« 防災、防犯に・・・備える術を身につける!家を護るメソッド。 | トップページ | <夏モノ語り>(3)浜松の「注染そめ浴衣」 »

2017年9月 3日 (日)

「秋の味覚を味わいましょう」、そして「きっずベジ野菜ソーセージ」

 今日は、9月3日、「グミの日」「クエン酸の日」。

 今朝の新聞折り込みチラシに「HONDA 期間従業員」が入っていた!
期間従業員募集
 福利厚生が充実しているから、安心して働けます。
・月収例 241,944円
・日給 9,600円~
 平常勤(8:10~17:00/実働8h)/9,600円
 1勤(7:00~15:45/実働8h)/10,364円
 2勤(15:35~24:00/実働7h40m)/11,494円
 3勤(23:50~翌7:10/実働6h35m)/12.481円
本田技研工業(株)トランスミッション製造部
浜松市中区葵東1-13-1
TEL 0120-735-107

http://www.honda-employee.com/ 

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」は、「がかくの里2017」。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
「流しそうめん計画」
 うどん、冷や麦、そうめんは、小麦粉を塩水でこねたもので生地までは同じ。違いは”太さ”と”補足する方法”。
*麺の太さ
 うどん 1.7mm以上
 冷や麦 1.3mm以上~1.7mm未満
 そうめん 1.3mm未満
*細くする方法
 うどん、冷や麦 切る
 そうめん 延ばす
①小麦粉(中力粉)に塩水を加え、15分ほどよくこねる。
②乾かないように濡れたふきんで包み、30分、生地を寝かせる。
③生地を平たくのばし、渦巻き状に太く切る。
④乾燥を防ぐため、手に油(綿実油)を塗り、細くのばす。
⑤少しのばして寝かせ、少しのばしては寝かせをくり返し、直径7mm程度まで細くする。
⑥2本の棒に麺を8の字にかけ、密封できる箱に入れ、1時間寝かせる。
⑦棒を引っ張りのばし、また箱に入れて、12時間寝かせる。

※11月~3月の寒く乾燥した時期に行うことが一般的。

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「コハダ 江戸前鮨の匠 有明海の夏を握る!」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《築地青空三代目》前田康衛さん
☆有明海産 コハダ
※伍代夏子《市六水産》
「佐賀県太良漁町」竹崎漁港
 コハダ、芝エビ、ワタリガニ、赤ウニ、ケンサキイカ、マダコ
<寺田さん>投網漁
*コハダ 体長約6cmから10cm
 シンコ 体長約5cm以下
・コハダの刺身
《鮨 久ちゃん》
★ケンサキイカの握り(レモンと塩で)
(唐津産ケンサキイカを細切りにする。シャリはネタにくっつけるイメージ)
★スズキの握り(柚子こしょうと青ネギで)
★タコの桜煮の握り
★赤ウニの軍艦巻き
★竹崎カニのミニ丼ぶり
★コハダの握り
(酢〆したコハダに切り込みを入れる。三つ編みにする。甘エビのおぼろを乗せる)
★シンコの握り

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0113/

 先日の「谷原章介の25時ごはん」は、第十四話「章介が会いたかったアーティストは どこまでも”お料理ファースト”なラッパーだった」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/
*DJみそそるとMCごはん(おみそはん)
【胸を弾ます!食べて心休まる!トマトのすり流ししゃぶしゃぶ】(301kcal)
<女子栄養大卒 DJみそしるとMCごはん 美味しいごはんの炊き方>
①お米の研ぎ方(こだわりのお米 北海道産 ふっくりんこ)
 米を長時間水に浸すと臭いがつくため、一度浸したらすぐに水を流す。
 米ぬかの臭いがつかないおうに、お釜に水がない状態でなでるように研ぐ(30回くらい)。
 くり返し3回やる。
②米が炊き上がったら、すぐにほぐす。
 バターと醤油の混ぜご飯にする。
『材料』(2人分)
 トマト 300g、ショウガ 25g、味噌 15g、梅 15g、ナス 1本、きゅうり 1/2本、赤タマネギ 1/2個、豚しゃぶ肉(ロース) 150g、プチトマト 2個、米 400g、万能ネギ 5本、バター(有塩) 10g
①下ごしらえ
 トマトのヘタを取り、十字の切れ目を入れて、塩を加えたお湯で約30秒茹でる。
 氷水に入れる。トマトの皮を剥く。
②焼きナス作り
 ナスにあらかじめフォークで穴を開ける。ナスが破裂せず、皮が剥きやすくなる。
 グリルで5分焼く(弱火)。
 竹串で皮を剥く。
③豚しゃぶ作り
 豚しゃぶ肉を茹でるお湯に片栗粉を加える。とろみがついたお湯で茹でることで肉がパサつかず旨みを閉じ込める。
 豚しゃぶ肉が茹で上がったら、氷水に入れて締める。
 豚しゃぶ肉の水気を取り、ボウルに入れる。
 ボウルに塩漬けしたきゅうり、ゴマ油(小さじ1)、塩(適量)を加えて和える。
《立ち飲み屋「しゃけスタンド」》東京・杉並区
☆しゃけカレー 1090円(税込)
 トッピング 焼鮭、ココナッツ、オクラ、さつまいも、鮭の皮、ゴーヤ
「夜のおとも」
・あんずボー(冷凍駄菓子)
・凍らせ杏仁豆腐
・凍らせみたらし団子
・凍らせところてん
④すり流し作り
 トマト、味噌、ショウガ、梅干しをミキサーにかける。
 塩(少々)を加えて、再びミキサーにかける。
 ボウルに移し、氷水にさらす。
⑤盛り付け
 器にすり流しを入れる。
 スライスして水にさらした赤タマネギ、豚しゃぶ肉、きゅうり、焼きナス(1.5cm長さに切る)、プチトマト(2個)を盛る。
 出汁を凍らせ、かき氷器でかける。冷たさ、味を維持ができて、ひんやり感が夏に最適。

http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20170816.html

 買い物に出掛ける。
 「ドラッグストアー」で、売り出しの「ゴールドプレンド エコ&システムパック」430円をかう。

 スーパーに行く。
 「三陸産さんまの竜田揚」259円、「納豆」50円、「新・一番搾り」199円、「緑豆もやし」19円、「焼きそば玉」20円、「流水麺そば」181円のところ126円、「プリマ ロングドライ」494円のところ296円を買い帰宅。

「秋の味覚を味わいましょう」、そして「きっずベジ野菜ソーセージ」

 昼食は、今日30%引きで買った「流水麺 そば」(^^♪
さっと水でほぐすだけ ゆでずに簡単
絹挽きそば粉 使用
ゆで 要冷蔵2人前 380g
1食(190g)当り238kal
 流水麺は、’さっと水でほぐすだけ’でゆでずに簡単に食べられる、おいしく便利な商品です。
お好みのつゆ、具材でおめしあがりください。
・冷たいつゆにつけてざるそば
・冷たいつゆをかけて冷やしぶっかけそば
・温かいつゆにつけてつけそば
※袋から取り出しためんに、そのままお好みのつゆをかけてほぐしてもお召しあがれます。
販売者 シマダヤ株式会社
東京都渋谷区恵比寿西1-33-11
製造者 シマダヤ近畿株式会社 滋賀工場
滋賀県近江八幡市上田町84-8
TEL 0120-014303

http://www.shimadaya.co.jp

「秋の味覚を味わいましょう」、そして「きっずベジ野菜ソーセージ」

 夕方は、今日かった「三陸産さんまの竜田揚げ」で一杯♪
 秋刀魚の季節だねぇ~!でも、今年も「サンマ」が高いねぇ~!

 ここで、『ふれ愛交差点』2017年9月号の「秋の味覚を味わいましょう」の引用♪
 脂がのったさんま!香りもうまみもたっぷりのきのこ!「実りの秋」「食欲の秋」などといわれる秋は、海や山からの恵みが楽しめる季節です。シンプルにおいしく食べられるメニューをご紹介します。
【さんまの塩焼きねぎだれがけ】(335kcal)
ごま油の香るねぎだれで、よりおいしい
『材料』(2人分)
・さんま・・・2尾
・塩・・・小さじ1/3
<ねぎだれ>
 細ねぎ(小口切り)・・・4~5本分
 白いりごま・・・小さじ1
 しょうゆ・・・大さじ1
 ごま油・・・小さじ1
 粉山椒・・・小さじ1/4
『作り方』
①さんまは塩をふり、予熱して油(材料外)を塗ったグリルで、強めの中火で5~6分焼く。こんがりとしたら裏返し、さらに3~4分焼く(片面グリルの場合/両面グリルは6~8分)。
②器に盛り、ねぎだれの材料を混ぜてかける。
「さんまの上手な焼き方」
・グリルの焼き網に油を塗る
 グリルを予熱し、焼き網にサラダ油を塗っておくと、さんまの皮が網にくっつきにくくなり、きれいに焼けます。
・塩は全体にまんべんなく
 まず、まな板の上に塩をふり、その上にさんまをのせて上からも塩をふります。こうすると、両面にムラなく塩をふることができます。
【きのこの酒炒りおろしがけ】(48kcal)
酒炒りにすると、きのこのうまみがぎゅっ~と凝縮!
『材料』(作りやすい分量/4人分)
・しめじ・・・2パック(200g)
・生しいたけ・・・6個
・えのきだけ・・・2袋(200g)
・A
 酒・・・大さじ2
 塩・・・小さじ1/2
・大根おろし・・・4cm分(200g)
・赤じそふりかけ・・・小さじ1
・酢・・・大さじ1
『作り方』
①しめじは小房に分ける。しいたけは石づきを取って4等分に切る。えのきだけは根元を切ってから長さを半分に切り、ほぐす。
②鍋に①のきのこを入れてAをふり、ふたをして中火に2分ほどかける。きのこから水分が出てきたらふたをはずし、大きく混ぜながら汁気がなくなってきのこがプリッとするまで2分ほど煮る。火を止め、あら熱を取る。
③大根おろしの水気を軽くきって、赤じそふりかけ、酢を加えて混ぜ、赤じそおろしを作る。②を器に盛り、赤じそおろしをのせる。
きのこmemo
 酒炒りしたきのこは、清潔な密閉容器に入れて冷蔵庫に入れれば1週間ほど保存できます。あえものや卵焼きにしても。
【きのこと豆のボリュームサラダ】(162kcal)
いろいろなきのこを混ぜて、電子レンジで簡単に
『材料』(2人分)
・ツナ(缶詰・オイル不使用)・・・1缶(80g)
・しめじ・・・1パック(100g)
・エリンギ・・・大1本
・まいたけ・・・1/2パック
・ミックスビーンズ・・・50g
・パプリカ(赤)・・・1/4個
・レタス・・・2枚
・塩、こしょう・・・各少々
<ドレッシング>
 しょうゆ、酢、ごま油・・・各大さじ1
 砂糖・・・小さじ1
 塩、こしょう・・・各少々
『作り方』
①しめじは小房に分ける。エリンギは長さを半分に切り、放射状に縦8等分に切る。まいたけは食べやすくほぐす。
②①を耐熱のボウルに入れて塩、こしょうをふり、ラップをふんわりとかけて電子レンジ(600W)で2分加熱し、そのまま冷ます。
③パプリカは薄切りにし、レタスは食べやすくちぎる。器にレタスを敷き、②をミックスビーンズ、パプリカ、汁気をきったツナとともに盛りつけ、ドレッシングの材料を混ぜてかける。
【さんまとごぼうの塩昆布煮】(1/2量で270kcal)
ごぼうの香りはさんまによく合います
『材料』(2~3人分)
・さんま・・・2尾
・ごぼう・・・100g
・塩昆布・・・10g
・A
 水・・・1カップ
 酒・・・1/3カップ
 酢、しょうゆ・・・各大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
『作り方』
①さんまは頭をキッチンばさみで切り落とし、1尾を4等分に切る。腹わたを取り除き(わたが好きな方はそのまま)、氷水で洗って水気をおさえる。
②ごぼうは皮を軽くそげ取り、ひと口大の乱切りにして調理するまで水にさらす。
③鍋(または小さめのフライパン)にAを入れて中火にかけ、煮立ったらさんま、ごぼう、塩昆布を入れ、落としぶたをして中火で6~7分、少し煮汁が詰まってとろりとするまで煮る。

 さらに、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「きっずベジ野菜ソーセージ」(福岡県)の引用♪
野菜嫌いの子に朗報
 夏から秋にかけてはキュウリ、ナス、トマト、枝豆などのシーズン。野菜はタンパク質、脂質、炭水化物が少ないのでエネルギー源にはならないが、カリウム、リン、カルシウム、ビタミンCなどを含む欠かせない食材だ。
 だが昨今は野菜嫌いの子どもが少なくなく、食べさせるのに苦心がいる。そんな親御さんに朗報なのが、農園野菜と地域食材が主役の人気レストラン・となりのグリルが平成25年に製造発売した「きっずベジ野菜ソーセージ」。
 野菜ソムリエと食育ソムリエのプロデュースで、福岡県産鶏肉と県産のカリフラワーや赤ピーマンなど季節ごとの新鮮野菜を合わせ、野菜を30%以上配合して羊腸に詰め込んだソーセージである。
 軽く焼いて口に運ぶと、プツッとした歯切れのあとに、軟らかいがしっかりした肉質から野菜の風味ほのかなマイルドな旨みが染み出す。
 マネージャーの村田なるみさんは「添加物、保存料は使わず、アレルゲン(アレルギーの源の卵、乳など)も使っておりません」という。
 野菜嫌いやアレルギー体質の子どもに限らず誰にもお薦めのヘルシーな一品だ。
●農園野菜と大地の恵み・となりのグリル
福岡県福津市花見が浜2の7の13
TEL & FAX 0940(72)4200
11時~22時 木曜休
1箱5パック入り(5本×5個)税込み2160円
冷凍で宅配、別途送料

https://r.gnavi.co.jp/c0805uvx0000/

 「旬のフルーツ もの思い」より、「ナシ」の引用♪
おいしさ進む「21世紀」
 「ナシ」は「無し」のようでイメージがイマイチ!ならば「アリ」というわけで「有りの実」とも呼ばれます!!
・科属:バラ科ナシ属
・漢字名:梨
・英名:Japanese pear
 夏から秋にかけては、多彩な果実が豊かに実る季節。中でもナシは、この時期ならではの旬の味覚だ。ナシには主に和ナシと西洋ナシ、それに中国ナシがあるが、日本でナシといえば丸い和ナシのこと。
 甘い汁がたっぷりで、穏やかな酸味もさわやか。成分的にも、アスパラギン酸やクエン酸、リンゴ酸、それにカリウムを含み、疲労回復が期待できる。ほどよく冷やすとより甘く感じられ、残暑厳しい折、おいしく涼しむのに最適だ。
 シャリシャリした食感も涼しげでいい。だがこれは、欧米では砂を噛むようだと、あまり人気がなかったらしい。おかげで「sand pear(サンドペア)」すなわち砂ナシの異名も。ちなみに、この食感の元は「石細胞」と呼ばれるものだという。
 和ナシは、大きく分けて、茶褐色の赤ナシと、薄黄緑色の青ナシの二タイプ。ただし、近年は交配種も増えているという。
 赤ナシの代表は、かつて「長十郎」だったが、今では「幸水」や「豊水」が主流。青ナシの代表は「二十世紀」だが、これも派生の新品種が増え、「二十一世紀梨」も誕生している。
 弥生時代には既に食べられ、江戸時代に栽培品種が150を数え、明治時代から飛躍的に品種改良が進んだという日本のナシ。二十一世紀も十数年経ち、ますます広がりを見せている。

本日のカウント
本日の歩数:4,911歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 防災、防犯に・・・備える術を身につける!家を護るメソッド。 | トップページ | <夏モノ語り>(3)浜松の「注染そめ浴衣」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65745778

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋の味覚を味わいましょう」、そして「きっずベジ野菜ソーセージ」:

« 防災、防犯に・・・備える術を身につける!家を護るメソッド。 | トップページ | <夏モノ語り>(3)浜松の「注染そめ浴衣」 »