養素:炭水化物・タンパク質・脂質
*「クイズ!クイズ王クイズ」問題作成
 「日本で最も高い山は富士山ですが、世界で最も高い山は何でしょう?」
   エベレスト
※クイズ王直伝!必勝テク
 美しい「ですが問題」のポイント:文章の対比
・68点「みんな大好きダイヤモンドの重さの単位はカラッとですが、みんな大好き真珠の重さの単位は何でしょう?」
  もんめ
・80点「スコットランドの発明家アレクサンダー・ベルが発明したのは「電話」ですが、スコットランドの発明家アレクサンダー・ベインが発明したのは何?」
  FAX
・90点「芥川賞の最年長受賞者は黒田夏子さんですが、最年少受賞者は誰でしょう」
  綿矢りさ
・95点「日本で一番高い所を走っている鉄道は小海線ですが、世界で一番高い所を走っている鉄道はどこでしょう」
  青蔵鉄道

 1/28の「相葉マナブ」は、「マナブ旬のかまどごはん」。
http://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/story-backnumber/180128/
<稲葉さん>
*自然薯
・自然薯掘り①:
 少し離れた所から掘り進める。
・自然薯掘り②:
 先端が見えるまで掘る
・自然薯掘り③:
 土を落として取り出す
・麦ご飯
①白米・押麦を釜に入れる。むかごを入れる。
②酒、塩を入れる。水を入れ、氷を入れる。(冷やす事で沸騰まで時間がかかり、甘みが増してモチモチに)
③竃で炊く。
・天然自然薯のとろろ揚げ
①ヒゲを取る為、軽く火で炙る
②ヒゲを軽く取り除く。
③すり鉢でする。
④自然薯に衣をつけ、170℃で揚げる。キツネ色になったら上げる。
・とろろ汁
①ダシを取り、味噌を入れる。(自然薯にかけても味が薄まらない様、味噌汁は濃いめに作る)
②濃いめの味噌汁を冷ます。
③味噌汁の上澄みだけを入れ、混ぜていく。なじんだら再び上澄みを入れる。
・とろろご飯
①麦ご飯の上に、とろろ汁をかける。
②ネギや紅しょうがをのせてもよい。

http://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/180128/

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「送料無料!お花見シーズン限定!選べる焼き鳥セット」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/hanami/?scid=rm_197493
 「相撲料理 志が」より、楽天メール。「塩ちゃんこ」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/shiga/c/0000000103/?scid=me_ich_pcn_301_20180321_6301571_004
 「大阪の味 ゆうぜん」より、楽天メール。「牛ヒレ肉」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/yuuzen/fillet-cut-300g-4/?scid=me_ich_pcn_301_20180321_6301571_007
 「キリン」より、メール。「一番搾りが発売28周年」!
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/quality/?utm_source=ismail&utm_medium=email&utm_campaign=IS_ISMN_180322_b&utm_content=1&agechk=1#history

 「Microsoftアカウントチーム」を名乗るメールが来た・・・怪しい!!!
account-security-noreply@accountproduction.microsoft.com
オフィスソフトのプロダクトキー
 不審の動きがあります
 マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。
サインイン情報:
Windowsシステム: Windows 7 Ultimate 
IP:220.31.254.151(静岡)
日時:2018/3/20 (GMT)
 お客様がこれを実行した場合は、このメールを無視しても問題ありません。
 お客様がこれを実行した覚えがない場合、悪意のあるユーザーがお客様のプロダクトキーを使っている可能性があります。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。
今すぐ認証

http://rec0very-supp0rt-micr0s0ft.org
サービスのご利用ありがとうございます。
Microsoftアカウントチーム

 『田舎暮らしの本』2016年10月号より、「47都道府県 ゆるガイド 第43回「鹿児島県」」の引用。
 九州の南端に位置し、広大な県土を有する鹿児島県。世界自然遺産の屋久島や奄美の島々、活火山とそれによる温泉、変化に富んだ海岸、新鮮でおいしい食材など、多彩な環境が取り巻く魅力的なところだ。本物の素材があふれている鹿児島県を紹介しよう。
・DATA
 面積 9187km(全国10位)
 人口 170万人(全国21位)
 九州の最南端に位置し、種子島、屋久島、奄美群島をはじめとする多くの離島を有する。温帯から亜熱帯に属し、年平均気温が18.5℃と1年を通して温暖が気候だ。良質で豊富な農林水産物を生産している。
・かごしまPRキャラクター「ぐりぶー」
 花と緑がいっぱいの鹿児島県で育つ。黒豚の特徴である六白に、自然を表す緑と木、花、そして顔はりりしい西郷どん。さつまいもが大好きで、愛嬌いっぱい。お嫁さんのさくらやこどもたちと一緒に鹿児島県をPRしている。
・さつまあげ
 鹿児島県といえば、さつまあげ。魚のすり身に調味料などを加えたもので、地元では「つき揚げ」とも呼ばれる。ほかにもきびなごの刺身、地酒で米を発酵させた「酒ずし」など、郷土料理がたくさん。
・しろくま
 いまでは全国的に有名になった「しろくま」。削った氷に練乳をかけ、フルーツや豆類を盛りつけたもの。鹿児島の夏の風物詩だ。
・「日本一」巨樹・古木
 鹿児島県には巨樹や古木が多い。なかでも、樹齢7200年ともいわれる屋久島の縄文杉、根の周りが33mもある姶良市の大クス、高さが28mもあるエドヒガンザクラは、日本一とされ有名だ。
・サツマイモ
 「薩摩」の「芋」と書くように、鹿児島から全国に広がった作物だ。生産量は全国1位で、焼酎や菓子などの加工品も多い。
・「全国有数」畜産
 鹿児島県は、畜産も全国有数。豚の飼養頭数、黒毛和種の肉用牛の飼養頭数、ブロイラーの飼養羽数は、いずれも日本一だ。
・2016年9月10月のイベント
霧島に泊まって黒豚一頭まるごと当てちゃおう!ピッグなお得キャンペーン開催中(霧島市)
10月23日(日)まで
 温泉や霧島、桜島と錦江湾など、見どころがたくさんある霧島市。市内の指定宿泊施設に泊まると抽選で10名に「黒豚1頭(または1頭分)」が当たるキャンペーンを実施中。ほかに500名に霧島の特産品もプレゼント。
問 キャンペーン事務局
(MBC開発株式会社 広告事業本部内)
TEL 099-225-0133

http://kirishima-marugoto.jp/pig_campaign

 今日の仕事・・・
 「なお、原本の写しにはそれぞれ原本証明を行うことが望ましいが、業務軽減の観点から校長が作成した送付文書に、指導要録の原本と相違ないことを証明する旨を記し、職印を押印するとともに、それぞれの写しにの印を押すものとする。」

浜松発 浜名湖産のりと駿河湾・焼津の海洋深層水の塩 ポテトチップス

 今日のランチは「みなさまのお墨付き ソース焼きそば」♪
弾力のある中細麺、コクのある特製ブレンドソース
1食(129g)あたり552kcal
販売者 合同会社 西友 SFT32
東京都北区赤羽2-1-1
TEL 0120-36-0373

http://www.seiyu.co.jp/pb

 一日中、座っていたんじゃ、いけないな・・・職場を巡視しましょう!!!

 仕事を定時に終え、帰宅。
浜松発 浜名湖産のりと駿河湾・焼津の海洋深層水の塩 ポテトチップス

 帰宅して「静岡浜松発 浜名湖産のりと駿河湾・焼津の海洋深層水の塩 しお味 国産じゃがいも100%ポテトチップス」で一杯♪
ギザのり
 大好評の春~秋の季節限定「三方原 男爵ポテチ」の第二段。国産じゃがいもを直火でていねいに釜揚げし、香り高い浜名湖産もみんりと海洋深層水の自然塩だけで仕上げました。
 化学調味料は一切使用しておりません。
たっぷり120g
「浜名湖産海苔」
 淡水と海水が混ざり合った浜名湖では、豊富な魚介類が水揚げされます。のりの養殖も盛んで、江戸と並び一大産地として有名。
 なかでも、味と香りのよさで人気の青のりをもみのりにして、たっぷり振りかけました。
「海洋深層水の塩」
 焼津沖の駿河湾の水深200m以下から汲み上げられた海洋深層水は、河川や表層水に比べて、細菌や有害化学物質等がはるかに少ない清浄性をもちながら、豊富なミネラル栄養素を含みます。この深層水から作った塩だけを使用しました。
G 有限会社 剛健エンタープライズ Goken Enterprise Co., Ltd.
 静岡県西部の酒屋が中心となって、地場商品を中心に企画・開発しました。
販売者 GOKEN エンタープライズ
浜松市南区渡瀬町187-1-D
TEL (053)589-5734
製造者 松浦食品有限会社
榛原郡吉田町住吉1425-5
TEL (0548)32-0717

 2016年7月12日の朝刊に「風紋かたどった ポテトチップス」という記事が出ていた。
中田島砂丘イメージ 新しいお土産に
 うなぎいもブランドで浜松特産の菓子類を製造販売するコスモグリーン庭好(にわよし)(浜松市南区安松町、三輪一貴社長)が、遠州灘海岸に広がる中田島砂丘をイメージしたポテトチップスを開発した。「砂丘ポテトチップス」と名付け、浜風でできる風紋をチップスにかたどった。16日からJAとぴあ浜松ファーマーズマーケット白脇店(同区寺脇町)で試験販売する。
(赤野嘉春)
南区の会社、16日から試験販売
 うなぎいもの原料をなるサツマイモの収穫を終えた畑で、甘みのあるジャガイモ「さやあかね」を栽培。海洋深層水を利用してイモ類の菓子を製造する食品メーカー(吉田町)にポテトチップスに製造を委託した。
 うま味調味料は使用せず、海水からつくった塩のみで味付け。カレーやコショウ味も考えたが、ジャガイモの風味が引き立つようにシンプルな味にした。
 開発担当の伊藤拓馬部長(38)は「中田島砂丘は日本三大砂丘の1つで浜松を代表する観光地だが、これまでに市内外にアピールできる土産物を思い浮かばなかった」と話す。来年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送を控え、観光客にアピールできる土産商品として考案した。
 ジャガイモの栽培期間は2~5月で、春から本格栽培するサツマイモの二毛作として畑を活用できる。畝づくりの耕耘機や選別、洗浄の機械類も併用できるため、新たな設備投資も不要だ。
 1袋(120g入り)350円で、1300袋を限定販売する。伊藤部長は「売れ行きが講評なら、本格的に乗り出したい」と話している。

 2017年7月8日の朝刊に「中田島砂丘で栽培 ご当地ポテチ発売」という記事が出ていた。
コスモグリーン庭好
 養殖ウナギの残渣(ざんさ)を肥料にして栽培したサツマイモ「うなぎいも」を生産販売するコスモグリーン庭好(浜松市南区)は、中田島砂丘の畑で栽培した新ジャガイモを使用した、ご当地ポテトチップスを、8日発売する。80g入りで300円。
 中田島砂丘の風紋をイメージしてギザギザの模様にしたほか、駿河湾の海洋深層水の焼き塩で味付けしてジャガイモの風味を引き立たせた。南区の「うなぎいも王国カフェ」「ファーマーズマーケット白脇店」や湖西市の「道の駅 潮見坂」で扱う。

 2017年9月1日の朝刊に「《経済》「オール静岡」食の安全にこだわり」という記事も出ていた。
 原材料を県内産にこだわった「オール静岡」の食品の発売が相次いでいる。地元素材のおいしさを売りにするだけでなく、うま味調味料や保存料を抑えるなど、添加物の使用にも配慮。地産地消や食の安全に関心が高い消費者から好評で、短期間で売り切れる商品も出ている。 
 浜松市の新名物「うなぎいも」を生産するコスモグリーン庭好(南区)が七月八日に発売した「中田島砂丘ポテトチップス」。一袋八十グラムが税込み三百円と高めだが、生産した四千三百袋が発売から一カ月半ほどで品切れに近い状態になっている。
 植物油以外は全て地元産で、市内の中田島砂丘周辺の砂地畑で栽培した新ジャガを100%使用。塩は駿河湾の海洋深層水から作っている。添加物は一切使わず、県内の食品メーカーに委託して生産する。同社の伊藤拓馬部長は「砂地の厳しい環境で育ったジャガイモは養分をため込むので、味がしっかりしている。地元のお客さんを中心に『味が違う』と、まとめ買いをしてくれている」と話す。「栽培から加工まで県内で行っている安心感や、地産地消を応援したい思いも売れ行きにつながっているのでは」と分析する。
 食料品販売のモンマルシェ(静岡市清水区)は、県内産野菜を使った「夏野菜 静岡こだわり野菜ピクルス」を八月八日に発売した。百六十五グラム入りが税別三百五十円。磐田市産のキュウリや浜松市産のパプリカなど四種類の夏野菜だけでなく、漬け込みに使うミカン酢や料理酒、しょうゆ、かつお節まで県内産。うま味調味料、合成着色料、保存料は使っていない。
 昨夏から季節ごとに同様のピクルスを販売し、県内の中高年層や首都圏の三、四十代を中心に店頭やインターネット販売で売れているという。「短期間で売り切れることもあり、確実にリピーターが増えている」と担当者。材料にこだわった分、ピクルス単体では原価割れだが、「新規顧客を開拓し、他の商品にも関心を持ってもらえたら」と企業のイメージアップなどの効果に期待を寄せる。
 ほかにも、JA静岡市女性部の農産物加工施設「アグリロード美和」が販売する「煎茶サブレ」は二〇〇三年発売のロングセラー。静岡市産の減農薬栽培茶や県産の小麦粉にこだわり、一枚が税込み九十円。「贈答用などに買ってくれる人がいて、ほそぼそと売れ続けている」と同施設の海野フミ子代表。
 県産素材にこだわる食品発売の動きについて、日本消費者連盟(東京)の纐纈(こうけつ)美千世事務局長は「消費者は食べ物がどこでどのように作られたか知りたいと思っている。だが、現在の表示制度では原産地が不明な食品も多い。原発事故を契機に食の安全にこだわる人が増えており、原産地を細部まで明らかにした食品への関心は高い」と話す。
(伊東浩一)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170901/CK2017090102000092.html

本日のカウント
本日の歩数:5,120歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 春はもうすぐ!はままつ桜最前線「お花見に出かけよう」 | トップページ | 「梅錦」「ふきのうま煮」「バウムクーヘン」、そして「「神様」の酒 神髄感じて 小松・農口尚彦研究所」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松発 浜名湖産のりと駿河湾・焼津の海洋深層水の塩 ポテトチップス:

« 春はもうすぐ!はままつ桜最前線「お花見に出かけよう」 | トップページ | 「梅錦」「ふきのうま煮」「バウムクーヘン」、そして「「神様」の酒 神髄感じて 小松・農口尚彦研究所」 »