« 「涼を求めて」ボード乗り 川面を散歩 | トップページ | <夏モノ語り>(2)房総半島の「房州うちわ」 »

2017年8月30日 (水)

<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」

 昨日の「昼めし旅」は、「北海道 名寄市」。6/15の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 アスパガラス、天塩川
<桑原農園>
 ポテトサラダ、切り干し大根、ホウレンソウのゴマ和え、煮豆、サツマイモの天ぷら、ザンギ、紅鮭、梅干し
<宮下農園>
・シナモンロールパン
・アスパラ(茹でてマヨネーズ、生で)
<黒井さん>
・ワラビ(塩、醤油、砂糖)
・茹でアスパラマヨネース
①アスパラを半分に切る。
②塩水で1分茹でる。(まず根元の部分を入れ、それから頭の部分を入れる)
・キュウリとメロンの粕漬け
・サバの缶詰(サニーレタスで巻いて食べる)
・美凛(日本酒)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1070737/

 先日の「サチのお寺ごはん」は、六の膳「癒しの豆乳鍋、夏風邪、お盆、源導さん」
http://sachinooteragohan.com/
・豆乳鍋
①人参を皮つきのまま縦に薄切りにして、熱湯でやわらかくなるまでゆがく。
②白菜と水菜はざく切りに、もめん豆腐は4等分にする。しめじはいしづきを切り、一口大にさく。
③ほうれん草をさっと茹でて冷水に入れて水気を切る。
④土鍋に【A】を入れ、中火にかけ、沸騰する直前で弱火にする。
 <A>豆乳:100ml、昆布だし:200ml、練りごま:小さじ2、みりん:大さじ1、うすくちしょう油:大さじ1、塩:少々
⑤土鍋に具材を入れ、野菜に火が通ったら完成。
・巻きいなり
①米は昆布を入れて固めに炊く。
②油揚げをしっかりと湯通しし、鍋に【A】とともに入れる。
 <A>砂糖、しょう油:大さじ3、酒、みりん:大さじ2、水:300ml
③中火にかけ沸騰したら弱火にし水気がなくなるまで煮る(焦げ付かないように注意)。
④油揚げを取り出し、冷めたら三辺を切り広げる。
⑤寿司桶にご飯を入れ、寿司酢をかけ、ご飯を広げながらうちわで手早くあおいで冷まし、みじん切りにした大葉、紅しょうが、ごまを混ぜる。
⑥巻き簾にラップをしき、④の油揚げをしく。ご飯をのせ、ラップを巻き込まないように注意しながら巻く。
 <寿司酢>米酢:大さじ6、砂糖:大さじ5、塩:小さじ3
⑦食べやすい大きさに切り、盛り付ける。
・黒糖豆乳
①豆乳を温めて黒糖を入れる。

http://sachinooteragohan.com/recipe.html

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「福島県産「刀根柿」の案内♪
 「刀根柿」の楽しみ方は、2通り♪
 とれたての若い柿は、軽やかな甘さで、サクッとした歯ごたえを。
 追熟させた柿は、濃厚な甘さで、トロッとした、なめらかな口当たりを。秋の味覚を、贅沢に楽しみましょう(^^)/

https://item.rakuten.co.jp/snowland/305442/?scid=rm_190841#305442

<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」

 今日の昼食は、浄水器(?)の宣伝で、「知久屋」のお弁当♪去年と同じものだね。
<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」

「TRiM WATER」
トリムの電界水素水
 TRiM WATERとは 家庭用電界水素水整水器で生成された水です。日本トリム独自の電気分解技術によって、「水素」を豊富に含んでいます。
おいしいカラダにいい水
医療効果が認められた電界水素整水器
 日本トリムの「電界水素水整水器」は、医療効果が認められた管理医療機器なのです。
 その効果は「胃腸症状の改善。胃もたれや胃の不快感をやわらげる。胃腸の働きを助けお通じを良好にする」というもの。
 水素水は水素濃度が高い方が良いという証明はまだされていません。大切なのは引用レベルに適した電解水素水を出来るだけ「毎日」「つくりたて」で飲むことです。
 日本トリムは愛され続けて35年。製品はISO取得の工場で製造し、JIS規格も認証、私たちの製品を末永くご安心してご愛顧ください。
家庭用管理医療機器 医療機器製造販売認証番号:226AGBZX00012000
 水素濃度表示については電解条件により算出した推測値であり、目安です。(地域・水質により実濃度と差が生じるケースもございます)
 独自技術のダブル・オート。チェンジクロスライン方式で、長時間にわたり安定した電解水素水を生成し続けます。
TRIM ION HYPER
効果・効能/胃腸症状の改善
 胃もたれや胃の不快感をやわらげます。
 胃腸の働きを助け、お通じをよくします。
日本トリムの電解水素水のおいしい魅力!
 「勲章料理人 大田忠道氏の活用術
和食の命は「水」 私は日本トリムの電解水素水を選びました。
 大田先生は、「和食は繊細な味の世界。その真髄は、新鮮な食材の持つ味、魅力をいかに引き出すか。それにはやはり水が一番大切。」とおっしゃいます。大田先生が館主をつとめる旅館では、日本トリムの電解水素水を使ったお料理をお楽しみいただけます。
電解水素水は食生活を豊かに彩ります。
・煮物に
 煮物の素材をふっくらとやわらかく仕上げます。
・出汁取りに
 濁りのない透明感のある上品な味わいの出汁が取れます。
・ご飯炊き用の水に
 ごはんがふっくらし、おいしく炊きあがります。
・野菜のアク抜きに
 アク抜きや野菜洗いにもお使いいただけます。
・紅茶・緑茶・コーヒーに
 素材の持ち味を活かし、味を引き立てます。
・アルコール類の水割りに
 飲み口をまろやかにします。氷づくりにもお使いください。
*大田 忠道(おおた だだみち)
 1995年、お料理対決番組「料理の鉄人」で勝利。以来「大田軍団」総帥として、同番組で和食の魅力を発信し続ける。1998年「ひょうごの匠」、2001年「神戸マイスター」にも認定され、2004年には「黄綬褒章」、2012年には「端宝単光章」を受章。現在、有馬温泉で料理旅館を営む傍ら、兵庫県日本調理技能士会会長、百万一心味全国天地の会会長等をつとめ、後進の指導にも熱心にあたられている。

<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」

 「弱酸性水」というのもある!なんか、効く感じ!!!
※お肌に合わない時は使用をおやめください。
「株式会社日本トリム」
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスNETオフィスタワー22F
TEL 0120-328106

http://www.nihon-trim.co.jp

 仕事を定時に終え、帰宅して、一杯♪
 「トリムの電解水素水」で水割にしてみたが、よく分からないな・・・2つを飲み比べないと分からないんだろうな・・・。

 おつまみは、「秋刀魚缶とナスのスパゲティ」(^^♪
<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」

SSK
うまい!秋刀魚
国内水揚げ
味噌煮 ヤマカノ醸造 仙台みそ 使用
 骨までまるごと召し上がれます。
 さんまにはDHA、EPAが含まれます。
固形量 100g、内容総量 150g
100gあたり180~302kcal
販売者 SSKセールス株式会社
静岡市葵区栄町1-3
TEL 0120-04-8189

http://www.ssk-ltd.co.jp/
製造者 株式会社ミヤカン
宮城県気仙沼市本浜町2-102-1

<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」

 デザートは戴いた「Welch's Fruit Snacks」。
FAMILY FARMER OWNED MIXED FRUIT
 NATURAL & ARTIFICIAL FLAVOR
Made With REAL Fruit
 100% Vitamin C
 25% Vitamin A & E
FAT FREE
 Gluten Free
 No Preservations
NET WT 0.9oz(25.5g)
PRODUCTION IN MOTION INC
Makers of AMERICA'S FAVORITE FRUIT SNCAKS
 We Make The Brands You Love
TEL 1-800-340-6870

http://www.welchsfruitsnacks.com/

 ここで、2017年8月2日の朝刊より、「<夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」の引用♪
 厳しい暑さが続く夏だからこそ涼しさを感じさせるモノがある。ガラスの器やうちわ、浴衣…。こうしたモノづくりに携わる人たちを各地に訪ねた。
(この連載は、北海道、東京、中日、西日本の各新聞による合同企画です)
◆清涼な器に熱いエコ魂
 網走川の河口のほとり。オホーツク海からの爽やかな夏風がそよぐ戸外からは一変し、流氷硝子(がらす)館(北海道網走市)の工房内はガラスを溶かす炉の熱気に満ちていた。
 工房長の軍司昇さん(37)が、炉から「吹きさお」を取り出し、口にくわえて息を送り込む。先端で真っ赤に輝くガラスの塊が、みるみる膨らんでいく。
 霧吹きでぬらした新聞紙の束に、このガラスの塊を押し当てながら形を整えていく。紙が焦げるにおいと白い煙、それに水蒸気が工房に立ち上る。
 同館を代表するブランドの「幻氷(げんぴょう)」は流氷がモチーフだ。冬の終わり、海岸を埋め尽くした流氷は沖へと去っていく。「この時、蜃気楼(しんきろう)が発生する。網走から見えるその風景を表現しました」と軍司さんは語る。
 グラスや食器は、どれもうっすらと雪をまとった氷のような繊細な表情を見せる。手に取ると一瞬、夏を忘れさせる涼やかな感触が伝わってくる。
 網走周辺には多くの湖沼が点在し、冬は流氷が押し寄せる。「水と近しい網走の自然がテーマ」(軍司さん)だけに、「幻氷」のほか、ガラスの表面に青や白の小さな凸凹をつけた「流氷デコ」、海の深みや水の流れを表現した「澪(みお)」シリーズなど、作品には北国の自然への思いがこもる。
 作品にあふれる透明感や清涼感。しかし、そこからは思いも寄らない素材が、原料に使われている。廃棄された蛍光灯だ。
 原点は軍司さんの学生時代にある。当時、東京のガラス工芸の専門学校に通っていたが、「美しいガラス工芸品が大量のエネルギーを使って作られ、材料も海外からの輸入。そこに矛盾を感じました」と話す。
 ガラス工芸に適し、環境にもやさしい素材はないか-。見つけたのが、溶けやすく、加工しやすい蛍光灯のガラスだった。
 専門学校を卒業し、沖縄の工房で五年ほど修業した後、古里の網走に工房を構えることを決意。廃蛍光灯の仕入れ先を探したところ、国内最大級の処理場である野村興産(東京)のイトムカ鉱業所が、網走市と隣接する北見市の留辺蘂町(るべしべちょう)にあると初めて知った。「まさか古里のそばだったとは…。運命的な出会いでした」と振り返る。
 軍司さんは、二〇一〇年に硝子館を開設。同鉱業所から水銀などを除去した後のガラスくずを年間十トン仕入れ、工芸品として再生させる日々が続いている。
 オホーツク海で生まれ、さまざまな栄養分を海の隅々に届ける流氷は、循環する生態系の象徴だ。
 「環境への負荷が少ないガラス工芸を通じて、流氷を含む自然の大切さを伝えたい」。軍司さんは涼しげなガラスの器を手に、熱っぽく語りかけた。
(北海道新聞・桜井則彦)
 流氷硝子館(北海道網走市南4条東6)は、JR網走駅から東に約2キロ。食器や花器、アクセサリーなどを展示・販売するほかカフェも併設。作品には廃乾電池の処理工程で生じるマンガンを着色料に使った「バッテリーブラウン」シリーズもある。ガラス制作体験は吹きガラス2500円、とんぼ玉体験1400~1800円など。営業時間は午前9時~午後6時(水曜定休。8月は販売のみ無休)。(問)同館=電0152(43)3480、ファクス0152(67)4362、電子メール
webmaster@ryuhyo-glass.com=へ。ホームページもある。
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017080202000005.html

本日のカウント
本日の歩数:8,833歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「涼を求めて」ボード乗り 川面を散歩 | トップページ | <夏モノ語り>(2)房総半島の「房州うちわ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65729608

この記事へのトラックバック一覧です: <夏モノ語り>(1)網走の「流氷硝子」:

« 「涼を求めて」ボード乗り 川面を散歩 | トップページ | <夏モノ語り>(2)房総半島の「房州うちわ」 »