« 「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】 | トップページ | 「はままつ フルーツパーク時之栖」「新 麦とホップ」、そして「春はもうすぐ 春を待つ食卓」 »

2018年3月 8日 (木)

ハチミツのヒミツを知ろう

 今日は、3月8日、「ミツバチの日」。語呂合わせらしい。
 『Clife』2017年11月号より「ハチミツのヒミツを知ろう」の引用♪
 パンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりと身近な食品としてなじみ深いハチミツ。
 ビタミン、ミネラルも含まれ、食欲増進、整腸作用、抗菌作用、保湿効果などさまざまな効能があるといわれています。そんなハチミツのヒミツをご紹介します。
「ハチミツのココがすごい!」
・ハチミツの成分
 主成分は水分(約20%)と糖質(約80%)です。糖質のほとんどは単糖類(ブドウ糖と果糖)で、単糖類に分解しないと吸収できない砂糖などの二糖類に比べて早くエネルギーとして代謝されます。他にもビタミンA、C、B群、ミネラルなどの多くの栄養成分が含まれ、健康や美容によいとされています。
・ハチミツの保湿力
①肌荒れを防ぐ
 保湿効果で肌をみずみずしく、抗菌力でニキビなどの炎症を予防するといわれています。
②リップクリーム効果
 ひと塗りするだけで、乾燥して荒れた唇がしっとりつやつやになります。
・ハチミツの抗菌・殺菌力
①口内炎を和らげる
 ハチミツの殺菌力で口内炎の症状を和らげたり、口臭の予防効果もあるとされています。
②下痢を軽くする
 細菌の感染で起こった下痢によく効くとされています。抗菌作用のほか粘膜を修復する作用が細菌感染で弱った腸によい影響を及ぼすようです。
※赤ちゃんにハチミツは厳禁!!
 採蜜して加工もしないハチミツには、ごくまれにボツリヌス菌という菌が入り込むことがあります。大人の消化器官では問題ないボツリヌス菌ですが、腸内細菌の少ない乳児の体内に入ると「乳児ボツリヌス症」を発症させ死亡することもあります。1歳以上になればこの菌は腸内で繁殖しないとされています。
 ハチミツ入りのお菓子の場合、使用量が少量なので実際にボツリヌス菌が腸内に到達することはほとんどないといえます。しかし、腸内細菌が整うまでは控えましょう。

「ハチミツができるまで その①」花の蜜からハチミツへ変化するまで
 ミツバチの働き蜂には花の蜜を採取する「外勤蜂」と、巣箱の中でハチミツを作ったり育児をしたりする「内勤蜂」が存在し分業化されています。
①花から吸蜜する外勤蜂
 ミツバチは蜜胃と呼ばれる花の蜜をためる胃を持っています。外勤蜂は花々を飛び回って蜜を集め、蜜胃にためてから巣に持ち帰ります。
②外勤蜂から内勤蜂へ口移し
 巣に帰ってきた外勤蜂は、集めてきた蜜胃の中にある花の蜜を内勤蜂へ口移しします。この過程で蜂の体内の酵素を使いショ糖を果糖とブドウ糖に分解します。また水分も徐々に減らしていき、花の蜜をハチミツへと変化させていきます。
③出来上がったハチミツに蜜蓋をかける
 こうしてできたハチミツは巣房に蓄えられます。さらに内勤蜂が羽を震わせ風を送り、水分を飛ばし完全なハチミツにします。完全なハチミツが出来上がると蜂の体内から分泌したミツロウで蓋をかけます。
・花の蜜とハチミツは味も甘さもまったく違います。花の蜜は水分が多く60%以上もありますが、ハチミツは約20%です。含まれる糖分も花の蜜は砂糖と同じショ糖ですが、ハチミツは果糖とブドウ糖でできています。
・ミツバチの巣は、1匹の女王鉢を中心に約9割の働き蜂と、約1割の雄蜂で構成されています(繁殖期)。女王鉢は働き蜂の倍ほどの大きさがありますが、もともとは同じ雌のミツバチです。さなぎになるまでに与えられる餌の違いで、女王鉢になるか働き蜂になるのかが決まります。

「ハチミツができるまで その②」採蜜から製品になるまで
①貯蜜枠の引き出し
 くん煙をかけミツバチを静めた後、ハチミツがたまった貯蜜枠を巣箱から取り出します。次に貯蜜枠から蜂を祓い落としていきます。
②蜜蓋を切り取る
 ミツバチがかけたミツロウの蓋を切り取ります。
③遠心分離機にかける
 遠心分離機に貯蜜枠をセットしてハチミツだけを採取していきます。
④貯蜜タンクから取り出して漉して瓶詰め
 遠心分離機にかけたハチミツを蜜漉し器に通し、瓶に詰めれば製品の出来上がりです。
※(コラム)ハチミツが白く固まってしまった
 ハチミツが白く固まるのは、ブドウ糖がハチミツに混ざっている花粉などを核にして結晶化するためです。果糖に比べてブドウ糖の割合が高いほど結晶しやすくなります。温度にも影響を受け15℃前後から結晶化しやすくなります。結晶化はどのハチミツにも起こる自然な現象で、白く固まっていても栄養や品質が変化しているわけではありません。50~60℃でゆっくり湯煎すれば溶けて元に戻ります。60℃以上の加熱や電子レンジを使用すると品質が劣化するので注意が必要です。
・ローヤルゼリー
 働き蜂によて花粉から作られる酸味のある乳白色の生成物。女王蜂や、女王蜂候補の幼虫の主食です。
・プロポリス
 ミツバチが木の芽や樹液などから集めたものと、自身の唾液の混合物。ミツバチは巣を固定する接着剤や、隙間を埋めるパテとして使っています。また、巣に菌を持ち込むのを防ぐために入り口に塗ったりします。

「養蜂に用いられるミツバチ」
・セイヨウミツバチ
 日頃、私たちが食べているハチミツのほとんどは、明治時代に養蜂のため海外から持ち込まれたセイヨウミツバチが集めてきたものです。セイヨウミツバチは飼育されているもの以外は日本では営巣できないといわれています。営巣できない主な原因は、日本に上陸してから日が浅いので天敵である日本のスズメバチに対抗する手段を獲得していないからと考えられています。
特徴 養蜂家が巣箱で飼育。女王蜂を中心に雄蜂数百~数千匹、働き蜂2~4万匹で一群をなす
体長 女王蜂15~20mm、雄蜂14~16mm、働き蜂12~14mm
体色 全体に明るい黄色、腹部に黒のしま模様
性格 普段はおとなしい、スズメバチには攻撃的
ハチミツ 年に数回採蜜でき収穫量は数十キロ、比較的安価、花別の味が楽しめる
・ニホンミツバチ
 ハチミツを生産する日本の在来種のミツバチです。しかし、セイヨウミツバチに比べて集密量が極端に少ないため養蜂としては普及せず、山間部などで伝統的な飼育方法により主に趣味として飼育されています。ニホンミツバチはスズメバチの攻撃を受けても、集団で包み込んで熱殺してしまう必殺技を備えています。
特徴 木の洞(ほら)のような閉鎖空間に巣をつくる。女王蜂を中心に雄蜂数百匹、働き蜂数千~2万匹で一群をなす
体長 女王蜂13~17mm、雄蜂13~15mm、働き蜂10~13mm
体色 全体に黒っぽい、腹部の模様がはっきり
性格 大変おとなしい、スズメバチには集団で対抗
ハチミツ 年に1回秋に採蜜、収穫量は数キロ、高価、コクのある複雑な味

「いろいろな花からできるハチミツ」
 優れた蜜源(花)を発見すると、セイヨウミツバチはその蜜源だけから蜜を集める習性があります。この性質によって、レンゲの花からはレンゲハチミツ、ミカンの花からミカンハチミツなど花別のハチミツが採れ、色や香りなどの違いを楽しむことができます。
 最近健康フードとして注目されているマヌカハニーも、ニュージーランドに自生しているマヌカ(フトモモ科の低木)の花からミツバチたちが集めたハチミツです。
・ソバハチミツ
 癖が強く独特な香りがするハチミツです。黒砂糖のような濃厚な味のため、味付けの濃い煮込み料理や、肉料理に向いています。
・百花ハチミツ
 いろいろな花の蜜からハチたちが集めて来たハチミツです。採れる場所や年・時期によって味・色・香りが変化します。
・ミカンハチミツ
 柑橘類特有の香りと、さっぱりとした味が特徴です。紅茶やヨーグルトとの相性がいいハチミツです。
・レンゲハチミツ
 まろやかな舌触りとコクで、日本人好みのハチミツです。癖が少ないので、肉や魚料理の隠し味に向いています。
※(コラム)ミツバチの最大の天敵オオスズメバチ
 世界最大のスズメバチ。性質は凶暴で猛毒を持ち、刺されると人でも死亡することがあります。セイヨウミツバチやニホンミツバチにとっても最大の強敵で、集団でミツバチの巣を襲い、数時間で一群を全滅させてしまいます。そのため養蜂家は巣箱の入り口にスズメバチ捕獲器を設置して攻撃を防いでいます。
特徴 地中や木の洞に直径1m近い巣を作る。秋には幼虫に供給する餌を確保するため集団で他の社会性蜂類を襲う
体長 女王蜂40~45mm、雄蜂35~40mm、働き蜂35~40mm
体色 オレンジ色に茶色のしま模様

【豚肉のハチミツマリネソテー】(487kcal)
『材料』(2人分)
・リンゴ・・・1個(150g)
・水・・・50ml
・ハチミツ・・・大さじ2
・コンソメスープの素・・・小さじ1/2
・豚肩ロース肉(又はロース)・・・2枚
・塩・コショウ・・・適宜
・バター・・・大さじ1と1/2
・水・・・100ml
※ズッキーニ、プチトマト、フライドポテトを添えてもよい。
①リンゴは皮と芯を取り、一口大に切る。耐熱容器に水(50ml)とともに入れてラップをし、電子レンジ(500W)で8分加熱する。
②①のリンゴがやわらかくなったら軽くつぶし、ハチミツ・コンソメスープの素を混ぜてビニール袋に入れ、冷水で冷やす。
③②に豚肉を入れ(空気は抜く)30分以上漬け込む。
④③の豚肉を取り出して水分を拭き取り、塩・コショウを振る。フライパンに油(分量外)をひき強火で両面をこんがりと焼いて取り出す。
⑤④の空いたフライパンにバターを溶かし、③の漬け込んだリンゴを炒める。水(100ml)を加えて沸騰したら中火で3分ほど煮詰めリンゴのソースを作る。ソースとハチミツ(分量外)を肉にかけていただく。
【ハチミツ生キャラメル】(1583kcal)
『材料』(約50粒分)
・A
 ハチミツ・・・80g
 グラニュー糖・・・60g
 牛乳・・・150ml
・B
 生クリーム・・・200ml
 バター・・・20g
①四角い耐熱の型(12×14cm)の内側に、薄くバター(分量外)を塗っておく。
②フライパンにAを入れ、中火で温める。
③②が溶けて混ざり合ったらBも加え、沸騰したら弱めの中火で約25分煮詰める。
 最初の10分はときどき混ぜる程度、その後は焦げ付かないように絶えず混ぜ続ける。
④とろみが付き、木ベラなどで持ち上げたときに波状のひだができるようになったら、火を止め、①の型に流す。
⑤冷蔵庫で冷やし、固まったら型から外して切り分ける。
※(コラム)3つの種類のハチミツ
 ハチミツになんの加工もせず瓶詰めした商品が「純粋ハチミツ」です、一方、ハチミツに水あめや砂糖など他の糖類を40%以下加えたものは「加糖ハチミツ」、加熱などにより臭いや色などを取り除いたものは「精製ハチミツ」といいます。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「東横線!5000歩さんぽ」「目黒区 学芸大学」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/688442/
 迷路の様な路地に小さな店舗が並ぶ。
♪ ほらね、春が来た うしろ髪ひかれ隊(1988年)
<ヤマヂ商会>おもちゃ屋
・クラッシックカー 2,500円
《暇を売る店》喫茶店
《Cinema Cafe》中華料理
☆手作り餃子 500円
<第一ストア>
 約60年前にオープン。地下には5店舗。
*《松本商店》乾物
「学芸大学東口商店街」
 小さな店が密集する学芸大学には、アジア料理のお店も目立つ。
*学芸大学駅
 昭和2年に「碑文谷駅」として開業。「青山師範駅」「第一師範駅」と名を変えた。
 昭和27年に現在の「学芸大学駅」になった。現在、学芸大学は移転し、付属高校が残る。
♪ さらばシベリア鉄道 大瀧詠一(1981年)
「学大十字街」
 戦前の呑み屋街が戦後に発展。十字の路地に飲食店が密集している。
《アジアンダイニングバー & カフェ シータ》
《49 アジアンキッチン》2年前オープン
・蒸し鶏のフォー 880円
 ランチのフォーは小鉢とデザートが付き、8種類の具材盛り放題。
「目黒通り」
<FLAT 4>
 1930年代からアメリカで使われていたジュークボックスの専門店。
・119万8,000円
♪ おお!キャロル ニール・セダカ(1959年)

 「昼めし旅」は、「神奈川県 大磯町」。12/12の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1121196/
 日本初の海水浴場の地、政界の奥座敷(伊藤博文、大隈重信、吉田茂)、金目鯛
《魚金(うおきん)》
 ヤガラ、イシダイ、ソウダガツオ、メジマグロ、シロメダイ、ホウボウ
★お肉屋さんの仕出し弁当
 メンチカツ
・サバの味噌煮(三温糖を使用)
「金ちゃん一家の晩ごはん!!」(魚金ブログ)

http://oisouokin.seesaa.net/
<鈴木農園>
*富有柿:
 とろけるような柔らかさと強い甘みが特徴。
*太秋柿:
 大玉で果肉がサクサクと柔らかく高い糖度が特徴。
・里いもとこんにゃくの煮物
①里いもをたわしで洗い干して乾いたらぬめりが取れる。ピーラーで簡単に皮がむける。
②皮をむいた里いもとこんにゃくと醤油、みりん、砂糖で味付けして煮込む。
③お皿に盛って、柚子の皮をすってかける。
・大根と卵の白身の味噌汁
①大根を切って、かつお出汁に投入。味噌を溶く。
②卵の白身を出汁で溶き、鍋に入れる。
③大根の葉を刻んで入れる。
・山いものとろろ
・カブの漬物

 
「アサヒ」より、メール。
「飲みに行くならここをチェック」
http://news.asahi-mailmagazine.jp/?4_--_1454142_--_115886_--_3
 「サッポロビール」より、メール。
 
第12弾も、前回同様の特別回。信濃川日出雄先生が描く話題の作品『山と食欲と私』の世界を再現するビール×漫画のスペシャルコラボ後半戦として、岩茸石山山頂でのジャンバラヤ作りに挑戦します!
 事前に仕込みをしておくことで、登山メシの範疇を超えたスペシャルメニューも実現可能。そんな物語の中にしか登場しないような逸品を、現実世界に再現。都心を一望する絶景とともにいただきます。
 また、コンテンツの感想をお送りいただいた方の中から、サッポロ生ビール黒ラベル(350ml缶×6本)を30名様にプレゼント!
締切:4月6日(金)12:00(正午)

http://d.sapporobeer.jp/c/ag77ab1YpYzmesab
 
TOKAI」より、メール。「家康公ゆかりのグルメ」♪
 
3月30日から静岡市で開催の「静岡まつり」。徳川家康公ゆかりのイベントを前に、県内で味わえる家康公に縁ある食に迫ります。
 家康公が気に入り、門外不出とした食材とは?

http://www.tnc.ne.jp/special/tocochan/201803/?mg1803a

 『田舎暮らしの本』2018年4月号の「全国の市町村をご案内!ゆるナビ」第14回「福岡県 朝倉市」の引用♪
 泥を投げ付ける奇祭「泥打祭り」が行われ、邪馬台国の候補地としても知られる歴史あるまち。サクラや温泉、江戸時代から伝わる伝統のグルメがたくさん!
・面積 246.7km
・人口 5万2444人(平成27年度国勢調査)
・アクセス
 羽田空港から福岡空港まで約2時間ののち、高速バスで約50分
 博多駅から鹿児島本線快速で基山駅まで約25分、甘木駅まで約26分
 大分自動車道甘木ICまたは朝倉IC、杷木ICからすぐ
・朝倉市マスコットキャラクター 卑弥呼ちゃん
・甘木公園
 「丸山公園」の名でも親しまれているサクラの名所。約4000本のサクラが3月下旬から4月上旬にかけて咲き誇り、ライトアップも行われる。
・平塚川添遺跡公園
 1991年に発見された弥生時代の集落遺跡。約2000年前に形成されたとされる遺跡で、現在は公園になっている。
・泥打祭り
 3月25日(日)に阿蘇神社で行われる、県指定無形文化財の奇祭。おみくじで選ばれた代宮司に泥を投げ付け、その年の豊凶を占う。代宮司のからだに泥が多く付くほど、豊作であると言われる。
・原鶴(はらづる)温泉
 「良質な美肌の湯」として人気の温泉地。筑後川や花園も広がり、四季折々の姿が楽しめる。
・三奈木(みなぎ)砂糖
 三奈木地方のサトウキビを使用した黒砂糖。現在も、製糖が始まった江戸時代からほぼ変わらない伝統の方法でつくられる。
・蒸し雑煮
 茶碗蒸しと雑煮が合わさった、江戸時代から伝わる全国的にも珍しい蒸すタイプの雑煮。市内には正月だけでなく、一年中楽しめる店舗も多い。
 レトルトの通販も!
・朝倉市の観光お問い合わせ
 福岡県朝倉市商工観光課
TEL 0946-52-1428

 「JRさわやかウォーキング」の4月~6月の予定が発表になった↑↑↑
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000036550.pdf

ハチミツのヒミツを知ろう

 仕事を終え、帰宅して「サラダチキン タマネギスライス添え」で一杯♪
食卓にもう1品! 適量適価
 便利な食べ切りパック サラダチキン
ハーブ そのまま食べられます
 そのまま召し上がれるハーブの香る蒸し鶏です。
保存方法の変更者 (株)日本アクセス 浜松支店
浜松市浜北区新堀111-2
125g
100g当り100kcal
原産国名 タイ
輸入者 株式会社シジシージャパン
東京都新宿区大久保2-1-1
TEL 03-3207-0704

http://www/cgcjapan.co.jp

ハチミツのヒミツを知ろう

 さらに「ポテトチップス 九州しょうゆ」♪
calbee
九州定番
 鶏だし しょうゆの 香りと旨み
58g
地域に根ざした定番の味!
 おなじみ甘口しょうゆの味わいをポテトチップスにしました。コク深い鶏だしが引き出す、しょうゆの豊かな「香りと旨み」をお楽しみください。
製造所固有記号
 C:北海道 NU:栃木県 Y:埼玉県 G:岐阜県 b:滋賀県 M:広島県 K:鹿児島県
製造所固有番号+ G 27041 1BK11
「じゃがいも情報公開中」
 安心して召し上がっていただけるように、生産者や生産地区、生産工場などの情報を公開しています。

http://www.calbee.co.jp/jagaimo/
※アクセスの際の通信料はお客様の負担となりますので予めご了承ください。
1袋58g当たり320kcal
カルビー株式会社
東京都千代田区丸の内1-8-3
TEL 0120-55-8570

http://www.calbee.co.jp/

本日のカウント
本日の歩数:8,476歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】 | トップページ | 「はままつ フルーツパーク時之栖」「新 麦とホップ」、そして「春はもうすぐ 春を待つ食卓」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66473895

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツのヒミツを知ろう:

« 「いただきます 冬のおもてなし料理」【牛肉と豆腐のみそすき煮】 | トップページ | 「はままつ フルーツパーク時之栖」「新 麦とホップ」、そして「春はもうすぐ 春を待つ食卓」 »