« 簡単!おいしい!薬膳ごはん「関西風薬膳雑煮」 | トップページ | たことこまで正月遊び »

2018年1月 2日 (火)

47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

 録画しておいた、この間のテレビ(映画)「シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~」を見る。美味しそうだね~!!!
 「ツイッター(twitter)」って、どうやるんだ???よく分からないな・・・。
 「本日 貸し切り」は、「Closed for private event」と言うんだね!!!
http://chef-movie.jp/
【コウケンテツ監修!★フードトラック“EL JEFE”特製 キューバサンドイッチ レシピ】
『材料』(2個分)
★約15cmのバゲット または ドッグパン・・・2個
★ローストポーク(作りやすい分量)
・豚肩ロースブロック肉 ・・・1本(約400g)
・ローズマリー、タイム・・・各2~3本
・塩、粗挽きこしょう・・・各小さじ1
・オリーブオイル・・・大さじ2
・にんにくのうす切り・・・1かけ
★スライスチーズ ・・・2枚
★ロースハム・・・4枚
★きゅうりのピクルスのうす切り・・・4枚
『作り方』
①ローストポークを作る。豚肉はナイフで数か所穴をあけ、半分に切ったローズマリーとタイム、にんにくを刺して、塩、こしょう、オリーブオイルを順にからめる。オーブン用シートを敷いた天板にのせ、180℃のオーブンで30~40分焼く。粗熱を取り、5mmほどの薄切りにする。
②パンは厚みを半分にして切り口にマスタードを薄く塗り、それぞれにロースハム2枚、(1)のローストポーク2枚、チーズ1枚、ピクルス2枚ずつを順にはさむ。
③フライパンにバターを熱して溶かし、(2)を並べてフライ返しや鍋のふたでかるく押さえながらこんがりと焼く。焼き色がついたら裏返して同様に焼く。

http://chef-movie.jp/post/108000002054/コウケンテツ監修-フードトラックel-jefe特製-キューバサンドイッチ-レシピ

 『田舎暮らしの本』2012年12月号の「この絶景に暮らしたい」第9回「晩秋の里を彩る 柿すだれ」(山梨県甲州市)の引用↑↑↑
 空家バンクなどの定住支援を行っている甲州市は、ブドウやモモなど果樹栽培が盛ん。11月上旬ごろからは、甲州百目という品種の柿が収穫の最盛期を迎える。このころ、農家の庭先で見受けられるのが、無数の吊るし柿が軒に下げられた風景。柿の栽培が特に盛んな塩山(えんざん)地区の松里(まつさと)では軒先をぐるりと鮮やかな「柿すだれ」が彩る。付近には武田信玄ゆかりの古刹や塩山温泉もあり、ハイキングにも人気のエリア。柿すだれが見られるのは一般の農家なので、一声かけてから見学させてもらおう。
問 観光交流課
TEL 0533-32-5091
 甲州市へは新宿駅から中央本線塩山駅まで特急で約1時間半、車では都内から中央自動車道勝沼ICまで約1時間半。塩山駅から松里地区までは徒歩約50分。

 買い物に出掛ける。
 「カインズホーム」に8時25分頃到着。行列に並ぶ。ここは、風が強くて寒い!!!
47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

 使い捨てカイロを配ってくれた!貼るタイプが欲しかったな・・・。
貼らないカイロ レギュラーサイズ
Kowa
販売元 興和株式會社
東京都中央区日本橋本町三丁目4-14

47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

 10分前に開店!干支の石鹸をもらう!
47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

来福石けん 十二支 戌
 フローラルブーケの香り
 犬は、古来より人を守り幸福へと導く動物として大切にされてきました。
47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

商標登録番号 2318325
標準重量 50g
Since 1905
株式会社 マックス
大阪府八尾市植松町2丁目9番29号
TEL 072-994-5045

http://www.soapmax.co.jp

 店内をちょっと覗き、イーオンに向かう。
 今日は、空いているね!

 谷島屋で『お金持ちが 肝に銘じている ちょっとした習慣』842円を買う。
47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

 ブックカバーをつけてくれる。ここは、伝統的にこのブックカバーだね!
 この包装紙は昭和初期、相生垣瓜人(あいおいがきかじん)(1898~1985)が読書の楽しさを詠み、自らデザインしたものである。

 煩(わづら)ひの繁(しげ)き世ながら暫(しばら)くの書(ふみ)読む暇(いとま)ありて楽しき
 新しき書(ふみ)を購(あがな)ふ喜(よろこ)びはおいてののちもあに変はらめや
 そのかみの人の心も外(と)つ国のい人の思ひも書(ふみ)に識(し)らる、
 人の世のあそびに飽(あ)きしそののちも書(ふみ)にあそびて飽(あ)かぬ心よ

谷島屋
YAJIMAYA SINCE 1872

http://www.yajimaya.co.jp

 食料品売り場に行き、「TVだし昆布」397円、「木綿 豆腐」60円、「納豆」48円、「うどん」29円を買う。
 1000円買うともらえる「抽選会 補助券」は、1か所で1000円以上で、2つの売り場を合わせて1000円分という合わせ技じゃあもらえないんだって・・・!残念↓↓

47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

 昼食は、「みなさまのお墨付き カレー」(辛口)。
 炒め玉ねぎと完熟トマトのコクと旨味
210g(1人前)151kcal
みなさまのお墨付き
 「みなさまのお墨付き」ブランドの製品は、全て第三者機関が実施する消費者調査によって、高い評価を得たものです。

http://www.seiyu.co.jp/pb
販売者 合同会社 西友
東京都北区赤羽2-1-1
TEL 0120-36-0373

 午後は、散歩で職場一巡!

47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

 夕方は、「酢たこ」で一杯♪買った時は、コチコチに凍っていたので気がつかなかったけど、あまりいい部位ではないな・・・頭が入っている・・・頭は、味があるんだけど、商品価値なし!!!(ハズレ!)
47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

サンコー
内容量 100g 66kcal
原材料名 たこ(モーリタニア産)、醸造酢、食塩、酸味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、着色料(赤102)、ミョウバン
製造者 三晃食品株式会社
宮城県塩釜市新浜町3丁目10-15
TEL 022-366-7788

 ここで、お正月らしく、『田舎暮らしの本』2010年1月号より、「47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」」の引用♪
 ちなみに、我が家のお雑煮は、しょう油ベースで里芋、大根を煮て(ニンジン、ナルト、カマボコも入れたかもしれない。場合によっては、白菜も入れる。)、角餅を入れる。かつお節と海苔をかけて食べるものです♪♪♪
 誰もが、我が家の雑煮を懐かしく感じます。それは、先祖から受け継がれてきた味だから。歳神様へのお供えから生まれた雑煮は、「中身で出身地がわかる」と言われるほど、土地によって違います。
 郷土色豊かな全国47都道府県の雑煮を紹介しましょう。
「土地ごとに違う雑煮で、夫婦の力関係もわかる!?」
歳神様へのお供えをいただく雑煮
 最近では、正月料理といえば重箱に詰められた「おせち」がメインになりつつあるが、昔は雑煮が主役だった。
 水耕稲作文化の日本では、米からつくる餅は貴重で、神様への「お供えもの」だった。新年には、餅と土地の産物を歳神様に供え、そのお下がりを鍋で煮て食べたのが雑煮なのだ。
 青森や岩手ならクルミ、千葉ならノリ、新潟ならサケやイクラ、広島ならカキ、鹿児島ならエビといったように、土地によって雑煮が違うのは、お供えしたものを餅と一緒に煮たため。逆に、香川のあん餅雑煮など、正月ぐらいはご馳走を食べようと、手に入りにくいものが雑煮つ使われる地域もある。
違う地域の人との結婚で新らしい雑煮が出現!?
 雑煮の歴史は古く、室町時代には京都で食べられていたとされる。さらに全国的に広がるのは、江戸時代・元禄以降だ。このころはすでに東の角餅・西の丸餅、すまし・味噌といった違いがあった。
 こうした味の違いは、風土だけでなく人や物資の流通によっても違ってくる。角餅が主流の東日本にあって山形県庄内地方で丸餅なのは、北前船により関西の影響を受けているからだ。
 同じ地方の中で結婚し、嫁ぎ先の雑煮を受け継ぐことが多かった昔と違い、最近では違う県の人との結婚や転勤などで、雑煮の特色も変わってきている。
 たとえば、広島の男性と、京都の女性が結婚して、名古屋で暮らすとすると、雑煮はどうなるのだろうか。ここで、夫婦の力関係が出てくる。夫が強ければカキ雑煮、妻が強ければ白味噌雑煮、「郷に入れば郷に従え」なら暮らしている名古屋雑煮になるのか。三が日にそれぞれの雑煮を食べるのも手だ。それとも、入り混じって白味噌のカキ雑煮ができてしまうかもしれない。
 郷土料理でありながら人とともに変化し、「我が家の味」が生まれるのも雑煮の不思議なところだ。次からは各地の雑煮を紹介するが、これはほんの一部。同じ県でも、地域によって、さらには家庭によっても違い、さまざまな雑煮が食べられている。全国の雑煮を見て誰もが思うはずだ。「うちの雑煮がいちばん!」と。
47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①

「日本の雑煮MAP」
 日本を分断するのが、東の「角餅」と西の「丸餅」。おおおそ、関ヶ原を通るラインで東西に分かれる。味は、関西近郊の白味噌仕立てを除き、ほかではしょう油のすまし仕立てが多い。また、東北や九州、中国・四国の一部では、鶏肉、スルメ、シイタケなどの土地の産物でだしをとっている。
「北海道・東北」
【北海道】出身地によって味も具もさまざま
 移住者の多い北海道では、すまし汁、味噌、かす汁など、出身地によって雑煮もさまざまだ。具は、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、カマボコ、鶏肉などで、最後にイクラを載せる家庭もある。
【青森県】南部・三戸の「クルミあん雑煮」
 南部藩のルーツにも関係する歴史ある地区・三戸町を中心に食べられている雑煮は、クルミをすり潰した「クルミあん」を最後に載せるのが特徴。ベースの雑煮はニンジンやゴボウ、サトイモ、凍み豆腐、ダイコン、シイタケなど、地元の食材をだし汁で煮て、みりんとしょう油、酒で味をつけたものに、軽く焼いてから熱湯に浸けて軟らかくした角餅を入れる。
 ひっつみなどを手軽に味わえる産直施設。郷土料理に詳しいスタッフもいる。
問 三戸町役場総務課
TEL 0179-20-1111(代)

http://www.town.sannohe.aomori.jp/
【岩手県】お餅を別碗のクルミだれにつけて
 天然のクルミの産地である岩手県北部沿岸の岩泉地方ではおいしいことを「クルミ味がする」と表現する人もいるほど、クルミが昔からおいしいものの代表。祝儀・不祝儀を問わず、ごちそうには必ず使う。雑煮では焼き豆腐やフキ・ワラビ・シメジ・ニンジン・ゴボウなどが入ったしょう油ベースの雑煮に、甘いクルミだれを添えて、一度に2つの味を楽しむ。
 岩泉町で毎年1月に行われる「龍泉洞みずまつり」。
問 岩手県商工労働観光部
TEL 019-629-5574

http://www/pref.iwate.jp/
問 雑煮・龍泉洞観光会館
TEL 0194-22-3163
【秋田県】雑煮を食べない地域もある
 県内全域で食べられている雑煮はなく、南部では雑煮を食べる習慣自体がない家庭も多い。県中央から北部あたりでは、名産である比内地鶏やコンブでだしをとったしょう油味の汁で、前日の年越し蕎麦のだしを使う場合もある。具は鶏肉やヒメタケやキノコ・ゼンマイ・セリ・フキ・ニンジンなどで、焼いてから熱湯にくぐらせた角餅を使う。
 北部の鹿角市の正月行事「大日堂舞楽」は、ユネスコ無形文化遺産。
問 秋田県産業経済労働部観光課
TEL 018-860-2265

http://www2.pref.akita.jp/akitafan/
【山形県】関西の影響が見える「庄内雑煮」
 庄内地方では、北前船の交易で伝わった関西文化の影響で丸餅を使うのが特徴。庄内地域の雑煮は煮干しやシイタケでだしをとったしょう油味で、具はワラビ、イモガラ、コンニャク、厚揚げなど。仕上げにセリと岩のりを載せる。この地方では古くから元日の朝に雑煮の支度をするのは男性の役目で、現在もこうした風習を続けている家庭がある。正月くらいは女性たちにゆっくり過ごしてほしい、という思いやりからの風習と言われる。食材提供:JAあまるめ

http://www.ja-amarume.or.jp/
問 山形県農林水産部新農業推進課
TEL 023-630-3069

http://www.pref.yamagata.jp/
【宮城県】山の幸と海の幸が入った豪華な「仙台雑煮」
 焼きハゼでとっただしにしょう油で味をつけ、角餅を入れる「仙台雑煮」。セリや凍み豆腐、カマボコ、カラトリ(サトイモの茎を干したもの)、ひき菜(ダイコン、ニンジン、ゴボウを千切りにしてゆでて、ひと晩凍らせたもの)といった山の幸に、焼きハゼなどの海の幸も加えた豪華なものだ。藩政時代に領内全体に広がったと言われ、今では仙台市内とハゼの産地である石巻の北上川河口・長面浦地域などで食べられている。
 南三陸の追波湾に注ぐ北上川。ヨシ刈りは冬の風物詩でもある。
問 (社)宮城県観光連盟
TEL 022-211-2822

http://www/miyagi-kankou.or.jp
【福島県】つきたての餅でつくる「つゆ餅」
 会津地方では雑煮を食べる習慣がなく、似たものとして「つゆ餅」がある。カツオだしでゴボウ、ダイコン、豚ひき肉、ニンジンなどを煮てしょう油で味をつけ、ついたばかりの餅をちぎって次々に入れていく。会津地方のお祝い料理には、海から遠いために高級品だった海産物の乾物が多く用いられ、つゆ餅でもカツオ節を直前に削って使う。また、餅はごちそうの代表でおあり、つゆ餅が好物という人は多い。
問 福島県商工労働部観光交流局観光交流課(高橋)
TEL 024-521-7287

http://www/pref.fukushima.jp/fui/

本日のカウント
本日の歩数:10,600歩
(本日のしっかり歩数:1,943歩)
本日:55.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 簡単!おいしい!薬膳ごはん「関西風薬膳雑煮」 | トップページ | たことこまで正月遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66232485

この記事へのトラックバック一覧です: 47都道府県・味めぐり「日本のお雑煮大全」①:

« 簡単!おいしい!薬膳ごはん「関西風薬膳雑煮」 | トップページ | たことこまで正月遊び »