« 今がおいしい 旬の食材 10月 | トップページ | 具だくさん味噌汁のススメ »

2017年10月12日 (木)

「いただきます 秋の和食」

 今日は、10月12日、「豆乳の日」。
【じゃがいもと鶏ひき肉の豆乳グラタン】(381kcal)
10/12(とうにゅう)豆乳の日に。サラッとしたホワイトソースが絶品!
『材料』(2人分)
・鶏ひき肉(もも)・・・200g
・じゃがいも・・・2個
・ブロッコリー・・・1/4個
・バター、薄力粉・・・各大さじ1
・A
 豆乳(無調整)・・・2/3カップ
 コンソメ(顆粒)・・・小さじ1/3
・塩・・・小さじ1/3
・こしょう・・・少々
・パン粉・・・大さじ2
『作り方』
①じゃがいもは1.5cm角に切る。ブロッコリーは小房に分けて耐熱のボウルに入れ、ふんわりとラップをかぶせて電子レンジで1分加熱する。
②フライパンにバターを中火で溶かし、ひき肉をほぐしながら炒める。肉の色が変わったらじゃがいもを加えて3分ほど炒める。
③薄力粉をふり入れ、こがさないように炒め、まんべんなく混ざったらAを加えて1~2分煮て、塩、こしょうで味をととのえる。
④耐熱の器に③を入れてブロッコリーをのせ、パン粉をちらし、温めておいたオーブントースターで10分ほど焼く。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「参宮橋~代々木」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
♪ ねぇ!気がついてよ 桜田淳子(1976年)
<マダムシバタ>ブティック
※参宮橋:
 多くの著名人が住む高級住宅地
<春の小川>
*河骨川:
 東京オリンピックの開催に合わせ、区画整理のため塞いだ。(暗渠:あんきょ)
<東京乗馬倶楽部>1921年創業
・ビジター料金 乗馬料 8,300円+レッスン料
♪ ブルースカイブルー 西條秀樹(1978年)
<唐橋卓球>昭和43年創業
 福原 愛選手のサイン
《エラン・ウィタール》5Dレストラン
 映像・音楽・注射器などで、味覚・嗅覚・視覚・聴覚・触覚の五感全てを刺激する
 分子ガストロノミー:料理を科学的に解析して調理する手法
・コース料理 全9品 16,000円(要予約)
 竜宮城(アワビ・冷製パスタ・アスパガラスのムース)、食物連鎖(ラム肉・赤ワインソース)、分かち愛(デザート)

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/644140/

 「昼めし旅」は、「石川県 加賀市」。7/27の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 北前船の里「橋立」
<北前船の里 資料館>
<川野上さん>
 ブドウ、トマト、ブロッコリー
・とれたてキュウリ(甘いしょうゆをかける)
・とれたてトマト
・ナスの漬物(昨日、塩のみで漬ける)
<寺谷さん>
*御文(おふみ)
<津幡さん>
・サザエのお刺身
①サザエの身を取り出す。肝は捨て、身をスライスする。
②ワサビしょうゆで。
・モズク酢
①岩モズクを洗う。しばらくもんでネバネバしてくる。3回繰り返す。湯通しする。
②①をスライスしたキュウリ、酢、らっきょう酢、醤油と和える。
・コマツナとジャガイモの煮浸し
・豚肉とトマトのニンニク炒め

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1082537/

  「とびっきり静岡」の「とびきり情報局」で「センキョ割」を取り上げていた。
http://www.satv.co.jp/0300program/0010tobikkiri/
 「ポリティカル アパシー」が続く中、「センキョ割」って、興味深いんじゃないの?
 選挙に行って「投票済証」をもらい、参加店に行くと特典が受けられる!参加店が多くなるといいな!
https://ja-jp.facebook.com/senwarishizu/
http://senkyowari.com/

 「ニッカ」より、メール。「バラエティ豊かな漬込みレシピ!」♪
【ブラックニッカ クリア×コーヒー】漬込み目安 7日
深く香ばしいコーヒーフレーバーの漬込みウイスキー。幅広い飲み方が愉しめます。
『材料』
 ブラックニッカ クリア 150ml、コーヒー豆 20g、砂糖 40g
『作り方』
①材料を漬込み用ボトルに詰める
 漬込み用ボトルに、コーヒー豆、砂糖を入れ、「ブラックニッカ クリア」を注ぐ。ふたをして直射日光の当たらない冷暗所で保存する。
②できあがりを待つ
 おおよそ7日間で飲み頃に。コーヒー豆を取り出して完成。
【ブラックニッカ リッチブレンド×オレンジビール】漬込み目安 7~10日
果皮を使った漬込みウイスキーならではの香り高さ。アイスでもホットでも愉しめます。
『材料』
 ブラックニッカ リッチブレンド 210ml、オレンジの皮 7g、砂糖 70g
『作り方』
①下ごしらえ
 白いわたが入らないようにオレンジの皮を薄くむく。
②材料を漬込み用ボトルに詰める
 漬込み用ボトルに、オレンジの皮、砂糖を入れ、「ブラックニッカ リッチブレンド」を注ぐ。ふたをして直射日光の当たらない冷暗所で保存する。
③できあがりを待つ
 おおよそ7~10日間で飲み頃に。オレンジの皮を取り出して完成。
【ブラックニッカ ディープブレンド×煎茶】漬込み目安 6~12時間
落ち着きのある和の風味。飲みたいその日に、数時間でできる手軽な漬込みウイスキー。
『材料』
 ブラックニッカ ディープブレンド 280ml、煎茶 10g(5パック)、ガムシロップ 5g(1/2個)
『作り方』
①下ごしらえ
 煎茶を不織布素材のお茶パックに入れる。ティーバッグを使う場合は、紙素材のタグを切り取る。
②材料を漬込み用ボトルに詰める
 漬込み用ボトルに、煎茶のティーバッグを入れ、「ブラックニッカ ディープブレンド」を注ぐ。さらにガムシロップを入れ、ふたをして直射日光の当たらない冷暗所で保存する。
③できあがりを待つ
 おおよそ6~12時間で飲み頃に。ティーバッグを取り出して完成。長く漬込みすぎると渋くなるので注意。

http://beer.asahishop.net/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/10612/?sc_cid=ca_own_ht_34939
 「キリン」より、メール。
 今年とれたての岩手県遠野産ホップ「IBUKI(いぶき)」をたっぷり使った、「一番搾り とれたてホップ」の飲み比べを楽しめるセットの発売を開始しました。
http://m.kirin.co.jp/pg/cl.php?qIds=7VofCjmfkDd7LifO7kCz5MdDpd&M
 「サッポロ」より、メール。
 本場ドイツの収穫祭で楽しまれる、メルツェンスタイルをモチーフにした、麦とホップ<赤>フェストスタイルが今年も期間限定で登場!特徴である一口目の麦の甘み、しっかりとしたコクをお楽しみ下さい。
 また、クイズにお答えいただいた方の中から抽選で1名様にドイツ旅行相当の旅行券をプレゼント!さらに、外れた方の中から抽選で、栗山千明さんオリジナルQUOカード(1,000円分)を100名様にプレゼントいたします。

http://d.sapporobeer.jp/c/af88aovmgd3Omqab

「いただきます 秋の和食」

 今朝のモーニングコーヒーは、「NESCAFE GOLD BLEND」。
レギュラーソリュブルコーヒー
35杯分(70g)
挽き豆包みR製法
”淹れたての香りと味わい!ネスカフェレギュラーソリュブルコーヒー
 微粉砕したコーヒー豆の粒を包み込むネスカフェ独自の「挽き豆包み製法」が、コーヒー豆を酸化の原因となる空気に触れにくくし、いつでも1杯ずつ淹れたての上品な香りとマイルドな味わいをお届け。
ネスレ日本株式会社
神戸市中央区御幸通7-1-15
TEL 0120-00-5919

http://nestle.jp/

 今日の仕事は、欠席者が2名いて、忙しかった!!!

 そんな中、午後は、外での研修会に参加。「みんな一杯一杯で動いていて大変だから、欠席しましょう」と言ってみたが、出張に出ることになる・・・。
 研修会の内容・・・くだらん・・・分かり切っていることの説明・・・それなら、知らない人を出すべきだ・・・というか、欠席してもたいして影響ないジャン!!!。
 その上、「先ほど説明したでしょ!」というのを質問する人もいる・・・時間が遅くなる・・・。

 帰宅途中、スーパーに寄る。
 売り出しの「かつお土佐造り」100g127円で378円と399円のもの、「国産若鶏手羽元」100g41円で226円のもの、「群馬県産ほか キャベツ」105円、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、「子持ちししゃも」213円を買い帰宅。
 売り出しの「カキフライ」280円は、見当たらなかった・・・↓

「いただきます 秋の和食」

 帰宅して、今日買った「子持ちししゃもフライ」(8本)で一杯♪
子持ちカラフトししゃもフライ
 頭や骨もまるとご柔らかく食べられるフライです。

「いただきます 秋の和食」

 付け合わせは「群馬県産ほか キャベツ」の千切り♪

 2016年10月2日の「いただきます 秋の和食」は、【牛肉とゴボウの炒め煮】(315kcal)。
『主な材料』(2人分)
・牛切り落とし肉・・・150g
・ゴボウ・・・1/2本(80g)
・ショウガ・・・1かけ(10g)
・粉ざんしょう・・・少々
『作り方』
①ゴボウは皮を軽くこそげて、2~3mmの厚さの斜め切りにする。水にさらして、水気をきる。ショウガは皮ごと薄切りにする
②肉は3cm幅に切る
③水50ml、砂糖・みりん各大さじ1/2、酒大さじ1、しょうゆ小さじ2を合わせる
④鍋に油大さじ1/2を温め、①を中火で2~3分炒める
⑤牛肉を加えてさらに炒め、肉の色が変わったら③を加える。沸騰したらあくをとり、弱めの中火で7~8分煮汁がなくなるまで煮る
⑥器に盛り、粉ざんしょうをふる。

 2016年10月3日の「いただきます 秋の和食」は、【秋ナスとタコのピリ辛だれ】(118kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ゆでダコ・・・80g
・ナス・・・2個
・揚げ油・・・適量
・長ネギ・・・5cm
・ショウガ・・・小1かけ(5g)
・赤唐辛子・・・1/2本
『作り方』
①長ネギ、ショウガはみじん切り、赤唐辛子は小口切りにし、酒・酢・しょうゆ各大さじ1/2、砂糖小さじ1/2を合わせる
②ナスは縦半分に切り、さらに斜めに三つに切る
③タコは5mmの厚さのそぎ切りにして小麦粉大さじ1/2をまぶす
④揚げ油を170度に熱し、ナスを2分ほど揚げて取り出す。温度を180度に上げて、タコを揚げる(はねやすいので注意)。10秒ほどですぐに取り出す
⑤器にナスとタコを盛り、①をかける。

 2016年10月4日の「いただきます 秋の和食」は、【柿のごまあえ】(127kcal)。
『主な材料』(2人分)
・柿・・・2個
・大根・・・100g
・キクラゲ・・・2個
・すりごま(白)・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①柿は上部1/3を横に切る。下部分は皮をむき、果肉を少し残し、中身をスプーンなどでくりぬいて器にする
②キクラゲは水で戻し、熱湯にさっと通す。7~8mm角に切る
③柿の上部はへたをとって皮をむき、7~8mm角に切る。①でくりぬいた柿も同じくらいの大きさに切る
④大根も7~8mm角に切って塩少々をふり、5分ほどおく。水気をしぼる
⑤すりごま、砂糖小さじ1/2、うすくちしょうゆ小さじ1を合わせ、柿、大根、キクラゲをあえて①の柿に盛る。器も一緒に食べられる。

 2016年10月5日の「いただきます 秋の和食」は、【さけじゃが】(245kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ジャガイモ・・・2個(300g)
・タマネギ・・・1/2個
・生サケ・・・1切れ(100g)
・だし汁・・・100ml
・バター・・・10g
『作り方』
①ジャガイモは皮をむき、ひと口大に切る。水につけてあく抜きをし、水気をきる。タマネギは六つのくし形に切る
②サケは半分に切り、塩少々をふって5分おき、水気を拭く
③鍋にだし汁、しょうゆ大さじ1、砂糖・みりん・酒各小さじ1を合わせ、ジャガイモ、タマネギを加えて中火で10~15分、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。途中で1~2回混ぜる
④サケを加えてさらに2~3分煮る。最後にバターを加えて風味をつける。

 2016年10月6日の「いただきます 秋の和食」は、【サツマイモと鶏手羽の煮もの】(325kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サツマイモ・・・小1本(200g)
・鶏手羽中・・・6本(300g)
・長ネギ・・・1/2本
・ショウガ(千切り)・・・小1/2かけ(3g)
『作り方』
①手羽中は熱湯でさっとゆでる
②サツマイモは皮つきのまま1.5cmの厚さの半月切りか輪切りにする。水にさらしてあくを抜き、水気をきる。ネギは4cmの長さに切る
③鍋に手羽中、水200ml、砂糖大さじ1/2、酒大さじ2、しょうゆ・酢大さじ1と1/2、みりん大さじ1を入れて火にかける。沸騰したらあくをとり、ふたをずらしてのせ、弱めの中火で約10分煮る
④②を加え、弱火でさらに10分ほど煮る。途中上下を返す
⑤器に盛り、ショウガをのせる。

 2016年10月7日の「いただきます 秋の和食」は、【クリごはん】(325kcal)。
『主な材料』(4人分)
・クリ(皮つき)・・・200g
・米・・・1.5合(270ml、225g)
・もち米・・・0.5合(90ml、75g)
『作り方』
①米ともち米は合わせてとぎ、しっかり水気をきる。水350mlと一緒に炊飯器に入れて1時間以上おく
②クリは熱湯に約20分つけて硬い皮(鬼皮)を軟らかくしてから、底の部分を少し切り落としてから、先端の方向へ向かって鬼皮をむく。その内側の渋皮もむく。クリが大きければ半分に切る。水にさらしてあくを抜く
③①の炊飯器に酒大さじ1、塩小さじ1/2を加えてざっと混ぜ、クリをのせて普通に炊く
④炊き上がったら、クリをつぶさないように大きく混ぜる。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:7,580歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 今がおいしい 旬の食材 10月 | トップページ | 具だくさん味噌汁のススメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 秋の和食」:

« 今がおいしい 旬の食材 10月 | トップページ | 具だくさん味噌汁のススメ »