« 今がおいしい 旬の食材「夏野菜の揚げびたし」 | トップページ | 「お食事処 味里」、そして「夏休みのおすすめランチ「ガパオライス」「トマトたっぷり簡単ミートソース」「豚肉とコーンのミニお好み焼き」」 »

2017年8月 6日 (日)

「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」

 今日は、8月6日、「土用の二の丑」「ハムの日」。
 土用は立春、立夏、立秋、立冬の前18~19日の期間のことで、今年は夏の土用の期間中に丑の日が2回あり、6日が2回目の「土用の丑の日」にあたります。
【うなぎ寿司ケーキ】(1/4量で484kcal)
豪華に見えて、家族も喜ぶ
『材料』(直径15cmの丸型1個、3~4人分)
・温かいごはん・・・450g
・うなぎ(蒲焼き)・・・1と1/2尾
・卵・・・2個
・きゅうり・・・1本
・れんこん・・・70g
・枝豆(ゆでたもの)・・・60g
・にんじん・・・1/4本
・新しょうが(甘酢漬け)・・・40g
・寿司酢・・・大さじ4と1/2
・うなぎのたれ・・・大さじ3
・サラダ油、白ごま・・・各少々
『作り方』
①れんこんは薄いいちょう切りにし、酢水(材料外)にさらしてざるにとる。熱湯でサッとゆで、水気をきって寿司酢大さじ1をからめる。温かいごはんに寿司酢大さじ3を混ぜ、れんこん、枝豆を加えて混ぜ合わせる。
②うなぎは幅2cmに切り、耐熱の皿に並べふんわりとラップをかけ、電子レンジで2分加熱する。うなぎのたれをからめる。きゅうりはピーラーで皮をむき、薄い輪切りにする。
③卵は溶きほぐし、油をひいたフライパンに少量流し入れ、数回に分けて薄焼き卵を作ってせん切りにする。
④にんじんはせん切りにし、寿司酢大さじ1/2をからめる。新しょうがもせん切りにし、にんじんと混ぜる。
⑤型を水にサッと通して水気を切り、①の半量を詰める。うなぎを端に丸く並べ、残りの①を詰める。皿をあててひっくり返し、型から取り出す。上に③を広げ、うなぎ、きゅうり、④でえ飾り、白ごまをふる。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 シューベルトの交響曲第七番「未完成」はなぞめいている。なぜ第二楽章までしか書かなかったか。映画「未完成交響楽」をご覧になった人なら、シューベルトの失恋が原因とおっしゃるかもしれないが、あれはフィクションらしい
▼もうひとつのなぞは発表までの経緯である。初演は一八六五年というから、その死から三十七年も後。シューベルトから楽譜を送られた友人が書庫にしまい込んだまま忘れてしまったそうだが、音楽家でもあった友人が才能に嫉妬し隠していたのではないかという説もある
▼「未完成」をめぐる別のミステリーか。ぜひ真相を知りたい。舞台は広島である。原爆投下から約半年後の一九四六年二月。旧制広島高校(現広島大)で演奏会が開かれた。曲は「未完成」だった
▼三十人ほどの演奏に会場は人であふれかえった。音程は怪しかったそうだが、その音はかえって人間くさく、温かく聞こえたかもしれぬ。どれほどの方が傷ついた心を癒やし、人間らしさを少しでも取り戻すことができたことだろう。手を合わせたくなる
▼演奏会の経緯、どなたが演奏したのかもはや定かではない。そしてなぜ「未完成」だったのかも
▼悲哀から希望へ。その曲調は復興への祈りだったかもしれぬ。あるいは原爆投下という残虐性に悲しき人間の不完全さ=未完成を思ったか。今年も八月六日がめぐってきた。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017080602000102.html

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「奥能登の母の味!あごだし 上品な香り&うま味の秘密」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《恵比寿 笹岡》
「蛸島漁港」
 トビウオ
 奥能登名物 焼き干し
《すいせん工房》
 うろこ取り→頭取り→内臓取り→水洗い→串に刺す→焼き(背中7分、お腹3分)→中骨を取る(血合いを取る)→食品乾燥機(24時間)
*あごだしの取り方
 水1Lにあごだし1羽が目安。
 沸騰したら、弱火で8分~10分煮出す。
・あごだしの煮物
(油揚げ、いんげん)
・あごだしの佃煮
★奥能登焼きあごだし 笹岡流そうめん
 あごだしの麺つゆ、トビウオのなめろう 七味のせ、ミョウガ、キュウリ、大葉、錦糸卵、ナスの素揚げ
 スズキとアジの塩焼き ほぐしてそうめんと一緒に食べる
*奥能登特産 珪藻土(けいそうど)切り出しコンロ
「笹岡流 夏にピッタリ!冷たいだしの活用術」【だしシャーベット】
『材料』
 だし 300cc、しょうゆ 30cc、みりん 50cc
①材料を合わせて、ひと煮立ちさせる。
②冷蔵庫で約3時間凍らせる。
③氷をくずし、再度冷凍庫へ入れる。
④1時間おきに氷をくずす。3回繰り返すと完成。
 冷奴、冷豚しゃぶに使える

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0110/

 「おばあちゃんの台所」は、「蒲郡市・慈子おばあちゃんのニギスの団子汁」。
https://www.webtsc.com/prog/obaachan/
 『材料』(4人分)
 ニギス 5~6尾、ニンジン 40g、サトイモ 中2個、青ネギ 2本、ショウガ 10g、赤みそ 大さじ2、水 750cc
①ニギスを3枚におろし、しっぽを切り落とす。すり鉢に入れ、すり身にする。
②赤みそを入れ、混ぜる。
③ニンジン、サトイモ、ネギを切って入れ、混ぜる。
④鍋に水を沸騰させ、③を形を作って入れる(ちょっと平たくする)。団子が浮いてくるまで中火~強火で煮る。
⑤器に盛り、ミョウガの千切りを添えて出来上がり。

https://www.webtsc.com/prog/obaachan/recipe/1218/

 「やまと尼寺 精進日記」が、「文月 七夕はハレの日ごはん」。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4069/2043595/index.html
<音羽山観音寺(融通念仏寺)>
・奈良漬け
①ウリの種を取り、塩で漬ける。
②「清酒談山正宗」の酒粕にザラメを混ぜる。
③1度目漬け、2度目漬け、3度目漬け(入れ替えるたびに塩分が抜ける)
・そうめん
①そうめんを茹でる。
②キュウリ、トマトを切る。錦糸卵、シイタケ?(奈良漬?)を添える。
・ナスの塩もみ
①ナスを切って塩でもむ
②大葉とショウガを加える。
・策餅(さくべい)さん
①小麦粉をこね、よりをかける。
・そうめんうしを束ねて油で揚げる
・そうめん巻き
①巻きすの上に甘辛く炊いたうす揚げを敷き、海苔を置く。
②茹でたそうめんを置く。
③煮たインゲン、ニンジン、しいたけ?(奈良漬?)を置き、巻く。
・酒粕に5色奈良漬を和える
・そうめん
・ゼリー
*シュロの葉を裂いて、七夕の飾りをつける

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4069/1985004/index.html

 先日の「谷原章介の25時ごはん」は、第十一話「女子人気No.1 レスラーは 体も食欲もデカ盛りだった」
http://www.tbs.co.jp/25jigohan/
*オカダ・カズチカ(イケメンプロレスラー)
【オカダ・カズチカ VS デカ盛りジャーカレー】(1945kcal)
『2人分』
 鶏もも骨付き肉 2本、ベーコン(ブロック) 200g、タマネギ 大2個、トマト缶 ホール1缶、米 3合、カレーフレーク 50g、豚肉(とんかつ用) 1枚、パプリカ(赤・黄) 1/2個ずつ。赤タマネギ 1/2個、アボカド 1個、パクチー 4束、ライム 1個
①具の下準備
 タマネギを2cm角に切る。ベーコンを拍子木切りにする。
 鶏もも骨付き肉うぃ塩で味付け。小麦粉をまぶしてフライパンで焼く。焦げ目がつくまで焼くことで肉汁を閉じ込め、旨味を逃がさない)
②カレールー作り
 炊飯ジャーのお釜に、タマネギ、鶏もも骨付き肉、ベーコンの順で入れる。
 トマト缶を潰して入れる。
 炊飯ジャーの通常モードで煮込む。(約40分)
③ご飯は土鍋で炊く
《エル・リンコン・デ・サム》東京 恵比寿
・カルニータス(ポーク)のタコス 980円(税込
④チッピング作り
 豚肉(とんかつ用 1枚)を厚さ5mmになるまで叩く。塩、胡椒で下味をつけ、10分休ませる。
⑤セビーチュ作り(セビーチュとは、中南米などで食べられる魚介類のマリネ)
 パプリカ(赤・黄 1/2個ずつ)、赤タマネギ、アボカド、パクチーを切る。冷蔵庫で10分冷やす。
 切った食材にライム(1個)を絞り、塩(小さじ1/3)を加え、混ぜる。
「夜のおとも」
*メキシコ定番ディップソース
 ・カサフ
ィエスタ グァカモレ(アボカドディップ)
 ・カサフィエスタ リフライドビーンズ
 ・モーレソース(チョコレート、唐辛子、果物などを使用したソース)
⑥カツレツ作り
 下味をつけて休ませた豚肉に小麦粉(適量)、卵(1個)、パン粉(適量)をまぶして衣付け。170℃の油で5分間、両面がキツネ色になるまで揚げる。
 炊飯ジャーで煮込んだ具材を鍋に移す・カレーフレークを加えて一煮立ちさせる。
⑦盛り付け
 大皿に3合分のご飯を盛る。
 ルー、カツレツ、鶏もも骨付き肉、セビーチェを乗せる。

http://www.tbs.co.jp/25jigohan/archives/20170719.html

 「クラブツーリズム」より、メール。「インド」ってなかなか行けないよね!
http://www.club-t.com/event/lecture/abroad/index3.htm?waad=8adOguRT#india
 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「アウトレット干物」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/hakudai/1397357/?scid=rm_206625

 『ウィーラ』2017年8月号に載っていた「パークビュー四ツ池」の「あさいち」に行く。
「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」

 途中、コンビニで「TOTO BIG」を買う。「ぼのろん」をもらう♪
「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」

 9時からなのだが、8時40分頃到着。前で待つ。しばらしたら別室で待たせてくれた。9時を回り、9時5分になっても、「開店した」との案内がない・・・「あさいち」に行ってみたらもうやっていた!!!???
 目当ての「ぼくめし」はどこか尋ねたが的を得た答えは返ってこない・・・???
 というわけで「ぼくめし」1000円が買えたのは、9時10分過ぎになった!!!運営が悪いんだろうね!
「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」

 『ウィーラ』の写真は凄く豪華に見えたが、実際に買ったものは、貧弱なものだった・・・。
8/6(日)あさいち開催!「かわべのうなぎ」100食限定でうなぎ実演販売
 8/6(日)9:00~12:00、春に完成した古民家風レンタルスペース「よついけのもり」と、マンション1Fのラウンジスペースを使って「あさいち」を開催。テーマは、「夏バテを吹き飛ばせ!」。通常よりもお安く提供する「かわべのうなぎ」のうなぎのほか、養鰻場のまかない飯として人気が出た「ぼく飯弁当(1,000円)」は、限定販売なのでお早めに。また、「菓子巧房ほほえみ」のかき氷は、果実から作ったシロップと相性抜群。食後の運動として、ヨガ講師によるヨガストレッチも開かれます。空調が効いた室内で楽しむも良し、あえて太陽の下で楽しむも良し!
 50食限定の「ぼく飯弁当」は、甘辛く味付けしたゴボウとうなぎをご飯に炊き込んだ絶品飯。仕上げに散らした大葉が、香りのアクセントとなって、さらに食欲をそそります。
果汁から作ったシロップとふわふわの氷が大人気の「かき氷」♪
 「菓子巧房ほほえみ」の夏限定メニューが登場!舞阪製氷の「純氷」を使用しており、パウダースノーのように削られた氷は、口の中で優しく溶けていきます。シロップは、地元浜松産のフルーツを中心に、甘みと香りを生かすべく、無添加無着色の手作り。トロミ付けには寒天を用いるなど、どこまでも天然にこだわる逸品。
TEL 090-4855-6260(担当:飯尾)
浜松市中区幸3-14-13
営 9:00~20:00
休 不定休
駐 13台

 一旦帰宅して、ゆっくりしてから買い物に出掛ける。
 ドラッグストアーで売り出しの「ふじっ子」170円、それに「クリニカトラベルセット」255円を買う。
「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」

LION クリニカ TRAVEL SET
 予防歯科から生まれた
ライオン株式会社
東京都墨田区本所1-3-7
TEL 0120-556-913

 スーパーに行く。「納豆」50円、「もやし」19円を買う。レジで見たことのある顔に出合った!!!

 夕方は、「穫れたてナスとタマネギの天ぷらもどき」で一杯♪

「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」

 それに、今日買った「ぼく飯弁当」♪高いだけあって、これがなかなか旨いな♪♪♪

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「伊予の絹かわなす」(愛媛県)の引用♪
生感覚のみずみずしさ
 愛媛県東部の西条市は西日本最高峰の石鎚連峰を源にとる加茂川の扇状地にひらけた町。地面を掘れば、水がごぼごぼと噴き出す”うちぬき”と呼ばれる湧水で知られる。
 この湧水地帯でしかできないといわれるのが、300~350gのコロンとした丸ナスの”絹かわなす”だ。皮が絹のように薄くて軟らかく、果肉はみずみずしい。
 この西条特産の絹かわなすを「厚めにスライスし、あっさりとサラダ風の浅漬けに仕上げた」と営業の守谷育展さんがいう守谷漬物の「伊予の絹かわなす」も評判の漬物だ。
 適度にカットして何もつけずに口にすると、皮も果肉も軟らかいのに歯応えサクッとして、生感覚のみずみずしさ。ほのかな塩の旨みと甘みがじゅわりと舌にほとばしる。
 漬物というより飽きのこない、手が止まらないお茶漬けやおつまみ感覚。醤油をかけると漬物度アップで、ご飯のおかずにもってこい。マヨネーズをつけてもおいしい。
 絹かわなすは5月下旬~10月が収穫期だが今が最盛期。漬物販売は10月上旬まで。すがすがっしい香りと塩味あっさりの絹かわなすは夏場にお薦めの一品だ。生ナスは焼き、てんぷらにぴったりという。
●株式会社守谷漬物
愛媛県新居浜市萩生605の2
TEL 0897(41)6961
FAX 0897(41)9452
9時~17時、無休
1袋(150g)税込み321円 ※冷蔵で宅送。送料別途

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「キイチゴ」の引用♪
多種多彩 粒々の宝石
 ラズベリーの香気成分「ラズベリーケトン」は、脂肪燃焼効果が注目の的!
・科属:バラ科キイチゴ属
・漢字名:木苺
・英名:raspberry / blackberry
 キイチゴ摘みといえば、絵本の世界が思い出される。カゴを手に、森に出かける子どもたち。いっぱい摘んで帰ったらジャムを作ろう・・・。
 そういえば、キイチゴってどんなもの?キイチゴ=木苺、落葉低木に実る小さな果実。日本の山野にも自生するが、キイチゴ摘みの機会は多くはない。
 よく見れば、一個ずつが小さな粒々の集まり。みずみずしくて甘酸っぱく、野趣の富む。熟した実の色は、赤や黄、橙、赤紫、黒など。キイチゴの種類は思いのほか多く、多彩なのだ。
 栽培が盛んなのはラズベリー。和名は西洋木苺、フランス名フランボワーズでも知られる。鮮紅色で香り華やか。欧米では最も親しまれてきた果実の一つで、洋菓子にもよく使われる。
 ブラックベリーも栽培が容易で、庭木にも。最初は赤い実が、熟すにつれて黒くなり、ジャムにすると濃い赤紫色が美しい。
 それぞれ幾つもの品種があり、さらにそれらを掛け合わせた品種も広まっている。香りの強いタイベリーや、大粒のボイセンベリーが好評だ。
 日本に自生するは、赤いクサイチゴや、黄色いモミジイチゴなど。野生種が実るのは初夏だが、地域や天候で異なる。主な栽培種の旬は6月~8月。日差しが強い季節、ポリフェノール豊富なキイチゴは、美白効果も期待できてうれしい。

本日のカウント
本日の歩数:9,054歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 今がおいしい 旬の食材「夏野菜の揚げびたし」 | トップページ | 「お食事処 味里」、そして「夏休みのおすすめランチ「ガパオライス」「トマトたっぷり簡単ミートソース」「豚肉とコーンのミニお好み焼き」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65628059

この記事へのトラックバック一覧です: 「パークビュー四ツ池 あさいち」、そして「伊予の絹かわなす」:

« 今がおいしい 旬の食材「夏野菜の揚げびたし」 | トップページ | 「お食事処 味里」、そして「夏休みのおすすめランチ「ガパオライス」「トマトたっぷり簡単ミートソース」「豚肉とコーンのミニお好み焼き」」 »