« 「泥の河」「お彼岸」、そして「明石玉」 | トップページ | ダイエットが続きません。意志を強くするにはどうしたらいいですか? »

2017年9月25日 (月)

「味匠 いづみち」、そして「さんま de 大満足」

 今朝の朝刊の「くらしの歳時記」に「ブドウを干す」が載っていた。
 おいしそうなブドウがずらりとお店に並んでいます。巨峰、甲州、マスカットなど、華やかな彩りについ足がとまります。ウェブ上の農家や専門店にはさらにたくさんの種類が並んでいます。糖度はもちろん、皮の厚さ、歯ごたえ、甘みと酸味のバランス、舌に残る味わいなど、生産者のこだわりを知るにつけ、ブドウつくりの奥行きの深さを感じています。
 ブドウに目がない私は、フレッシュなままいただくのはもちろん、たくさん手に入ったときには、軒先などにつるして天日干しにします。湿度にもよりますが、一週間から10日ほどで良いあんばいにしわが入ってきますから、途中でつまむのもよし、さらに干すのもよし。つるしたブドウの色を眺めるのも楽しいものです。
 早く食べたい方は実を外し、約100℃のオーブンで1、2時間ほどあぶったあと、冷ましていただいても。どちらも濃縮されてリッチな味わいです。時間の流れをゆっくりに変える大人のおやつです。

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「長野県 小諸市」
《そば七》
★おしぼり蕎麦
(辛味大根を絞ってつゆにする。ネギ、カツオ節、味噌を入れる)
*ハタケシメジ、ハナイグチ
・きのこ蕎麦
①キノコを洗い、塩を振って茹でる(水は入れない)
②蕎麦つゆ、砂糖を入れる。
※温かい蕎麦は細く切らない(ほんの少し太くする)茹で時間は2分。
③ゆでた蕎麦につゆをかけ、きのこをのせる。
「北海道 美瑛町」
《カフェ・ド・ラペ》
・スイスの家庭料理 ラクレット

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ex/55555/1099061/

 「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、「北海道 釧路市」。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
<くしろ水産センター>《釧ちゃん食堂》
☆いか刺し定食 900円(税込)
☆糠さんま定食 800円(税込)
☆つぼ鯛焼き 490円(税込)
・イワシの刺身定食 750円(税込)(大鵬イワシ)
★大鵬イワシのフライ&塩焼き
《竹老園 東屋総本店》明治7年創業
・特製品コース
(茶そば、そば寿司、かしわぬき、蘭切りそば(更科そば、卵))
<釧路和商市場>《佐藤商店》
・勝手丼
 ご飯 大盛り 300円、中盛り 200円、普通盛り 150円、小盛り 100円
(秋刀魚 200円、ホッキ貝 350円、ボタンエビ、サーモン、クジラ、ホタテ、イカ 200円、マグロ 200円、ホッケ、金目鯛)2,900円

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1099038/

 「ごちそうカントリー」は、「富士市 おおしょうが」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<富士市農業技術研究会・ときめきネットワーク>
・生姜佃煮 おいしいでしょうが! 310円(税込み)
・生姜佃煮入りいなり寿司

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=54490

 「ニッカ」より、メール。「ジャック ダニエル ブラック ハロウィンボックス 2017」の案内。
【Jack's ランタンブラック】
『Recipe』
・ジャック ダニエル ブラック 30ml~45ml
・無糖アイスティー 適量
・氷・レモン 適量
『つくりかた』
①グラスに氷を入れ、グラスの大きさに合わせ、ジャック ダニエル ブラックを30ml~45ml入れ、無糖アイスティーを適量注ぎ、軽くステアする。
②飾りレモンを添える。

http://beer.asahishop.net/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/10616/?sc_cid=ca_own_ht_34670

 今日の午後は、外で仕事。
「味匠 いづみち」、そして「さんま de 大満足」

 途中、昼食を食べに「和食の店 味匠 いづみち」に寄る。前から気になっていたお店だ!!!
 11:30開店だが、11:20頃に着いた。外で待っていると、入れてくれた。(なんて優しいんだ!)
 大将が出前に行っていて11:30には帰ってくるということ。それならランチを食べても間に合うなと思い、ランチを頼んで待つことにした。
 「おすすめランチ」1190円を注文して、しばし待つ。
本日のおすすめランチ
 天ぷら盛り合わせ、お刺身 3点盛り、酢の物、茶碗蒸し、ごはん、みそ汁、つけもの、デザート

 しかし!!!・・・11:40頃、「大将が帰ってきました」と言う!!!そんなんじゃ、「12時に着かなければいけない仕事に間に合わない」というと、「すぐにできます」と言っていた。
「味匠 いづみち」、そして「さんま de 大満足」

 配膳されたのが11:45。(11:30に作ってくれていたら、11:35に食べ始めることができたことになる)
 慌てて、かっ込む。11:50に食べ終わる。急いで食べたので、味なんてわかったもんじゃない!!!(ちゃんと11:30に作ってくれていたら、十分に味わえたじゃないか!!!)
 1190円を支払い、会場に急ぐ!
 味うんぬんではなく、「おもてなし」の心がない、お客を平気で待たせておくお店だった・・・二度と行きたくない店だ。
「味匠 いづみち」、そして「さんま de 大満足」

「和食の店 味匠 いづみち」
浜松市浜北区内野1289
TEL / FAX 053(585)5023

http://www.comtown.jp/idumiti/

 車を飛ばし、10分でなんとか会場に着いた・・・ぎりぎりセーフ!!!
 仕事を終え、スーパーに寄る。売り出しの「かつお土佐造り」100g127円、「遠州灘産 釜揚げしらす」100g192円、「北海道産 新さんま刺身用」321円を買い帰路に就く。

 途中、交差点が渋滞していた・・・。右折車がいるのかと思ったら、交差点の工事中だった・・・それなら、もっと前に工事中と表示してくれていれば迂回できたのに!!!
 交差点を抜けるのに10分以上もかかってしまった↓↓↓

「味匠 いづみち」、そして「さんま de 大満足」

 帰宅して、「北海道産 新さんま刺身用」で一杯♪2尾分だね!
 根室の方では、さんまの刺身を一味唐辛子で食べるんだっけ?それとも七味唐辛子で食べるんだっけ???
 「一味唐辛子しょうゆ」で食べてみましょう!!!
 美味しいねぇ~↑↑↑
 「イカ刺し」を九州の方では「一味唐辛子」で食べるらしい・・・。唐辛子が刺身の薬味になるんだよね!!!

 『くらし良好』2017年9月号より、「さんま de 大満足 旬だからたくさん食べたい!」の引用。
 脂ものってお買い得なさんまは、食卓の味方!上手に料理しておいしくいただきましょう。
「料理に使いやすい 基本の筒切り」
①ヒレの付け根を切る
 わたが切れないように中骨を切り落とす。
 ヒレの付け根に刃先をあてきると○。
②頭の下部から切り込みを入れる
 ひっくり返し、皮に切り目を入れる。
③わたを引っ張り出す
 すーっと引き抜くようにすると自然についてくる。
 わたは少し残っていてもOK。
④食べやすく切る
 ひと口大に切る。
⑤洗う
 水を張ったボウルの中で洗う。
 流水は身を傷めるので注意。
⑥水けをふく
 キッチンペーパーなどで水けをきれいにふく。
 しっかりふきとり臭みをおさえます。
*さんまんわたは食べてもおいしい!
・腸が短くエサの消化が早いさんま。他の魚に比べ、わたも食べやすいといわれます。
・すだちやカボス、大根おろしなどを添えると、わたの苦みが抑えられ食べやすくなります。
「ひと手間で魚嫌いを克服!」骨や臭みの下処理で 魚料理のおいしさアップ!
・腹骨をそぐ
 あじなどの魚は、腹骨が食べにくさの原因になるので、そぐようにして切り落としおきましょう。
・小骨をていねいに抜く
 口当たりが悪くなる小骨は、あらかじめ骨抜きなどで抜いておきましょう。触って気になる骨を抜くだけでグンと食べやすくなります。骨は、やや斜め上に頭の方向に抜きましょう。
・塩をして臭みを取る
 調理前に塩をふって約10分おき、出た水けをふきとります。生臭みが抜け、食べやすくなります。
【さんまの黒酢酢豚風】(311kcal)
コクのある黒酢あんが、さんまの持ち味を上手に引き立てます。
『材料』(4人分)
・サンマ・・・2尾
・タマネギ・・・1/2個
・ニンジン・・・80g
・パプリカ(黄)・・・1個
・ピーマン・・・2個
・A
 黒酢・・・大さじ4
 砂糖・・・大さじ3
 しょうゆ・・・大さじ2
 鶏ガラスープ(顆粒)・・・小さじ1/2
 水・・・1/2カップ
・塩、片栗粉、ごま油・・・各適量
『作り方』
①サンマは上記を参考に筒切りにし、塩をしてしばらくおき、水けをふいて片栗粉をまぶす。
②野菜は食べやすく切る。Aを混ぜ合わせる。
③フライパンにごま油を熱して①を両面焼き、取り出す。フライパンにごま油を足して、②を炒め、Aを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、サンマを戻し、からめる。
【さんまと秋野菜の焼きびたし】(301kcal)
甘みが際立った焼き野菜を、旬のさんまをさっぱりだし味で!
『材料』(4人分)
・サンマ(頭と内臓を取ったもの)・・・2尾
・カボチャ(5mm厚さのくし形切り)・・・8枚(160g)
・ナス・・・2本
・甘長唐辛子・・・8本
・A
 めんつゆ(2倍濃縮)・・・1/4カップ
 水・・・1/4カップ
 ショウガ汁・・・小さじ2
・塩、小麦粉、サラダ油、大根おろし・・・各適量
『作り方』
①サンマは半分に切り、塩をしてしばらくおき、水けをふいて小麦粉をまぶす。
②ナスはくし形に切り、甘長唐辛子は切込みを入れる。
③フライパンにサラダ油を熱して、①のサンマを両面焼き、火が通ったら、熱いうちにAに漬ける。フライパンにサラダ油を足して、②、カボチャも焼いて熱いうちに漬ける。
④器に盛り、大根おろしを添える。

本日のカウント
本日の歩数:6,245歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「泥の河」「お彼岸」、そして「明石玉」 | トップページ | ダイエットが続きません。意志を強くするにはどうしたらいいですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65840072

この記事へのトラックバック一覧です: 「味匠 いづみち」、そして「さんま de 大満足」:

« 「泥の河」「お彼岸」、そして「明石玉」 | トップページ | ダイエットが続きません。意志を強くするにはどうしたらいいですか? »