« ふゆみずたんぼ | トップページ | 国宝 犬山城 »

2017年8月16日 (水)

能登丼

 今日は、8月17日、「パイナップルの日」。
 8月は1日が「パインの日」、17日が「パイナップルの日」と、パイナップルの記念日が2回あります。ビタミンCが豊富なパインは日焼け対策に効果的です。

 昨日のテレビ「昼めし旅」は、「東京 北区 赤羽」で「たった千円でベロベロに酔える街」。5/30の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
《鉄板酒場 鐵一》
☆人気No.1 名物 ホットとん 743円(税抜)
☆わさびサワー 343円(税抜)
☆ミミガー葱和え 362円(税抜)
《七輪炭火焼 いくどん》
☆人気No.1 シロ 中辛 430円(税抜)
《やきとん あさちゃん》
☆カツ 77円(税抜)
☆ホッピー
☆もつ煮 372円(税抜)
☆名物!純レバ 467円(税抜)
<関さん>
・サムギョプサル
①豚バラブロックをスライスし、油を入れずフライパンで炒める。
②ニンニクも炒める。
③レタスに包んで特製タレをつけて食べる。
※特製タレ:味噌、コチュジャン、醤油、砂糖、ニンニク
・カルビスープ
①牛カルビを鍋に入れる。ごま油で炒め、水、醤油を入れる。もやし、しめじを加えて煮込む。
②味噌、コチュジャンで味付け。
③唐辛子を入れる。
④キムチ、溶き卵を入れて完成。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1066217/

 起床して、温泉に浸かる。

能登丼

 昨日買った「おにぎり」が朝食!
能登のおにぎり
 能登産のコシヒカリとミルキークイーンを使い 塩も能登の海洋深層水塩を使って炊き上げました。
製造者:(有)和倉炊飯
石川県七尾市石崎町ヨ-17-2
TEL (0767)62-1330
販売者:どんたく 惣菜部 山成商事(株)
石川県七尾市作事町80
TEL 0767-53-2727

 もう1個のおにぎりは、愛知県安城で作られたもの。

能登丼

 「ヤセの断崖」へ行く。この辺一帯を、「能登金剛」と呼ぶらしい。
 映画「ゼロの焦点」のロケ地になったようだ。
能登丼

 「義経の舟隠し」に歩いて行く。ちょっとあるね・・・。
http://h_taka.atw.ne.jp/kengai/ganmon/ganmon01.html

能登丼

 「輪島朝市」に行く。駐車場300円也。
 同じものでも店によって、値段が違うことがあるんだね!!
物々交換から始まった、一千年以上歴史のある朝市
 輪島の朝市にはいろんなものが並んでいます。野菜などは周辺の農家のおばちゃんが、活きのいい魚介や海草などは漁師町の女衆が売っています。輪島の女性たちは働き者で、朝市では売るのも買うのも主役は女性、「亭主の一人や二人養うのが女の甲斐性」といわれるほど。朝市では、おばちゃんたちとの会話や値段の駆け引きも楽しんでください。
「輪島朝市組合」
TEL 0768-22-7653

http://www.wajimaonsen.com/article_detail/66_1.html

 昼食まで時間があるので散策。
 「能登國輪島 重藏神社」って、キリコ祭りと関係があるのですね。
 重蔵神社は奥能登の中心地・輪島市のほぼ中央、日本海に面した河井町に鎮座しています。
 河井町約1800戸の産土神として仰がれるばかりでなく、平安時代中期に編纂された「延喜式」の神名町にある鳳至(ふけし)比古(ひこ)神社、あるいは辺津比咩(へつひめ)神社にあてられ、鳳至一郡の総社として重きをなしています。
御由緒
 遠く崇神天皇の時代に創建されたと伝えられています。
 天平勝宝八年(756年)五月、泰澄により寺院が建立され、以後、神仏習合の社として重蔵権現・十蔵大権現・重蔵とも称され、堂塔伽藍が建ち並んでいました。領主や衆庶から崇敬され、中世には地頭の長谷部氏をはじめ、温井氏(畠山氏家臣)による社殿の造営などが行われてきました。
 天正十年(1582年)、能登に入国した加賀藩祖前田利家が武具と柱松明木を奉献、以後明治維新に至るまで前田家による松明木の奉納は恒例となりました。
 明治五年(1872年)に郷社となり、同三十九年に神餅幣帛料共進社となりました。本殿は同三十九年に特別保護建造物に指定されましたが、同四十三年の大火で炎上。その後、本殿は旧に基づいて再建され、大正七年(1918年)県社に昇格しました。
石川県輪島市河井町4-69
TEL 0768-22-0695

http://juzo.or.jp/

能登丼

 昼食は、「やぶ朝市店(旧やぶ本店)」↑↑↑
 「日替りランチ(そば・うどん)」800円を食べようと思ったら、今日はないんだって???
能登丼

 「天丼セット」1,000円を食べることにする。冷たい蕎麦が美味しかったよ♪
能登路では 今も昔も やぶの味
 当店のそば、うどんはもちろんの事 豊富な食材 能登の新鮮な旬の幸を 心ゆくまでお楽しみください
 お客様のご利用に合わせて テーブル等、 ゆったりとした座敷席も ご用意いたしております。
 心をこめて、おもてなしいたします。
石川県輪島市河井町4部45番地
TEL 0768-2-2266

http://www.wajima.ne.jp/waichi/waichi_shop/yabuhonten.html

 「能登丼」を食べたい気もしたが、ちょっと高いんだよね。
 ちなみに、「能登丼」のお店が増えたよね!!!
http://www.okunoto-ishikawa.net/modules/donmap/

 朝市に戻り「巌のり(佃煮)」300円を買う。
 朝市って、お昼には終わるんだね・・・ほとんどの所が片づけに入っていた!!!

能登丼

 「輪島キリコ会館」に行く。JAF割引で100円引きで520円。
 キリコ祭りって、7月から9月にかけて、能登半島のいろいろな所でやっているのですね。
能登丼

神々が跳ねる 人が踊る 能登のまつりが 煌めく
平成27年4月 日本遺産認定 灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~

 キリコが勇烈にいざなう祭りの事始め 漆黒の空にロマンが舞い 能登数年の灯がエネルギッシュにはじける
悠久の神話にあやかる能登人たち。神輿をかつぎ、里山里海のめぐみを純心に祈る。
 日本海文化の交流拠点である能登半島は独自の文化を育み、数多くの祭礼が行われてきた。その白眉はキリコ祭りと総称される灯籠神事。夏、約200地区で行われ、能登を照らし出す。
 日本の原風景である素朴な農漁村で神輿とともに、最大で2トン、高さ15mのキリコを担ぎ上げ、激しく練り回る。祇園信仰や夏越しの神事から発生した祭礼が、地区同士でその威勢を競い合う中で独特な発展をし、そしてこれほどまでに灯籠神事が集積した地域は唯一無二。
 夏、能登を旅すればキリコ祭りに必ず巡り会えると言っても過言ではなく、それは神々に巡り会う旅ともなる。

http://www.hot-ishikawa.jp/kiriko/
石川県輪島市マリンタウン6番1
TEL 0768-22-7100
FAX 0768-22-7101

http://wajima-kiriko.com/

 「白米千枚田」に行く。
 駐車場は数珠つながり・・・。
能登丼

 暑いけど、景色がいいねぇ~!
能登丼

 稲の色が違うのは、早生などの品種の違い?実っているところとまだ実っていないところがあるんだね。
空と海と棚田が織りなす美しい光景
 千枚を超える小さな棚田が海の際まで迫るように続きます。一面に水を湛えた苗床、緑稲あるいは黄金色に輝く稲田と、季節ごとに、また、一日においても時間ごとに色々な表情の変化を見せてくれます。この千枚田を見下ろす位置には「道の駅・千枚田ポケットパーク」があり、買い物や休憩もできます。マイ田んぼが持てるオーナー制度があり、オーナー会員は千枚田の米づくりを楽しんでいます。
「輪島市観光課」
TEL 0768-23-1146

http://senmaida.wajima-kankou.jp/

能登丼

 「曽々木海岸」に行く。「曽々木窓岩」があるんですよ!
大きな一枚岩がこんな形に
 奇岩が数多く見られる曽々木海岸のシンボル。大きな板状の岩の真ん中に開いた、直径2mほどの穴が名前の由来。日本海の荒波が、長い年月をかけて創りあげた芸術です。夕陽を浴びるシルエットとなって浮かび上がる姿は最高です。
「曽々木観光協会」
TEL 0768-32-0408

http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=5708
http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=173
能登丼

 今日は、「曽々木大祭」が行われるらしい。
能登丼

日本遺産(Japan Heritage)
灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~
由来

 当地に鎮座する春日神社の大祭で、往古、神様がアイノカゼに乗って曽々木海岸に漂着したという寄り神伝承が伝わります。神社は神の漂着伝承地から100mほど南に直進した岩倉山の裾部に建ち、宵祭には窓岩ポケットバーク下の海辺に柱松明を立て、神輿が来臨すると柱松明を炎上させます。この地がお旅所であったことを窺わせます。
開催期日
 8月17日~18日
開催場所
 輪島市町野町曽々木地内の下地・新出地・港の海辺
行事の流れ
 宮掃除と柱松明の制作・柱立ては、3町内が交代で行っています。作業は宵祭り前日、または極近の日曜日に行い、キリコの組立は宵祭の午前中に行いますが、青年団のキリコ(若連中という)は極近の日曜日から準備しています。
・「宵祭り」8月17日
21:00~ 三町内と青年団、子どものキリコが神社に参集し、宵祭りの神事が始まります。
22:00 お旅道中の途中、道すがら、下地・新出地・港の海辺の3ヶ所で祝詞が奏上されます。新出地町内(窓岩ポケットパーク)が曽々木大祭最大の賑わいの場(乱場・クライマックス)です。神輿とキリコが4・5本広場に入ると同時に、柱松明に火が点じられ、打ち上げ花火が次々と上げられます。
 多くの観衆が見守る中、広場では所狭しと神輿とキリコが激しく練回り、夜祭は最高潮を迎えます。キリコの動きが停まるのをみて祝詞が奏上され、宵祭りが終了します。
・「本祭り」8月18日
午前中 前夜、担ぎ出したキリコを組毎に片付けます。
15:00~ 御仮屋で本祭りの祭典が始まり、還御途次の祝詞奏上は前夜と逆に、港・新出地・下地本社の春日神社まで戻ります。
17:00~ 神輿が社殿に戻ると本祭が執り行われ、祭礼は終了となります。
キリコの数、造り
 通例ではキリコ5本が巡行します。昭和初期までは高さ10m前後の大キリコ6本と、5mほどの子どもキリコが担ぎ出されていました。(複数の古老談)造りは三町内と若連中のキリコは漆塗り、小若連中は白木造り。いずれも彫物付きで、カタネボウ(担ぎ棒)は2本。キリコの高さは4本が6~7mで、小若連中が5mほど、平成23年までは、若連中は高さ10mの漆塗りキリコを担ぎ出していました。
囃子、唄
 囃子は笛・太鼓・シャンギリ(鉦)。太鼓と鉦は打ち手がキリコに乗って叩き、笛はキリコの横を歩きながら吹きます。調子は道中ではゆったりと、練回る時は早いテンポで、深夜にお旅所からもどる際はチョンマとよぶ軽快なリズムに転じます。チョンマでは途中に「ソレッ」と担ぎ手の掛け声が入ります。
他のキリコ祭りとの関連
 能登の夏祭りは宵祭りが多く、曽々木大祭でもキリコは神輿の「オアカシ」・「供奉」として出されています。このキリコ祭りも、夏祭りの多くで称される「お涼み祭り」です。また、能登の祭りに多く見られる、親戚や知人宅での「ヨバレ」や人足の「結」があります。
特色
 曽々木海岸・窓岩前でのキリコが乱舞する光景は勇壮で見事です。

 「道の駅 すす塩田村」に寄る。売店を見ただけで、中には入らなかったよ・・・入館料は100円でしたよ。
 能登の塩造りの歴史と伝統を再発見し、継承するために造られた奥能登塩田村。揚げ浜塩田の用具、塩づくりの歴史、文化、世界各地の塩に関わる資料館です。
 物産販売のほか、体験塩田では「揚げ浜式」の塩づくりを体験でき、塩を煮詰める釜屋の見学もできます。
400年続く伝統 能登の揚げ浜式製塩
 能登では、江戸時代以前より続く伝統ある揚げ浜式製塩が今も続けられています。塩田まで海水を汲み揚げることから「揚げ浜式」と呼ばれる製塩法です。汲み揚げた海水を、塩田の砂にふりまき太陽と風の力で乾燥させ、塩分を含んだ砂を集めて、海水をかけて塩分の濃い「かん水」をつくります。それを平釜で煮詰めることでやわらかい風味の塩ができます。
石川県珠洲市清水町1-58-1
TEL (0768)87-2040
FAX (0768)87-2032

http://enden.jp/

能登丼

 「道の駅 桜峠」に寄る。
 ここって、どれくらいの利用者があるんだろう???

能登丼

 「のと里山空港」に行く。
 羽田と1日2往復しかない・・・これで採算が採れるのだろうか???
https://www.noto-airport.jp/

 ふう~ん「妙成寺」ってあるんだね。行ってみたいな。
能登の至宝 妙成寺
 龍に護られ、いにしえを今に伝える。

http://www.myojoji-noto.jp

 「どんたく」に寄り、食料の調達!
 「コゾクラ刺身」「するめいか刺身」などを買う。
「コゾクラ」
 ぶりは出世魚で、生まれてから成長にしたがって、次々と名前が変わります。金沢ではコゾクラ、フクラギ、ガンド、ブリといった区別がなされます。
 お刺身、塩焼き、照焼き、味噌漬、ぶり大根、かぶら寿司
「魚仕入れは金沢直送【居酒屋応援隊】ブログ」

https://izakayaouentai.co.jp/blog/news/761

 〆の「お弁当」には「錦爽どり(きんそうどり)」が使われていた。
 「どんたく」って、愛知県と縁が深いのか???
http://www.maruto-p.co.jp/index.html

 温泉に入り、湯上りのビールを飲み、就寝。

本日のカウント
本日の歩数:16,369歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.4kg
本日の割箸使用量:2本
本日の餃子消費量:0個

|

« ふゆみずたんぼ | トップページ | 国宝 犬山城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65692561

この記事へのトラックバック一覧です: 能登丼:

« ふゆみずたんぼ | トップページ | 国宝 犬山城 »