« 「おしゃれ泥棒(HOW TO STEAL A MILLION)」、そして「「涼を求めて」天然の氷 優しい口どけ」 | トップページ | 自然菜園で育てる 人気野菜 第16回「エダマメ・大豆」 »

2017年8月27日 (日)

「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」

 今日は、8月27日、「ツナの日」「ジェラートの日」。
【ツナとしいたけの炊き込みごはん】(1/5量で240kcal)
ツナとしたけで、うまみたっぷり!
『材料』(4~5分)
・米・・・2合
・ツナ(缶詰・オイル不使用)・・・1缶(80g)
・生しいたけ・・・6個
・にんじん・・・3cm
・ポン酢しょうゆ・・・70ml
・水・・・360ml
『作り方』
①米は洗ってざるに上げ、30分ほどおく。
②しいたけは石づきを取り、薄切りにする。にんじんは長さ3cmの細切りにする。
③炊飯器の内釜に米とポン酢しょうゆを入れ、材料の水を注ぐ。
④にんじん、しいたけ、ツナ(汁ごと)を順に入れ、普通に炊く。
【ツナときゅうりの冷や汁】(437kcal)
『材料』(2人分)
・ツナ(缶詰・オイル不使用)・・・1/2缶(40g)
・きゅうり・・・2本
・みょうが・・・2個
・ごはん・・・300g
・塩・・・少々
・白いりごま・・・大さじ4
・みぞ・・・大さじ2と1/2
・だし汁・・・2カップ
『作り方』
①きゅうりは薄い輪切りにし、塩を混ぜて10分ほどおき、水気をしぼる。みょうがは小口切りにし、水にサッとさらして水気をきる。
②すり鉢でいりごまをすり、みそ、ツナ(汁ごと)を加えてすり混ぜる。だし汁を加えて混ぜ合わせる。
③きゅうり、みょうがを加えて混ぜ、冷蔵庫で2時間以上冷やす。
④茶碗にごはんを盛り、③をかけて食べる。

 先週のテレビ「林先生が驚く初耳学」は、「静岡・三島・熱海~ 東海道新幹線 新ご当地グルメきっかけの初耳学」。
http://www.mbs.jp/mimi/
*新横浜
《YUJI RAMEN》神奈川県横浜市港北区
・ツココツラーメン
*小田原
 蒲鉾、湘南シラス
《小田原おでん本店 お茶室 はなれ月の風音》
・小田原おでん(小田原すじ、地あじ雑魚ちくわ、梅みそ、地魚のおでん出汁茶漬け
※おでんを作る時、正しい並べ方がある。
《こんぶや》渋谷区
《新橋かま田》港区
 出汁を出す種と吸う種を均一に交互に並べる。
   出す 吸う 出す
   吸う 出す 吸う
*静岡県
《鮨割烹 廉》
《うなぎ 桜家》
*熱海
《多賀屋 別邸》
・とりまぶし(幻の地鶏 熱海北条鶏)
 1杯目 生わさび、2杯目 親子丼、3杯目 お茶漬け
*三島
《THIS 伊豆 SHIITAKE バーガーキッチン》
・THIS 伊豆 しいためバーガー
*静岡
・お茶 東頭 100g 1万円
・静岡茶漬け
《GRILL 炙之介》静岡市葵区
・生桜えびと太刀魚の燻製茶漬け
《無庵》静岡市葵区
・鯵のなめろう茶漬け
《浮月楼》静岡市葵区
・マグロの茶漬け
・本山茶 徳川家康が愛飲
《豊橋》
・豊橋うどん
《玉川》豊橋市広小路
・豊橋カレーうどん
※なかなか落ちないカレーのシミは、洗濯前に天日干しでキレイになる。
《古奈屋》東京 巣鴨
※カレーうどんのつゆを飛ばさない技
 ①口の下に来るように器を寄せる。
 ②箸で麺を軽くほぐす。
 ③麺先がスープに浸っている状態をキープ。
 ④すする時は、お箸で麺の動きをキープ。
*名古屋
 みそかつ、手羽先、あんかけスパゲティ、小倉トースト
《喫茶 神戸館》名古屋 錦
・鉄板小倉トースト
 4つの味の変化
  ①熱い ②冷たい ③香ばしい ④甘い
※トーストの焼き方には、正しい向きがある。
 下側を奥に入れる(トースター内の温度高低と食パンの上下を合わせる)
*京都
 日本料理《京都 和久傳》、おばんざい《棲家》
《原了郭》創業1703年
・黒七味
・九条ネギカレー
《京つけもの 西利》京都 錦
・漬物サンドイッチ

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/55557/1089210/

 「谷原章介の25時ごはん」は、第十三話「20年来の仲間はカメラが”キー”の超パワフルガイだった」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/
*レスリー・キー(フォトグラファー)
☆シンガポールのチキン料理「海南鶏飯(チキンライス)」
☆ホッケンミー
☆サテ
【蒸し鶏がキー! 真夏のスタミナそうめん】(861kcal)
『材料』(2人分)
 鶏ムネ肉 300g、オクラ 4本、長芋 180g、ミョウガ 2個、ショウガ 1片、半田そうめん 240g、大葉 4枚、カイワレ大根 1/4パック、スダチ 1個、青唐辛子 1本
①チキンの下準備
 鶏ムネ肉をフォークで穴を開け、余分な脂を取り除く。両面に塩を振り、下味をつける。鶏ムネ肉を袋に入れ、2分休ませる。
②鶏肉を蒸す
 沸騰したお湯に袋ごと①の鶏ムネ肉を入れる。鶏ムネ肉を入れたら、蓋をし、火を止め15分熱を加える。お湯から取り出して余熱で10分放置。
《台湾料理専門店「麗郷(れいきょう)」》渋谷
☆腸詰 800円(税抜)
☆酢豚 1500円(税抜)
☆焼きビーフン 800円(税抜)
③とろろ作り
 オクラに塩をふり、板ずりをする。軽く湯通しし、氷水にさらす(色が鮮やかになる)。オクラを薄めの輪切りにする。
 長芋をすりおろす。ボウルにオクラ、すりおろした長芋を入れ、白だし(小2)を加え、混ぜる。
④蒸し鶏の仕上げ
 ②の蒸し鶏を1cm幅にスライス。
 鶏肉から出た水分が残った袋に、ゴマ油(小さじ1)を加える。鶏肉にかける。
⑤そうめんを茹でる。
 沸騰したお湯で5分茹でる。
⑥香味ダレ作り
 ミョウガを粗みじん切りにする。おろしショウガとミョウガを合わせる。ごま油(大2)、塩(小1/2)を加え混ぜ合わせる。蒸し鶏にかける。
「夜のおとも」
*チョコレートケーキ
《パティシエ・エス・コヤマ》
・テリーヌ ドゥ ショコラ ヘッコンダ 1674円(税込)
《レ・カカオ》
・マダガスカル 600円(税込)
⑦そうめんの盛り付け
 茹でたそうめんは流水で洗い、氷水にさらす。
 10倍希釈の白だしを器に入れ、麺を盛り付け。
⑧具材の盛り付け
 とろろをそうめんにかける。蒸し鶏を乗せ、香味ダレをかける。
 大葉、カイワレ大根、スダチをのせ、白ごま(適量)を手で擦りながらかける。
 お好みで「青唐辛子」をトッピングする。

http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20170802.html

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「秋の味覚の王様《松茸》」。
https://m3.rakuten.co.jp/suigodori/matutake-2/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/bjeja/1/76mi0/
 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「北海道スープカレー」の案内(^^♪
・サッポロスープカレー 中辛 200g
・大泉洋の本日のスープカレー 201g
・北海道産素材 チキンスープカレー 200g
・北海道産素材 ほたてスープカレー 200g
・南家チキンココナッツスープカレー 中辛 300g
・天竺チキンカレー 中辛 300g
・札幌スープカリー 木多郎 ハンバーグ 310g
・札幌スープカリー 木多郎 帆立 310g

https://item.rakuten.co.jp/snowland/107655/?scid=rm_190841

 きょうは、休日なのに、強制の仕事・・・しかも、無給・・・ブラックな仕事だね・・・。
 「お茶」と「アイス」を頂いた。(ありがとうございます)
「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」

 「アイス」は、冷たくて美味しかったね・・・。(お茶は、冷やしてなかった・・・。)
Palitte パリッテ
 ココロ華やぐパリふわソフト
バニラ&ショコラ
1個当たり 259kcal
販売者 江崎グリコ株式会社
大阪市西淀川区歌島4-6-5
TEL 0120-917-111

http://www.glico.com/jp

 買い物に出かける。途中、実家に寄り、石川旅行の会計清算。
 丹波の黒豆の消毒は、「ランネート」がいいらしい。
https://www.kumiai-chem.co.jp/products/document/lanate45_df.html

 まず、ホームセンターで柄杓を探す。サービスカウンターで聞いたけど、どこにあるのか分からなかった。もう一度カウンターに戻る。係りの方が案内してくれたが、見つからない。店員さんが無線で聞いて、やっと見つけた。
 でも、高かったのでやめた。
 スーパーに入る。「舞茸の天麩羅」298円、「サッポロ一番 みそラーメンどんぶり」95円、「納豆」50円、「ミックスキムチ」198円のところ半額の99円、それに「長ネギ」105円を買う。
 最初、レジで「長ネギ」を135円と打たれた・・・気がつかなかったら高い買い物をするところだった。レジの打ち込んだ値段は、しっかり見ていないとダメだね!!!

 一旦帰宅して、散歩に出かける。
 百均で仕事用のBOXを予約。
「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」

 それに「柄杓」108円を買う。
VO67 クリア水シャク
680ml
ポリプロピレン
120℃~-20℃
ナカヤ化学産業株式会社
福井県越前市粟田部町62-15-1

 スーパーに入り、「粉末粉茶」410円を買い帰宅。

 今日買った柄杓を持って、佐鳴湖に水汲みに行く。無農薬海水栽培のためです。
 引き潮だったので、塩分が「佐鳴湖の0.6%」より低めになってよかったかな。

 「酒&FOOD かとう」に行き、「特別純米酒 湖濱(こはま)」3,024円を伝票にて買い帰宅。

「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」

 夕方は、「特別純米酒 湖濱(こはま)」で一杯♪今日は、日本酒を飲みたい気分ですね!
 名峰伊吹山と雄大な琵琶湖に囲まれた北近江長浜。この地の奥深な魅力と古来より受け継がれるおもてなしの心を表すべく醸し出した地酒”小濱”やわらかく包み込む芳醇な味わいをお楽しみください。
 芳醇で深みのある味わいはチーズやお肉料理とも相乗的な旨みをお楽しみ頂けます。
原材料米/米(国産)、米麹(国産)
精米歩合/60%
アルコール分/16度以上17度未満
佐藤酒蔵株式会社
佐賀県長浜市榎木町979番地

「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」

 198円のところ半額の99円で買った「キムチ」♪大根ときゅうりだね!
大阪鶴橋本場の味
 手間ひまかけて漬け込んだ手造りキムチ
内容量 250g
製造者 漢江物産 代表者 大友 元
大阪市生田区巽南2-3-18
TEL 06-6753-5156

「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」

 それに「舞茸の天婦羅」(^^♪
100g当り 227kcal
 「天つゆ」が付いている!
ヤマキ ストレート
内容量 30g
販売者 ヤマキ株式会社 YE
愛媛県伊予市米湊1698-6
TEL 0120-552226

 さらに「ダーチャ佐野」の「ナス炒め七味醤油」♪

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもんより」、「はも出汁茶づけ」(京都府)の引用♪
薬味を添えて料亭風
 旬の素材を駆使し、四季折々の多彩な料理が伝わる京都。特に夏から初秋にかけて脂が乗るハモは、この時期に欠かせない魅力的な食材である。湯引き、酢の物、焼き物、揚げ物、しゃぶ鍋など、さまざまに調理されるが、お茶漬けも人気。
 多くの料理店で提供するほか、真空パック詰めで取り寄せできる店もある。なかでも向日(むこう)市屈指の京料理の店で知られる矢尾卯(やおう)の「はも出汁茶漬け」は秀逸。同社は明治30(1897)年頃の創業。江戸初期の旅籠が前身で、京都府から「京の老舗表彰」を受けた名店である。
 「近海ものの活ハモを使って素焼きにした後に甘辛く煮込む、当社に代々伝わる無添加手作りの技で仕上げました。特製味付け一番出汁でお召し上がりを」と、四代目で社長の須田重正さん。出汁は北海道利尻産の天然昆布と、上花カツオでとったこだわりの一品だ。
 レンジで熱したハモをごはんに乗せ、温めた出汁を注げば出来上がり。しっかりと味付けされた、脂の乗ったハモに、上品な出汁がからみ、旨みがふわりと口中に広がる。刻み海苔や薬味を加えると、料亭で出すお茶漬けにも見えそう。
●(株)矢尾卯
京都府向日市向日町北山3
TEL 075(921)9219
FAX 075(934)9872
はも出汁茶づけ(ハモ60g+出汁360cc・各2人前)税込み1620円(送料別途)
※はも鍋のお取り寄せ」なども好評

http://www.yaou.jp/

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「パッションフルーツ」の引用♪
「情熱」でなく「受難」!?
 なんといっても香りが人気!食品はもちろん、アロマオイルやコロンにも使われます!!
・科属:トケイソウ科トケイソウ属
・漢字名:果物時計草(クダモノトケイソウ)
・英名:passionfruit
 パッションー情熱。その名もパッションフルーツは、まさに情熱の夏にぴったりのフルーツ!と思ったら違った。
 パッションはキリストの受難のこと。花の形が、キリストが十字架にかけられた様を思わせることから、パッションフラワーと名付けられたという植物の実なのだ。
 日本では時計草=トケイソウとしてなじみの花の仲間。こちらの名前は、花が時計の文字盤に似ていることに由来。果実は果実時計草と呼ばれる。
 イメージはやっぱりトロピカルフルーツだ。原産地は中南米の熱帯・亜熱帯域。つややかな赤紫色や黄色の卵形も南国らしい。手にすると思いのほか軽く、カラカラした感触が面白い。
 中には黄色いゼリーのようなプルプルをまとったつぶつぶが詰まっている。つぶつぶはタネなのだが、スプーンですくってそのまま食べられて。パリパリした食感が独特。酸味とさわやかな甘い香りが持ち味だ。
 熟しても、果皮がピンと張っているうちは、かなり酸っぱい。しばらくおいてシワがよったくらいが、酸味が抜けて甘くなり、食べごろといわれている。
 珍しいフルーツと思われがちだが、近年は出回るようになってきた。栽培もわりと簡単。真夏にもよく茂る蔓性で、日差しを遮る緑のカーテンにもいい。これからさらに広まりそうだ。

本日のカウント
本日の歩数:13,716歩
(本日のっかり歩数:5,547歩)
本日:54.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「おしゃれ泥棒(HOW TO STEAL A MILLION)」、そして「「涼を求めて」天然の氷 優しい口どけ」 | トップページ | 自然菜園で育てる 人気野菜 第16回「エダマメ・大豆」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「湖濱」、そして「はも出汁茶づけ」:

« 「おしゃれ泥棒(HOW TO STEAL A MILLION)」、そして「「涼を求めて」天然の氷 優しい口どけ」 | トップページ | 自然菜園で育てる 人気野菜 第16回「エダマメ・大豆」 »