« 家族みんなで楽しもう!クリスマスのパーティーメニュー | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-3)「ミートローフ」 »

2017年12月22日 (金)

冬至に心のデトックス

 今日は、12月22日、「冬至」。
春が訪れ、運気が上昇する
 冬至は一年で最も昼が短く、夜が長い日です。この日を境に日照時間が長くなることから、旧暦ではこの日が暦を計算する上での起点となっていました。冬至は太陽の力がよみがえることから、一陽来復の兆しがみられ、運気が上がってくる日であるともいわれています。
 この日にかぼちゃを食べるのは、太陽のような鮮やかな実の色のかぼちゃで太陽の力を取り入れよう、寒いこの時期を乗りきるため、栄養豊富なかぼちゃを食べて病気を防ごうという意味が込められています。
【かぼちゃ煮】(131kcal)
『材料』(4人分)
・かぼちゃ・・・500g(1/4個)
・A
 だし汁・・・1と1/3カップ
 しょうゆ・・・大さじ1と1/2
 みりん・・・大さじ1
 塩・・・少々
①かぼちゃは3cm角くらいに切る。
②鍋にAを煮立て、①の皮を下にして並べる。落としぶたをし、弱めの中火で4分ほど煮る。
③落としぶたをはずして中火にし、ときどき鍋をゆすり、汁気をとばしながら2~3分煮る。
MEMO
 仕上げに汁気をとばすと、ほっこりとした煮あがりに。
【きんぴら肉うどんゆず風味】(536kcal)
冬至といえば「ゆず」。作りおきのきんぴらをアレンジ
『材料』(2人分)
・冷凍うどん・・・2玉
・めんつゆ(3倍濃縮)・・・1/2カップ
・水・・・2カップ
・細ねぎ(小口切り)・・・適量
・ゆずのしぼり汁・・・適量
<きんぴら>
・豚肉(切り落とし)・・・100g
・大根・・・10cm
・にんじん・・・1/2本
・生しいたけ・・・2個
・ごま油・・・大さじ1
・赤唐辛子(輪切り)・・・1本分
・A
 しょうゆ、酒・・・各大さじ1
 砂糖・・・大さじ2/3
『作り方』
①きんぴらを作る。
 豚肉はひと口大に切る。大根は長さ5cm、にんじんは長さ4cmの短冊切りにする。しいたけは軸を切り、薄切りにする。鍋にごま油を入れて中火で熱し、豚肉、にんじん、大根、しいたけを順に入れて炒める。全体に油が回ったら赤唐辛子、Aを加え、汁気がなくなるまで炒める。
②鍋にめんつゆと材料の水を入れて中火で沸騰させ、①を加えて温める。
③うどんは電子レンジで表示通りに解凍して②に加え、1分ほど煮る。器に盛り、細ねぎをちらし、ゆずのしぼり汁をかける。
MEMO
 きんぴらは冷蔵庫で4~5日保存が可能。作りおきしておくと便利です。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「視聴者リクエストSP 越中島 さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1123645/
*星野源の「知らない」のMVのロケ地である東京・江東区の越中島
※越中島:
 江戸時代、徳川家康の家臣である榊原越中守照清の屋敷があったことからその名がついた。
<相生橋>
♪ 魔法のコトバ スピッツ(2006年)
《北海道海産》
・たらとば 1,080円(1袋)
・凍眠活いか 1尾 1,200円
※凍眠:
 液体を使った最新の冷凍技術で、細胞や旨味成分の劣化を防いでいる。
・凍眠活いか刺身 680円(1パック)
《佃煮食品工業》佃煮・煮豆、昭和11年創業
・ココア豆 200円
・きなこ豆 100円
・富貴豆 100円
・みたらし豆 100円
・珈琲煮豆 300円
・あんず 200円
♪ ハイファイ・ローファイ スピッツ(1999年)
<東京海洋大学 越中島キャンパス>
・国の重要文化財 明治丸:
 明治7年竣工。明治天皇が東北・北海道巡幸の際に乗船。7月20日に帰還。それを記念し、海の記念日に制定。
《牡鹿半島 本店》秋田料理
・きりたんぽ鍋 3,888円(2人前)※注文は2人前から
(比内地鶏のスープ、セリの根、あきたこまちの新米 きりたんぽ、比内地鶏)
♪ 1987→ スピッツ(2017年)

 「昼めし旅」は、「日本のハワイ 山口県 周防大島」。9/29の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1100324/
 キウイフルーツ、周防瀬戸の太刀魚(太刀魚の鏡盛り)、片添ヶ浜海水浴場、みかんの島(みかん鍋)
《たちばなや》
☆中華そば 600円(税込)
<なかむら>中村さん>
・茶粥
①粉茶を布の袋に入れ、鍋の中に入れる。沸騰したら、茶袋を取り出す。
②研いでいないお米とサツマイモを入れて17分炊く。
・じんだ味噌
(豆腐と野菜をいりこと昆布出汁で煮て、麦味噌で味付けした周防大島の郷土料理)
①ナス、タマネギ、豆腐を一口サイズに切る。
②だしに入れて煮込む。みりん、砂糖、お味噌で味をととのえる。
・炒り玉子
①鍋に玉子を入れる。醤油を混ぜる。
②火にかけて混ぜながら火を通す。

 「アサヒビール」より、メール。「あつあつお鍋レシピ」が美味しそうだ♪
*ズバうま!で人気のお鍋TOP3!
・白菜と豚バラ肉の重ね鍋
・アツアツ味噌煮込みおでん
・牡蠣のどて鍋
*ズバうま!で注目のお鍋♪
・ピェンロー鍋
・ラクサ鍋
・爽やかレモン鍋
*インパクト大!~代わりお鍋~
・メレンゲ鍋
・赤ワインしゃぶしゃぶ
・ミートマウンテン鍋(肉盛り鍋)
・森のバター鍋(アボカド鍋)
・バーニャカウダ鍋
・カレー鍋
・手軽にチーズフォンデュ鍋
・トマトモツ鍋
*ピリ辛い!~エスニックお鍋~
・モリモリパクチー鍋
・トムヤムクン鍋
・坦々ワンタン鍋
・海鮮タイスキ風ピリ辛鍋
・豆腐キムチ鍋
・あさりのチゲ
・豚の薬膳風
・鮭とジャガイモの豆乳チゲ
*興味津々!~ご当地お鍋~
・ラムしゃぶ
・セリ鍋
・芋煮
。水炊き
・簡単きりたんぽ鍋
・牛肉のハリハリ鍋
・すいとん鍋
・飛鳥鍋
*いつでもウエルカム!~定番お鍋~
・味噌ちゃんこ鍋
・すき焼き
・シンプル湯豆腐鍋
・ブリしゃぶ
・春菊たっぷりモツ鍋(味噌味)
・鶏ももと鶏団子の鶏すき
・白菜とつくねの小鍋仕立て
・キノコ鍋
*みんな大好き!~おでん~
・金沢おでん
・東京おでん
・静岡おでん
・大阪おでん
・仙台おでん
・沖縄おでん
・変わりおでん
・ハロウィンデコおでん鍋

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/special-recipe/nabe/

冬至に心のデトックス

 今朝は、「宇治お濃い 抹茶ラテ」を飲んだよ♪
京都宇治総本家 辻利
MATCHA LATTE
粉末タイプ
「おいしい召し上がり方」
 カップに1杯分(1袋)を入れ、160mlのお湯を注ぎ、よくかき混ぜます。
 Put a powder of the bag into a cup.  Pour 160ml of boiling water, and stir it carefully.
株式会社 辻利
TEL 0120-941-244

 今日は、「ホテルコンコルド浜松」で職場の忘年会なんだけど、面倒くさいのでパス!!!

 スーパーに向かう。西日が眩しいね・・・。
 「刺身用いなだ」398円、「柚子こしょう」105円を買い帰宅。

冬至に心のデトックス

 帰宅して、今日買った「鳥取県産 刺身用いなだ」で一杯♪
 「おろし生わさび」が付いている!
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

冬至に心のデトックス

 デザートは、いただいたお菓子♪

 ここで、『 やすらぎ通信 』 第666号 2017.12.19より、「冬至に心のデトックス」の引用↑
 12月22日(金)は冬至の日。一年で一番昼の時間が短い日。東洋的に言えば、陰の気が極まった日。ここをピークに、陽の気が少しずつ増えてくる日でもあります。
 昨日が新月だったので、月のエネルギーも切り替わるときです。今週は心と体をリセットするには、とてもいいタイミングです。心身をリセットするためには、まずは、溜まっているものを出すこと。
 今回は心のデトックスにおすすめの、「ジャーナリング」を紹介します。
「ジャーナリングとは」
 心を鎮めて、自分の心と向き合うために、ノートとペンを持ち、ただ思いつくままに書くことです。自分が向き合いたいテーマがあれば、そのテーマについて、書いてもいいですし、書けないときは、とにかく何でもいいから書き続ける。そのうち、自然に自分の心の声が出てくることもあります。
 人には見せない日記のようなものですが、その日あったことなどの事実を綴るのが目的ではなく、そのとき自分が感じていることをただ書き出す。誰かに伝えるための文章ではないので、まとまった文章にしようとか、理論的にする必要もありません。
 PCやスマホではなく、ペンとノートの方が、手を動かすので効果的だという人もいますが、僕はPCでやっています。
「ジャーナリングの効果」
 ジャーナリングは「書くマインドフルネス」とも言われ、書くこととで、自分が今感じていることに気づいたり、自分の本音を引き出す効果があります。
 日常の中で、自分の感情を抑えてばかりいると、自分が何を感じているのか、よく分からなくなることがあります。人には言えないことでも、ジャーナリングで自分の感情を書き出すことで、自分の本音に気づくきっかけにもなります。
 この一年を振り返り、心に溜め込んだ、いろんな感情を書いて出す。余分なものが出ていって、スペースが空くと、いいエネルギーも巡ってきます。冬至のエネルギーを使って、心の大掃除もしてみませんか。
 やすらぎの里は、日常を離れてたっぷり時間をとり、静かな自然の中で、自分を見つめなおす。ジャーナリングには、最高の環境だと思います。断食で体の大掃除、ジャーナリングで心の大掃除ができる。断食×リトリートには、そんな効果もあるんですよ。
■ 断食×リトリート

http://www.y-sato.com/diary/yasuraginosato/602.html

本日のカウント
本日の歩数:7,171歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 家族みんなで楽しもう!クリスマスのパーティーメニュー | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-3)「ミートローフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬至に心のデトックス:

« 家族みんなで楽しもう!クリスマスのパーティーメニュー | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-3)「ミートローフ」 »