« <食卓ものがたり> ギンナン | トップページ | 脱定番で秋を味わう「サツマイモ料理」 »

2017年11月 9日 (木)

「いただきます 秋の煮もの」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 一九九四年に天皇皇后両陛下が訪仏された際、ミッテラン大統領主催の歓迎晩餐(ばんさん)会では、こんな料理が供された。<前菜・ホタテのソテー、温製のカキ添え 主菜・仔鴨(こがも)のポワレの蜂蜜風味、いちじく添え…>
▼前菜は、海の幸豊かな日本を意識したもの。主菜は、仔鴨を焼き上げながら蜂蜜のソースを塗り重ねる料理で、醤油(しょうゆ)を隠し味に使ったというから、まことに粋な「食の外交」である(西川恵著『エリゼ宮の食卓』)
▼さて、アジア歴訪中のトランプ大統領をもてなす料理と言えば…。日本の夕食会で供されたのは<マツタケの茶碗(ちゃわん)蒸しに伊勢エビサラダ、佐賀牛のステーキに五目ご飯…>で、次に訪問した韓国では<焼きカレイにマツタケの釜飯、カルビの焼き肉にエビのチャプチェ…>
▼マツタケにエビ、ご飯…と、日韓の文化の近さと違いをトランプ氏がその舌で理解してくれたのなら幸いだが、韓国が夕食会で、日韓が領有権で対立する竹島近海産の「独島(トクト)エビ」を使ったのは、いささか無粋な味付けだろう
▼ただし、カルビの味付けは興味深い。隠し味は、三百六十年前から醸し続けられてきたという醤油。米建国の立役者フランクリンの父親が生まれた年からの伝統を誇る味だという
▼フランクリン曰(いわ)く、<良い戦争などというものはない。悪い平和がないように>。そんな隠し味が効いていたのか、どうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017110902000112.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「見頃!紅葉シーズン 日光さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/652868/
 日光東照宮、陽明門
「東武日光駅前」
♪ 男の子女の子 郷ひろみ(1972年)
《さかえや》
・揚げ湯波まんじゅう 200円
《Beetle Cafe》
♪ EL DORADO 聖飢魔II(1986年)
♪ FIRE AFTER FIRE 聖飢魔II(1986年)
<神橋>
《かまや カフェ・デュ・レヴァベール》
・NIKKO丼(Mサイズ) 1,820円
(前日光和牛のローストビーフ、湯波の煮付け、温泉玉子)
<霧降の滝>
<大谷川>
♪ シンシア よしだたくろう・かまやつひろし(1974年)
<日光木彫りの里>
*日光下駄:
 竹で編んだわらじを板に付けた物。歯の形も色々ある。
・御免下駄
※日光下駄飛ばし大会

 「昼めし旅」は、「千葉県 勝浦市」。8/21の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1089394/
 勝浦朝市(日本三大朝市)、勝浦タンタン麺、担々麺 800円(江ざわ)
《鈴八》創業57年、魚介類加工販売
・サバの塩焼き
・イカの塩辛
・唐辛子味噌
①青唐辛子をマジックブレッドに入れ、みじん切りにする。
②ごま油を熱し、刻んだ青唐辛子、ニンニク、白味噌、合わせ味噌を入れ、炒める。
<TAKEOKA>
(《今井鮮魚店》ハマチ、シッタカ、アジ)
※さんが:
 たたいた魚と味噌を合わせ、焼いた漁師めし
・アジのさんが
①アジ、ショウガ、大葉、味噌を合わせ、たたく。
②そぼろのようにパラパラになるまで油で炒める。
③ごま油、醤油を落とす。
・ハマチの刺身
・シッタカの塩ゆで
・アサリの味噌汁

 「生協」より、メール。
絶品、冬の味「カニ」を【ザ グラン リゾート】で!
・通常の「和み会席」「特撰料理長おすすめ会席」料金でたっぷりのカニをご用意!
・提供期間  11月6日~3月31日
・提供ホテル 富士河口湖、熱海、伊豆、他計11カ所(詳しくは生協HPをご覧ください。) 
・料金    大人1泊2食 和み会席付12,960円~、特撰料理長おすすめ会席付18,360円~
・ご予約   HPより予約画面にアクセス。
           (ご利用1ヶ月前より予約出来ます。)

https://www.kyousyokuin-seikyo.com/ 
 「サッポロ」より、メール。
 「SAPPORO OVER QUALITY」の感想をお聞かせください、抽選で100名様に「サッポロ生ビール黒ラベル」をプレゼント!
 いつもの1杯を感動レベルにまで昇華するため、全国の超絶景にグラマラスなアウトドアシーンを作り上げる、それが「SAPPORO OVER QUALITY」!SAPPORO OVER QUALITYをご覧いただき、アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で100名様に「サッポロ生ビール黒ラベル」350ml缶×24本をプレゼント!

http://d.sapporobeer.jp/c/aggRaouaiy1Gy8ae
 「アサヒビール」より、メール。
「今週のうまい」ズバうま!おつまみレシピ
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/search/recipe.psp.html?CODE=0000001125
「家のみ酒とも日記」
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/column/vol-058/
 「煮豚通販-小豆島お肉の山下屋」より、楽天メール。「クリスマス特集」↑↑↑
https://item.rakuten.co.jp/yamashitaya/c/0000000765/?scid=rm_201838

 新聞の折り込みチラシに「低圧太陽光発電所 土地をお売り お貸し ください。」というのがあった。こういう、ビジネスが流行ってきているのでしょうね!
現金一括買取り可
 弊社では今年度最後の大規模な用地募集を行います!
 遊休地の有効活用に土地をご紹介ください。
 高額査定の出来る今年度最後のチャンス!
 少しでもご興味のある方はお気軽にご相談下さい。
査定・ご相談無料
・日当たりが良いかわからない?
・電柱が近くに見当たらない?
・樹木の茂った山林?
・地目が農地?
・土地が狭すぎる?広すぎる?
希望太陽光用地
・第1種農業地・農業振興地域以外の土地
・土地の広さ約1,350平米以上(約400坪以上)
・針葉樹・雑木林であっても、平坦で極端な起伏・勾配のない土地
・日当たりが良い土地
賃貸・売買金額
・売買 1坪あたり約3000円~約10,000円(日当たり状況により変動)
    1,350平米(400坪)以上約120万~約400万円
・賃貸 21年間賃貸
    賃貸金額・土地の広さは売買の場合の金額と同様になります。
    21年間の土地に対する地上権の設定が必要です・
・手付金 手付金は当社で用意できる体制にありますが、金額に関してはご相談させていただきます。
「株式会社サンワシステム」
SANWA SYSTEM INC.
TEL 0120-992-211、03-6419-3661
FAX 03-6419-3662
本社:東京都渋谷区渋谷3-15-3土屋ビル渋谷5F
 TEL 03-6419-3663、FAX 03-6419-3662
青森横浜支店:青森県上北郡横浜町字上イタヤノ木435番
 TEL 0175-73-7566、FAX 0175-73-7567
青森八戸支店:青森県八戸市青葉3-1-19
 TEL 0178-20-7962、FAX 0178-20-7963
五島支店:長崎県五島市岐宿町中嶽2278-120
 TEL 0959-83-1690、FAX 0959-83-1691
グループ会社・株式会社SANWA(施設管理)・株式会社SANWA未来(産業用販売・建設)

http://sanwa-system.info

 今日の仕事・・・!!!
 何なんだ!この時間が守れていないのは・・・!!!時間が平気で伸びている・・・次のことも考えてよ!!!
 時間が守れないのって、「力がない」証拠じゃないの???そんな人が管理職をやっていていいの???

「いただきます 秋の煮もの」

 仕事を終え、帰宅して、「たっぷりミートソース」で一杯♪
 野菜が入っていないから、野菜を入れてね!
SPAGHETTI SAUCE
Hachi SINCE 1845
完熟トマト使用
 完熟トマトを使い、玉ねぎと挽肉をじっくり煮込んだ味わい深いミートソースです。
たっぷり!285g 2~3人前
1袋(285g)あたり 220kcal
販売者 ハチ食品株式会社
大阪市西淀川区御幣島2丁目16番31号
TEL 06-6471-3785

http://www.hachi-shokuhin.co.jp/

 2017年10月29日の「いただきます 秋の煮もの」は、【牛バラと大根の煮もの】(143kcal)。
『主な材料』(2人分)
・牛バラ肉(焼き肉用)・・・120g
・大根・・・200g
・長ネギ・・・1/2本
・ショウガ・・・1かけ(10g)
『作り方』
①大根は皮をむき、1cm厚さの半月またはいちょう切りにする。長ネギは3~4cm長さのぶつ切り、ショウガは皮つきのまま薄切りにする。牛肉は3cm長さに切る
②鍋に油大さじ1/2を温め、ショウガ、長ネギを中火で1分ほど炒める。牛肉、大根を加えて炒め、油が回ったら、水200ml、砂糖大さじ1/2、酒・しょうゆ各大さじ1、酢大さじ1/2を加える
③沸騰したらあくを取り、中火で大根が軟らかくなるなり、煮汁が少なくなるまで煮る。

 2017年10月30日の「いただきます 秋の煮もの」は、【秋野菜のラタトゥイユ】(172kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サツマイモ・・・1本(100g)
・レンコン・・・80g
・ナス・・・1本
・タマネギ・・・1/4個(50g)
・ニンニク・・・1片(10g)
・トマト水煮缶詰・・・80g
・白ワイン・・・大さじ1
『作り方』
①サツマイモは皮つきのまま、レンコンは皮をむき、7~8mm厚さの輪切りか半月切りにする。サツマイモは水に5~6分さらして、水気をきる。ニンニクは半分に切る
②ナスは1cm厚さの輪切りにする。タマネギはくし形に2等分する
③鍋にオリーブ油大さじ1を温め、①、②を加えて炒める。油が回ったら、トマト缶、白ワイン、塩小さじ1/6、こしょう少々を加え、ふたをして弱めの中火で約10分煮て、冷ます。

 2017年10月31日の「いただきます 秋の煮もの」は、【里芋とイカのごまみそ煮】(208kcal)。
『主な材料』(2人分)
・里芋・・・6個(360g)
・イカ・・・1ぱい(250g)
・だし汁・・・300ml
・みそ・・・大さじ1
・練りごま(白)・・・小さじ2
『作り方』
①里芋は皮をむき、大きければ半分に切る
②イカは内臓を除き、胴は輪切り、足は2本ずつ切る
③鍋にだし汁、みりん大さじ2、酒大さじ1、砂糖小さじ2、しょうゆ小さじ1を煮立て、里芋とイカを入れる。落としぶたをし、鍋のふたをずらしてのせ、中火で10分煮る
④里芋が軟らかくなったらふたを取り、みそと練りごまを煮汁をからめながらとろみが出るまで煮る。お好みでいりごま(白)を散らしても。

 2017年11月1日の「いただきます 秋の煮もの」は、【マイタケの吉野煮】(kcal)。
『主な材料』(2人分)
・マイタケ・・・1パック(100g)
・春菊・・・80g
・鶏もも肉・・・100g
・練りワサビ・・・少々
・だし汁・・・100ml
『作り方』
①マイタケは小分けにする。春菊はゆでて水に取り、水気をしぼって3cm長さに切る
②鶏肉はひと口大のそぎ切りにする
③鍋にだし汁、酒・みりん・しょうゆ各小さじ2を煮立て、鶏肉を中火で2~3分煮る。マイタケを加えてさらに2分ほど煮る。
④片栗粉大さじ1/2に同量の水を加えて混ぜ、煮汁に加える。とろみがついたら火を止める
⑤鶏肉とマイタケを盛りつける。春菊を煮汁にくぐらせてから盛り、煮汁をかける。ワサビを添える。

 2017年11月2日の「いただきます 秋の煮もの」は、【サツマイモときざみ昆布の煮もの】(116kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サツマイモ・・・150g
・きざみ昆布(乾燥)・・・5g
・チリメンジャコ・・・10g
・だし汁・・・150ml
『作り方』
①サツマイモは皮つきのまま2cm角に切る。水を1~2回換えながらさらす。水気をきる
②きざみ昆布は洗ってほぐし、はさみで5cm長さくらいに切る
③鍋にサツマイモ、きざみ昆布、だし汁、酒大さじ1を入れ火にかける。沸騰したら中火にし、ふたをして7~8分煮る
④サツマイモが軟らかくなったら、チリメンジャコ、しょうゆ小さじ1/2~1を加え、1分ほど煮て火を止める。きざみ昆布は事前に戻さず、すぐに煮始められる。

 2017年11月3日の「いただきます 秋の煮もの」は、【サケと白菜の蒸し煮】(245kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サケ(甘塩)・・・2切れ(200g)
・ショウガ汁・・・小さじ1
・白菜・・・300g
・長ネギ・・・1/2本
・大根おろし・・・100g
・ポン酢しょうゆ・・・適量
『作り方』
①白菜は5cm長さのざく切りにし、長ネギは4~5cm長さに切る
②サケは1切れを三つに切り、熱湯にさっと通す。水気をきってショウガ汁をかける
③鍋に白菜と長ネギの半量を入れて平らにし、その上にサケを並べる。残りの野菜をのせる。酒・水各50mlを加える
④鍋を中火にかけてふたをし、沸騰したら弱火にして約10分蒸し煮にする
⑤味をみて塩少々を加える。大根おろしとポン酢しょうゆを添える。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:7,768歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« <食卓ものがたり> ギンナン | トップページ | 脱定番で秋を味わう「サツマイモ料理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 秋の煮もの」:

« <食卓ものがたり> ギンナン | トップページ | 脱定番で秋を味わう「サツマイモ料理」 »