« この秋、宿坊デビュー「特別な修行体験ができる宿坊」「歴史的文化財のある宿坊」「温泉のある宿坊」「お坊さんと語り合える宿坊」 | トップページ | 「いただきます 秋の煮もの」 »

2017年11月 8日 (水)

<食卓ものがたり> ギンナン

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「見頃!紅葉シーズン 日光さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/652552/
<華厳の滝>
<明智平ロープウェイ>
 日光いろは坂
♪ 天国にいちばん近い島 原田知世(1984年)
<紫明堂>
・スワンボート
<二荒山神社 中宮祠>
 ご神体は男体山。登山口にもなっている。
・カワラケ割り 小 200円、大 500円
(二荒山神社 奥宮)
♪ Lui-Lui 太川陽介(1977年)
《清ちゃん》
・天然ひめます塩焼き 1,200円
(尻尾をかじりながら食べる)
・焼きそば定食 1,200円
♪ 朝のさんぽ道 モアモカ(作詞:石川桃子、作曲:篠原あかり)

 「昼めし旅」は、「大阪 茨木市」。8/18の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1088554/
《エスパーニャバル・ハポロコ》
《みのちゃん》駄菓子屋
<茨木西高等学校>
<しずちゃん>YAMASAKI
・カレーライス
①肉を炒める。
②ジャガイモ、タマネギを入れて煮る。
③カレールウを入れる。
・サラダ

 「地鶏広場 8080のとりやさん」より、楽天メール。
 お疲れさまでございます。8010のとりやさん 吉岡です+.d(・∀・*)♪゜+.゜
 わたくし この時期になりますと 必ず 肩こりに悩まされます。(。>ω<。)
 運動不足に加え、寒さのせいで 外出時などに背中を丸めて肩をすぼめ、縮こまって歩いているからだと思います。(´o`;
 みなさまは、最近、首筋から肩、背中など、ますますこりやすいと感じておられませんか?
 そこで!(^o^)
 今回は、つらい肩こりを解消するための方法をご紹介いたします!
☆⌒☆⌒☆
・・肩こりに効くツボをご紹介♪・・・
 首の後ろ髪の生え際辺りに、くぼんでる部分がありますが、そこに肩コリに効く天柱というツボがあるそうです。両手で頭を包む感じで、くぼみに親指を入れて上に押し上げるように、力を入れて引っ張りましょう。グーっと押したら少し戻して、また押してみる事を数回繰り返すと良いそうです!
 また肩の中央に骨が繋がってくぼんでいる部分がありますが、ここにも肩井というツボがあるのだそうです。逆の手の指4本で、肩のくぼんだ部分をグッと押してみると良いそうです。肩コリがひどい人程、押した時に傷みがあるそうなので、力は加減しながら行ってくださいね。
!(^o^)お風呂上がりなど、体の温まっている時が一番効果的ですので、お試しくださいね。(*・∀-)
 健康な冬を過ごしましょうね (*´∀`*)!

http://www.rakuten.co.jp/e8010/?scid=rm_191968&scid=rm_191968

 『田舎暮らしの本』2017年12月号より、情報!
南信州の秋を満喫できる「信州駒ヶ根『晩秋』体感会」
・11月18日(土)長野県駒ケ根市
 長野県南部の駒ヶ根市で、現地体験ツアーを実施。昼食会や先輩移住者体験談の披露、物件見学、リンゴ狩り、個別相談会などを予定し、南信州の気候や秋の味覚を満喫できる。
 要予約・有料。詳細は問い合わせを。
・場所/長野県駒ケ根市内各所
・問 商工振興課
TEL 0265-83-2111

全国約200の島が東京に集まる祭典「アイランダー2017」へ行こう!
 第26回となる島の祭典「アイランダー2017」(主催/国土交通省、日本離島センター)が今年も開催。全国の島から自治体や民間団体が出展し観光・移住定住情報を提供する。そのほか、島の料理を提供するキッチンカー、島の工品をつくるワークショップなど内容は盛りだくだん。島の情報提供コーナーでは求人・空き家情報も得られる。
・日時 11月18日(土)10:00~18:00、19日(日)10:00~17:00
・場所 池袋サンシャインホテル 文化会館3F 展示ホールC
TEL 03-6404-9002
(開催期間中 TEL 03-3989-3532)

【高山市上宝】売家 1200万円 菜園~300坪
・土地面積 630坪(2083m)
・延床面積 121坪(401m)
・宅地、原野、田・畑(農地法)
・平坦地
・都市計画区域外
・築後129年、改築後7年
・蔵17坪
・東と西に幅7mと4mの舗装公道
・電気、公営水道、水洗(下水道)
・高山本線飛騨国府駅より26km
・特徴/蔵柱川と高原川の河岸段丘に広がる田園地帯。9寸角のヒノキの大黒柱、太い梁、17畳の土間、10畳2間、8畳2間、6畳2間の和室の続き間が目を引く古民家。休耕農地は約1反。
白栗不動産
TEL 0577-72-4484・媒介

http://www.hakuguri.jp/

 「年末調整」のため、JAに火災保険の払込書を早く送るように電話する。

 仕事を定時に終え、帰宅。
 帰宅して、頂いた「銀杏」を茶封筒に入れ、塩を入れ、電子レンジで1分30秒、チンする!これが、美味しいんだな♪♪♪これで、お酒が進むね!

 さらに「鶏もも肉のスタミナ焼き」↑↑↑
<食卓ものがたり> ギンナン

 「鶏もも肉」がないので、先日、100g51円で買った「若鶏ムネ肉」を使用。
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2017/07/post-f95e.html

<食卓ものがたり> ギンナン

 「サラダ菜」がないので、先日買ったキャベツが付け合わせ!

<食卓ものがたり> ギンナン

 デザートは、頂いた「四国銘菓 一六タルト」↑
株式会社 一六本舗
松山市東方町甲1076-1
TEL 0120-161647

 ここで、2017年11月4日の朝刊より、「<食卓ものがたり> ギンナン(愛知県稲沢市)」の引用♪
大粒もっちり 甘みじわり
 私事ながら、ギンナンは苦手だった。雨の日にイチョウ並木の歩道で踏みつぶされ、異臭を放っているのがそのイメージだった。茶わん蒸しの具に入っていれば口にもしたが、好きこのんで食べる人の気が正直、知れなかった。
 だが、愛知県稲沢市の「祖父江ぎんなん」を口にした時、その誤りに気付かざるを得なかった。直売所のキャッチフレーズには「ぎんなんは生鮮野菜です」とある。ほほう、その生鮮野菜とやらの味をみてやろう。試食品は殻を割って電子レンジで加熱し、塩を振っただけのものだ。
 まず見た目。世間の焼き鳥屋などで見かけるものより二回りほど大きい。味はどうか。一粒口に入れる。まず歯が驚いた。何だ、このもちもちした感じは。かむほどにじわっと果肉のエキスがにじみ出てくる。ギンナンなのに、なぜ甘みが出るのか。後からついてくるほのかな苦味がさわやかだ。確かめるには一粒では足りない。二粒目に手を出したのは言うまでもない。
 隣の岐阜県出身者が知らなかったのは、いささか恥ずべきことだが、愛知県は日本一のギンナン産出県だ。中でも、稲沢市祖父江町では粒の大きく高品質なギンナンづくりに努め、ブランド化に成功した。
 栽培の中心地だという名鉄尾西線の山崎駅周辺を歩く。そこかしこにイチョウの木が生え、地面を広く青いネットが覆っている。ここにギンナンを落として収穫するのだ。臭いのきつい果肉は機械で取り除き、殻のギンナンだけにする。それを倉庫に入れてむしろの上で乾燥させるのだが、その前に水洗いの試練が。水に浮く品質の悪い粒は取り除いてしまう。
 「今年は台風で実がたくさん落ちてまって、大忙しやったわ」と言うのは、祖父江町山崎の小川美和子さん(66)。落ちた実はすぐ加工しないと質が落ちる。「でも、また新しいのができとるわ。ほら」。小川さんが枝を裏返すと、黄色い実が大きくなっている。やがてこの実もだれかの口を驚かせるに違いない。
 (文・写真、三浦耕喜)
◆買う
 祖父江のギンナンは東京の料亭などへ直接卸す分が多く、近所のスーパーではなかなかお目にかかれない。JA愛知西の「産直広場一色下方店」(稲沢市一色下方町)で入手できる。水曜日は休み。
 小分けされたギンナンの袋には生産者の氏名とイチョウの木の種類が記され、味比べもできそう。稲沢商工会議所が開発したという「銀杏カレー」=写真=もある。カレーとギンナンとの相性は食べてみてのお楽しみだ。
 いつもなら10、11月が出荷のシーズンだが、今年は天候により出荷は不安定に。出荷状況はJA愛知西の祖父江町支店=電0587(97)1131=まで確認を。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017110402000006.html

本日のカウント
本日の歩数:6,489歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« この秋、宿坊デビュー「特別な修行体験ができる宿坊」「歴史的文化財のある宿坊」「温泉のある宿坊」「お坊さんと語り合える宿坊」 | トップページ | 「いただきます 秋の煮もの」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> ギンナン:

« この秋、宿坊デビュー「特別な修行体験ができる宿坊」「歴史的文化財のある宿坊」「温泉のある宿坊」「お坊さんと語り合える宿坊」 | トップページ | 「いただきます 秋の煮もの」 »