« 「生ハム」、そして「<正月に食す>(4) 花びら餅」 | トップページ | お正月太りをリセット »

2018年1月17日 (水)

お正月が明けたら・・・いたわりぽかぽかごはん

 今日は、1月17日、「土用入り」。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <風邪の大安売り>。街角でそう書かれた紙切れを見つけたとしても手に取らない方がよいだろう。何のことかといえば、風邪を治すためのかつてのおまじないだそうだ。常光(つねみつ)徹さんの『しぐさの民俗学』の中にあった
▼家族の中に風邪をひいた者が出た場合、身内の人間が<風邪の大安売り>と書き、わずかなお金を包み、それで病人の頭をさすりながらこう唱える。「風邪の神様、俺(の)家ではごちそうができないからごちそうのある家へ行っておくれ」
▼この包みを通りに捨て、後ろを振り向かないで帰ってくる。誰かが拾えば、その人に風邪がうつり、病人は回復する。ちょっと自分勝手な気がしないではないが、それほど風邪がおそろしかったのだろう
▼<インフルエンザの大安売り>。日本中にその紙包みが落ちているらしい。国立感染症研究所の集計によると元日から七日の一週間でインフルエンザの患者数は約百二十四万人。前週より二十万人増えている
▼ピークは一月下旬から二月というので注意したい。そういえば電車内でせきをしたところ隣にいた女性が席をそそくさと移動していった。少し傷ついたが、これもしかたがないか
▼マスクの着用、手洗い、うがいの励行は当然のこと、かかった場合はきちんと外出を控え、養生するしかないだろう。あのまじないと違い、誰かにうつしたところで回復しない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018011702000124.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「19年前の!散歩の達人で 大塚さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/673299/
『散歩の達人』1999年12月号
♪ LOVEマシーン モーニング娘。(1999年)
♪ ワンBOXのオーナー DANCE☆MAN(1998年)
※大塚:昭和30年までたくさんの芸者がいた花街だった。
♪ さくらんぼ 大塚愛(2003年)
♪ ユメクイ 大塚愛(2006年)
《たない粥》
・海鮮粥 630円
♪ ばらの花 くるり(2001年)
※都電大塚駅沿線には500種類のバラが植えられている。
<サッカーボールのマンション>
♪ フラワー KinKi Kids(1999年)
《pub 玉ヌない》
*イエス玉川:浪曲や漫談をする芸人。1980年代、テレビのレギュラー4本を抱える。
《世界飯店》
・チャーシュー飯 950円

 「昼めし旅」は、10/18の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1105707/
 牡蠣、広島カープ
<ひろしま朝市>
*《広島漁師の会》
・漁師汁(タイ、コノシロ、タナゴを入れた味噌汁)
☆コノシロの焼き魚
<黒川さん>
*狩留家(かるが)なす
・狩留家なすの唐揚げ丼
①狩留家なすに片栗粉をまぶして揚げる。
②砂糖、醤油、みりんなどを煮詰めたタレに絡め、ご飯の上にのせる。海苔と三つ葉を散らす。
・狩留家なすの味噌汁
①サイコロ状に切って揚げた狩留家なすを、赤みそ・白みそ・いりこだしのみそ汁に入れる。
②ネギを散らす。
・狩留家なすの田楽
①狩留家なすを輪切りにして、田楽味噌と柚子の皮をのせる。焼く。
・狩留家なすのナムル
①焼いたなすをゴマ油やコチュジャンで和えて、韓国風に仕上げる。
「広島県 呉市」
 海軍の町として発展
「呉中通商店街」
*<藤原屋刃物店>
・牛ヒレ肉のステーキ
・キュウリと鶏ささみ肉の和え物(マヨネーズ和え)
・栗の甘煮(栗を砂糖で煮て塩で味付け)
・マカロニグラタン
・冷製カボチャスープ
「福井県 いわき市」
 サンシャイントマト、サンシャインいわき梨
<競走馬リハビリテーションセンター>
*馬の温泉
・鶏もも肉のソテー(鶏もも肉をフライパンで焼き、醤油・砂糖・レモン汁などで味付け)
・鮭と野菜のポン酢和え(鮭・野沢菜・しめじを大根おろしとポン酢で和える)

 「生活協同組合」より、メール♪
・通常の「特撰料理長おすすめ会席」料金で薄造り、ふぐ鍋、ひれ酒等をご用意!
・提供期間  11月6日~3月31日
・提供ホテル 富士河口湖、熱海、伊豆、他計9カ所(詳しくは生協HPをご覧ください。) 
・料金    大人1泊2食 特撰料理長おすすめ会席付18,360円~
・ご予約   教職員生協HPより予約画面にアクセス。(ご利用1ヶ月前より予約出来ます。)

https://www.kyousyokuin-seikyo.com/
 「釜庄」より、楽天メール。「境港造りの 絶品アジフライ」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kamasho/c/0000000782/?scid=rm_192960

 ここで『田舎暮らしの本』2017年2月号より、引用。
「47都道府県 絶景案内 12 山形県尾花沢市」
ガス灯が柔らかく照らす 大正ロマン漂う銀山温泉
 銀山川の両岸に沿って、大正末期から昭和初期に建てられた木造多層建築の旅館が並ぶ銀山温泉。約500年もの歴史を持つ湯の街は、日本三雪に数えられる豪雪地帯・山形県尾花沢市の中心部から西へ15kmほどの山間に位置する。
 ガス灯や石畳、街全体に残る大正時代の面影を残すため、市は1986年に銀山温泉家並保存条例を制定。ノスタルジックな町並みが大切に守られている。温泉までは、JR大石田駅発のレトロなボンネットバスも大人気だ。
所 山形県尾花沢市大字銀山新畑
問 尾花沢市観光物産協会
TEL 0237-23-4567
 東京から山形新幹線でJR大石田駅まで約3時間、下車後バスで40分。
 山形空港からは車で約1時間。

「47都道府県 ゆるガイド 第47回 熊本県」
 肥後54万石の歴史と伝統、阿蘇や天草などの山あり海ありの美しい自然、豊かな温泉と清涼な名水と魅力がたくさんの熊本県。
 2016年4月の熊本地震からの復興が進み、多くの観光客が訪れている。”豊穣の国”熊本を紹介しよう。
・面積 7490km(全国15位)
・人口 177万人(全国23位)
 九州本島の中央部に位置し、西は有明海、不知火海に面している。東に阿蘇山や九州山地の山々がそびえる。気候は温暖だが、冬はやや寒冷。全国有数の農業県で、デコポン、トマト、スイカ、馬肉、い草、宿根カスミ艘などが生産量日本一。
・熊本県営業部長兼しあわせ部長 くまモン
 3月12日(九州新幹線全線開業の日)が誕生日。やんちゃで好奇心いっぱいの男の子。熊本県営業部長兼しあわせ部長に抜擢され、大好きな熊本の魅力を全国に広めている。
・熊本ラーメン
 豚骨または鶏ガラの濃厚なスープに、コシの強い中太ストレート麺が特徴のラーメン。トッピングのマー油(ニンニクを揚げた油)と揚げニンニクが食欲をそそる。県内のあちこちの店舗で食べられる。
・いきなり団子(だんご)
 餡をはさんだサツマイモを、生地で包んで蒸した郷土の菓子。いきなりの来客にもすぐにつくって出せることから名前がついたとされる。お店ごとに味とこだわりがあり、楽しめる。
・太平燕(タイピーエン)
 中国料理の太平燕とは別もので、春雨にたっぷりの野菜が載った麺料理。熊本市を中心に昔から食べられてきたご当地グルメだ。
・世界有数「阿蘇のカルデラ」
 東西18km、南北25kmと世界でも有数の規模を誇る。カルデラ内には約5万人の人びとが暮らし、周囲には人が手を入れてきた広大な草原が広がる。その牧歌的風景と火山の相まった景観が見られる貴重な場所だ。
・日本一「名水」
 環境省選定の名水百選に昭和・平成とも熊本県から4カ所が選ばれ日本一。また、熊本市の上水道はほぼ100%が地下水で賄われている。
・日本一「デコポン」
 「不知火(しらぬい)」という品種のなかで、糖度13度以上、クエン酸1.1%以下のものを「デコポン」といい、熊本県が生産量日本一を誇る。
・日本一「い草」
 熊本県八代地方がい草の産地で、ここ以外ではほとんど生産されていない。国内畳表の8~9割を占めるほか、高級品も出荷している。
・熊本県Topic 熊本城が周辺から見学可能に!
 熊本地震で一部に被害を受けた熊本城。現在でも中に入ることはできないが、二の丸広場や加藤神社、その周辺から天守閣や櫓などが見学できる。戦国大名・加藤清正が築き、熊本県民に愛されてきた名城を見に行ってはいかがだろう。
熊本県の観光お問い合わせ先
 熊本県観光経済交流局観光課
TEL 096-333-2335

 インフルエンザが流行っているんです・・・。
 仕事を定時に終え、帰宅。
お正月が明けたら・・・いたわりぽかぽかごはん

 帰宅して、先日割引きで買った「チキチキボーン」で一杯♪
Nipponham
 チキチキボーン30周年記念商品
おいしい骨付フライドチキン
 辛マヨチキン風味
チキチキボーンチキチキボーン 総選挙1位
国内製造
・マヨ風味の効いた衣に一味とうがらしを入れ植物油でカラッと揚げました。
・鶏の手羽肉をジューシーに仕上げた骨付フライドチキンです。
内容量 165g
100g(可食部)当たり272kcal
販売者 日本ハム株式会社
大阪市北区梅田2-4-9
製造者 日本ハム惣菜株式会社 新潟工場
新潟県三条市篭場1-27
TEL 0120-029588

http://www.nipponham.cp.jp/

お正月が明けたら・・・いたわりぽかぽかごはん

 さらに、「油揚げと白菜の味噌汁」♪年末に30%引きで買った油揚げを入れる↑↑↑
昔ながらの お揚げ
100g当たり386kal
原材料名 丸大豆(カナダ)、植物油脂、凝固剤(塩化マグネシウム含有物(にがり))、消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル、炭酸カルシウム)
製造者 株式会社 小菱屋
愛知県稲沢市奥田大沢町19番地
TEL 0120-102-848

http://www.kobishiya.co.jp

 ここで、『くらし良好』2018年1月号より、「お正月が明けたら・・・いたわりぽかぽかごはん」の引用
*槇玲(まり)
 管理栄養士・料理研究家・おうち薬膳家
 薬膳と管理栄養士の両方の知識を知識を生かした「体も心もいたわる料理」を提案。スーパーで手に入る旬素材を使った、手楽に作れるレシピが大人気。各種メディアで活躍中。の3児の母。著書に「おうち薬膳」など。

http://www.onomari.com/
冬の元気のもとは「あたためる食事」から。
 寒さが本格化するお正月明け。薬膳をヒントにした体をあたためる料理でこれからを元気に過ごしませんか。
【七草の豚しゃぶ鍋】(523kcal)
七草粥でおなじみの七草をしゃぶしゃぶでいただいて疲れた胃腸をすっきりリセット。
『材料』(2人分)
・七草・・・1パック
・豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g
・白菜(5mm幅に切る)・・・1/4株
・エノキダケ(半分に切る)・・・1袋
・木綿豆腐(食べやすく切る)・・・1/2丁
・だし昆布、ショウガ(すりおろし)、ぽん酢しょうゆ・・・各適量
『作り方』
①土鍋に水(土鍋の7分目くらいまで)と昆布を入れて1時間以上浸けておく。
②白菜、エノキ、豆腐を入れて煮、豚肉を入れて火を通す。七草もさっと火を通し、ショウガぽん酢でいただく。
*ぽかぽか食材「七草」
 年末年始で疲れ気味の胃腸をすっきり整えてくれる七草。代謝が高まるので、体がぽかぽかしてきますよ。

酒かす、牡蠣、れんこん・・・「ぽかぽか食材」が冬の体にいいんです。
 寒くて乾燥する冬の料理に積極的に使いたい「ぽかぽか食材」。おなかの中からあたためて、冷え知らずに。
【たらの酒かす粥】(356kcal)
柚子と酒かすの風味がフワッと立ち上がる大人の味わい。
『材料』(2人分)
・米(洗って30分浸水しておく)・・・1カップ
・タラ(皮なし切り身・食べやすく切り、骨を取り除く)・・・1切
・酒かす(練り粕タイプ)・・・30g
・粗塩・・・小さじ1/3
・水・・・5カップ
・卵・・・1個
・ゆず(皮)・・・適量
『作り方』
①米と水を鍋に入れて火にかける。煮立ったらごく弱火にし、15分煮る。煮汁を少し取り、酒かすをのばす。
②①の酒かすと粗塩を混ぜ、タラを浸ける。
③①に②を入れて1分煮、溶き卵をまわし入れて火を止め、5分蒸らす。ゆず皮とすりおろして加える。
*ぽかぽか食材「酒かす」
 発酵食品の酒かすは、体の熱をキープしてくれる食材。たらと合わせるとあたため効果が高まります。
【牡蠣と春菊のお好み焼き】(662kcal)
旨みをたくわえて旬の牡蠣に春菊とねぎの風味がよく合います。
『材料』(2人分)
・カキ(むき身・よく洗って水けをきり粗塩をふる)・・・150g
・春菊(2cm長さに切る)・・・150g
・長ネギ(小口切り)・・・3本分
・もち(1.5cm角に切る)・・・2個分
・ソース・ごま油・・・各大さじ2
・A
 薄力粉・・・80g
 卵・・・2個
 長イモ(すりおろし)・・・150g分
 水・・・1/2カップ
 粗塩・・・小さじ1/2
 砂糖・・・小さじ1
 しょうゆ・・・小さじ2
『作り方』
①ボウルにAを入れてよく混ぜ(長イモは最後に加える)、30分ほどねかせる。
②①に春菊(飾り用の春菊を除いておく)、ネギを加えて混ぜる。
③フライパンにごま油を熱し、②を流し入れて中火で焼く。
④カキともちを③の上に並べて生地を少しかけ、裏返して弱火にして10分ほどしっかり火を通す。
⑤ソースをかけ、加座栄養の春菊をのせる。
※お好みでソースにわさびを入れるとあたため効果がアップ。
*ぽかぽか食材「牡蠣」
 鉄分豊富で血を作る牡蠣に、相性のよいねぎと春菊を合わせてさらにパワーアップ。食べるとぽかぽかに!
【れんこんシチュー】(580kcal)
根菜の食べ応えたっぷり!シチューのルウは使わず、すりおろしれんこんのとろみで仕上げます。
『材料』(2人分)
・レンコン・・・150g
・鶏肉(もも)・・・1枚
・タマネギ・・・1個
・ニンジン・・・1/3本
・サツマイモ・・・1/2本
・オリーブオイル・・・大さじ1
・粗塩・・・小さじ1/2
・水・・・1カップ
・豆乳・・・2カップ
・コンソメ・・・1個
・パセリ(みじん切り)、粗塩、こしょう・・・各適量
『作り方』
①レンコンの半分は皮ごと乱切りにし、半分は皮をむいてすりおろす。タマネギは繊維を断つように薄切りに、ニンジンは乱切り、サツマイモは1cm厚さに切る。鶏肉はひと口大に切る。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を焼き、タマネギ、粗塩を加えしんなりするまで炒める。乱切りのレンコン、ニンジンを炒め、水をコンソメを入れて弱火で15分煮る。
③サツマイモを加えて15分煮、豆乳、すりおろしたレンコン、コショウを加える。
④粗塩とこしょうで味をととのえ、盛り付けてパセリをふる。
*ぽかぽか食材「れんこん」
 体をあたためる根菜の一つ。皮には寒さや乾燥から身を守る力が備わっているので、皮付きでいただきましょう。

発酵食品やスパイスは冬の強い味方です。
 塩気のある発酵食品やスパイスはぽかぽかをサポートしてくれる食材。肉や魚と一緒にとるのがコツです。
【キムチうどん】(772kcal)
牛肉キムチあんがボリューム大!おなかの中からしっかりぽかぽかに。
『材料』(2人分)
・うどん・・・2玉
・牛肉(こま切れ)・・・150g
・白菜キムチ・・・150g
・長ネギ(斜め薄切り)・・・2本
・ごま油・・・大さじ1と1/2
・片栗粉・・・大さじ1
・卵黄・・・2個
・いりごま(白)・・・適量
・水・・・3カップ
・コンソメ・・・1個
・みりん、しょうゆ・・・各大さじ2
『作り方』
①鍋にごま油大さじ1を熱し牛肉を炒める。色が変わったら長ネギを炒め、しんなりしたら食べやすく切ったキムチを加えて炒める。
②①に水とコンソメを加え煮立ったら、みりん・しょうゆを加える。
③水溶き片栗粉で②にとろみをつけ、残りのごま油をたらす。
④茹でたうどんに③をかけ、卵黄をのせ、白ごまをふる。
*ぽかぽか食材「キムチ」
 冬の体を芯からあたためるのが、キムチなどの発酵食品。ぜひ血をつくる牛肉と一緒にとって。
【ブリ大根の和風カレー炒め】(370kcal)
ブリと大根の組み合わせが新鮮に変身!カレーの香りが食をそそります。
『材料』(2人分)
・ブリ(切り身)・・・2切
・大根(1cm厚さの半月切り)・・・4枚
・長ネギ(2cm長さに切る)・・・1本分
・粗塩、小麦粉・・・各適量
・カレー粉・・・小さじ1
・みりん・・・大さじ1と1/2
・しょうゆ・・・小さじ2
・ごま油・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①ブリはそぎ切りにし、粗塩をふって水けをふく。
②フライパンにごま油を熱し、大根と長ネギに粗塩少々をふって中火で焼く。両面に焼き色がついたら取り出す。
③ブリに小麦粉をまぶし、両面こんがりと焼く。
④②を戻してみりん、しょうゆ、カレー粉を加えてからめる。
*ぽかぽか食材「カレー粉」
 胃腸の働きをよくするカレー粉は、消化をたすけてブリのあたため力をアップ。何より食欲も高まりますね。

「朝におすすめ!ぽかぽかドリンク」
DRINK 01【ねぎと塩昆布のスープ】(14kcal)
作っておけば朝ラク!手作り即席おみそ汁風
『材料』(2人分)
・長ネギ・・・1/2本(50g)
・塩昆布・・・5g
・みそ・・・小さじ1/2
・湯・・・1カップ
『作り方』
①長ネギは斜め薄切りにし、塩昆布とみそを混ぜて5分ほど置く。
※たくさん作る場合、冷蔵庫で1週間保存可能。
②湯を注いでいただく。
DRINK 02【梅しそ茶】(4kcal)
体が目覚める香りと塩け
『材料』(1人分)
・梅干し・・・中1個
・青じそ・・・2枚
・湯・・・150ml
『作り方』
①耐熱カップに青じそをちぎり入れ、梅干しを入れ、湯を注ぐ。
DRINK 03【ホットみかん】(83kcal)
しょうがをプラス シャキッと爽快
『材料』(1人分)
・ミカン・・・2個
・ショウガ(すりおろし)・・・適量
・粗塩・・・ひとつまみ
『作り方」
①ミカンの皮をむいてラップで包み、電子レンジ(500W)で1分加熱する。
②熱いうちに全ての材料をミキサーにかける。
※電子レンジにかけると熱くて皮がむきにくいので、先にむいておきます。

本日のカウント
本日の歩数:5,724歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「生ハム」、そして「<正月に食す>(4) 花びら餅」 | トップページ | お正月太りをリセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66288602

この記事へのトラックバック一覧です: お正月が明けたら・・・いたわりぽかぽかごはん:

« 「生ハム」、そして「<正月に食す>(4) 花びら餅」 | トップページ | お正月太りをリセット »