« 「水野式!」【京都風 カレーうどん】 | トップページ | 最新&定番 ログハウスカタログ »

2017年9月19日 (火)

さかな de 大満足

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 秋の味覚を代表するサンマを漢字で書けば、「秋刀魚」が一般的だが、夏目漱石は「吾輩は猫である」の中で「三馬」と書いている。「この間おさんの三馬を偸(ぬす)んで…」。どうも、三馬では旨(うま)そうな細長の姿は浮かばぬか
▼もう一つ別の漢字がある。魚ヘンに「祭」で「鰶」。それは「コノシロ」だろうと魚ヘンに詳しい人に叱られそうだが、サンマが水揚げ時期になると、かつての河岸では「売り場が祭りのような騒ぎになる」ことからサンマにも「鰶」の字が当てられたそうだ
▼この分だと今年の「祭」はかなり寂しい。サンマの深刻な不漁である。国立研究開発法人「水産研究・教育機構」によれば、二〇一七年に日本近海にやってくるサンマの量は過去最低だった前年からさらに半減する見通し。そう聞けば、大根をおろす手も止まるだろう
▼不漁のあおりで東京・目黒のサンマ祭りも提供されたのは昨年取った冷凍ものだったとか。本州最大の漁獲量の岩手県大船渡市でさえ、恒例のサンマ祭りを延期している。「鰶」の漢字が悲しかろう
▼環境変動による水温変化でサンマ自体が減少した上、中国、台湾などの漁獲量が増加。これでは日本近海にたどりつけぬか
▼資源保護のための国・地域別の漁獲枠など国際ルールづくりもままならぬ。魚ヘンに「消」。はたまた「惨魔」か。いやな漢字ばかりが頭の網にひっかかる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017091902000102.html

さかな de 大満足

 今日は、「大安」だね↑↑↑

 「アサヒビール」より、メール。「エノキステーキ」が美味しそうだ!
『材料』
 エノキの軸1個、黄身1個、バター適量、しょうゆ適量
『レシピ』
①エノキは石づきを落として下1/3を切る。フライパンを温め、バターを入れる。
②エノキを入れて両面を焼いたら、しょうゆを加え香ばしく焼く。
③焼きあがったエノキに黄身をのせる。

http://beer.asahishop.net/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/10600/?sc_cid=ca_own_ht_34569

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「下町!荒川線沿いさんぽ」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
<ジョイフル三ノ輪>
※400mのアーケードに約100店舗が並ぶ昔ながらの商店街
*《オオムラパン》
☆各種 1袋 110円
・アンドーナツ 130円
*《惣菜の店 きく》
・紅しょうがの天ぷら 90円
♪ バラが咲いた マイク真木(1966年)
※三ノ輪橋から約4kmに140種13000株のバラが見られる。
<古美術&アンティーク やまとや>
・二之宮金次郎像 49万円
・きいち原画 16万5,000円
*蔦谷喜一(1914~2005)画家・ぬり絵作家。「きいちのぬりえ」シリーズを出版
<かりーの町屋>デイサービス
<ぬり絵美術館>
・袋入りぬりえ(全7種類 各8枚入り) 324円
・ウイスキーボンボン
《ムラマツ製菓》
・焼酎ボンボン 1パック 400円
・特注ウイスキーボンボン 1パック 800円
<三味線 かとう>
・エレクトリック三味線 29万8,000円
(上妻宏光、和楽器バンドなどプロも愛用)
♪ さくら さくら

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/637205/

 「ワカコ酒 Season 3」は、第10夜「クセになるジンギスカン」。ジンギスカンって、美味しいしょね♪
http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake/
《ジンギスカン ゆきたるま 中野部屋(はなれ)》
中野区中野2-26-10 中村ビル3F
TEL 03-6323-6350
・ジンギスカンセット
(肉、玉ねぎ、ししとう、ピーマン、カボチャ、もやし)
 タレ(ニンニクを入れる)、塩
 ラム肉はミディアムレアで
・生ビール(黒ラベル)
・お通し
・サッポロビール株式会社 グランポレール 北海道 ツヴァイゲルトレーベ 2015(赤ワイン)
《逢楽》(《魚貞》)
TEL 3374-3352
・まぐろ納豆
・むぎ焼酎 佐藤 水割り
・セロリの浅漬け
・一粒の麦 水割り

http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake/story/index.html?story=s_10

 今日の仕事・・・電話番がいないじゃないか・・・そんなわけで、仕事をちょっと遅く終え帰宅。
さかな de 大満足

 帰宅して、先日「ぺんき屋のおっちゃん」に頂いて冷凍保存しておいたハゼを三枚におろす。18匹も頂いた。(ありがとうございます)
 天ぷらにして一杯♪だいぶ前から、ハゼの天ぷらが食べたい気分だったんだよね。
 白身魚で美味しかったよ♪♪♪
http://pennkiyasan.hamazo.tv/

 ここで、『くらし良好』2017年9月号の「さかな de 大満足」より引用。
1パックでメインになる!
 家族がパクパク食べてくれるお魚おかずを作ろう!
「調理前にやっておきたい!!大満足point」
・小骨をていねいに抜く
・塩をして臭みを取る
*炒める
魚で炒め物!?濃厚な味付けならごはんが止まらない!
【ブリの回鍋肉風】(237kcal)
ニンニクの香りがふわっ。しっかり中華味のブリが新感覚!
 脂ののったブリは、濃いめの味つけとマッチ!
 ブリ(他の魚ならアジ、サバ)×濃厚な味付け(味噌ダレ)
『材料』(4人分)
・ブリ(切り身)・・・2切(1切90g)
・ニンニク(薄切り)・・・1かけ分
・野菜炒め用カット野菜(キャベツ、タマネギ、ピーマンなど)・・・300g
・A
 みそ(あれば赤だしみそ)・・・大さじ3
 しょうゆ・・・小さじ2
 酒・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ2
・塩、小麦粉、ごま油・・・各適量
『作り方』
①ブリはひと口大に切って塩をしてしばらくおき、水けをふいて小麦粉をまぶす。Aは混ぜ合わせる。
②フライパンにごま油を熱してニンニクを炒め、香りが出たらブリを両面焼き、取り出す。
③②のフライパンにごま油を足して野菜を炒め、ブリを戻し、Aを加えて手早く炒め合わせる。
【サバの生姜焼き風】(231kcal)
生姜焼きの味つけで、さっぱりコク旨!とろとろナスも魅力!
 青魚と生姜は、昔ながらの鉄板の相性!
 サバ(他の魚ならブリ、アジ)×濃厚な味付け(生姜焼き風)
『材料』(4人分)
・サバ(切り身)・・・2切(1切90g)
・ナス・・・2本
・パプリカ(赤)・・・1個
・A
 ショウガ(すりおろし)・・・20g
 しょうゆ、砂糖・・・各大さじ3
・小麦粉、サラダ油・・・各適量
・キャベツ(せん切り)・・・適量
『作り方』
①サバはひと口大に切り、Aで下味をつける。ナスは1cm厚さの斜め輪切りにし、パプリカはひと口大に切る。
②サバの汁けをふき、小麦粉をまぶす。Aのタレは残しておく。
③フライパンにサラダ油を熱して、サバを両面焼き、取り出す。
④③のフライパンにサラダ油を足して、ナス、パプリカを炒め、サバを戻し、残ったAのタレで味つけする。器に盛り、キャベツを添える。
さかな de 大満足POINT
 下味は臭みを抜くと同時に味を染み込ませます。
【タラのケチャップ甘酢炒め】(255kcal)
プリッとしたタラ×旨みたっぷりのベーコンは、食べやすさ抜群!
 ケチャップの甘みが加わって、子どもも大好きな味!
 タラ(他の魚ならカレイ、サケ)×濃厚な味付け(甘酢・ケチャップ)
『材料』(4人分)
・タラ(切り身)・・・2切(1切90g)
・ベーコン・・・4枚
・タマネギ・・・1/2個
・好みのキノコ数種類・・・300g
・サヤインゲン(茹でたもの)・・・8本
・A
 ケチャップ・・・大さじ3
 調味酢(市販)・・・1/4カップ
・塩、こしょう、片栗粉、サラダ油・・・各適量
『作り方』
①タラはひと口大に切り、塩、こしょうし、片栗粉をまぶす。Aを混ぜ合わせる。
②ベーコンはひと口大に切り、タマネギは薄切りにし、キノコは石づきを落として食べやすく切る。サヤインゲンは半分に切る。
③フライパンにサラダ油を熱して、①のタラを両面焼き、取り出す。
④③のフライパンにサラダ油を足して、②を炒め、タラを戻し、Aで味つけする。

*蒸す
定番の蒸しものは、魚の旨みを吸う具材を加えるのがポイント!
【アジのガーリックバターぽん酢】(122kcal)
バター、ぽん酢、ニンニクが、蒸したアジに風味をプラス!
 アジの旨みをぐんぐん吸ったかぶが絶品!
 アジ(他の魚介ならタラ、サケ)×旨みを吸う具材(かぶ)
『材料』(4人分)
・アジ(3枚におろしたもの)・・・2枚(1枚80g)
・小カブ・・・3個(1個150g)
・A
 ぽん酢しょうゆ・・・大さじ4
 砂糖・・・大さじ1/2
・ニンニク(薄切り)・・・1かけ分
・バター・・・20g
・塩・・・適量
『作り方』
①アジはひと口大に切り、塩をしてしばらくおき、水けをふく。カブは5mm厚さの輪切りにし、葉は4cm長さに切る。
②フライパンにアルミホイルを広げてカブを敷き、アジを並べ、Aをかけ、ニンニク、半量のバターをのせ、ふたをして蒸し焼きにする。火が通ったら、カブの葉と残りのバターをのせ、サッと蒸す。
※アルミホイルをひくことで、具材がくっつきにくくなります。
【カレイの中華春雨蒸し】(176kcal)
カレイのぷるん、春雨のつるつる、食感も絶妙のコンビ!
 だしをたっぷり含んだ春雨は、かさ増しにもなる!
 カレイ(他の魚介ならイカ、エビ)×旨みを吸う具材(春雨)
『材料』(4人分)
・カレイ(切り身)・・・2切(1切100g)
・A
 オイスターソース・・・大さじ3
 酒・・・1/3カップ
 ショウガ汁・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1と1/2
 ごま油・・・大さじ1
・春雨・・・60g
・ニンジン(細切り)・・・20g
・チンゲンサイ・・・2株
・青ネギ(小口切り)・・・適量
『作り方』
①カレイは半分に切り、Aに漬ける。春雨は熱湯で戻し、食べやすく切る。チンゲンサイは根元をくし形に切り、葉はザク切りにする。
②ホットプレート(またはフライパン)に春雨、ニンジン、チンゲンサイの根元を敷き、カレイを並べ、残ったAのタレを回しかけ、ふたをして蒸し焼きにする。
③魚に火が通ったら、チンゲンサイの葉も加えてサッと蒸し、青ネギを散らす。

*焼く
魚と旬の根菜をいっしょに焼けば、ボリュームがグンと増す!
【イワシの根菜トマトグリル】(279kcal)
イワシ×トマトで南欧風!焼くと、旨みがギュギュっと凝縮!
 秋の旬同士で相性よし。れんこんが食べ頃もプラス!
 イワシ(他の魚介ならアジ)×根菜(れんこん)
『材料』(4人分)
・イワシ(手開きしたもの)・・・4尾(1尾60g)
・うずら卵(水煮)・・・8個
・A
 タマネギ(8等分のくし形切り)・・・1個分
 レンコン、サツマイモ(各5mm厚さの輪切り)・・・各8枚
・トマトソース(市販)・・・100g
・塩、こしょう・・・各適量
・オリーブオイル・・・おさじ2
・パセリ(みじん切り)・・・適量
『作り方』
①イワシはタテ半分に切り、塩をしてしばらくおき、水けをふく。うずら卵を芯にして巻き、つまようじで止める。
②耐熱皿に①、Aを並べ、塩、こしょうをし、トマトソース、オリーブオイルをかけ、200℃に熱したオーブンで約20分焼く。パセリをふる。

【サケと里芋のチーズグラタン】(201kcal)
里芋もサケもほくほく美味。とろ~りチーズが食欲をそそる!
 サケと里芋には乳製品がよく合う!
 サケ(他の魚介ならホタテ、エビ)×根菜(里芋)
・生サケ(切り身)・・・2切(1切90g)
・里イモ・・・400g
・長ネギ・・・2本
・牛乳・・・1/3カップ
・塩、こしょう・・・各適量
・ピザ用チーズ・・・80g
『作り方』
①里イモは皮をむいて耐熱皿に入れて水をふり、ラップをして電子レンジで約4分加熱する。長ネギは斜め薄切りにする。
②サケはひと口大の角切りにし、塩をしてしばらくおき、水けをふく。
③グラタン皿に①、②を入れ、塩、こしょうをふり、牛乳をかけ、ピザ用チーズをのせ、200℃に熱したオーブンで約20分焼く。

*煮る
市販の調味料でもっとおなじみの料理を気軽に!
【ブリのポトフ風】(375kcal)
まるで洋風の潮汁。すっきりした強い旨みにホッ♪
 ブリの味わいをシンプルに引き立てる!
 ブリ(他の魚介ならサケ、白身魚)×市販の調味料(コンソメ)
『材料』
・ブリ(切り身)・・・2切(1切90g)
・大根・・・400g
・ニンジン・・・1/2本
・長ネギ・・・2本
・ジャガイモ・・・2個
・ソーセージ・・・8本
・A
 コンソメ(固形)・・・2個
 水・・・4カップ
 酒・・・大さじ3
・バター・・・10g
・塩、こしょう、ゆずこしょう・・・各適量
『作り方』
①ブリは棒状に切り、塩、こしょうをする。
②大根、ニンジンはくし形に切り、長ネギは4cm長さに切る。ジャガイモは半分に切る。
③鍋にバターを溶かし、①のブリを焼き、取り出す。続いてその他の材料を炒め、Aを加え、煮立ったらブリを戻し、ジャガイモに火が通るまで煮、塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、ゆずこしょうを添える。
【サバのすき焼き風】(414kcal)
サバと厚揚げから、ジュワッとしみだす甘辛ダレが最高!
 甘辛しょうゆ味とサバは、やさしいおふくろの味!
 サバ(他の魚介ならブリ)×市販の調味料(すき焼きのタレ)
『材料』(4人分)
・サバ(切り身)・・・2切(1切90g)
・厚揚げ・・・3個(300g)
・水菜・・・200g
・生くずきり・・・1袋(150g)
・A
 すき焼きのタレ(市販)・・・1/2カップ
 ショウガ(薄切り)・・・10g
・塩・・・適量
・卵・・・4個
『作り方』
①サバはひと口大に切り、塩をしてしばらくおき、水けをふく。厚揚げはひと口大に切り、水菜は食べやすく切る。
②鍋にAを煮立て、サバ、厚揚げ、くずきりを煮、火が通ったら水菜も加えてサッと煮る。卵をつけていただく。
POINT
 お肉のすき焼きの様に、溶き卵をつけるとまろやかに。
【サーモンのロール白菜シチュー】(272kcal)
まろやかなミルク風味と、白菜に包まれたサケが新鮮!
 クセのない優しい味わいで子どもも満足!
 サケ(他の魚介ならホタテ、白身魚)×市販の調味料(ホワイトソース缶)
『材料』(4人分)
・生サケ(切り身)・・・2切(1切90g)
・白菜・・・4枚
・スライスチーズ(半分に切る)・・・4枚
・ベーコン・・・4枚
・好みのキノコ数種類(石づきを落とし、食べやすく切る)・・・200g
・A
 ホワイトソース(缶詰)・・・1/2缶
 コンソメ(固形)・・・1個
 水、牛乳・・・各1カップ
・塩、こしょう、パセリ(みじん切り)・・・各適量
『作り方』
①白菜は水をふってラップに包み、電子レンジで約4分加熱し、そのまま冷ます。
②サケは半分に切り、塩・こしょうをする。
③①の白菜は広げて水けをふき、サケとスライスチーズを包んでベーコンを巻き、つまようじで止める。4個作る。
④鍋にAを煮立て、③とキノコを加え、火が通るまで煮て塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、パセリをふる。

本日のカウント
本日の歩数:11,711歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「水野式!」【京都風 カレーうどん】 | トップページ | 最新&定番 ログハウスカタログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65812162

この記事へのトラックバック一覧です: さかな de 大満足:

« 「水野式!」【京都風 カレーうどん】 | トップページ | 最新&定番 ログハウスカタログ »