« 不思議グッズは私の不思議の旅そのもの | トップページ | 秋の収穫が楽しみな、地中海生まれの恵みの木・オリーブ。 »

2017年12月 5日 (火)

「いただきます かんたん魚介のおかず」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「年末に!買い物で行きたい街 さんぽ」「東京 立川」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/660894/
<国営昭和記念公園>入園料 410円
♪ 風は秋色 松田聖子(1980年)
<ららぽーと立川 立飛>
《本格手作り中華まん 金包堂 Jin Bao Tang》
・特製肉まん 220円
・しっとり卵黄まん 180円
<風船工房>
・バルーンクラッカー 一式 3,500円~
《レストラン ベースボール》1975年オープン
☆東京ドームオムライス 800円
・横峯さくらちゃんステーキ 900円(ランチ価格)
(スープ・ミニサラダ・ライス・コーヒー付き)

 「昼めし旅」は、9/11の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1095263/
「神奈川県 芦ノ湖」
 山のホテル、ロザージュ伝統のあつあつりんごパイ 1,604円
<箱根丸山物産>
*寄木細工:
 木材の組み合わせで様々な模様を描く木工技術
*秘密箱:
 約120年前に泥棒から貴重品を隠すために考案された箱
《俺のうどん赤🄬 本店》
☆俺のうどん赤 850円
<みつや>杉山家
・ワカサギのフライ
・ワカサギの南蛮漬け
・ポテトサラダ
「神奈川県 厚木市」
 丹沢大山国定公園、厚木シロコロ・ホルモン(千代乃)
<曾田さん>
*コロガシ釣り:川の底を転がるように針を動かし鮎を引っかけて釣る。
 相模川(別名:鮎河)
・鮎の天ぷら(180℃で一気に揚げる)
・鮎の塩焼き
・鮎の開き(一夜干し)
・焼きそば
・野菜の天ぷら

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「忘年会・イベントの幹事様向け 景品パネル特集」。
特大A3パネル
https://m3.rakuten.co.jp/snowland/c/0000000698/%253fscid%3drm_190841/-/2/4395/boows/5/76mi0/
 「TNC」より、メール。「静岡ジモティーズ」で読む。
http://rabico.cocolog-tnc.com/gmt/2017/11/100-38ea.html?rt=tlc

 仕事を定時に終え、「酒&FOOD かとう」に向かう。
 「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円を伝票にて買い帰宅。

「いただきます かんたん魚介のおかず」

 帰宅して「ブリのアラ鍋」で一杯といきましょう↑
宮崎県産 ぶりかま
「いただきます かんたん魚介のおかず」

 豆腐は「富士山の伏流水 もめん」。
400g
販売者 静流食品株式会社 MF3
静岡県富士市大渕字元篤3800-50
TEL 0120-71-8323

「いただきます かんたん魚介のおかず」

 デザートは、頂いた「カントリーマアム」♪
FUJIYA
 日本のおいしい苺

 2017年11月26日の「いただきます かんたん魚介のおかず」は、【タラのみぞれ鍋】(161kcal)。
『主な材料』(2人分)
・生タラ・・・2切れ(200g)
・大根おろし・・・300g
・長ネギ・・・1/2本
・セリ・・・1/2束
・絹ごし豆腐・・・1/2丁(150g)
・昆布・・・5cm
・けずりがつお・・・7g
『作り方』
①鍋に水500ml、昆布を入れ30分おく。火にかけ沸騰直前に昆布を取り出し、けずりがつおを加える。沸騰したら火を止めでこす
②タラをひと口大にし塩小さじ1/4、酒小さじ1をふる
③ネギは斜め切り、セリは3cm長さ、豆腐は八つに切る
④鍋に①、塩小さじ1/6、しょうゆ・みりん各小さじ1、酒大さじ1を入れて煮立て、タラ、ネギを加え約8分煮る。豆腐、水気をきった大根おろしを加えて温め、セリを加える。

 2017年11月27日の「いただきます かんたん魚介のおかず」は、【白菜とサケ缶のグラタン】(343kcal)。
『主な材料』(2人分)
・白菜・・・300g
・サケ缶詰・・・1缶(180g)
・ホワイトソース(市販品)・・・100ml
・牛乳・・・100ml
・ピザ用チーズ・・・50g
『作り方』
①白菜はざく切りにし、ラップをして500Wの電子レンジで約6分加熱する。途中上下を返す。水気を軽くしぼって、塩・こしょう各少々をふる。
②ホワイトソースに牛乳を少しずつ混ぜる。塩・こしょう各少々で味を調える。
③耐熱皿に半量の(2)を入れ、白菜をのせる。サケ缶の汁をきり、身をほぐして全体に広げる。残りの(2)を回しかけてチーズを散らす。
④オーブントースター(または220℃のオーブン)で焼き色がつくまで7~8分焼く。

 2017年11月28日の「いただきます かんたん魚介のおかず」は、【アサリとブロッコリーのミルク雑炊】(337kcal)。
『主な材料』(人2分)
・アサリ水煮缶詰・・・小1缶(85g)
・ブロッコリー・・・150g
・タマネギ・・・50g
・白ワイン・・・大さじ3
・牛乳・・・200ml
・ごはん・・・150g
・粉チーズ・・・大さじ2
『作り方』
①ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむき、粗みじん切りにする。タマネギも粗みじんに切り、ごはんはさっと洗って水気をきる。
②深めのフライパンにオリーブ油大さじ1/2を温め、タマネギを中火で炒める。透き通ってきたら、白ワインを加える。ひと煮立ちしたら、ブロッコリー、アサリ(缶汁ごと)、牛乳、ごはんを加えて弱火で約5分煮る。塩小さじ1/3で味を調える。器に盛り、粉チーズをかける。

 2017年11月29日の「いただきます かんたん魚介のおかず」は、【お刺し身ユッケ】(208kcal)。
『主な材料』2人分)
・ブリの刺し身・・・100g
・白菜キムチ・・・60g
・卵黄・・・1個、
・いりごま(白)・・・少々
・万能ネギ・・・1本
・キュウリ・・・1/2本
・サラダ菜・・・2枚
・糸唐辛子(あれば)・・・少々
『作り方』
①万能ネギは小口切りにする。キュウリは斜め薄切りにする。キムチ、刺し身は1cm幅くらいの細切りにする。
②ボウルに白菜キムチ、しょうゆ小さじ1/2、ごま油小さじ1を合わせて混ぜる。刺し身を加えてあえる。
③器にサラダ菜、キュウリを敷いて(2)を盛る。万能ネギをのせ、ゴマを指でひねりながら散らす。中央に卵黄をのせ、糸唐辛子を飾る。ハマチやマグロなどの刺し身でも。

 2017年11月30日の「いただきます かんたん魚介のおかず」は、【タイのレンジ蒸し】(211kcal)。
『主な材料』2人分)
・タイ(切り身)・・・2切れ(200g)
・ニンジン・・・30g
・長ネギ・・・10cm
・ショウガ・・・1かけ(10g)
・練りごま(白)・・・小さじ1
・ポン酢しょうゆ・・・大さじ2
『作り方』
①タイに塩少々、酒大さじ1/2をふり、10分ほどおく。
②ニンジン、長ネギは4~5cm長さのせん切り、ショウガは3~4cm長さのせん切りにする。
③タイの汁気をふいて耐熱皿に並べ、(2)をのせる。酒大さじ1をふり、ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで約3分加熱する(1人分ずつなら1~1分30秒)。
④練りごまにポン酢しょうゆを少量ずつ混ぜ合わせる。タイにかけて食べる。

 2017年12月1日の「いただきます かんたん魚介のおかず」は、【サバ缶の煮もの】(267kcal)。
『主な材料』2人分)
・サバ水煮缶詰・・・1缶(約190g)
・絹ごし豆腐・・・1/2丁(150g)
・大根・・・200g
・ニンジン・・・50g
・ショウガ・・・大1かけ(15g)
・万能ネギ・・・1/4本
・だし汁・・・400ml
・めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1と1/2
・七味唐辛子・・・少々
『作り方』
①大根、ニンジンは5cm長さ、2cm幅の短冊切りにする。ショウガは薄切り、ネギは5cm長さの斜め切り、豆腐は4つに切る。
②鍋にだし汁、大根、ニンジンを入れ、ふたをして中火で約3分煮る。
③ショウガ、豆腐、サバ缶を加え、沸騰したらあくを取る。めんつゆ、酒大さじ1/2を入れる。ひと煮立ちしたら、ネギを加え、器に盛って七味唐辛子をふる。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:7,724歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 不思議グッズは私の不思議の旅そのもの | トップページ | 秋の収穫が楽しみな、地中海生まれの恵みの木・オリーブ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66125227

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます かんたん魚介のおかず」:

« 不思議グッズは私の不思議の旅そのもの | トップページ | 秋の収穫が楽しみな、地中海生まれの恵みの木・オリーブ。 »