« 第11回 浜名湖アート・クラフトフェア | トップページ | 「水野式!」【京都風 カレーうどん】 »

2017年9月17日 (日)

「米鶴」、そして「特撰ねぶた漬」

 今日は、9月17日「イタリア料理の日」。

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「幻の鶏肉 ハラミ」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/harami580/?scid=rm_197493
 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「北海道ラーメン特集」♪
・札幌 すみれラーメン
 味噌ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメン、昔風しょうゆラーメン
・えびそば 一幻ラーメン
 えびしお、えびしょうゆ、えびみそ
・北海道名店の味 6食セット
 あじさい 塩ラーメン、一幻 塩ラーメン、開高 味噌ラーメン、白樺山荘 味噌ラーメン、梅光軒 醤油ラーメン、けやき 味噌ラーメン

https://item.rakuten.co.jp/snowland/c/0000000693/?scid=rm_190841

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「ぶどう 長野・上田市 世界のパティシエが極上のぶどうに出会う」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《モンサンクレール》辻口博啓シェフ
☆タルトショコラフリュイ4号 2,610円
☆シャインマスカットのガレット 540円
☆ヴェリーヌ ~ナガノパープル×シャンパーニュ~ 540円
<飯塚農園>18種類のぶどう
*ナガノパープル(種なし皮ごと) 巨峰×リザマート
*真沙果(まさか)
*黄妃(おうひ) 黄色い新品種
※グロースガン:
 圧縮した空気を入れて土に穴を開け、水はけを良くする。
★クープナガノパープル
(保野香(仮)ほのか、黄妃、雷電(仮)らいでん、姫香(仮)ひめか、ナガノパープル、真沙果)
★ナガノパープルのスムージー
【ぶどうのスムージー】
『材料」
・ぶどう…400g
・砂糖…40g
・スパークリングワイン…140cc
※お子様、アルコールが苦手な方は炭酸水で代用。
『作り方』
①ぶどうを一晩冷凍庫に入れて凍らせる。
②凍ったぶどう、砂糖、スパークリングワインを入れてミキサーで撹拌させる。
※氷を砕けるミキサーを使用。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0115/

 先日の「谷原章介の25時ごはん」は、第十六話「今 話題のアイドルは章介も”会いたかった””恋する”超努力女子」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/
*NGT48 荻野由佳(おぎゆか)
 「100点よりも100%」
【こんな料理に会いたかった恋する”谷原特製カルボナーラ】(940kcal)
『材料』(2人分)
 ニンニク 2片、牛乳 300cc、ブロッコリー 半個、パスタ 160g、ソーセージ 120g、ツナ缶 1缶、アボカド 1個、卵 2個
①ソース作り
 ブロッコリーを一口サイズに切る。
 ニンニクをボウルの底で潰し、フライパンに入れる。牛乳を入れる。ブロッコリー、ソーセージ、ツナを加える。
※ソーセージは手でちぎることで断面積が広くなり、味が染み込みやすくなる。
 フォークでブロッコリーを潰しながら、約25分弱火で煮込む。
 アボカド(3/4個)の皮をむき、種を取って1cm角に切り、ボウルに入れる。卵白(卵2個分)を加える。アボカドと卵白をフォークで泡立てるように混ぜ粉チーズ(20g)を合わせる。
《寿司ダイニング やまざき》新潟・中央区
☆甘エビ 280円(税込)
「夜のおとも」新潟B級グルメ
・みかづき「イタリアン」 1110円(3個入 税込)
・バスセンターのカレー 540円(税込)
②パスタ作り
 沸騰したお湯に塩、オリーブオイルを入れて、パスタを茹でる。
 フライパンで煮込んだブロッコリーのソースにパスタを投入し、塩で味を整える。
 「アボカド+卵白+粉チーズ」のソースと合わせる。
③盛り付け
 パスタ器に盛り、飾り用アボカド(1/4個)卵黄(1個)をのせる。
 黒こしょう、粉チーズをふりかける。
【谷原特製フルーツピクルス】
 スイカ 180g、桃 1個、キウイ 1個を一口大に切り、新ショウガの甘酢漬け 20g、リンゴ酢 100cc、はちみつ 大2、水 100ccと一緒につけて冷やす。

http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20170830.html

 「ブラタモリ」は、「#83 高野山と空海」だった。
http://www.nhk.or.jp/buratamori/
<慈尊院>
・町石:
 距離を示す道しるべ。180町=約20km。ここでは高野山の中心部までの距離を示す。
<大門>
<壇上伽藍(だんじょうがらん)>
・根本大塔
・金堂
 内陣
 両界曼荼羅(りょうがいまんだら)
 右:胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら):
   物質の世界。中心があって広がっている。
 左:金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)
   9つに分かれている世界依、時間の概念。精神の世界
<奥之院>
・一の橋
・墓
・五輪塔 空風火水地 大日如来
※お釈迦様が入滅されて56億⑦000万年後に弥勒菩薩が人々を救済する。
・一石五輪塔:庶民の供養塔
<燈籠堂(とうろうどう)>
<空海 御廟>
・阿弥陀地蔵
<高野山霊宝館>山の正倉院
・国宝「聾瞽指帰(ろうこしいき)」
  尊円寂一切通(仏法の尊者は一切に通じる)

http://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list83/index.html
http://service-news.tokyo/buratamori-koyasan-14386

 今日のテレビ「所さんの目がテン!」は、「”科学的ひと手間”で家庭の麺をお店の味に!
http://www.ntv.co.jp/megaten/
*パスタ
 2016年5月8日「パスタの科学」蒸しパスタ
・フライパンに水400mlを入れる。沸騰したらパスタを半分に折り入れ、蓋をして泡が出たら中火にし、パッケージ通り加熱する。
*即席ラーメン
・水1Lに対し、重曹大さじ1杯を入れる。(吹きこぼれるので必ず沸騰する前に重曹を入れる。)麺を茹でる。
 重曹は苦味があるので、スープは別のお湯で作る。
 重曹がない場合は、こんにゃくでも代用できる。
・麺を茹でる時、糸こんにゃくを足す。
・重曹を入れて茹でた細パスタ→ラーメン
「麺を茹でる時の悩み」
*吹きこぼれ
 小皿を逆さまにして沈める。内向きの対流になるので吹きこぼれしにくくなる。
*鍋底に麺がくっつく
 1Lのお湯に対して牛乳大さじ1を入れる。
 牛乳を使うと脂肪分が含まれているので、麺のまわりをコーティングして、くっつかない効果を引き出した。ゆでた後の麺同士のくっつきも防ぐ!
 牛乳のタンパク質が鍋底に薄い膜をはる。
*ゆでうどん(多加水麺)
 品質が変わらないように、麺に水をたくさん含ませている。
①袋から出したうどんを電子レンジで加熱する。→コシが出る
 袋から出して皿に入れラップする。500Wで2分加熱する。
②表示通りの時間茹でる。
※電子レンジで水分を飛ばすとコシを取り戻すことができる。
*焼きそば→べちゃっとしてしまう
①肉、野菜を炒める。
②麺を入れ、酒大さじ1を加えて炒める。
③ソースを入れ、よく混ぜる。
※屋台のやきそば:高温の鉄板で炒めるので余分な水分が飛び、べちゃっとしない。酒は沸点が低いので、余分な水分を残さない。

http://www.ntv.co.jp/megaten/backnumber/index.html

 「男子ごはん」は、「蒼井優とBBQ!初心者でも簡単!ダッチオーブンを使った料理」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/
【ローストチキン】
『材料』(4~5人分)
・丸鶏・・・1.5~2キロ
・A
 塩・・・大さじ1/2
 ガーリックパウダー、クミンパウダー・・・各小さじ1
 ナツメグ・・・小さじ1/2
 黒こしょう・・・適量
・じゃがいも・・・500g
・にんにく・・・1個+3片
・タイム7~8本
・ローズマリー・・・5~6本
・ルッコラ・・・適量
・オリーブ油・・・適量
・白ワイン、塩、黒こしょう・・・各適量
・フレンチマスタード、レモン(くし形に切ったもの)・・・各適量
『作り方』
①丸鶏のお腹の中にオリーブ油(大さじ1)、塩(適量)を塗り、半分に切ったにんにく(3片)、タイムとローズマリーを半量ずつ詰める。
 丸鶏の表面にaをすりこみ、オリーブ油(大さじ2)を塗りこむ。
②じゃがいもは皮付きのまま縦4~5等分に切る。にんにく1個は皮付きのまま横半分に切る。
③ダッチオーブンにオリーブ油(適量)を引き、じゃがいもを入れ、丸鶏、②のにんにくを入れる。丸鶏の足に残りのタイムとローズマリーを挟む。
 蓋をしてダッチオーブンを火元から15㎝高さくらいにセットして加熱する。
④ジュージュー音がしてきたら、火元から30㎝高さくらい上げて、蓋の上にも炭をおいて30~40分くらい加熱する。
 丸鶏の表面に焼き目がついたら蓋の炭は取り、さらに火元から上げて離す。
⑤焼き上がったら丸鶏、じゃがいも、にんにく等を取り出す。
 肉汁が残ったダッチオーブンを火にかけ、白ワインを加え、沸いてきたら塩を加えてひと煮してソースにする。
⑥丸鶏、じゃがいも、ハーブ、ルッコラをボードに盛りつけ、⑤、フレンチマスタード、レモンを添える。

http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/recipe/170917/recipe_113.html
【ベーコンピラフ】
『材料』(4~5人分)
・スモークベーコン・・・150g
・にんじん・・・50g
・ピーマン・2個
・にんにく(みじん切り)・・・1片
・米(洗ったもの)・・・2合
・A
 水・・・360cc
 コンソメ(顆粒)・・・小さじ1/2
 塩・・・小さじ1/2
・オリーブ油・・・小さじ1
『作り方』
①ベーコン、ピーマンは1㎝角に切る。にんじん、にんにくはみじん切りにする。Aを混ぜる。
②ダッチオーブンを熱してオリーブ油を引き、ベーコンを炒め、ベーコンの色が変わったらにんにく、ピーマン、にんじん、を加えて炒める。全体に油が回ったら、米を加えて炒める。
 米が少し透き通ってきたらAを加えひと混ぜしてから蓋をして、火元から15㎝高さくらいにセットして加熱する。
 沸いてきたら火元から30㎝くらい離して上げ、10分炊く。

http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/recipe/170917/recipe_114.html

 台風が近づいているせいか、風が強い!
 郵便を投函しに行く。ついでに、金曜日にいた捨て猫が気になっていたので、そちらを回ってみた・・・いなかった。誰かに拾ってもらえたのだろうか!?
 「酒&FOOD かとう」に、1升瓶を返しに行く。
 「米鶴」2,462円、「天然無添加えびフライ」279円のところ213円を伝票にて買い帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/

 今日の昼食は、先日のタモリ倶楽部で気になっていた「西友」の「みなさまのお墨付きシリーズ」の「カレー(甘口)」(^^♪
 炒め玉ねぎと完熟トマトのコクと旨味
210g(1人前)
1食210gあたり155kcal
みなさまのお墨付き
 「みなさまのお墨付き」ブランドの製品は、全て第三者機関が実施する消費者調査によって、高い評価を得たものです。
詳しくはこちらから

http://www.seiyu.co.jp/pb
販売者 合同会社 西友
東京都北区赤羽2-1-1
TEL 0120-36-0373

 カレーには、コーヒーが美味しいね♪

「米鶴」、そして「特撰ねぶた漬」

 夕方は、「純米生酒 米鶴(よねつる)」で一杯♪これ、安くて美味しいですよ・・・コスパに優れているね↑↑↑
Grateful Crane TAKAHATA YMAMGATA
 果実様のフルーティーな香りで、豊かな味わいの純米生酒です。必ず冷してお召し上がり下さい。
〈召し上がり方〉
 冷やして ◎
 常温 〇
〈相性の良い料理〉
 軽快な旨味を持つものやシンプルな味付けの料理と好相性をみせます。食前酒的飲用に適します。
・和風:生ガキ、イカそうめん、あさりの酒蒸し
・洋風:たらこスパゲティー、帆立貝のバター炒め
・中華風:蒸し鶏、生春巻き、シュウマイ
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合 65%
アルコール分 15度
甘辛・濃淡度 やや辛口・やや淡麗
杜氏 須貝 智
山形県東置賜郡高畠町二井宿1076
米鶴酒造株式会社
TEL 0238(52)1130

http://www.yonetsuru.com/

「米鶴」、そして「特撰ねぶた漬」

 おつまみは、「天然無添加えびフライ」♪
 無添加天然パプアニューギニア産えび、国産小麦粉、パン粉、国産菜種油、鶏卵、食塩、こしょう

 携帯の履歴に「ぺんきやのおっちゃん」からの着信履歴があった・・・。そうだった、昨日「ハゼ」を頂いたんだった!!!
 休日は、早くから飲み始めるんで、頂いた時は、もうよれよれになっていた・・・頂いたハゼは冷凍しておいたんだっけ・・・今日、食べるのを忘れた!!!
 ハゼの天ぷらも、美味しそうで食べたかったんだけど・・・。(申し訳ない、後日、頂きます!!!)
http://pennkiyasan.hamazo.tv/

 ここで、2017年7月29日の朝刊より、「世界で金賞 純米吟醸酒 花の舞酒造、1日発売」の引用。
 花の舞酒造(浜松市浜北区)は8月1日、4月に英国であった世界最大級のワインの審査会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2017」のSAKE部門(日本酒)の純米吟醸酒の部で金賞に入った「花の舞 純米吟醸 熟成酒」をはつばいする。
 県西部の契約農家が栽培したコメの山田錦を精米歩合60%で使用。通常の造り方の何倍もの時間と労力がかかる「山廃仕込み」で、水にある天然の乳酸菌を利用して醸造し、うまみ成分が増えている。味わいが濃厚で、常温でも複雑なうまみがあるという。
 希望販売価格は720ml1,250円、1800ml2,500円。全国の酒店などで扱う。
 IWCはロンドンの広告会社が1984年から開催しており、SAKE部門は2007年から。

 さらに、2017年8月26日の朝刊「この人」より、「東北と熊本の米で復興応援の酒 鈴木 孝市さん(33)」の引用。
 「うまい酒が人の輪を広げてくれたらうれしい」と完成した酒「絆結(きゆ)」を手に話す。東日本大震災や熊本地震などの被災地の復興を応援する「興こし酒」だ。
 福島県会津坂下(ばんげ)町に1904年から続く老舗、曙酒造の四代目。東京で会社員を経験して帰郷し、県の職業能力開発校である清酒アカデミーで酒造りのイロハを学んだ。ところが杜氏を任された2011年3月に福島第一原発事故が起きる。福島県の農産加工品には買い手が付かず、いきなり逆境に立たされた。
 ここで世に送り出したのが、日本酒をベースにしたリキュールだった。地元産のヨーグルトを合わせ、飲みやすく仕上げた。大胆な発想の産物は福島の酒ブームをけん引するヒット商品となった。
 昨年、絆結の杜氏に指名され戸惑った。被災した福島、宮城、岩手、熊本県の米を使用する。違った風土で育った米は味も保水量も違い、合わせるのは簡単ではない。
 だが今年5月、仕込んだ醪を搾って試飲して驚いた。「想像した以上によい香りがした。味も福島の酒らしく甘くてふくよか」と笑顔で話した。「酒の神様が祝福してくれたのかも」
(坂本充孝)

 2017年9月8日の朝刊に、「香り穏やか特別純米酒 磐田、袋井、森「遠州てんこもり」販売」という記事が出ていた。
 磐田小売酒販組合(大田泰彦理事長)は7日、袋井産の酒米・山田錦で醸造した秋上がり特別純米酒「遠州てんこもり」を発売開始した。磐田と袋井、森の二市一町の組合加盟店18店舗で扱っている。
 同組合のオリジナル商品。原酒を酒蔵で半年寝かせたことで、味が丸くなり、穏やかな香りに仕上がっているという。
 大田理事長は「まろやかで、サラッとした風味を楽しんでもらいたい」と太鼓判を押している。
 720ml入り(1350円)が206本、1.8L入り(2700円)が84本の限定販売。問い合わせは同組合=電0538(32)3545=へ。
(夏目貴史)

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「特撰ねぶた漬」(青森県)の引用♪
ねば、プチ、シャキ 食感の調和
 青森県の行政、経済、文化、交通等の中心都市の青森市は、リンゴや帆立て貝など有数の農林水産業の町。この市内で昭和10年創業のヤマモト食品は、数の子や昆布巻きを
原点にスタートした水産加工食品会社である。
 人気商品の一つが50年前に製造販売した「ねぶた漬」。厳選した数の子、ダイコン、キュウリ、スルメと、粘りのあるがごめ昆布を一緒に漬け込んだ醤油漬である。要望に応えた数の子増量版が日本ギフト大賞2017都道府県賞受賞の「特撰ねぶた漬」だ。
 がごめ昆布のねばねばのタレをまとったぬるりとしてプチプチの数の子やシャキシャキのダイコン、こちっとしたスルメなどさまざまな食感と素材が口の中で調合してうまみを醸し出す。「ご飯にのせて食べるとお替わり必定。酒の肴にもぴったりです」と社長の山本浩平さん。
 がごめ昆布は北海道・函館東海岸など限られた海に生育する貴重な海草。表面のデコボコが”籠の目”のよう、が語源。ねばねばに含まれるフコイダンやアルギン酸は近年の研究で高血圧症、腸内調整、抗がん作用に効果があると注目されている。
●ヤマモト食品株式会社
青森市野内浦島56の1
TEL 017(726)5581
FAX 017(726)5575
8時~16時30分、日曜・祝日休、水・土曜不定休。
1個(250g)、税込み972円。
※冷凍で宅配。送料別途

http://www.yamamoto-foods.co.jp/

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「スダチとカボス」の引用♪
香り楽しむ酢ミカン
 カボスはミネラルが多め、スダチは特有のフラボノイド「スダチチン」が含まれています!
・科属:ミカン科ミカン属
・漢字名:酢橘/香母酢
・英名 sudachi / kabosu
 秋の味覚といえば、やっぱりサンマ。脂がのったところをジリジリと焼いて、そこにジュっと搾りかけたいのが、あの緑色の柑橘類だ。さて、スダチとカボス、とちらにしようか。
 スダチに決まっている、と徳島県民。やっぱりカボスでしょう、と大分県民。それもそのはず、スダチの生産量は徳島県が全国の9割以上、カボスは大分県が9割以上を占めているのだ。生まれ育った土地の風味は、やはりうれしいものだ。
 他県民としては、どちらも甲乙つけがたい。ともすれば、違いもいまひとつわからない。いや、比べてみれば、姿形や香りの違いはわかる。スダチのほうが小ぶりで皮が薄く、よりさっぱりした、すっとした香り。カボスのほうがやや大きく、風味にもふくらみが感じられる。
 でも、どちらもすがすがしい香りと、すっきりした酸味が魅力であることは変わらない。いずれも酢ミカンと呼ばれるように、ミカンの仲間。果実を食べるよりは、香り酸味を楽しむものとして、香酸柑橘と総称され、ユズなども含まれる。
 黄色く色づく冬が旬のユズに対し、スダチやカボスは青い未熟果の香りが喜ばれ、旬は9月。焼き魚に添えるだけでなく、ドリンクやデザート、ドレッシング、さらに皮を刻んで料理に加えるなど、さまざまに活用して、さわやかな味を楽しみたい。

本日のカウント
本日の歩数:4,412歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 第11回 浜名湖アート・クラフトフェア | トップページ | 「水野式!」【京都風 カレーうどん】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65801664

この記事へのトラックバック一覧です: 「米鶴」、そして「特撰ねぶた漬」:

« 第11回 浜名湖アート・クラフトフェア | トップページ | 「水野式!」【京都風 カレーうどん】 »