« はじめてでも失敗しない おせちの定番 | トップページ | 「丹波の黒豆収穫」、そして「真二郎のお手軽カフェごはん「体が温まる料理」」 »

2017年12月28日 (木)

「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 こういうなぞなぞがある。ガラスのコップに一度入れたら、取れなくなるものは、何か? 答えは、ひび
▼ガラスは人類が五千年ほど前から作り続けている、付き合いの長い素材だ。割れにくいガラスを職人や研究者たちは営々と追い求めてきたが、常識破りのガラスが見つかったようだ。「割れにくい」のではなく、「割れても、くっつく」という摩訶(まか)不思議なガラスが生まれたというのだ
▼東京大学の相田卓三教授らの研究チームが開発したのは、「自己修復ガラス」。タンパク質など生体分子同士をくっつける「のり」づくりに取り組んでいた柳沢佑さん(33)が、ポリエーテルチオ尿素なる樹脂を溶かし固める実験を繰り返していて見つけたという
▼透明な板にしたこの樹脂を割り、断面を密着させて数時間おけば切り傷が自然に癒えるように、ひとりでに接着してしまう。世界初という常識破りのガラスだ
▼実はガラスとは摩訶不思議なものだそうだ。「ガラスは固体か液体か?」と問えば、「固体に決まっている!」と言われそうだが、事はそう単純ではない。その分子の並び方は液体のように無秩序で、しかも長い長い時間軸で見れば、分子が液体のように動くらしいのだ
▼どう見ても固体なのに、液体のようでもある。そういう、なぞなぞのような性質を持つガラスだからこそ、常識を覆す発明も生まれるのだろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017122802000107.html

 昨日のテレビ「昼めし旅」は、「山口県 下関市」。10/5の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1101962/
 トラフグ、唐戸市場、フグ鍋、フグ刺し
「南風泊市場」
*袋せり
 黒い袋の中で指の握り方で値段を伝える。
 ええか、ええか、どーか
 千の位で2本握って2000円、百の位で3本握って300円。これで2300円。
《株式会社 道中》
※フグを捌く場所、毒を処理するゴミ業者を保健所に届けを提出しなければならない。
*皮の部分 湯引き→ポン酢
*アラの部分 鍋のダシ
*身の部分 唐揚げ、刺身
※一般の人に捌く前のフグを1匹売ることは法律上禁止。
・トラフグの味噌汁
・アジ炙り焼き丼
①アジを三枚におろし、塩を振る。
②バーナーで炙る。
③ご飯の上に大葉を散らし、アジをのせる。刻んだミョウガを散らす。
・トラフグの刺身

 「食べるが一番!小島よしおの旨いもん探し」は、「天国の味!銀座の絶品シチュー」。
https://ameblo.jp/yoshiooyoshi/entry-11016442385.html
《elbe(エルベ)》
東京都中央区銀座3-13-17 山田ビル1F
・ぶくぶくのシチュー ミックス(玉子入り)
①茹でたたまねぎ、にんじん、じゃがいも、牛タン、ビーフ(牛バラ肉)にデミソースをかけ、5分火にかける。
②卵を入れ、蓋をする。半熟で出す。

「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「16周年記念福袋」が、5,000円♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/syofuku/?scid=rm_197493

 パソコンに、ウイルスが送られてきた。こんなものを送って何が楽しいのかねぇ~?
■ウイルスを検出したメールの情報
 送信元アドレス:
discomfitureh41@docomo.ne.jp
■検出したウイルス
 ウイルス名  :『"VBA/Agent.FRG!tr.dldr"』
 検出ファイル名:『"12.17_fmv.xls"』

 職場のパソコンに「楽天カード株式会社」から「カード利用のお知らせ」なるメールが届いた。楽天カードなんて持っていないよ!!!
 こりゃまた、迷惑なメールだね!!!
info@mail.rakuten-card.co.jp
 楽天カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 お客様のカード利用情報が弊社に新たに登録されましたのでご案内いたします。カード利用お知らせメールは、加盟店から楽天カードのご利用データが弊社に到着した原則2営業日後にご指定のメールアドレスへ通知するサービスです。
2017/12/27
Edyチャージ
1回
1,000 円
2017/12
5 ポイント
2017/12
リボ払い変更可能合計金額
1,000 円
ポイント合計
5 ポイント
このメールアドレスは配信専用です。お問い合わせの際は│楽天e-NAVI メンテナンス情報
発行元 楽天カード株式会社

https://www.rakuten-card.co.jp/
Rakuten Card Co., Ltd.

 昼食に、「『骨付鳥』と『讃岐うどん』、四国香川の2大郷土料理が食べられるお店」「釜焼鳥本舗おやひなや 浜松店」に昼食に行く。
 木曜日だから「唐揚げ」が800円で食べ放題のはずだ。でも、800円も支払ったら、普通に唐揚げを満腹にたべられるなぁ~と思い、方針変更!!!
四国郷土料理専門店 毎週木曜日はからあげ食べ放題
 塩コショウ・ガーリックなど10種類以上の秘伝のスパイスに鶏ももを一晩漬け込み、専用の釜でカリッと焼き上げた骨付き鶏が自慢。
 からあげ食べ放題ランチは800円。
「釜焼鳥本舗 おやひなや」
静岡県浜松市西区雄踏1-12-26
TEL 053-401-3233
営 11:00~15:00、17:00~22:00

https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22030977/

「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 方針変更で、「吉野家」に行き、「牛丼」(並)380円。669kcalを食べる。
 Tポイントを80ポイント使って、残り、300円。「WAON」で支払おうとしたら、できませんでした!???ポイントを使ったから、WAONの支払いができないという・・・じゃあ、JAFの割引を使ったらどうなんだろう?WAONがつかえないのかな???
「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 スタンプが7つ溜まったので、お茶碗をもらう。
https://www.yoshinoya.com/
容器&包装ダイエット宣言
 吉野家は環境保全のため、弁当容器、弁当袋などの容器包装軽量化に取り組んでおります。

http://www.diet-youki.jp/

 「イオン(ジャスコ)」に寄り、「KALDI」で「たかの お供え餅」108円を買う。
https://www.kaldi.co.jp/
 食品売り場で、「納豆」48円、「純輝鶏炭火焼16Y」397円のところ324円、「伊藤ハム パラストミビーフ」429円のところ32円を買う。
 イオンって、賞味期限が近いものでもあまり値引きがないんだよね・・・。
http://www.aeonretail.jp/

 「ベイシア」に行く。「にしん塩焼」213円、「木綿豆腐」38円を買う。
https://www.beisia.co.jp/

 「カインズホーム」に行き、門松用の「若松」298円を買う。
http://www.cainz.com/shop/

 風が強いね。

「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 帰宅して、カインズホームで買った門松を飾る。買ったものは、両方とも雄松なんです。雌松はあまり見かけないね・・・。
 そして、神棚を掃除しお札を替える。
「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 さらに、お供え餅をひんぜる。
”よい年でありますように・・・”
 お伊勢さま(伊勢神宮)は総氏神と尊ばれ親しまれている「皇大神宮(こうたいじんぐう)」(天照大御神:あまてらすおおみかみ)を中心としたお宮です。二千年の歴史を持つお伊勢さまのお神札(ふだ)(神宮大麻:じんぐうたいま)と地域を守る氏神さま・鎮守さまのお神札は、年ごとに皆様の幸せを祈念してお手元に配られています。
横に並べてまつる場合
「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

重ねてまつる場合
「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

供えの例
「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

◎一年間お守りいただいたお神札は感謝をこめて、氏神さま・鎮守さまに納めましょう。
「神宮司庁」
伊勢市宇治館町1
TEL 0596-24-1111

http://www.isejingu.or.jp/
「神社本庁 全国神社総代会」
渋谷区代々木1-1-2
TEL 03-3379-8011

http://www.jinjahoncho.or.jp/

 ここで、門松の飾り方!
 門松は、クリスマスが終わってから28日頃までに飾るようになっています。
 29日は「苦が待つ(末)」という事から避けられ、また31日では「一夜飾り」となって神様に大変失礼とされています。
 このような事から、28日まで飾る事が出来なかった場合は、30日に飾るのがよいとされています。
 門松を下げるのは「松の内」と呼ばれる1月7日まで、とされています。しかしこれは地域性があり「松の内」が1月15日までの地域の場合は1月15日まで飾っている場合もあるようです。

https://sk-imedia.com/syougatukazari-3605.html
 雄松と雌松の左右一対が正しい飾り方です。
https://tokosie-jouhou.net/3477.html
https://asukainfo.com/kadomatu-kazarikata
「門松」
 左は男性を象徴し、右は女性を象徴することになります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1020741760

「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 夕方は、今日買った「にしん塩焼き」で一杯♪
100g当たり248kcal

「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 デザートは頂いたお菓子♪
豆大福 せんべい
三幸製菓株式会社

 2017年12月24日の「大庭英子のおいしい家ごはん」は、【昆布巻】(297kcal)。
体が「よろこぶ」薄味
 2種類の具でリッチに。家庭では薄味に作れるのも魅力です。
『材料』(4人分・18本)
・日高昆布・・・26cm長さ×6本
・生ザケ(長さ10cm×1.5cm角の棒状)・・・5切れ
・豚モモ肉(長さ10cm×1.5cm角の棒状)・・・4切れ
・ショウガ・・・大1かけ
・塩・・・適量
・カンピョウ・・・約4m(30g)
・昆布のもどし汁・・・3と1/2カップ
・酒・みりん・・・各大さじ4
・砂糖・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ5~6
①昆布をもどす 
 日高昆布はバットに入れ、4カップほどの水を注ぐ。途中で上下を返しながら、30分ほどひたす。
②カンピョウをもどす 
 カンピョウは水で洗い、さらに塩小さじ1をふってもみ、水で塩を洗い落とす。水に約10分ひたして軟らかくもどし、水気を絞って20cmほどの長さに切っておく。
③具材を切る 
 生ザケ、豚モモ肉はそれぞれ1.5cm角の棒状に切る。ショウガは長いせん切りにする。
④昆布で巻く 
「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」

 (1)の昆布は、1本を3等分の長さ(=(3)の具材の長さ)に切る。
 昆布をまな板に縦長に置き、手前に生ザケ、ショウガのせん切り少々をのせて巻く。さらにもう1枚の昆布で巻き(二重巻きにする)、カンピョウで2カ所を結ぶ。昆布巻きは煮るとふくらむので、ゆるめに結ぶ。
 残りの生ザケ、豚肉も同じようにショウガのせん切りとともに昆布で巻き、カンピョウで結ぶ。
⑤煮る 
 鍋に昆布巻きを並べ、昆布のもどし汁を入れて中火にかける。煮立ってきたら調味料を加え、再び煮立ってきたら、フタをして弱火で20~30分煮る。そのまま冷まして味を含める。
⑥切りそろえる 
 両端を切り落とし、長さを半分に切って器に盛る。保存する場合は切らずに、煮汁につけたまま冷蔵庫へ。食べるときに煮汁ごと鍋で温め、切って器に盛る。
《わたしの台所》
 「養老昆布」「よろこぶ」とイメージされて、不老長寿とお祝いの縁起物とされる昆布。一年のしめくくりに、そして新しい年の門出に、昆布巻きを作って味わいましょう。
 日高昆布で作ります。日高昆布は細めで、煮上がりが早いことから「早煮昆布」の別名でも売られているもの。おでんに入っている昆布です。だしを引くための真昆布、利尻昆布、羅臼昆布とは別物なので、ご注意を。
 昆布と相性のよいサケや豚肉を巻き、ショウガも入れて、すっきりとした味に仕上げるのが私流。昆布の薄くなっている側が芯に来るように巻きます。また、昆布がたっぷりのほうがおいしいので、二重巻きにするのもコツです。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20171226iegohan.html

本日のカウント
本日の歩数:10,016歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« はじめてでも失敗しない おせちの定番 | トップページ | 「丹波の黒豆収穫」、そして「真二郎のお手軽カフェごはん「体が温まる料理」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66209239

この記事へのトラックバック一覧です: 「お正月準備」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-4)「昆布巻」:

« はじめてでも失敗しない おせちの定番 | トップページ | 「丹波の黒豆収穫」、そして「真二郎のお手軽カフェごはん「体が温まる料理」」 »