« Fresh Marche NEWS「栗」 | トップページ | 「いただきます 秋の和食」 »

2017年10月11日 (水)

今がおいしい 旬の食材 10月

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 福島県須賀川市で八代続く農家の樽川(たるかわ)和也さん(42)は、キャベツの悲鳴を聞いたことがあるという
▼樽川さんの父・久志さんは、土づくりにこだわる人だった。「一センチのいい土ができるには、百年かかる」と言い、堆肥づくりに手間暇を掛けた。その土で育てた野菜は築地市場で評価され、自慢のキャベツは学校給食でも人気だった
▼だが、福島第一原発の事故は、久志さんと先祖代々の情熱が染み込んだ土を汚した。地元産のキャベツが出荷停止になったとの知らせが入った翌朝、久志さんは自ら命を絶った
▼出荷できなくなった七千五百株のキャベツは、畑でむなしく育った。大きくなりすぎたキャベツはパリッパリッと音を立て、真っ二つに割れた。和也さんには、それがキャベツの悲鳴に聞こえたのだ
▼衆院選が公示された昨日、和也さんら福島の人たち三千八百人余が「原発事故で奪われた生業(なりわい)と地域を返せ」と起こした裁判の判決が出た。福島地裁が政府と東電の責任を厳しく認めて賠償を命じたとの一報を、和也さんは稲刈りの最中に聞いた
▼久志さんは、遺書は残さなかった。ポケットの中に歩数計機能付きの携帯電話があり、その歩数は、およそ七百。自宅裏のキャベツ畑を見てから、命を絶ったのだろう。それから六年半。私たちは、どんな方向に、どれほど歩いてきたのか。立ち止まって考えたい、衆院選だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017101102000104.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「オリンピック村があった原宿」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
♪ 原宿キッス 田原俊彦(1982年)
<代々木公園>
 村上信夫「冷凍食材がなければ、オリンピックの成功はなかった」
<五輪橋>
 選手村と競技場エリアを結ぶため、山手線の上に架けられた。
<原宿駅>
 大正13年建築、都内で最古の木造駅舎
《POTASTA》
*萌え断サンド(色々なものの断面に萌えること)
・スクランブルエッグ&ベジタブル 500円
・キャロットジュース 280円
<むす美>ふろしき専門店
☆結(約48cm) 840円
☆新芽(約48cm) 840円
「ふろしきバッグの作り方」
①ふろしきで三角形を作る
②底辺の両端を結ぶ(2カ所)
③ひっくりかえす
④余りの両端を結ぶ
☆ふろしきパッチン 1,944円
①4箇所の穴に風呂敷の端を通す
②両端を2本ずつ結ぶ
「ワインの包み方」
①ワインの底を指2本分離して、横にする。
②風呂敷の端を上にして、挟むようにワインを立てる
③縛る
♪ 風は秋色 松田聖子(1980年)
<トイサピエンス>フィギュア
☆【ムービー・マスターズ】「ドクター・ストレンジ」1/6スケールフィギュア ドクター・ストレンジ 32,000円
☆【ムービー・マスターピースDX】「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」1/6スケールフィギュア ジャック・スパロウ 35,000円

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/643832/

 「昼めし旅」は、7/26の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
「静岡県 伊豆市」
 天城・浄蓮の滝、清らかな湧き水、日本屈指のわさびの産地、さわび鍋(あまご茶屋)、わさびアイス(あまご茶屋)
<筏場(いかだば)のさわび田>
 日本最大級のわさび田が広がる
<塩谷農園>
*真妻わさび
 キュウリ、トマト、ナス、セロリ
*わさびをする(わさびは上の方が新しく甘い)
 上の方からすりおろす(力を入れない、ゆっくり円を描く)
 わさび→辛味が鼻にきて、すぐ消える
 唐辛子→辛味が耳にきて、残る
・セロリとわさびマヨネーズ
(セロリを切り、わさびマヨネーズでいただく。)
・ナスとわさびじょうゆ
(炒めたナスをわさびじょうゆでいただく)
・わさびのきゃらぶき
(わさびの茎を煮込む)
・さわび漬け
・カツオのたたき
・わさび丼
①ごはんにかつお節をかけ、すりおろしたワサビをのせる。
②醤油をかける
「さわびの保存法」
 水分を取り、ビニール・ラップで包む(2週間はもつ)
「群馬県 沼田市」
 たんばらラベンダーパーク、吹割(ふきわれ)の滝
<金井農園>ブルーベリー
*おおつぶ星(群馬オリジナル)
※完熟したブルーベリー:実の付け根が黒い
・ハンバーグのブルーベリーソース
①ブルーベリーを鍋で煮込み、木べらでつぶす。レモン汁少々を入れる。(色止め)
②ハンバーグのタネを焼く。お皿に盛る。
③ハンバーグを焼いたフライパンに中濃ソースを入れ、①を加える。ハンバーグにかける。
・キュウリの漬物
・冷奴
(ブルーベリージャムをかける)
※ブルーベリージャム
①ブルーベリー、グラニュー糖、レモン汁を中火で15分煮詰める。
②1時間ほど冷やすのがコツ。
☆ブルーベリーミートソース
☆サラダ ブルーベリードレッシング

http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=46079/episodeID=1082238/

 「アサヒビール」より、メール。「アサヒスーパードライ」6缶が当たるらしい・・・。
https://www.asahibeer.co.jp/web-service/asahibeer/park/game/0056/
 それに、意図が分からないメールが来た。もうちょっと、考えよう!

 『田舎暮らしの本』2017年11月号より、田舎情報!
セルフイノベーションを始めたい人の「土壁塗り体験会」
・11月4日(土)長野県伊那市
 伊那市で古民家の土壁塗り体験イベントを実施。同市内で築150年の古民家を再生しながら住む過程を記録しているブログ「伊那谷の古民家再生」の作者、鈴木良氏が講師を務める。
 要予約・懇親会参加者のみ有料。
 詳細は問い合わせを。
場所/長野県伊那市内各所 ※伊那市役所集合
問 地域創造課移住・定住相談窓口
TEL 0265-78-4111

http://zenhankai.blog.fc2.com/
https://www.blogmura.com/profile/01026048.html

今がおいしい 旬の食材 10月

 仕事を終え、帰宅して「太平洋産 かつお土佐造り」で一杯♪あれっ!「柚子こしょう」がほとんどないジャン・・・ショウガとポン酢にしましょうか・・・。
 「ビッグ富士」の「かつおのたたき」って、小さいんだよね・・・↓
http://www.bigfuji.co.jp/
炭火焼き たたき
 美味しさは「鮮度」と「焼き」にあり。

 ここで、『ふれ愛交差点』2017年10月号より「今がおいしい 旬の食材 10月」の引用♪
・野菜
ほっこりとしたいも類がおいしい季節です
 さつまいも、じゃがいもなど、ホクホクのいも類がおいしい頃です。しっかりと甘みを蓄えた柿も秋ならでは。いずれも秋のビタミンCの補給源になります。また、この季節は今年の新米が出回ります。最近では産地や品種も広がりを見せているので、好みのものを探すのも楽しいですけ。
【吹き寄せ煮】(439kcal)
秋の味覚満載の華やかなひと皿。もみじの抜き型で季節感を演出しましょう。
『材料』(4人分)
・鶏もも肉・・・2枚
・さつまいも・・・1本(250g)
・れんこん・・・小1節(100g)
・にんじん・・・1/2本
・しめじ・・・1袋
・さやいんげん・・・5本
・ぎんなん(水煮)・・・12個
・サラダ油・・・大さじ1/2
・A
 だし汁・・・2カップ
 薄口ようゆ、みりん・・・各大さじ3
『作り方』
①鶏肉はひと口大に切る。さつまいもは皮つきのまま厚さ7~8mmの輪切りに、れんこんは厚さ7~8mmの輪切りにして、水にさらす。にんじんは厚さ7~8mmの輪切りにして、もみじ型で抜く。しめじは小房に分ける。さやいんげんは長さ5cmに切る。
②フライパンに油を強めの中火で熱し、鶏肉を皮目から入れ、こんがりするまで2~3分焼く。上下を返して2分ほど焼き、水気をきったさつまいもとれんこんを加えて炒め合わせ、Aを加えて汁気をとばすようにそのまま3分ほど煮る。
③にんじんを加えて2分、しめじ、さやいんげん、ぎんなんを加えて2分ほど煮る。さつまいもはくずれやすいので、様子を見てやわらかくなったら取り出す。器に盛り合わせる。

本日のカウント
本日の歩数:7,578歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« Fresh Marche NEWS「栗」 | トップページ | 「いただきます 秋の和食」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65904479

この記事へのトラックバック一覧です: 今がおいしい 旬の食材 10月:

« Fresh Marche NEWS「栗」 | トップページ | 「いただきます 秋の和食」 »