« さしすせそで 作り置き煮物 | トップページ | ジャスティス・リーグ(JUSTiCE LEAGUE) »

2017年11月22日 (水)

富山県南砺市 五箇山・合掌造り集落

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 水からガソリンをつくる。そう聞けば、だれもがばかなとおっしゃるだろうが、この詐欺に引っかかりそうになったのが、旧帝国海軍である。山本一生さんの『水を石油に変える人』(文芸春秋)に詳しい
▼詐欺の触れ込みによれば「水に七種類の薬品を一定の間隔で投入、五十度まで加熱するとガソリンに変化する」。一九三九(昭和十四)年一月、海軍省での実験では水だったはずの液体がライターの火で燃え上がったという
▼もちろん、すり替えによる「神業」。見破られて御用になったが、海軍をおこわにかけようとはおそれいる。海軍もそれほどガソリンの入手に悩んでいたか
▼「コーヒーでバスを走らせる」。この話も…とつい身構えたくなるが、本当らしい。コーヒーを抽出した後に残る豆のかすを使った燃料の開発に英国の会社が成功したそうだ
▼捨てれば、メタンガスや二酸化炭素(CO2)を発生させる豆のかすを再利用。ロンドン交通当局はこの燃料を採用し名物の赤い二階建てバスを走らせるそうでこの燃料なら、排出されるCO2の量は従来に比較して10~15%削減できるというからコーヒーのせいではなく、目が覚める
▼<一杯のコーヒーから夢の花咲くこともある>。「一杯のコーヒーから」。省エネ、排ガス抑制の知恵と成果が頼もしく、つい口ずさむ。海軍がだまされかけた三九年の流行歌である。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017112202000106.html

 今日は、11月22日、「いい夫婦の日」。
【フライパンブイヤベース】(261kcal)
11/22 いい夫婦の日に
『材料』(2人分)
・赤えび(殻付き)・・・大4尾
・たら・・・2切れ
・あさり(砂抜きしたもの)・・・300g
・トマト・・・大1個
・たまねぎ(薄切り)・・・1/2個分
・にんにく(薄切り)・・・1かけ分
・セロリ・・・1本
・オリーブ油・・・大さじ1
・カレー粉・・・小さじ1
・白ワイン・・・1/3カップ
・A
 水・・・2と1/2カップ
 塩・・・小さじ1/3
 こしょう・・・少々
『作り方』
①赤えびは背わたを取り、ひげが長ければ適当な長さに切る。たらは大きめのひと口大に切る。
②トマトはざく切りにする。セロリは茎は薄切りに、葉はざく切りにする。
③フライパンにオリーブ油を中火で熱し、たまねぎ、にんにく、セロリを入れ、弱めの中火で2~3分、しんなりするまで炒める。
④①を加えて炒め合わせ、カレー粉をふってさらに炒め、白ワインを注ぐ。中火で煮立て、トマト、A、あさりを加え、あさりの口が開くまで3~4分煮る。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「人気温泉地 湯河原 さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/656914/
<山本農園>
*極早生みかん
・食べ放題 400円
♪ 人生の空から 松山千春(1980年)
《餃子のゆがわら一番亭》昭和26年創業
・坦々やきそば 896円 (湯河原名物)
※タヌキが湯河原の温泉を発見した伝説があり、「たんたんなぬきの・・・♪」から考案された。
<かぼちゃ 美術館 かぼちゃカフェ>
*草間彌生
・入館料 1,000円
・かぼちゃ(RYSQ)(1998年 65/120)
・PUMPKIN yellow (2006年 4/8)
・上海南瓜 (2010年 2/200)
♪ 一円玉の旅がらす 晴山 さおり(1990年)
《日帰り温泉 ゆとろ嵯峨沢の湯》
☆海鮮丼 1,944円
☆金目鯛煮付け定食 2,160円
*神奈川県下公認1号飲泉
・日帰り入浴 1,350円

 「昼めし旅」は、「徳島県 海陽町」。8/31の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1092163/
 阿波踊り、生産量日本一 阿波尾鶏(だんだんファーム 吉宇農場)
<川内さん>
・鶏のカリカリせんべいの甘辛焼
①阿波尾鶏の皮をフライパンで焼く。油はしかない。(30分ほどカリカリになるまで。)
②油を落とし、醤油とみりんで味付け。
・阿波尾鶏のちゃんちゃん焼き風
①タマネギ、キャベツ、ピーマン、マイタケの上に、味噌で一晩漬けた阿波尾鶏のむね肉をのせる。
②20分ほど蒸し焼きにする。
・阿波尾鶏のサラダ
①むね肉、ところてん。ゆず酢で味付け
・べろべろ
①寒天の中にそうめん、たまご、ネギを入れて固めたそうめんの煮凝り。
<笠原さん>
・阿波尾鶏の塩焼き
①阿波尾鶏に塩、コショウをする。フライパンに油をしき、焼く。
②ふたをして15分蒸し焼きにする。
・カツオのお刺身
・パプリカのサラダ

 「釜庄」より、楽天メール。プレゼントが当たる店長ブログ!
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kamasho/diary/detail/201711170000/?scid=rm_192960

 「[三井住友銀行] ValueDoor電子認証設定のお願い」なんてメールが送られてきた・・・怪しい!!!
差出人 : e-biz_info@dn.smbc.co.jp
【ValueDoorID】  0866612558
【有効期限】    2017年11月27日まで

http://mc.racllctc.com/knnu50leac891Zz3/tfhmj0338lvfzjazztqo7881/nhvdvai836
1.管理専用IDにてログイン
2.「利用者IDの管理」>「IDの照会」メニュー
 もしくは「管理専用IDの管理」>「IDの照会」メニューをクリック
3.ValueDoorID一覧から上記ValueDoorIDの電子認証ダウンロードIDを確認
4.対象者さまにダウンロードIDを通知
※申込書でお手続きされた場合は、先般、管理者さまあてに郵送いたしました『「ValueDoor」契約登録のお知らせ』でもご確認いただけます。
2017/10/20
           三井住友銀行
□三井住友銀行のValueDoor電子認証センター□
電話番号 0120-115-166
受付時間 9:00~19:00(銀行休業日を除く、月~金曜日)

 「ウイルスメール」も送られてきた・・・↓
送信元アドレス:
kunio@jpntrust.co.jp
ウイルス名  :『"WM/Agent.2EA16!tr.dldr"』
検出ファイル名:『"=?iso-2022-jp?B?GyRCJCo/Njl+OH06QkpROTkkTiQ0TyJNbRsoQg==?=.doc"』

 今日の仕事・・・。
 「視覚認知」の弱い子は、「聴覚」が良くなるのは常なることでしょう・・・仕事のできる方々が、なぜそんなこと分からないのですか!!!???

 仕事を定時に終え、帰宅。
 昨日の残りのおでんで一杯♪
 さらに、「魚肉ソーセージと野菜(キャベツ、タマネギ)の炒め物♪

 ここで、2017年10月9日の朝刊「中部 おでかけガイド 記者 みてある記」より、「富山県南砺市 五箇山・合掌造り集落」の引用♪
世界遺産の宿に泊まる
 合掌造りで知られる富山県南砺市の五箇山。山や棚田といった豊かな自然に恵まれた相倉集落で、築220年、地域最大規模(高さ11m)の合掌造りの家に宿泊できると聞き、訪ねてみた・
(地方部・上原梨花)
 「世界遺産の建物に泊まれるのは、日本では白川郷と相倉集落ぐらいではないでしょうか」。そう話すのは合掌造りの宿「庄七」の宿主で、南砺市観光協会五箇山支部長を務める池端良公さん(57)。
 一階にはいろりのある24畳の居間と四つの客室があり、屋根裏が二、三階部分に当たる。屋根は「合掌」と呼ばれる二本の柱を山形に組み合わせた切り妻造り。冬の豪雪に耐えられるように、屋根は60度に近い急勾配。屋根のカヤは15年に一度ふき替える。
 屋根裏を特別に見せてもらった。合掌はくぎを使わず、縄と木の繊維で縛っているのが確認できる。いろりの煙で長年いぶされ、表面は真っ黒。煙には防虫効果があり、縄の強度も増すという。
 合掌造りは厳しい自然への適応に加え、家庭内産業の効率化を追求した結果だという。かつでは天井裏で養蚕、一階の土間で和紙作り、床下では加賀藩に納める鉄砲用の煙硝作りが行われていた。養蚕には光と風が必要なため、大きな窓のとれる切り妻造りになり、床下は作業しやすいよう高床になった。
 日本の原風景-。合掌造りの家を案内されながら、そんな言葉が頭に浮かんだ。庄七には毎年、国内からの観光客のほか、台湾やフランスなど約30の国と地域の外国人客が宿泊に訪れるという。「大都市にはない何かを求めているのかもしれません」と池端さん。
 夜、ぱちぱちと炭火が燃えるいろりを囲み、母きよさん(82)が腕を振るった夕飯をいただいく。「五箇山の山の幸、川の幸ばかり。自信を持って出せる」。いろりでじっくり焼いたイワナは、頭から骨ごと食べられる。ヤマウドのゴマあえやワラビの酢の物は懐かしい味。堅さが自慢の五箇山豆腐は、かみしめるとうま味が染み出る。
 夕飯後、集落内の神社で、地元保存会による民謡ライブ(不定期開催)を鑑賞した。平家の落人伝説を元にした「麦屋節」の歌詞が境内に響く。「アユは瀬につく 鳥は木に止まる 人は情の下に住む」
 五箇山の相倉集落は人が暮らす珍しい世界遺産だ。合掌造りに魅せられるのは、先人の歴史が脈々と受け継がれ、今も人々の生活と人情が息づいているからだろう。
 宿に戻り布団に潜ると、窓越しに都会にはない濃い闇が見えた。ジージーと虫の音だけが聞こえ、夜がひっそりと更けていく。
 「庄七」は1泊2食付きで1万2千円~。
問 0763(66)2206
「グルメ」
 「味処 高千代」は、猟師の店主・高桑四郎(60)が作るジビエ料理で有名だ。「五箇山の春祭りで振る舞われる熊汁は、地域の古くからのごちそうでした」と高桑さん。「五箇山の郷土料理として味わってほしい」という。
 名物の熊鍋(1700円)は、木の実を食べた熊の脂がしょうゆベースのスープに溶け出し、コクとうま味が口いっぱいに広がる。締めの雑炊(プラス300円)も絶品だ。
 鹿は表面をあぶってタタキ(1000円)にし、ニンニク入りのポン酢で食す。おいしい胸肉の部位だけを使ったキジ刺し(1000円)は優しい味。
 不定休。
問 0763(67)3118
「移住者集める魅力」
 合掌造りの魅力はIターン、Uターンの移住者を生み出している。会社員の相田慶一さん(38)一家は、相倉集落が2012年に実施した「世界遺産に住まんまい家(け)プロジェクト」に応募し、茨城県つくば市から移り住んだ。妻のさほりさん(36)は「世界の宝物を守る一翼を担っていることに誇りを感じています」。
 中島加菜恵さん(37)は金沢市の専門学校を卒業後、相倉集落の祖母の元に養女に入り、富山県高岡市出身の団体職員の夫・仁司さん(37)と合掌造りの家で暮らす。仁司さんは「住民の皆さんは昔話を昨日の出来事のように語ってくれる。ここでの生活は、どれをとっても新鮮で驚かされることの連続です」と話す。
「あらかると」
 2014年12月に五箇山初のゲストハウスとしてオープンした「YAMASHITA-YA(やましたや)」。ドミトリー(相部屋)であれば一人1泊3000円で素泊まりでき、若者や外国人の長期旅行者に人気だ。
 宿を営む山本さと栄さん(50)は「安価な宿があるからと、五箇山を観光の選択肢に新たに加えてくれた人もいる。観光のきっかけをつくれたのならうれしい」と話す。
 外国人客には山本さんが英語で観光の相談にも乗る。畳敷きのラウンジでは、ちゃぶ台でテレビを見ながらのんびりくつろげ、客同士で会話も弾む。バースペースでは地酒も楽しめる。
 男女共同または女性専用のドミトリーのほか、個室(1~6名)もある。
問 0763(77)3264
「アクセス」
 JR城端駅からバスで25分、相倉口下車。もしくはJR高岡駅から世界遺産バスで1時間20分、相倉口下車。車の場合は、東海北陸自動車道五箇山インターチェンジ(IC)から15分。JR名古屋駅やJR金沢駅から五箇山までの高速バスもある。
「取材後記」
 奥深い山々に囲まれた五箇山は、かつては1年の半分が雪で閉ざされた秘境だった。厳しい自然の中で人々は助け合い、新緑が芽吹く春の訪れを、手を取り合って喜んだという。今も人と人の距離は近く、中島仁司さんは集落の住人たちを「わが子のように話を聞き、本気で叱り、褒めてくれる父と母」と例える。五箇山の美しい景観と人々の温かさに触れ、また訪れたくなった。

本日のカウント
本日の歩数:6,222歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« さしすせそで 作り置き煮物 | トップページ | ジャスティス・リーグ(JUSTiCE LEAGUE) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山県南砺市 五箇山・合掌造り集落:

« さしすせそで 作り置き煮物 | トップページ | ジャスティス・リーグ(JUSTiCE LEAGUE) »