« 「天はま」「大庭英子のおいしい家ごはん」(6-1)「アジフライ」、そして「新・一番搾り」 | トップページ | 営業満点で夏バテに最適!健康維持に役立てたい牛肉パワー »

2017年9月 7日 (木)

<夏モノ語り>(5) 福岡・みやまの「線香花火」

 今日は、9月7日、「白露」。
 二十四節気の一つ。大気が冷えてきて、草花に朝露がおり始める時をあらわします。今年は9月7日です。

 昨日の「朝の!さんぽ道」は、「肉マニア!と月島さんぽ」「中央区 月島」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
*はっしー
《肉のたかさご》昭和22年創業
・やき豚 100gあたり 561円
・たれ漬けから揚げ 100gあたり 259円
・たれ(大)216円、(小)108円
《パパスバル》
・パクチービール 702円
・ラムチョップ 1,058円
(ヨーグルトソース)
♪ 熱風☆情熱☽せれなーで 近藤真彦(1982年)
「もんじゃストリート」
《ブルズ家》今年5月に進出!
・極みタンしゃぶ(1人前) 1,800円
(ポン酢)
・ブルズタワー 6,264円
(和牛ランプ、和牛シンシン、和牛ハラミ、太田牛のカルビ&ザブトンの5点盛り)
《もんじゃ ひめぜん》
☆ジローラもんじゃ 1,180円
☆デブリシャスもんじゃ 1,940円
(ビーフステーキと米・にんにくが入ったボリューム満点の一品)
・チャーシュー麺もんじゃ 1,180円

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/633380/

 「昼めし旅」は、「この夏行きたい!ニッポンの島SP」「東京都 小笠原村」。6/23の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
<竹芝客船ターミナル>
「父島」
 オガサワラハシナガウグイス、オオハマボッス
<中島さん>
・アオウミガメの煮込み
①塩と酒で漬けたアオウミガメの肉に、タマネギを入れて煮込む。
・ハロー(ホウキハタ)のタタキ
①ハローのさくを、フライパンで焼き、たたきにする。
・島寿司
①サワラを醤油とみりんで漬け込む。
②握り寿司にする。
③ワサビの代わりに辛子を使う。
・オナガの味噌汁

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1073019/

 「サッポロビール」より、メール。「旬のおつまみとヱビスで乾杯!「クックパッド」でレシピ公開中」♪
http://d.sapporobeer.jp/c/afz2ald5zOkD83af

 「TBSラジオアンケート」なるメールが来た。TBSを名乗っているけど、怪しいね!興味のある方は最後の*を7に変えてください。(自己責任ですよ)
 副業に関する簡単な’全3問の’2択’’アンケートにご協力頂いた方には抽選で最大現金『20万円』プレゼント(最低でも現金『1万円』以上当たります。)
 こちらにて今すぐ『1万円以上』を受け取ることができますよ。

http://goen-drive-info.com/tracking/af/1395/cm/3/lp/
////////////////////////////////////
配信停止
メルマガ購読の解除をご希望の方は、

sobar5512@yahoo.co.jp
までお願い致します。

 「732655 【公共料金請求書データ送付の件】」なんてメールも来た。「支払伝票(12017.09.05).xls」が添付されている。
hanamori@ma.kcom.ne.jp

 『田舎暮らしの本』2017年10月号より、田舎情報!
長野県喬木村「クラインガルテンたかぎ」のススメ
 四季折々の花や豊かな実りに恵まれている喬木村。「クラインガルテンたかぎ」で利用者を募集している。野菜の栽培を通して農業に親しみ、農村での余暇が楽しめるだけでなく、地域住民との交流も体験できる。
・募集区画/4区画
・利用料/年額36万円(電気・ガス・水道は別途)
・ラウベ/トイレ・浴室・ロフト付き
・応募資格/2名以上の家族、4月~10月に月2回以上滞在できる人、共同作業に参加できる人など
問 喬木村役場 TEL 0265-33-2001

物件「売木村」売家 1980万円、菜園~30坪
・土地面積 649坪2146m
・延床面積 34坪114m
・雑種地
・平坦地
・都市計画区域外
・築後15年(未登記)
・東側に幅7mの舗装公道
・電気、公営水道、水洗
・中央自動車道飯田ICより40km
・特徴/露天風呂のある村営温泉へ徒歩7分。1階は天井が吹き抜けで、薪ストーブやカウンター付きの広いLDK、4.5畳の和室、洋室1間、2階は洋室2間があるログ。南側にウッドデッキ付き。状態は普通。アマゴの棲む軒川、田園、集落が見下ろせる。
・(有)奥三河カントリー 媒介

http://www.inaka-tsuhan.com/

 今週は忙しい・・・。
 昨日も外、今日も外で仕事・・・おまけに、申込や報告書の提出もある・・・仕事が回らないよ・・・お上が、縦割りで横のつながりがないから、こんなに重なるんだろうな!!!

 仕事を終え、スーパーに向かう。売り出しの「いか里芋煮」100g213円を買うためだ。でも、量が少なかったんで止めた!・・・100g198円って、意外と量が少ないんだね・・・↓
 売り出しの「カネク キムチ」500g192円、「国産もっちり豚 豚モモ切り落とし」100g95円、408gで387円のもの、それに「長野県産白ねぎ」105円、「うの花」268円のところ20%引きで216円を買い帰宅。

<夏モノ語り>(5) 福岡・みやまの「線香花火」

 帰宅して、「うの花」で一杯♪
100g当り138円
おから、人参、ねぎ、醤油、砂糖、植物油、油あげ、増造酢、食塩、調味料

<夏モノ語り>(5) 福岡・みやまの「線香花火」

 それに、先日買った「から付き 落花生」♪
NET 400g
可食部100g当り 585kcal
加工者 株式会社 豆久商店
静岡県浜松市東区白鳥町683-2
TEL 053-545-4989

<夏モノ語り>(5) 福岡・みやまの「線香花火」

 デザートは、いただいたお菓子。
仕事は決戦 リクツなし
 洸る
イト ヌヘ ロヘ

 ここで、2017年8月10日の朝刊より、「<夏モノ語り>(5) 福岡・みやまの「線香花火」」の引用♪
◆はかなさ 人生のように
 産声を上げた小さな火の玉が、いっとき激しく光の矢束(やたば)を四方に散らし、やがてポトリと地に落ちる。「一見地味だけど、実は派手。火花がどんどん表情を変える」。福岡県みやま市のブドウ畑に囲まれた筒井時正玩具花火製造所は、安い中国産に押され、今ではほかに群馬、愛知両県にしかないという国産の線香花火の製造元。筒井良太さん(44)はその三代目になる。
 明るく、大きな火花。国産ならではの魅力を生み出す鍵は火薬の調合にある。
 原料は硝石(硝酸カリウム)、硫黄、松煙(しょうえん)。松煙は切り倒して三十年ほどたった松の根をいぶした宮崎県産を使う。調合割合は「湿度なんかの影響を受けるんで、いつも通用する正解はないんです」。試作品の火球がきれいなまん丸になれば、最高温度が理想の八〇〇度ぐらいまで上がっている証拠。一本わずか〇・〇八グラムというこの黒色火薬を和紙に包み、こよりのようによった「長手(ながて)」と、ワラの先に火薬を塗った「スボ手」の二種に仕立てる。緻密な手業が、華やかで、はかなげな火花の表情を生む。
 花火の歴史は古く、江戸時代には徳川家康が観覧したと伝わる。戦の道具だった火薬は、江戸の世で庶民の娯楽として花火に形を変えた。この頃、香炉に線香のように立てて遊んだのが線香花火の名の由来という。
 長く隆盛を誇った国産花火は、一九八〇年代から中国産に徐々に押され、都市部では遊べる場所も減少。おもちゃ花火の国内生産額は、過去約二十五年で五分の一に落ち込んだ。
 線香花火も「単価が三十分の一ほど」(大手卸業者)という中国産が今や九割以上を占める。筒井さんは、九〇年代末に「国産最後の一社」とされたおじが経営する福岡県八女市の製造所が廃業した折に、技術と道具を引き継いだ。「三百年以上、日本人に愛されてきたものだから」。それまで扱ってこなかった線香花火を看板商品に据えた。
 八年ほど前に開発した「線香花火筒井時正」は、八女の手すき和紙を草木染で染め、持ち手を花びらのように仕上げた繊細な一品。「人の一生に例えられる花火だからこそ、人生の節目に贈ってもらえれば」。きり箱に納め、大人向けの贈答品として新たな市場を開拓する。
 夜。ひとしきり派手な花火で騒いだら、最後にようやくそれを手に取る。ジー、パチパチ…ポトン。線香花火の一生は、祭りの帰り道のような、どこか切ない夏の日の記憶につながっている。「限られた時間で天命をまっとうするように咲く。生きざまみたいなものを示してくれてるんじゃないですかね」。だから人は魅せられる。
 (西日本新聞・斉藤幸奈)
 =おわり
【メモ】
 筒井時正玩具花火製造所は1929年創業。子ども向けのおもちゃ花火約30種を手掛ける。線香花火は年間約80万本を製造。長手、スボ手ともに15本入り540円。「線香花火筒井時正」40本に、九州産ハゼの実から抽出されたろうでできた和ろうそくと、九州の山桜でつくったろうそく立てが付いた「花々」はきり箱入りで1万800円。製造所のほか、ホームページ=
http://tsutsuitokimasa.jp/=での購入も可能。福岡県みやま市高田町竹飯1950の1。(問)同製造所=電0944(67)0764
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017081002000003.html

本日のカウント
本日の歩数:7,002歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「天はま」「大庭英子のおいしい家ごはん」(6-1)「アジフライ」、そして「新・一番搾り」 | トップページ | 営業満点で夏バテに最適!健康維持に役立てたい牛肉パワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <夏モノ語り>(5) 福岡・みやまの「線香花火」:

« 「天はま」「大庭英子のおいしい家ごはん」(6-1)「アジフライ」、そして「新・一番搾り」 | トップページ | 営業満点で夏バテに最適!健康維持に役立てたい牛肉パワー »