« 「LES MURAILLES BORDEAUX」、そして「いわしのごま漬」 | トップページ | 「萩乃露」、そして「おせちの準備をしましょう」 »

2017年12月25日 (月)

ワイン 世界地図

 昨夜の雨は凄かったね・・・オマケに停電するし・・・「ループ配電」になっているはずだから、電線が1本切れても、他の線から配電されるはず・・・なのに、なぜ停電になる???おかしい!!!これは、「原子力発電がないと電気が不足しますよぉ~!停電になると困りますよぉ~!」という電力会社のプロパガンダに思えてしょうがない!!!

 今日は、12月25日、「クリスマス」↑↑↑

Joy to the World

 Joy to the world, the Lord is come!
 Let earth receive her King;
 Let every heart prepare Him room,
 And heaven and nature sing,
 And heaven and nature sing,
 And heaven, and heaven, and nature sing.

 Joy to the earth, the Savior reigns!
 Let men their songs employ;
 While fields and floods, rocks, hills and plains
 Repeat the sounding joy,
 Repeat the sounding joy,
 Repeat, repeat, the sounding joy.

 No more let sins and sorrows grow,
 Nor thorns infest the ground;
 He comes to make His blessings flow
 Far as the curse is found,
 Far as the curse is found,
 Far as, far as, the curse is found.

 He rules the world with truth and grace,
 And makes the nations prove
 The glories of His righteousness,
 And wonders of His love,
 And wonders of His love,
 And wonders, wonders, of His love.

http://www.xmas-carol.com/song/joy-to-the-world.htm

 「NORAD Santa Tracker」(サンタさん追跡プログラム) をやっているね♪♪♪
https://www.noradsanta.org/

 今朝の朝刊の「歳時記」より、引用!
 クリスマスの今日を越えると街の空気は一転。年の市が並びお正月一色になっていきます。
 このガラリと変わる空気感がなんともいえず好きです。さまざまな信仰の重なりを受け入れてきた日本人らしいところだと思います。年の瀬のせわしなさは続くものの、クリスマスのようなにぎやかさは、どこか静まっていきます。
 お正月の神様を迎えるわが家のしめ縄は、青わらを取り寄せて、講座を開き、手作りしています。青わらの置いてある部屋はすがすがしい香りでいっぱいです。年の市にもすてきなしめ飾りが並びますが、自分でつくると少々ゆがんでいたりしても愛着がうまれ、一年の祈りも違ってくるように思います。
 毎年繰り返す行事は、懐かしい記憶と結びついていることがあります。私の場合、しめ縄を綯ううちに決まって思い出すのは、お正月したくをする父親の後ろ姿です。丁寧に昆布をたたみ、縁起物をそろえる父の手を、くりかえしくりかえし思い出すのです。

 昨日のテレビ「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、「福岡県 糸島」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/47268/667184/
《いけす立石》
☆花咲海鮮丼 2,200円(税込)
☆うに丼 1,650円(税込)
・あわびステーキ 1,550円(税込)(クロアワビ)
・サザエのつぼ焼き 750円(税込)
・サザエの刺身 860円(税込)
《西の浦イカ活造り 波平》
☆イカ丼定食 1,300円(税込)
☆ごまぶり定食 1,800円(税込)
・いか活き造り定食 2,800円(税込)
 いかご飯
※さしちょこ
★ゲソの天ぷら
《BEACH CAFE SUN SET》
☆JAMAICAN ジャークチキン 1,080円(税込)
・SUNSET定番オリジナルロコモコ 1,280円(税込)

 「ごちそうカントリー」は、「浜松市 メキャベツ」。(家でも、昔、「子持ちカンラン」を作っていたよ!)
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=55746
<尾上農園>
*メキャベツ:
 12~3月までが最盛期
【メキャベツの花びら蒸し】
『材料」
・メキャベツ
・ぽん酢・・・適量
・かつお節・・・適量
『作り方』
①水洗いしたメキャベツを縦に切り、半分にする。
②切り口を上にして皿の上に花びらのように円形に並べる。
③ラップをかけて、電子レンジで2分間加熱する。(500W)
④ラップをはがし、お好みでぽん酢とかつお節をかけて完成。
【メキャベツの天ぷら】
『材料』
・メキャベツ
・天ぷら粉・・・適量
・水・・・適量
・揚げ油・・・適量
『作り方』
①水洗いしたメキャベツの芯の部分に、十字に切り込みを入れる。
②表面に薄力粉を軽くまぶしたあと、天ぷら衣を付けてキツネ色になるまで揚げる。
③竹串がスーっと通ればOK!
④そのままでも十分甘みがあっておいしく頂けますが、お好みで塩などをかけても美味。
※メキャベツは、みそ汁、カレー、雑煮、シチューに入れても良い。

 12/11の「谷原章介の25時ごはん」は、第二十七話「コスプレ界ナンバーワン美女は見た目も性格も華やかなプロだった」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20171130.html
*えなこ(コスプレイヤー)
・烏龍茶
【変幻自在の”コスプレ”ごはん烏龍茶メシ】(247kcal)
『材料』(2人分)
 米 3合、烏龍茶 450cc、昆布 10cm四方・1枚、ショウガ 1片、鶏モモ肉 200g、ゴボウ 中1/2本、油揚げ 適量、エリンギ 1/2パック、舞茸 1/2パック、しめじ 1/2パック、銀杏 10粒
①下ごしらえ
 舞茸 1/2パック、しめじ 1/2パックを食べやすいサイズに手でほぐす。
 エリンギ 1/2に切り込みを入れ、均等な厚さになるように手でほぐす。
 鶏モモ肉 200gを1.5cm角に切る。
 ゴボウ 中1/2をささがきにして、水にさらしてアクを抜く。
 ショウガ 1片を細切りにする。
②茶めし作り
 土鍋に入れた米 3合に、濃い目の烏龍茶 450ccを加える。
 塩 小1と1/2を入れる。
 酒で軽く拭いた昆布 10cm四方・1枚、薄口しょうゆ 大1、酒 大2を加える。
 土鍋に具材を入れる前に、ショウガの細切りを加える。烏龍茶と合わさることで、まろやかさとさっぱりな後味が足される。
 鶏モモ肉 200gとささがきにしたゴボウを加える。
 細切りにした油揚げ 適量を加える。
 下ごしらえしたキノコ類と銀杏10粒を加える。
 強火で約20分炊く。その後、10分間弱火にし、さらに10分間蒸らす。
 昆布を刻んで入れると、風味・。食感が増す。
 ネギ・すだちをお好みで。
《油そば専門店 歌志軒》
・油そば 並盛 630円(税込)
「夜のおとも」梅干し
・丙申年(ひのえさるとし)の梅「五福」1粒 3240円(税込)
 縁起が良いとされる申年に取れた南高梅を熟成させ、金箔を飾った日本一高価と言われる梅干。
・「フルーツ梅ぼし」2,592円(約17粒 税込)
 漬け込み時にモーツァルトの曲を流す音響熟成を利用。パリのミュシュラン認定レストランでも使用。

 「焼豚・煮豚通販-小豆島お肉の山下屋」より、楽天メール。「紅白豚合戦」!
 さあ!今年はどっち?当たると 直火焼豚310g もらえます!
https://item.rakuten.co.jp/yamashitaya/c/0000000519/?scid=rm_201838
 「TLC」より、メール。
【新春わんダフル宝くじ交換はこちら】
https://tlc.tokai.jp/wonderful2018
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「運気上昇タマゴの親子丼セット」の案内♪
 毎年恒例となりました、この企画!!
 実は、風水によると・・・大寒の日(2018年は1月20日)のタマゴを食べると、【運気が上昇】し【金運がアップ】すると言われているんです!!
 数年前、テレビなどでDr.コパさんが、「大寒のタマゴを食べると金運が上がる」と言ってから、毎年、たくさんのご注文をいただくようになりました。でも、これは風水に限ったことではなく、昔から、小寒の時期のタマゴは【寒卵】と言われ、厳しい寒さの中で生まれたため、たくさんのエネルギーが宿っているとされてきました!!
 だからその時期の玉子を食べると、風邪など引かずに元気に一年が過ごせると言われてきたんです。その中でも特にスゴイのが【大寒卵】。
 しかも、うちの自家鶏舎で育ったニワトリの卵は、普通に売っている卵とは ≪ モノが違います ≫!!
 何が違うかといいますと、その環境。窓のない密室鶏舎の中で、運動せずに育ったニワトリとは違い、うちの鶏舎は寒い風がビュービュー吹き込み、さらには広々とした屋外運動場もあって、のびのび放し飼い!!こういう、自然の環境の中だからこそ、うちのタマゴにはパワーが凝縮されるんです。白身にツヤ、張りがあり、黄身もしっかりとしていて甘みが濃厚!!餌もこだわっているから嫌な臭みがない!!
 今回は、その『大寒タマゴ』を、【水郷どりの親子丼セット】でお届けしちゃいます!!

https://m3.rakuten.co.jp/suigodori/taikanset/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/bps7v/1/76mi0/

ワイン 世界地図

 今朝のモーニングコーヒーは、「NESCAFE GOLD BLEND レギュラーソリュブル コーヒー」♪
レギュラーソリュブル コーヒー
 挽き豆包み製法
32杯分(65g)
”淹れたての香りと味わい”ネスカフェレギュラーソリュブルコーヒー
 微粉砕したコーヒー豆を包み込むネスカフェ独自の「挽き豆包み製法」が、コーヒー豆の酸化の原因となる空気に触れにくくし、いつでも1杯ずつ淹れたての上品な香りとマイルドな味わいをお届け。
ネスレ日本株式会社
神戸市中央区御幸通7-1-15
TEL 0120-00-5916

http://nestle.jp/

 仕事を、午前中で終え、有休をとって、区役所に行く。
 途中、銀行に寄る。年末とあって、混んでいた!
 ATMを何回も操作して、なかなか終わらない人がいると、並んで待っている人がいつまでも待たされる。複数の払い込みがあるのなら、窓口でやればいいのに・・・と、思ってしまう!

 区役所に行く。しまった!今日の午後やることをメモした紙を落としてしまった・・・ズボンの右ポケットに入れておいたんだけど、銀行でそのポケットに手袋を入れたんで、手袋を出した時に落としたな!?(いつもは、手袋をそんなところに入れないんですけどね・・・!)
 区役所で「マイナンバーカード」を受け取る。ええっ!!!???受け取るときに「マイナンバー通知カード」が必要なの???分かるようにハガキに書いておくれよ!!!

 スーパーに寄る。メモがないので、何を買うのか思い出しながら買う。売り出しの「刺身用びんちょうまぐろ」100g138円を2つ買う、それに「熟成本格キムチ」213円のところ半額で206円、「あく抜きこんにゃく」48円を買う。

ワイン 世界地図

 「吉野家」に寄り、「豚丼」(590kcal)330円を食べる。
 「うまい、やすい、はやい」がモットーのはずなのだが、「遅い、汁が少ない、肉が硬い」だった!!!
 JAFの割引券を使い、50円引きで、280円支払う。うっ???「WAON」が使えるの???ポイントが貯まるから、WAONで支払えばよかった・・・↓
https://www.yoshinoya.com/
「アンケートに答えてT-POINT当たる!!」
https://enq2.tsite.jp/ysn1

 ドラッグストアーに寄り、売り出しの「酢たこ 100g」321円、「レトルトカレー」2箱324円を買う。

ワイン 世界地図

 「TOTO BIG」と「LOTO 6」を買いましょう!
 先日の「TOTO BIG」で、570円頂いた。(ありがとうございます。)

 夕方は、昨日の残りのワインで一杯といきますか!

ワイン 世界地図

 おつまみは、今日、100g138円で買った「コートジボワール産 太平洋 刺身用びんちょうまぐろ」↑↑↑
 「コートジボワール」ってアフリカだよね。遠くから運んできたんだね!
 「おろし わさび」が付いている!
原材料名:本わさび、西洋わさび、食塩、食用植物油脂、食物繊維、ソルビット、加工澱粉、香辛料、酸化防止剤(V.C.)、酸味料、ミョウバン、着色料(紅花黄、クチナシ)
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

 それに、「キャベツと玉ネギの野菜サラダ」♪

ワイン 世界地図

 デザートは、頂いたチョコレート♪
Mary's White & Milk Chocolate
株式会社 メリーチョコレートカンパニー
東京都大田区大森西7-1-14

 ここで、2017年11月26日の朝刊「世界と日本 大図解シリーズ No.1330」の引用。
 生活に定着してきたワイン。フランスなど伝統的な産地に対し、近年、南米やオセアニア産の「新世界」ワインも出回り、人気となっています。日本では、チリからの輸入量が1位です。世界の現状を見てみましょう。
変化したワイン勢力図
 七千年とも八千年もといわれるワインの歴史は政治、文化、経済活動と深く関わりながら発展を続け、21世紀の今日、大きく変化しています。
 その一つが、ヨーロッパ中心であったワインが、新しい国々(ニューワールド)へと、生産・消費量ともに移っていることです。2000年にワイン界を驚かせたニュースは、何百年もの間フランスワインを愛し、ワインの品質や伝統には非常にうるさい国民性がある英国で、オーストラリアワインの輸入量がフランスワインを抜いたことでした。このことを契機に、ニューワールドのワインに対する考え方が国際的に改まりました。
 日本の輸入量を見ても、2000年にはフランス41%、イタリア20%などヨーロッパが75%近いシェアでしたが、16年には、EPAにより関税が下がり、チリが1位(29%)で、フランスは26%と落としています。生産量も、ヨーロッパは減り、チリ、オーストラリアなどは大きく伸びています。その上、中国は短期間でトップ10入りのワイン大国になり、世界のワイン生産地図は大きく変わり始めました。
 数字だけでなく、ワインのスタイルも変わり始めています。米国人が好んだ、樽の香りが強くアルコール分が高いワインが徐々に姿を消し、最近はフレッシュで調和の取れた柔らかいワインが主流を占めるようになりました。一方では、ワイン発祥の地とされるジョージアで7000年前から造られ、「オレンジワイン」と呼ばれる、皮を一緒に発酵させる白ワインが注目されるなど、古代のワインとブドウ品種を見直す生産者も現れています。
 各国のおいしいワインを楽しめる日本ですが、だからこそ、ワイン選びに悩んでしまうことが多いと思います。まずは自分の好きなブドウ品種を見つけること。そして、生産地のとらわれず、新しいワインに挑戦してみることです。ワインアンドスピリッツ文化協会では、女性によるアジア最大級のワインコンペ”SAKURA” Japan Women's Wine Awardsを開催しています。ボトルに桜のシールが貼られているのは受賞ワインです。ワイン選びに役立てば幸いです。
(田辺 由実:ワインアンドスピリッツ文化協会理事長)
【日本の輸入量推移(国別)】
チリ躍進の一因にEPA
 チリワインは近年、品質が向上しているうえ、日本とチリの経済連携協定(EPA)で関税が撤廃に向け段階的に下がっているため、輸入が急増。手ごろな価格が消費者に受け入れられている。一方、欧州ワインの関税も、大枠合意した日本・欧州連合(EU)EPAが発効すれば、即時撤廃となる。
・1972年 第1次ブーム
・1978年 第2次ブーム
・1981年 第3次ブーム
・1987~90年 第4次ブーム
 ボージョレ・ヌーボー大ブーム。円高で輸入ワインも多く流通
・1994年 第5次ブーム
 低価格のワインが登場。気軽に飲む対象に
・1997~98年 第6次ブーム
 ポリフェノールが注目され、赤ワインブーム
・2012年~ 第7次ブーム
 ワイン飲用文化が浸透。輸入低価格ワイン市場拡大
*関税 2L以下の容器入りにしたぶどう酒(スパークリング、強化ぶどう酒除く)2017年11月現在
・通常(EPA未締結国など)
 15%または1Lあたり125円のうち低い方の税率。67円/Lを下回る場合は67円/L
・チリ
 2.3%または125円/Lのうち低い方の税率
・オーストラリア
 7.5%(その率が125円/Lより高いときは125円/L、33.5円/Lより低いときは33.5円/L
「1L1000円で輸入の場合」
 通常 125円、チリ 23円、オーストラリア 75円
「日本の輸入量」
・1位 チリ
・2位 フランス
・3位 イタリア
・4位 スペイン
・5位 オーストラリア
「日本の輸入額」
・1位 フランス
・2位 チリ
・3位 イタリア
・4位 米国
・5位 スペイン

【生産量 世界では2467万kl】
 生産量は近年、ほど横ばい。2017年は西ヨーロッパの天候不順の影響もあり、推計2467万KLと、前年より減少。他方、ロゼ、スパークリングは増加傾向にある。
「ワインベルト」
 北緯30°~北緯50°
*フランス(France)
 2017年の生産量は世界第2位。2016年の輸出量は第3位。ボルドー、ブルゴーニュの名城地をはじめ、南部の産地の品質が上がっている
・ボルドー
 赤が多い。奥行きのある味わいのワインができる。メルロ、カベルネ・ソーヴィニョンなど品種をさまざまにブレンド。
・ブルゴーニュ
 赤はピノ・ノワール、ガメイ、白はシャルドネが主体。ほとんど単一品種でつくる。
*スペイン(Spain)
 生産量世界第3位。ブドウ栽培面積とワイン輸出量が世界一。赤の代表品種は固有種「テンプラニーリョ」。スパイスやラズベリーの香りを備えたコクのある深い色のワインができる。
*ドイツ(Germany)
 生産量、輸出量とも上位だが、それ以上に輸入量が世界一の国。ライン川沿いの南西部と東部に一部産地がある。生産は白が多く、辛口がメイン。代表品種はリースリング
*イタリア(Italy)
 2017年の生産量は世界一。2016年の輸出量は第2位。20州全てでワインが生産されており、高品質ワインから日常ワインと味わいの幅が広く、赤と白がほぼ同じ量
*日本(Japan)
 国産は消費量のうち、約3割。約280のワイナリーがあり、山梨県を中心に全国に広がっている。固有品種の「甲州」(白)、「マスカット・ベリーA」(赤)がOIVのワイン原料品種に登録
「日本ワイン」表示へ
 国産ブドウだけを原料に、国内で製造されたワインが「日本ワイン」。日本で飲まれるワインの4%弱にあたる。2018年秋から、「日本ワイン」表示が適用される。
*米国(USA)
 約9割がカリフォルニア産で、州北部はカルト・ワインといわれる超高級ワインの産地。ボルドー原産の品種をブレンドする「メリテージ」も特徴。10月、大規模な山火事が発生。影響が懸念される
「ワインベルト」
 南緯30°~南緯50°
*南アフリカ(South Africa)
 国の南西端、ケープ地域が主要産地。赤の独自品種「ピノタージュ」も多く用いられる。ベリー系の酸味とフルーティーな香りのワインになる。
*オーストラリア(Australia)
 生産量、輸出量とも世界5位。大手ワイナリーがシェアを占めていたが、近年、小規模ワイナリーが激増。シラーズを持敷いた赤が知られる。
*ニュージーランド(New Zealand)
 白が多めで、ソーヴィニョン・ブランが代表的品種。生産量の7割が輸出用
*チリ(Chile)
 急速にワイン大国に成長。赤が多め。主要品種はカベルネ・ソーヴィニョンで、飲みやすい「チリ・カベ」と呼ばれるワインが広まった。最近はブレンドによる高級ワインもつくられている
*アルゼンチン(Argentina)
 アンデス山脈の裾野中心に産地が広がる。赤の代表的品種は、フランスからもたらされた「マルベック」。力強いタンニンと深い色合いの濃密なワインができる

【栽培に適する環境・条件】
・日照時間
 1000~1500時間
・降雨量
 年間500~900mm
・平均気温
 10~16度
 北緯・南緯30~50度が該当
・土壌
 水はけがよい

【主な品種】
*赤ワイン
・カベルネ・ソーヴィニョン
 深みのある色と独特な香りがあり、腰が強く酸味とタンニンが豊かな長期熟成型ワインができる
・メルロ
 こくがある。カベルネ・ソーヴィニョウンよりもタンニンは穏やかで、まろやかな口当たり
・シラー/シラーズ
 色が濃く、タンニンが多い。こくがあり、力強い
・ピノ・ノワール
 色は薄め。繊細さと力強さを兼ね備えたワイン
*白ワイン
・シャルドネ
 こくのある、腰の強い辛口ワインになる。風味が産地や製法でさまざまになる
・ソーヴィニョン・ブラン
 独自の青々とした香りがあり、産地により柑橘系やハーブなど特徴的な香りを持つワインになる
・リースリング
 耐寒性がある。酸味があり、香り高く軽めのワインができる

本日のカウント
本日の歩数:7,278歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:?(メモを落としました!)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「LES MURAILLES BORDEAUX」、そして「いわしのごま漬」 | トップページ | 「萩乃露」、そして「おせちの準備をしましょう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66198810

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン 世界地図:

« 「LES MURAILLES BORDEAUX」、そして「いわしのごま漬」 | トップページ | 「萩乃露」、そして「おせちの準備をしましょう」 »