« 薪ストーブのある暮らし | トップページ | 今 手に入れたいのは 冷えないカラダ »

2018年1月28日 (日)

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「九州 八代海 海の極上エビ 熊本・芦北町 300年の伝統漁法を守る うたせ漁師」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0129/
<石村さん>うたせ漁師
*クマエビ(通称 アシアカエビ)
・エビだしの煮物
・エビだしの紅白なます
・エビだしの雑煮
《恵比寿 笹岡》笹岡隆次シェフ
「芦北町 佐敷港」
*うたせ船(けたうたせ網漁)
 風の力で網を引く伝統的な底引き網漁の船
*桁網(けたあみ)
*けたうたせ網法
 鉄製の爪で海底を掘り起こし、寒い時期に砂地に潜るエビを狙う。
・クマエビの天ぷら
・クマエビのみそ汁(頭のミソがおすすめ)
<宮本さん>
*串し焼きエビ
 クマエビを串に刺して、囲炉裏で約2時間じっくり焼き、藁で編み上げる。2週間干して熟成。だしとして使う。
 薩摩藩主 島津家の正月料理(雑煮)にも欠かせなかった。
・金婚式祝い クマエビの黄金煮
 エビのミソでソースを作る
 クマエビの頭で出汁をとる。卵の黄身を衣にして揚げる。
 金箔を散らす。
・笹岡流 クマエビのかやく飯
 吊し焼きエビを一晩水で戻し、煮詰め、白菜、エノキ、シイタケを刻んでお米を炊き、最後にクマエビをのせる。
 醤油で下味をつけたエビの頭を中までじっくり火を通して揚げたものを刻んでのせる。
※エビの頭に日本酒を加えて煮込む。
 エビのうま味+日本酒(アミノ酸・コハク酸など)でコクもアップ
 アルコール成分が蒸発→エビの臭い成分も同時に揮発させる共沸効果がある。

 「谷原章介の25時ごはん」は、第三十二話「フランスから来たのは日本で1番太鼓判を押される美男子だった」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20180118.html
*ロマ・トニオロ
・Lanson IVORY LABEL DEMI-SEC(ランソン アイボリーラベル ドゥミ・セック)1本 5000円~7000円(フランス購入価格)
【”ロマ”ンティックなお夜食!焦がしネギバター豚汁】(597kcal)
『材料』(2人分)
 ニンジン 大1本、大根 1/4本、ゴボウ 大1本、里芋 3個、コンニャク 1枚、豚バラ肉 ブロック 200g、長ネギ 1本、ショウガ 1/2片、バター 30g、バゲット 1本
①下準備
 具材を切る。具材は大きめにカットして「ポトフ風」に!
 5分下茹でしたコンニャクを水でさっと洗ったら、大きめに手でちぎる。
 圧力鍋にゴマ油 大2をひく。切って、両面にしっかりと塩を振った豚バラ肉 200gを色が変わるまで焼く。
②炒める
 具材を固いものから順に入れる。
 大根 1/4本、ニンジン 大1本、水にさらしておいたゴボウ 大1本、コンニャク 1枚の順に加え炒める。
③加圧
 具材全体に油が回ったら、最後に里芋 3個を入れる。水800ccを加える。
 フタをしっかり閉めて、約5分加圧する。
 その間、長ネギの白い部分 1本分は2等分にして、フライパンで両面をこんがりと焼く。
 長ネギの青い部分 1本分は小口切りにする。
 5分後、減圧したらフタを開ける。
「夜のおとも」お茶菓子
・みずのいろ 1080円(税込)岐阜県「つちや」
 「干錦玉」寒天を冷やし固めた伝統的な和菓子を職人技で極力薄く仕上げた逸品。自然の風景をそれぞれ異なるハーブで水に映る5色を表現。
・宝入船(たからいりぶね) 5個入り 2106円(税込)京都「亀屋良長」
 おみくじ付きの懐中おしるこ 最中にゼリーが1つ入っている。
《元祖くじら屋》東京・渋谷
☆鯨上赤身刺身 950円(税込)
☆鯨ステーキ 1058円(税込)
☆鯨汁 432円(税込)鯨の皮
④仕上げ
 合わせ味噌 70gを溶き入れる。切った焦がしネギをバター 30gを加える。
 盛り付けて薬味の長ネギ(青い部分)をのせる。
 バゲットを浸して食べる。

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「アウトレット干物セット」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/hakudai/1469589/?scid=rm_206625
 「名代釜庄」より、楽天メール。「アリスのカップケーキ」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kamasho/647974/?scid=rm_192960

 JRさわやかウォーキング「~直虎歴史探訪~ ぶらり浜松ウォーク~歴史と産業の街を訪ねて~に参加。
http://walking.jr-central.co.jp/index.html

 今日も寒いね!!!
 8時ちょっと前に、浜松駅到着。受付はまだやっていなかったけど、マップはあるのでウィーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 「クリエート浜松 浜松文芸館」到着。まだ開館前だった。
 「生誕110年 藤枝静男~私小説を越えた「私」の求道者~」を開催中。この浜松で多くの作品を生み出し、熱烈なファンや作家達から愛された藤枝静男の人生と文学の軌跡を展示しています。

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 「遠州織物会館」到着。まだ開館前。
 日本三大綿織物産地のひとつ、遠州織物をデザイナー・アパレル等のみならず広く一般消費者にPRする為、産地素材や一部製品等を展示しています。

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 「犀ヶ崖資料館」到着。
 かつて三方原古戦場だった犀ヶ崖。資料館では遠州大念仏や三方原の戦いに関する資料が展示されています。

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 途中、「秋葉神社」の大祭があるらしく、出店が一杯出ていた。

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 「鴨江アートセンター」到着!
 浜松警察署として昭和3年に建設された近世復興建築様式鉄筋コンクリート造3階建ての建物。現在は当時の面影を残しつつ耐震補強等リノベーションのうえ、アートセンターに機能を変え、展覧会、ワークショップ、音楽練習、アーティストの製作場所、人々の交流の場として親しまれています。

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 中に入ったら、温かいコーヒーをくれた。(ありがとうございます。)

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 駅前で、「メガネスーパー」と「献血」のティッシュを頂いた。(ありがとうございます。)

 そして、ゴール!約11kmのコースでした。

 「LOTO 7」を買う。

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 「吉野家」で「牛丼」(並)669kcalを食べる。温かかったぁ~♪♪♪380円のところ、JAFの割引券を使って、330円支払う。
https://www.yoshinoya.com/menu/don/gyudon/
 「スタンプ キャンペーン」のスタンプが貯まったので、オリジナルグッズをもらおうと思ったら、もうなくて「牛丼並」しかダメということ。
 「他の店はどうか?」と聞いたら「多分、ないと思います」と言われた。
 とりあえず、他の「吉野家」に行ってみた。
 お店に入り、「スタンプキャンペーンの商品を交換したい」というと、「もう牛丼のみです」と言われた。「牛丼無料券の有効期限はいつか」と聞いたら、「そのスタンプカードが無料交換券なので、1/31までである」と言われた。
 今日牛丼を食べたばかりで、また食べようとは思わないよ!!!これは、「オリジナルグッズ」は少な目に用意しておいて、あとは牛丼と交換、しかも期限切れを狙い、サービス費はなるべく少なくしようという会社の戦略じゃないのか????
https://enq2.tsite.jp/ysn2

 スーパーに寄り、「北海道産 真たら」108円、それに売り出しの「国産いわし竜田揚げ」329円を買い帰宅。

 「ダーチャ佐野」の白菜を縛りましょう!!!縛らないと、白菜が玉にならないからね・・・。

 寒いから今日も「湯たんぽ」を用意しましょう!!!

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 夕方は、今日買った「国産いわし竜田揚げ」で一杯♪♪♪
 日本酒が進むねぇ~!寒いけど、日本酒は、「冷酒」に限るね!!!
 その後、「焼酎のお湯割り」♪♪♪ホット焼酎は温まるね!!!

JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」

 デザートは頂いた「揚げ丸」♪
販売者 株式会社東京カレン K321
東京都杉並区大宮1-7-18
TEL 0120-017-014

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「いぶりがっこ」(秋田県)の引用♪
自然熟成で穏やかな味
 全国各地に産物と気候、風土が生んだその土地ならではの個性的な漬物がある。ふるさとの味である。とりわけ独特なのは秋田のいぶりがっこ。燻しダイコンの漬物(がっこ)である。
 秋田では昔から初冬になると、各家庭で保存食用に囲炉裏の火の上にダイコンを吊り下げて燻し、乾燥させ、糠床に漬けてたくあんを作る風習がある。漬物店の店先にも多く並ぶが、評判の一つに桜食品農事組合法人の「いぶりがっこ」がある。
 「一本一本、手作業で縄に吊るし、桜や楢を燃やして4日ほど燻したダイコンを米糠と塩、砂糖を配合した糠床でじっくり熟成します」と代表理事の佐川真理子さん。
 薄切りにして口に運ぶと、焦げ茶色とく~んと漂う燻し香と、パリパリの歯応えが心地よく、かみしめる度に旨みが滲み出る。
 合成甘味料・着色料・保存料など食品添加物を一切使わない、自然熟成だから塩辛さ、甘さが穏やかで、味わいがほのかなのだろう。
 ご飯のお供にもちろん、お茶請けにもいい。佐川さんはチーズをのせると格好な酒のつまみ、と一言添えた。見た目に渋いが一度味わいとクセになるがっこである。
●桜食品農事組合法人
秋田県大仙市協和稲沢本郷野37の1
TEL 018(894)2147
FAX 018(894)2167
8時~17時、日曜・祝日休
いぶりがっこ 1個 500円。常温便で宅送、送料別途

http://sakuragakko.com/

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「ブンタン」♪
ずっしり大柄 皮にも魅力
 果皮の砂糖漬けは九州各地の特産品。なかでも長崎や大分の「ざぼん漬」が有名です!
・科属:ミカン科ミカン属
・漢字名:文旦
・英名:pomelo
 大きくてまん丸の、ずっしりした柑橘類。きれいな淡黄色の、このフルーツはなんと呼ぶのが正しいのだろう?時として首を傾げるのがブンタン。
 標準和名はザボンなのだという。ただし漢字を当てようとすると、これがまた混乱する。朱欒、香欒、謝文とさまざまで、決定的なものはないらしい。ジャボンとも呼ばれ、鹿児島の昔懐かしい銘菓「ボンタンアメ」のように、ボンタンともいう。
 名の由来は少々微妙だ。江戸時代に日本にこのフルーツをもたらした中国の「謝文旦」という人物に因むという説のほか、ポルトガル語の「ザンボア」が転じたものという説も。
 ブンタンの品種や仲間は数多い。柑橘類の中で最も大きい晩白柚(バンペイユ)も、ブンタンの一種とされている。
 生産量が最も多いのは、高知の「土佐文旦」。高級品種の「水晶文旦」も人気だ。一般的に中の実は淡黄色だが、「阿久根文旦」のように淡紅色のものもある。ブンタン伝来の地とされる鹿児島県阿久根の伝統品種だ。
 いずれも生の果肉は、香りの良さとほどよい水気、穏やかな酸味が持ち味。分厚い果皮はマーマレードや砂糖漬けによく、ほろ苦さが魅力だ。
 収穫は秋からだが、追熟後に出荷されるので、出回るのは2月頃から。ミカンとは違う、さわやかな風味を楽しみたい。

本日のカウント
本日の歩数:24,302歩
(本日のしっかり歩数:14,295歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 薪ストーブのある暮らし | トップページ | 今 手に入れたいのは 冷えないカラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66331443

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「〜直虎歴史探訪〜 ぶらり浜松ウォーク〜歴史と産業の街を訪ねて〜」、そして「いぶりがっこ」:

« 薪ストーブのある暮らし | トップページ | 今 手に入れたいのは 冷えないカラダ »