« 「オスモカラー」、そして「黒豚ロールステーキ」 | トップページ | カルビ、タン、ハラミ、ロース・・・etc. 絶対美味しい!焼肉の食べ方 »

2017年9月11日 (月)

今どきの料理教室は外国語で学ぶ!?

 今日は、9月11日、「二百二十日」。

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「北海道 美瑛町」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
<大原牧場>
*チーズ作り(フレッシュチーズ)
①生乳を鍋で64℃で低温殺菌し、冷水で31℃まで下げる。
②乳酸菌(TCC-3)を溶かして入れる。凝固剤を入れ、2時間ほど固まるまで待つ。
③専用の器具でサイコロ型にカットする。上澄み液を取り除く。
④型に入れ形を整える。
⑤1cmの厚さにカットし、お湯に数秒浸け、中で軟らかくする。
⑥伸ばして重ねる、伸ばして重ねるを繰り返す。→さくチーズになる。
・坊ちゃんかぼちゃの冷製スープ
①坊ちゃんかぼちゃをレンジで4、5分加熱して、裏ごしして、クリーム状にする。
②沸かした牛乳に混ぜ、しばらく煮込み、粗熱を取って冷やす。
③中身をくり抜いた坊ちゃんかぼちゃに入れる。仕上げに生クリームをかける。
・ピザ
①強力粉と水を練って、伸ばし生地作り。
②美瑛産トマトをタマネギとオリーブオイルで炒め、味をととのえ、しばし煮詰める。
③②を①に塗り、ピーマン、ソーセージ、コーンなどをのせ、手作りチーズをのせる。
④オーブンで焼く。

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0115/

 「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、「人気観光地で絶品グルメ探し!」「福島県 会津若松」。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
 鶴ヶ崎城、白虎隊の地
《白孔雀食堂(しろくじゃく)》創業70年
・名物カツ丼 1,250円(税込)(ソースカツ丼)
<ルネッサンス中の島>《なかじま》創業70年
☆煮込み海老フライ丼 1,400円(税込)
☆キャベツソースカツ丼 1,050円(税込)
・元祖煮込みソースカツ丼(ロース) 1.050円(税込)
「野口英世青春通り」
<加藤陶器店>
<野口英世青春館>
《珈琲館 蔵》
☆スープスパゲティ 800円(税別)
☆ベーコンチーズ焼きサンド&コーヒー 830円(税別)
☆ハヤシライス(Mサイズ) 880円(税別)
・オリジナルパングラタン 1,100円(税別)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1095078/

 「ごちそうカントリー」は、「浜松市西区雄踏町 ジャンボ落花生」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<嶌農園(しま)>
*おおまさり:極大粒実、甘みが強く、軟らかいので、ゆで豆などに最適
【茹でジャンボ落花生】
『材料』
・ジャンボ落花生・・・400g
・塩・・・大さじ2杯
・水・・・1リットル
(塩の量は、水の分量に対して3%位が目安)
『作り方』
①鍋に水と塩を入れ、洗った落花生を殻ごと加え蓋をして火にかける。(水から茹でる)
※落花生が浮き上がるので、落とし蓋などがあるとベスト
②沸騰したら中火~弱火にして、25分~30分更に茹でる
③火を止めて、20~30分そのままゆで汁のつけたまま放置して冷まし、ザルにあげ完成!
※冷めるときに塩味がしみ込むので長時間放置すると塩味がきつくなる場合もあります
【ジャンボ落花生の炊き込みご飯】
『材料』
米1合に対して、
・ジャンボ落花生・・・100g、
・しょう油・・・大さじ1杯の割合
『作り方』
①落花生は外側の殻をむき、薄皮ごと3~4%程度の塩水に30分程度浸す
②研いだ米と下ごしらえした落花生にしょう油を加え、ご飯を炊く要領で炊飯器にセット
③炊き上がったら15分程蒸らし、その後、軽く混ぜれば完成!

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=54317

 「ごちそうカントリー」の視聴者プレゼントに応募!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfR0g5JX4pkcXpzzX4syz8fiKbbhrzBOFTi909k8U1Ympu1fA/viewform

 今日の午後は、外の仕事・・・偉い人たち、終了時間を間違えている・・・勤務時間が過ぎているよ・・・。(管理職なんだから、しっかりしてくださいよ!!!!)
 そんなわけで、予定時間より、遅い帰宅。
 信号の相性が良く、なんか早く帰れた・・・!(ありがとうございます)
 帰宅途中、「酒&FOOD かとう」に寄り、「むぎ焼酎壱岐」40度3,240円を伝票にて買い帰宅。

 帰宅して、「豚キムチ豆腐」で一杯♪
今どきの料理教室は外国語で学ぶ!?

 肉は、先日100g95円で買った「国産もっちり豚 豚モモ切り落とし」。

今どきの料理教室は外国語で学ぶ!?

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った 本格にがり仕立て豆腐
内容量 320g
100g当たり72kcal
販売者 株式会社 ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

今どきの料理教室は外国語で学ぶ!?

 キムチは、「カナフク キムチ」♪
野菜の街 豊𣘺
FOOD ACTION NIPPON
 国産食材使用 by kanefukutukemono
国産白菜使用
カネフク謹製
 はくさい、赤とうがらし粉、ニンニク、りんご、たまねぎ、トマト、しょうが、漬け原材料(食塩、ぶどう糖果糖液糖、醸造酢、還元澱粉糖化物、動物性タンパク加水分解物、発酵調味料、しょうゆ、魚醤)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘多糖類、パウリカ色素
内容量 500g
製造者 カネフク漬物(株)
愛知県豊橋市大村町山所64
TEL 0120-123768

 ここで、2017年9月8日のオマケの新聞より、「今どきの料理教室は外国語で学ぶ -”本場の味”通して異文化交流-」の引用♪
 公益財団法人浜松国際交流協会(HICE=ハイス)は、浜松で日本人と外国人など多様な背景を持つ市民が、地域社会の仲間として生活できる「多文化共生社会」を目指しています。今回はその一環として開催している人気の料理教室を紹介します。
異文化交流から多文化交流の時代へ
 浜松国際交流協会(以下HICE)は、市民レベルの国際交流を目的に1982年に創立され、今年35周年を迎えました。現在、浜松市には約2万人の外国人が住んでいます。その内ブラジル出身者が約4割、次いでフィリピン、中国、ベトナム、ペルー、韓国、インドネシアと多国籍化し、今では浜松で生まれた2世、3世も増えるなど、より多様化している中、多文化共生の必要性が増してきています。
 HICEは多文化共生推進のためさまざまな事業を展開。多様性を認め合う社会の実現と、世界の一員として生きる広い視野を持つ人材の育成を目指しています。その活動は情報提供を始め、多言語での相談受付(法律、税務、メンタルヘルスなど)、日本語教室の運営、各種イベント開催、ボランティアや市民活動の支援など多岐にわたります。
「分からない」を楽しみながら交流する
 そんな中、手軽な異文化交流の一つとして好評なのが「多言語de世界のクッキング体験」。外国人を講師に、海外の”本場”の料理をレクチャーするというもの。取材に訪れた日は、ALT(外国語指導助手)として市内の高校に勤務するパキスタン系アメリカ人のファラ・ハスネインさんが講師になり、チキンカレーのレシピを伝授。参加した20人の生徒は日本、アメリカ、インドネシアなど7ヵ国と国際色豊か。調理進行は英語で行われました。イベントの目的は英語を学ぶことではなく、言葉が通じない状況に身を置くことで日本に住む外国人の立場を理解すること。調理が始まり、さっそく戸惑っていたのはコリアンダーやガラムマサラなどのスパイスについて。「小さじ何杯って言ってた?」「計量スプーンではなく、ティースプーンって言わなかった?」など、少し聞き取りづらい様子。皆さん必死で取り組んでいます。
 一方、外国人の参加者は飛び交う日本語に「生きた日本語に触れられる」とにこり。英語がわかる人がフォローし合うほほ笑ましい光景が見られました。夫婦で参加した男性は「講師からお母さんの味に近いと褒められました」と満足そう。妻の女性も「独学で英語を勉強しているけど、外国人に道を尋ねられると言葉が出ない。ここで英語に慣れて困っている人の助けになりたい」と話し、二人はこのイベントをきっかけにHICE会員になりました。また、仕事で海外とのやり取りが必要な男性は料理を目的に参加。自分でスパイスを調合したカレー作りが趣味で「本場の方に教えてもらえるめったにないチャンスと思い参加しました・カジュアルな国際交流といった感じでとても楽しい」と話してくれました。
困った時はお互い様 浜松から世界へ発信
 この料理教室はHICEと特定非営利活動法人FRECTいVE(フレクティブ)との共同開催。妻がアメリカ人の同法人代表理事の山本洋士さんは「浜松市は夫の仕事が理由で在住する外国人も多く、日本に馴染めずに孤立してしまうケースもあります。こういった場で交流をしてもらえたら」と話します。次回は9月30日(土)、シンガポール料理です。シンガポールは英語、マレー語、中国語、タミル語が公用語の多民族国家。どんな料理を作るか楽しみです。申し込みは電話、メールまたはHICE窓口へ。
 日本人と外国人を含め多様な市民でつくる多文化共生社会を目指すHICEは、今まで以上に活動域を広げ、各協働センターでのイベントも計画しています。また、通訳やホームステイの受け入れなど、浜松地域の国際化を推進し、活動を支援してくれる会員やボランティアを随時募集しています。
 10月は「多文化共生MONTH(月間)」として、浜松にいながらにして国際交流を体験できる多彩なイベントを開催。また、2018年2月には第8回はままつグローバルフェアの中でHICE設立35周年記念の催しを開催する予定。さまざまな国の良さや文化の違いに触れてみてはいかがでしょう。
 「お互い様」の思いやりを浜松から発信し、その心が国境を越えて世界中の人々とつながるきっかけになりそうです。
「外国人と楽しく交流できるイベント・講座」
・9/12(火)~ 語学講座(7言語)、その他親子向け英語講座
・9/23(土) 多言語de世界のクッキング体験①ドイツ料理
・9/30(土) 多言語de世界のクッキング体験②シンガポール料理
・10/15(日) 英語で世界の異文化理解「世界のE-文化」
「公益財団法人 浜松国際交流協会 HICE(Hamamatsu Funcation for International Communication and Exchange)」
TEL 053-458-2170

http://www.hi-hice.jp/

本日のカウント
本日の歩数:7,239歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「オスモカラー」、そして「黒豚ロールステーキ」 | トップページ | カルビ、タン、ハラミ、ロース・・・etc. 絶対美味しい!焼肉の食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今どきの料理教室は外国語で学ぶ!?:

« 「オスモカラー」、そして「黒豚ロールステーキ」 | トップページ | カルビ、タン、ハラミ、ロース・・・etc. 絶対美味しい!焼肉の食べ方 »