« 勝ち飯で寒さに勝つレシピ7 | トップページ | くらしの歳時記 1月「すき焼き」 »

2018年1月24日 (水)

Fresh Marche NEWS「たら」「かれい」「ぶり」「かぶ」「ほうれんそう」「長いも」「あずき」「みかん」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「駅近5分圏内 下北沢駅南口 さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/675434/
<下北沢南口商店街>
♪ 下北沢南口 甲斐名都(2006年)
♪ ピオトープ SAKEROCK(2007年)
<アジト オブ スクラップ 下北沢 ナゾビル>
*リアル脱出ゲーム:
 鍵がかかった密室の部屋からヒントとなる問題を解いて脱出するゲーム。
♪ いかれたBaby SAKEROCK(2004年)
<山椒堂>ひょうたんと印鑑
<田舎(でんしゃ)ごっこ>
*ヒョウタンツギ
☆北アフリカ原産 マランカ(オニ坊)
☆中国原産 シャオ フールー
・ひょうたんランプ体験 2,800円~
・ひょうたんスピーカー製作 7,000円~
♪ 涙のリクエスト(1984年)
<ザ・スズナリ>1981年オープン
 下北沢の劇場の原点といわれる劇場
《バッキンガム宮殿》
(《BUDIKAN》《東京DOME》《Gijido》《ARENA》)
・宮殿カリー 800円

 「昼めし旅」は、10/25の放送分。
http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=46079/episodeID=1107663/
「広島県 宮島」
 世界遺産 厳島神社、牡蠣、アナゴ
《紅葉堂》
☆揚げもみじ あんこ 180円
《》
・焼き牡蠣 200円
「生口島(いくち)」
 レモン生産量 日本一
<片山農園>
※黄色(1~5月)果汁が増す
 緑色(8~12月)香りが良い
・鶏肉のレモン煮
①鶏の手羽元をフライパンで焼き色をつける。圧力鍋へ入れる。
②調味料と半月切りにしたレモンを入れる。(レモンは皮ごと使う)
③レモンと手羽元を一緒に煮る。
・レモンご飯
①鶏肉とエリンギを塩、コショウで炒め、レモン汁を入れる。
②レモンの皮とショウガをいりこだしで炊いたご飯に①を入れて、10分ほど蒸す。
③皮付きのレモンを切って加える。
「尾道市」
《朱華園》尾道ラーメン
・中華そば 600円
・ぎょうざ
<沖野さん>
・お好み焼き
①ホットプレートにラードを温める。
②生地を敷く。カツオ節をふり、キャベツ、焼きそばをのせ、豚肉、揚げ玉をのせる。
③牛すじとこんにゃくの煮込みをのせる。生地をかける。
④裏返す。
⑤卵の上にお好み焼きをのせる。
★朱華園の焼きそば 800円
(かた焼き風焼きそば)

 「アサヒビール」より、メール。「クリアアサヒ 春限定 桜の宴」のプレゼントの案内♪
https://www.asahibeer.co.jp/park/campaign/
 「長崎五島ごと」より、楽天メール「長崎五島ごとの特製カレー」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/nagasakigoto02/109000993/?scid=me_ich_pcn_301_20180124_6275369_010
 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「アウトレット干物セット」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/hakudai/1469589/?scid=rm_206625

 『田舎暮らしの本』2015年3月号より、引用。
「この絶景に暮らしたい」第36回「一足早い春の訪れを告げる 千倉(ちくら)の花摘み畑」(千葉県南房総市)
 房総半島の最南端に位置する南房総市。平成の大合併により誕生した同市は、館山市を囲むように外房、半島の南端、内房と三方が海に面する温暖な地である。外房エリアの千倉地区・白間津(しらまづ)では、1月~3月の冬の時季にかけて色とりどりの花々が咲き揃う。白間津周辺には花畑や直売所が集まり、ポピーやキンセンカ、ストックなどの花摘みが楽しめる。市では空き家バンクの整備をはじめ、起業家向けの誘致活動など移住者支援に力を入れている。
問 企画政策課
TEL 0470-33-1001
 東京から東京湾アクアライン、館山自動車道を通り約2時間。
 東京駅から特急「さざなみ」に乗り、内房線君津駅で乗り換えて、千倉駅まで約2時間30分。

「47都道府県 ゆるガイド」第24回「新潟県」
 日本海に面し、内陸側は山々に囲まれた新潟県。日本海に注ぐ多くの河川は肥沃な大地をつくり、全国有数の穀倉地帯となっている。
 おいしい食材、さまざまな分野で世界トップクラスの産業、なにより、四季折々に変化する雄大な自然はみりょいくにあふれている。
・面積 1万2584km(全国5位)
・人口 232万人(全国15位)
 本州の日本海沿岸のほぼ中央に位置し、東側には朝日山地、飯豊山地、越後山脈が、西側には妙高山などの山々が連なる。県のほとんどが豪雪地帯で、積雪は山沿いの多い地域では200~250cmとなる。
・新潟県宣伝部長 トッキッキ
 新潟県の鳥「朱鷺(トキ)」がモチーフ。丸いからだが特徴で、顔の赤いハートは「トキめき」と熱い思いを表現している。新潟県宣伝課長として新潟県を熱くPRしている。
・日本元祖スキー漢(おとこ) レルヒさん
 新潟の地で日本初のスキーを教えたテオドール・フォン・レルヒ。身長はおよそ2700mm(季節により変動)。幸せのウコン色の服に身を包み、面白そうなところには季節を問わず出没している。
・南蛮エビ
 正式名称は「ホッコクアカエビ」で、旬は11月~3月。赤い色と形がトウガラシに似ていることから「南蛮エビ」と呼ばれている。甘味が強く、独特の食感があり、刺身や鮨種が定番。頭は唐揚げや塩焼きにされる。
・のっぺ
 サトイモでとろみをつけ、鶏肉、ニンジン、ゴボウ、シイタケ、ギンナンなどを薄いしょうゆ味のだしで煮たもの。新潟の代表的な家庭料理で、お正月やお祭りなどでよく食べられる。また、市内の小料理屋や割烹居酒屋などでも味わえる。
・「日本一」米の産出額
 清らかな雪どけ水や、寒暖の差が大きい気候、豊かな風土に育まれた新潟県。おいしいお米の産地で、産出額も水稲収穫量も日本一だ。
・「日本一」金属洋食器の出荷額
 新潟県の金属洋食器の出荷額は日本一。燕市でつくられたカトラリーがノーベル賞授賞式の晩餐会に使われるなど、世界に認められている。
・「日本一」酒蔵の数
 米どころ新潟は酒どころでもある。新潟県の清酒製造免許場数は98場で、酒蔵の数は全国で1位だ。
・2~3月のイベント
おぢや風船一揆(小千谷市)2月28日(土)~3月1日(日)
 熱気球と花火と雪灯籠の幻想的なフェスティバルや熱気球試乗体験などが行われる。青空と雪原を舞台に飛ぶ色鮮やかな熱気球に魅了される。
問 おぢや風船一揆実行委員会事務局(小千谷観光協会内)
TEL 0258-83-3512

 The Dreaming Place ROSE GARDEN(ドリプレ・ローズガーデン)」
 2003年から房総半島の5000坪の森を開墾し、イングリッシュローズやオールドロースを中心としたバラ園づくりに奮闘。2010年、バラ園の一般公開を本格的に始め、カフェやショップもオープンした。現在、園内には約350種約2000株のバラが植えられている。
営 3月~12月の10時~17時(2月末まで冬期休業)
料 大人300円~750円(季節によって変動あり)
休 火・水曜
千葉県君津市大野台815-85
TEL 050-5532-6402

http://www.dreaming-place-garden.com/

 今日の仕事・・・
 起案を通して、社長の印鑑をもらい、決済が通ったはずなのに、なぜ「訂正しろ」が入る???みんな、しっかり仕事をやっていますよ・・・理不尽だね!!!!
 それなら起案を出した時に、しっかり点検して、印鑑を押してくださいよ!!!起案が通ったはずの文書に訂正をする必要があるなんて、下々の仕事が増えるじゃないですか!!!「どんなにしっかり提案しても、どうせ修正が入る」「そんな訂正なんて意味ないじゃん!言葉遊びだよ!!!」なんて雰囲気なら、「どうせ訂正が入るんだから、適当でいいや。言われたら直せばいいや・・・。」と起案が適当になりますよ・・・管理職の態度次第で、部下のやる気は変わりますよ!!!仕事のできる方々が、なぜそんなこと分からないんですかねぇ~???

Fresh Marche NEWS「たら」「かれい」「ぶり」「かぶ」「ほうれんそう」「長いも」「あずき」「みかん」

 仕事を終え帰宅して、「鶏チャーシュー もも肉 切落し」で一杯♪
TOPVALU
 マイルドに味付けし 風味豊かに仕上げました。
100g188kcal
販売者 イオン株式会社 A403
千葉県千葉市美浜区中瀬
1-5-1
TEL 0120-28-4196

Fresh Marche NEWS「たら」「かれい」「ぶり」「かぶ」「ほうれんそう」「長いも」「あずき」「みかん」

 デザートは、頂いた「どら焼き」♪
 もっちり やわらか
 抹茶あん

 市から、「水道管の凍結注意」なんてメールが入った。水道管って、地中に埋まっているじゃない!!!どうやって注意するんだ???
 この寒さは、何十年ぶりらしいけどね・・・。

 ここで、『くらし良好』2018年1月号の「Fresh Marche NEWS」より、引用
*今月のPick Up「たら」
たらってこんな魚
 →一般的にたらといえば、真だらのこと。冬が旬だから、あるいは身が雪のように白いから「鱈」と書くと言われます。
 →旨み成分のアミノ酸がたっぷりと含まれるので、シンプルな味つけでもおいしさが引き立ちます。
 →世界中で親しまれているたら。イギリスのフィッシュ&チップスなど、各国で名物料理があります。
ちょちょいとレシピ!【たらのトマト煮込み】
 たらと玉ねぎ(薄切り)をソテーし、トマト缶でサッと煮込んで一品完成!仕上げに塩こしょうで味をととのえます。
「MarcheMEMO」たらをおいしく調理するコツ
・臭みを取る
 酒をふって塩をしてしばらくおき、キッチンペーパーで水けをふき取る。余分な水分と臭みが取れる。
・粉でコーティングする
 たらは身が柔らかいので、ソテーするときは小麦粉をまぶすと身崩れしにくい。
・焼くときのポイント
 ソテーや揚げ焼きの際、表に焼き色がついたら一度だけ返す。崩れやすいので身をなるべく触らない。
【たらの具だくさん中華スープ】(229kcal)
たらは一度焼いて香ばしく。具がたっぷりでおかず感覚のスープです。
『材料』(2人分)
・タラ(切り身)・・・2切(1切80g)
・ショウガ(細切り)・・・5g
・A
 ニンジン・・・40g
 ミックスビーンズ・・・50g
・春雨・・・40g
・B
 鶏ガラスープ(顆粒)・・・小さじ1
 水・・・3カップ
 しょうゆ・・・小さじ1
・塩、こしょう、ごま油、青ネギ(小口切り)・・・各適量
『作り方』
①タラはひと口大に切り、塩、こしょうをする。ニンジンは1cm角に切る。春雨は熱湯で戻す。
②鍋にごま油を熱してショウガを炒め、香りが出たらタラとAを炒め、Bと春雨を加えて煮る。塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、青ネギを散らす。

*かれい
 種類が多く、それぞれに味や旬も異なるかれい。一年を通して手に入ります。高タンパク低脂肪でビタミン類も豊富です。
「MarcheMEMO」かれいの冷凍保存
 塩をふってラップに包み、冷凍庫で保存可能。冷蔵庫でゆっくり解凍すると、水分が出にくく、味も落ちにくくなります。
【かれいのねぎ味噌焼き】(161kcal)
トースター任せで楽々!コクうま味のねぎ味噌でご飯のすすむ味わい。
『材料』(2人分)
・カレイ(切り身)・・・2切(1切90g)
・A
 酒・・・大さじ1
 塩・・・少々
・B
 青ネギ(小口切り)・・・大さじ2
 みそ・・・大さじ1と1/2
 マヨネーズ・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1/2
『作り方』
①カレイはAをふってしばらくおき、水けをふく。
②Bを混ぜ合わせる。
③①を天板に並べ、②をぬり、オーブントースターの高温(約1000W)で約7~8分焼く。器に盛り、好みの生野菜を添える。

*ぶり
 一年で最も寒くなる大寒の頃は、おいしい魚が増える頃でもあります。ぶりもその一つ。身に脂を蓄え、寒ぶりとしてもてはやされます。
「MarcheMEMO」ぶりの選び方
 身に弾力があり、血合いが鮮やかなものを選びましょう。皮に色がついている背身はあっさりした味わい。皮が白い腹身は脂がのっています。
【ぶりと白菜のみぞれ煮】(312kcal)
ふっくらとしたぶりの身。うまみが染み込んだ白菜も楽しめる一品。
『材料』(2人分)
・ブリ(切り身)・・・2切(1切90g)
・白菜・・・200g
・A
 だし汁・・・2カップ
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
・塩・・・少々
・大根おろし・・・100g
・七味唐辛子・・・適量
『作り方』
①ブリはひと口大に切り、塩をしてしばらくおき、水けをふく。白菜は食べやすく切り、軸と葉に分ける。
②鍋にAを煮立て、ブリを煮て火が通ったら、白菜の軸を入れて煮る。
③最後に白菜の葉、大根おろしを加え、サッと煮る。器に盛り、七味唐辛子をふる。

*今月のPick Up「かぶ」
かぶってこんな野菜
 →日本で古くから栽培されてきたかぶ。各地で様々な品種が生まれ、その数80種ともいわれています。
 →ビタミンCやカリウムが含まれ、葉の部分もカロテン、カルシウム、ビタミンなど栄養豊富です。
 →春の七草のひとつ「すずな」はかぶのこと。七草粥にたっぷり加えていただきましょう。
ちょちょいとレシピ!【かぶの葉ふりかけ】
 細かく切ったかぶの葉をごま油で炒めて、しょうゆで味付けし、ごまをふれば手作りふりかけの完成!
「MarcheMEMO」かぶの上手な使い方
・保存は根と葉に分けて
 葉が根の養分や水分を吸い取るので、切り落としてそれぞれビニール袋に入れて冷蔵庫で保存する。
・煮物は厚めに皮をむく
 皮の下に筋があるので、煮物の場合は厚めに皮をむく。サラダや炒め物は薄めに皮をむいて食べられる。
・煮加減は透明感をチェック
 火にかけて、透き通ってきたら火が通った目安。煮崩れしやすいので煮すぎないよう注意。
・生でもおいしい
 柔らかくみずみずしいので、火を通さず生で食べても甘くて美味。
【かぶとチキンのグリルサラダ】(484kcal)
表面カリッ、中はジューシーなかぶとチキンを合わせて主役級に!
『材料』(2人分)
・小カブ・・・2個(1個150g)
・鶏肉(もも)・・・1枚
・塩、粗びき黒こしょう、オリーブオイル・・・各適量
・サニーレタス、アーモンド(粗く刻む)・・・各適量
・シーザーサラダドレッシング・・・適量
『作り方』
①カブはくし形に切り、皮をむく。葉のやわらかい部分は4cm長さに切る。鶏肉は塩、こしょうをする。
②フライパンにオリーブオイルを熱して、鶏肉、カブを焼き、最後に葉を手早く炒め、塩、こしょうで味をととのえる。鶏肉はひと口大に切り分ける。
③器にサニーレタスを敷き、②を盛り、アーモンドを散らす。ドレッシングをかけていただく。

*ほうれんそう
 冬の露地ものは夏のものより緑が濃く甘味が増し、栄養価も高くなります。葉先から水分が抜けるので、新鮮なうちに調理を。
「MarcheMEMO」茹でる場合はさっと
 アクが気になる場合は、茹でて水にさらせばOK。茹ですぎると風味や栄養も失われるのでサッと茹でましょう。
【ほうれんそうとソーセージのドリア】(645kcal)
ほうれんそうで彩り&栄養バランスアップ。市販ソースを使って手軽に!
『材料』(2人分)
・ホウレンソウ・・・1束
・ソーセージ・・・4本
・ご飯・・・300g
・パスタクリーム(ナポリタン)・・・2人前
・ピザ用チーズ・・・60g
・バター・・・10g
・塩、こしょう・・・各少々
『作り方』
①ホウレンソウは4cm長さに切り、ソーセージは1cm幅に切る。
②フライパンを熱してバターを溶かし、①を炒め、かるく塩、こしょうする。
③グラタン皿にご飯を敷き、②を入れてパスタソースをかけ、チーズをふり、オーブントースターの高温(約1000W)で約10分焼く。

*長いも
 秋冬にとれるものはみずみずしい食感が特徴。カットしたものは切り口が美しい白で、表皮にツヤがあるものを選びましょう。
「MarcheMEMO」三日とろろ
 1月3日にとろろを食べる習慣で、主に東北や北関東で行われているもの。滋養強壮になる長いもを食べて健康を願います。
【三日とろろキノコそば】(380kcal)
なめらかなとろろそばに、焼ききのこの香りがひと味添えます。
『材料』(2人分)
・長イモ・・・200g
・めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1
・好みのキノコ数種類・・・150g
・カマボコ(薄切り)・・・4枚
・和そば(茹でたもの)・・・2玉
・A
 めんつゆ(2倍濃縮)・・・1カップ
 水・・・3カップ
・塩・・・少々
・青ネギ(小口切り)・・・適量
『作り方」
①長イモはすりおろし、めんつゆで味つけする。キノコは石づきを落として大きめにほぐす。
②フライパンでキノコを素焼きし、かるく塩をふる。
③器にそば、キノコ、カマボコを盛り、温めたA、①のとろろをかけ、青ネギを散らす。

*あずき(小豆)
 赤い色でおなじみの小豆。赤飯や、あんこに使われる豆です。食物繊維やポリフェノールなど、体にうれしい栄養が含まれます。
「MarcheMEMO」小正月にいただく小豆粥
 小正月(1/15)にいただく小豆粥。小豆の赤い色は邪気をはらうとされ、一年の幸せを願う意味が込められています。
【茹であずき】
『材料』(作りやすい分量)
・小豆・・・1カップ(約150g)
・水・・・5カップ
『作り方』
①小豆を洗ってたっぷりの水(分量外)で煮る。
②沸騰したらすぐにザルにあげ、アクを捨てる。
③水5カップを加え、再度煮る。煮立ったらアクを取り、弱火で煮る。
④指でつぶせるぐらいになれば火を止めて汁につけたまま冷ます。
※こんな使い方
 赤い色を生かしてサラダやご飯に加えたり、お肉と煮込んでも美味、
 煮汁には栄養が溶け出しているので、捨てずにスープなどでいただいて。

*みかん
 日本生まれといわれる温州(うんしゅう)みかん。ビタミンCが豊富なので冬場は特におすすめ。果肉の入った薄い袋や白い筋にも栄養が含まれます。
「MarcheMEMO」上手な保存
 涼しくて風通しのよい場所に保存し、つぶれやすい下の方から食べるのが◎。箱買いしたら傷んでいるものはすぐに取り除き、ふたをあけたまま保存しましょう
【みかんぽん酢しょうゆ】

『材料』(作りやすい分量)
・みかん・・・3個
・昆布・・・1枚(5cm長さ)
・しょうゆ・・・大さじ2
『作り方』
①蜜柑は半分に切り、果汁をしぼる(約100ml分)。
②保存容器にしょうゆ、昆布、①を入れ、冷蔵庫で1日ほど味をなじませる。
※容器に入れ、1ヶ月ほど冷蔵庫で保存できます。
※こんな使い方
 さわやかな味わいが鍋のつけだれ、ドレッシングにぴったり。
 市販のぽん酢の酸味が強い時、みかん果汁を加えるとまろやかになります。

本日のカウント
本日の歩数:7,314歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:2個

|

« 勝ち飯で寒さに勝つレシピ7 | トップページ | くらしの歳時記 1月「すき焼き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66317394

この記事へのトラックバック一覧です: Fresh Marche NEWS「たら」「かれい」「ぶり」「かぶ」「ほうれんそう」「長いも」「あずき」「みかん」:

« 勝ち飯で寒さに勝つレシピ7 | トップページ | くらしの歳時記 1月「すき焼き」 »