« 「自然菜園で育てる 人気野菜 第19回「イチゴ」、そして「天国と地獄」 | トップページ | 今がおいしい 旬の食材 10月 »

2017年10月10日 (火)

Fresh Marche NEWS「栗」

 今日は、10月10日、「まぐろの日」「お好み焼きの日」「トマトの日」「冷凍めんの日」。
まぐろの日
 日本最古の和歌集『万葉集』に、活気あるまぐろ漁の様子を詠んだ歌があり、これを詠んだのが10月10日とされることから制定されました。
【まぐろ入りおかずナムル】(169kcal)
まぐろの日に、シャキシャキ野菜とよく合います。
『材料』(2~3人分)
・まぐろ(刺身用さく)・・・150~160g
・レタス・・・大3枚
・きゅうり・・・1/2本
・A
 にんにく(すりおろし)・・・少々
 白すりごま、ごま油・・・各大さじ2
 塩・・・小さじ1/2
『作り方』
①レタスは食べやすい大きさにちぎり、耐熱のボウルに入れてラップをふんわりとかぶせ、電子レンジで30秒加熱する。きゅうりは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。まぐろは棒状に切る。
②ボウルにAを混ぜ、レタスときゅうりにしっかりからめ、まぐろを加えてあえる。

Fresh Marche NEWS「栗」

 10月10日は、「TOTOの日」でもあるようだ!

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「東京五輪 ゆかりの地をさんぽ」「東京都世田谷区駒沢」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
《遠慶》八百屋
※玉川電気鉄道:
 昭和44年廃止し、一部は世田谷線に改称
《おかずケーキ Coven》
・オニオングラタンスープのケーキ 346円
・五目ひじきのケーキ 346円
『おかずケーキのレシピ本』1,450円
<西舘表具店>古文書の修復
♪ 街角トライライト シャネルズ(1981年)
《ファインシュメッカー サイトウ》
・ザウマーゲン 100g 430円
・白ビール 890円
・ロースハム 100g 734円
・ブロックベーコン 100g 480円
<駒沢オリンピック公園>
*<東京オリンピックメモリアルギャラリー>入場料 無料
 公式ユニフォーム
*ポコスティック

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1103015/

 「まるごと静岡」で「無印良品」を取り上げていた。
https://www.tv-sdt.co.jp/marugoto/
・「インド」バターチキンカレー
・「タイ」グリーンカレー 350円
・日本「シチリアレモンのクリーミーチキンカレー」
・カップラーメン

 9/25の「谷原章介の25時ごはん」は、第18話「美しすぎる女王様は実はとても”マメ”な女性だった」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/
*さとうほなみ
【枝豆の極みは乙女。ゲスのうま”パゾット”】(675kcal)
『材料』(2人分)
 枝豆 100g、ニンニク 1片、米 100g、パスタ 30g。ベーコン 70g、トマト 1個、粉チーズ 32g、パセリ 適量、フランスパン 4切れ、バター 5g
①下準備
 枝豆100gを茹でる。(枝豆の茹で時間 通常3分→1分)すぐに水をかけ、粗熱を取る。
 枝豆をさやから取り出す。トマト1個はひと口大に切る。
②パゾット作り(パゾット=パスタ+リゾット)
 ニンニク(1片・みじん切り)をオリーブオイル(大1)で香りが立つまで炒める。
 米100g、パスタ30gを加えて炒める。米・パスタに油が回ったら、鳥ガラスープ(10g)、ベーコン(70g)を加える。フタをして弱火で8分煮る。
 8分後、フタを空けてトマト、枝豆を加える。
 全体を軽く混ぜたら再びフタをして6分煮る。
 フタを開け、トマトは潰しながら混ぜて、まろやかな酸味と旨味をプラス!
 塩、黒コショウ適量をふる。
《ワインと料理 ホーキ星》東京・下北沢
・季節のメニュー ラム・チリ(羊と青唐辛子のソテー) 1200円(税込)
「夜のおとも」全国三大人気 豆パン
☆エントリーNo.1 黒豆 兵庫県・丹波篠山の老舗「小西のパン」
 「小西の黒豆パン」550円(1袋3ケ入/税込)
☆エントリーNo.2 赤エンドウ豆 東京一と謳われる「濱田家」
 「豆パン」170円(1個/税込)
☆エントリーNo.3 小豆 あんぱん専門店「豆一豆(まめいちず)」
 究極のあんぱん「豆褒美」257円(1個/税込)
③仕上げ
 粉チーズ20gを加える。
④チーズトースト作り
 粉チーズ12gをフライパン全体にまぶし、火にかける。
 フランスパンは厚さ1cmに切り、片面にバター5gを塗る。バターを塗った面を下にして焼き付ける。裏返す。
⑤仕上げ
 ③を皿に盛り、オリーブオイル(適量)、パセリ(適量、みじん切り)をかける。チーズトーストを添える。

http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20170913.html

 「キリン」より、メール。「一番搾り<黒生>」が10/10に発売される!
【揚げさんまと大根の柚子こしょうタレかけ】
『材料』(2人分)
・さんま2尾
・大根約6cm
・小麦粉(あれば米粉)適量
・サラダ油適量
<柚子こしょうタレ>
・柚子こしょう適量(お好みで)
・薄口しょうゆ大さじ1※濃口しょうゆでも
・酢大さじ1と1/2
・かつおだし大さじ3
『作り方』
①さんまは内臓を取り除き、流水でよく洗う。3cm長さの筒切りし、水気をよく取る。大根はごく薄いいちょう切りにする。
②柚子こしょうタレの材料を合わせておく。
POINT!
 柚子こしょうの量を調整しながら、好みの味にしましょう
③さんまの水気をクッキングペーパー等でしっかりとふき取る。全体に小麦粉をまぶす。
POINT!
 米粉を使用すると、よりカリッと仕上がります
④フライパンなどにサラダ油を注いで170~180°Cに熱し、③を静かに加える。表面がカリッと小麦色になったらひっくり返し、さらに1~2分ほど揚げる。バット等に取り出し、しっかりと油を切る。
POINT!
 あまり加熱すると固くなってしまうので要注意!さんまの大きさによって、揚げ時間を調整してください。揚げることで、骨までそのまま召し上がれます
⑤器に大根と揚げさんまを盛りつける。食べる際に、②の柚子こしょうタレを大根やさんまにかける。
※みょうがの酢漬け、青柚子を添えてもよい。
【秋のごちそう筑前煮】
『材料』(2人分)
・れんこん5cm
・さといも2~3個
・にんじん1/2本
・ごぼう10cm
・しめじ1/3パック
・干ししいたけ6個
・鶏もも肉1/2枚(約150g)
・さつまいも1本(細め)
・銀杏(缶詰)1/3缶
・いんげん2~3本
・サラダ油大さじ1~2
<合わせ調味料>
・かつおだし大さじ3
・しょうゆ大さじ3
・酒大さじ2
・砂糖大さじ1
・みりん大さじ2
『作り方』
①野菜の準備をする(ごぼう、さつまいも以外は皮をむく)。にんじん、さといもは1cm厚さの輪切り、ごぼうは1cm厚さのななめ切り、れんこんは1cm厚さに切ってから半月切りにする。しめじは小房にほぐす。さつまいもは1.5cm厚さの輪切りにしてから水に10分程度さらしておく。干ししいたけは、一晩冷水に浸して戻してから、十字に切り込みを入れる。鶏肉は、ひと口大に切る。調味料を合わせておく。
②厚手の鍋に、さつまいも、銀杏、いんげん以外の野菜と鶏肉を入れる。サラダ油をまわしかけ、全体になじませてから火をつける。フタをして10分程度、中弱火で蒸し煮する。途中でフタを開けて、全体を混ぜる。
POINT!
 野菜の水分だけで蒸し煮をし、野菜の甘みや風味を引き出します
③火を止め、さつまいもと銀杏、合わせ調味料を加える。全体を軽く混ぜてからフタをして、中弱火で7~8分加熱する。途中で1~2回かき混ぜる。
POINT!
 さつまいもは煮くずれしやすいので最後に加え、余熱で調理します
④火を止めてフタをしたまま10分ほど置き、味をなじませる。
⑤器に盛りつけ、塩ゆでしたいんげんをあしらう。
※漬物を添えてもよい。
*蓮池 陽子(料理家・フードデザイナー)
 「食の物語を紡ぐしごと」をコンセプトに、ケータリング・料理教室、フードコーディネート、メニュー開発、執筆などを行っている。現在、アウトドア雑誌『Be-Pal』のネット版にて、クラフトビールを紹介する企画を連載中。和食・アウトドア料理の著書多数。近著に、『げんさんとよーこさんの山ごはん 簡単でおいしい絶品メニュー85』(共著/山と渓谷社)、『うまみがギュッ! 水なし煮野菜レシピ』(宝島社)がある。

https://www.atelierstory.jp/
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/press/article27/?utm_source=ismail&utm_medium=email&utm_campaign=171010&agechk=1
 「絶対もらえるキャンペーン」♪
http://a.ichibancp.jp/?utm_source=ismail&utm_medium=email&utm_campaign=171010
 「日本食研 業務用ストア」で「炭火焼鳥モモ串(素焼き)40g」が120本で6,480円(税込)。
https://www.nihonshokken-gh.com/shopdetail/000000000269?utm_source=gdn&utm_medium=rm

 仕事を終え、帰宅して「豚キム 豆腐」で一杯♪
Fresh Marche NEWS「栗」

 日曜日に、30%引きの149円で買った「松前キムチ」を使用↑↑↑
北海道産昆布使用
 昆布とイカが入った松前風のキムチです。
 昆布だしが染み込んで抜群のおいしさです。
備後漬物
内容量 160g
100gあたり 58kcal
販売者:備後漬物有限会社
広島県福山市駅家町大字法成寺1613-47
製造者:備後漬物株式会社
広島県福山市駅家町大字法成寺1613-47
TEL 0120-008893

Fresh Marche NEWS「栗」

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

Fresh Marche NEWS「栗」

 デザートは、いただいた「雪塩 ちんすこう」♪
宮古島の塩(雪塩使用)
 宮古島の「雪塩」と琉球名菓「ちんすこう」が出逢う伝統の味に新しい風 雪塩ちんすこう

 『くらし良好』2017年9月号の「Fresh Marche NEWS」より、引用
*今月のPick Up「栗」
→ 栗ってこんな果実
・「鬼皮」と呼ばれる硬い果皮と、「渋皮」と呼ばれる渋みのある薄皮に覆われています。
・品種にもよりますが、8月中旬から収穫が始まり、秋に最盛期を迎えます。旬以外の時期に出回るのもは、貯蔵のものです。
・でんぷん、タンパク質、ビタミンB1、カリウムなど栄養豊富。一粒は約21キロカロリーあり、約11粒でご飯1膳のカロリー相当になります。
「ビギナーさんにおすすめ!」意外と簡単!魚焼きグリルで焼栗
 生栗の硬い皮に包丁で切り込みを入れ、強火で約15分焼きます。焼き色がついて、切り込みが開いてきたら完成!
「MarcheMEMO」基本のゆで栗
・一晩水に浸し茹でる
 水に一晩漬けた生栗を鍋に入れ、かぶるくらいの水に塩を加えて茹でる。
(水1L:塩小さじ1)
・じっくり茹でて冷ます
 沸騰したら弱火にし、40~50分ほど茹でたら、そのまま冷めるまでおく。
・食べ方
 タテ半分に切り、スプーンでいただく。
【栗ポテコロッケ】(504kcal)
サックリ衣の中から、ほっくりした甘さが!ベースはじゃがいもで作ります。
『材料』(2人分)
・栗・・・6個
(栗は、茹で栗や甘栗でも作れます)
・ジャガイモ・・・1個(150g)
・ベーコン・・・2枚
・タマネギ・・・1/4個
・A
 小麦粉、卵、パン粉・・・各適量
・塩、こしょう、サラダ油、揚げ油・・・各適量
『作り方』
①ジャガイモは洗って水がついたままラップをし、電子レンジで約3分加熱し(竹串がスッと通るまで)、皮をむいてつぶし、塩、こしょうする。
②栗は皮をむき、小切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。タマネギはみじん切りにする。
③フライパンにサラダ油を熱して、タマネギ、②を炒め、塩、こしょうし、①と混ぜ合わせる。
④③を6等分して丸め、Aを小麦粉、卵、パン粉の順につけ、180℃に熱した揚げ油でカラッと揚げる。好みの生野菜と一緒に盛る。

*レンコン
 秋から旬を迎えるれんこん。不溶性の食物繊維やねばりの成分ムチン、ビタミンCも豊富に含まれます。風邪予防や健康対策に、積極的に食べたい野菜です。
「MarcheMEMO」調理の仕方で食感いろいろ
 シャキシャキに仕上げたい炒め物は輪切り、ホクホク仕上げたい煮物には乱切りがおすすめ。すりおろして蒸し物やスープなどにもどうぞ。
【皮つきレンコンと鶏肉のシャキシャキ南蛮】(354kcal)
シャキシャキが美味!あえて皮つきで、旬の食感と旨みを生かして。
『材料』(2人分)
・レンコン・・・150g
・鶏肉(もも)・・・1/2枚(150g)
・赤唐辛子(種を取る)・・・2本
・タマネギ(薄切り)・・・1/4個分
・A
 調味酢(市販)・・・1/2カップ
 しょうゆ・・・大さじ1
・ごま油、いりごま(白)・・・各適量
『作り方』
①レンコンは皮つきのまま、7mm厚さの半月切りにする。鶏肉はひと口大のそぎ切りにする。
②フライパンにごま油、赤唐辛子を入れて火にかけ、鶏肉、レンコンを焼き火が通ったら、熱いうちにAに漬ける。タマネギも一緒に漬け、味を含ませる。器に盛り、ごまをふる。

*エリンギ
 もともと日本には自生せず、海外の品種を元にして1990年代に栽培され始めました。くせのない味わいで食卓にすっかり定着し、現在では生産量も多くなっています。
「MarcheMEMO」料理を選ばす食感も抜群
 歯ごたえの良さ、油との相性が抜群で、中華や洋食にもよく合います。調理しやすいようにカットして冷凍保存し、凍ったまま調理すると便利です。
【エリンギと牛肉のガーリック炒め】(349kcal)
お肉と同じように薄切りにしたエリンギが、食感のアクセントに。
『材料』(2人分)
・牛肉(ロース、焼肉用)・・・120g
・ニンニク(薄切り)・・・1かけ分
・タマネギ・・・1/4個
・エリンギ・・・100g
・ナス・・・1本
・オリーブオイル・・・適量
・塩、こしょう・・・各少々
・粉チーズ、パセリみじん切り・・・各適量
『作り方』
①タマネギは薄切りにし、エリンギは石づきを落とし、5mm厚さに切る。ナスは1cm厚さの輪切りにする。
②フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて火にかけ、香りが出たら、牛肉と①を加えて炒め合わせ、塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、粉チーズ、パセリをふる。

*里芋
 縄文時代に中国から渡来したといわれる、歴史の古い野菜。食物繊維が豊富で芋類の中ではカロリーが低めです。
{MarcheMEMO」茹でて皮をむくと簡単
 洗った里芋を熱湯で10~15分茹でて冷水にとる。手でひねるようにすると、外皮だけつるりとむける。手でむきにくい時は包丁を使っても。
【里イモとイカのごま煮】(234kcal)
イカの旨味を里芋が含んで、懐かしい味わい。ごま風味がコクを出します。
『材料』(2人分)
・里イモ・・・300g
・スルメイカ・・・1ぱい
・青ネギ(小口切り)、いりごま(白)・・・各適量
・A
 めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ4
 水・・・1カップ
 砂糖・・・大さじ1
 ごまだれ(市販)・・・大さじ1
『作り方』
①里イモは皮をむく。スルメイカは足と内臓を抜いて、水洗いし、水けをふき、食べやすく切る。
②鍋にAを煮立て、里イモ、スルメイカを入れ、落としぶたをして煮る。イカは火が通ったら、一旦取り出す。
③里イモに火が通ったらイカを戻し、鍋をゆすりながら煮汁をからめる。器に盛り、青ネギ、いりごまを散らす。

*いちじく
 花を包み込むように実が大きくなり、花が見えないため、漢字では「無花果」と書きます。食物繊維が豊富で、昔から女性の味方と言われています。
「MarcheMEMO」すぐに食べるか調理保存を
 傷みやすく日持ちがしないので、早めに食べ切りましょう。ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存するか、ジャムなどに調理して。
※選び方
 付け根の切り口付近まで色付いている物を選びましょう。また、表面の皮がしぼんでいないもの、傷が無い物を選びましょう。
※手で皮がむける!「いちじくの食べ方」
①ヘタの部分を持って、皮を下にむく。
②バナナの皮のようにむいていく。
③そのままいただく。
※お料理で!「いちいくアイデア」
・ヨーグルト
 完熟ならジャムの代わりにヨーグルトに入れ、つぶしながらいただくのもおすすめ。自然な味わい。
・サラダ
 いちじくとモッツァレラチーズをサラダに。チーズがいちじくのジューシーさにマッチ!
・天ぷら
 ヘタを取って天ぷら粉をつけ、丸ごと揚げ、切り分ける。ほっくり甘い味わいに。

本日のカウント
本日の歩数:8,866歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:46.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「自然菜園で育てる 人気野菜 第19回「イチゴ」、そして「天国と地獄」 | トップページ | 今がおいしい 旬の食材 10月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fresh Marche NEWS「栗」:

« 「自然菜園で育てる 人気野菜 第19回「イチゴ」、そして「天国と地獄」 | トップページ | 今がおいしい 旬の食材 10月 »