« 食卓が盛り上がる!ホットプレートバーベキュー | トップページ | 「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」 »

2017年7月 8日 (土)

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 今日は、7月8日、「中国茶の日」。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「千葉県 成田市」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
《成田市公設地方卸売市場》
 水産品、加工品、青果
*《仲野水産》
*《成田ヤマニ》
・カツオ
・九十九里浜産 ぜんな(ハマグリの子ども)
*《丸新》
・海苔
*《チェリーフーズ》
・ポップコーン
・夢わたがし
*《セイワミート》
・チャーシュー 1,000円~(1袋)
*《江戸っ子寿司》
・特上 2,700円
(北海道網走産いくら、東京湾産スズキ、地中海産本マグロ、東京湾産穴子、アルゼンチン産赤エビ、島根県産ズワイガニ)
♪ 恋する夏の日 天地真理(1973年)
<成田ゆめ牧場>入場料 1,400円
・セグウェイ(10分) 1,000円 ※18歳以上から
・やぎ散歩(10分) 300円
*《チーズフォレスト》
・土日祝 限定メニュー チーズコロナ 1,200円
<航空科学博物館>入場料 500円
・ボーイング747-400 (1/8サイズ)
・DC-8 シュミレーター 100円(1席)
*3F展望台

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1076873/

 「昼めし旅」は、「ご長寿めしSP」。4/17の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
「東京都 町田市」
<島野さん>
・里芋のコロッケ
①豚国、ニンジンを細かく刻む。塩、コショウで炒める。
②すりおろしニンニクを入れる。かき菜を加える。
③里芋の皮をむき、蒸かしてつぶして混ぜる。
④形を整え、卵、パン粉をつけ、油で揚げる。
・ホウレンソウのゴマ和え
・みそ汁
「宮崎県 日之影町」
<甲斐さん>
・おからこんにゃくの唐揚げ
①おから、卵、こんにゃくを混ぜてゆでて、団子にする。
②小麦粉をまぶす。
③エクストラバージンオリーブオイルで揚げる。
・ライ麦パン
・もち米あめ
・赤飯(ささげ入り)
・玄米ご飯(干しトウモロコシ)
《ひのかげ列車の宿》
☆素泊まり 3500円(1人部屋)
《日之影温泉駅》地元名産品の売店やレストランなど
☆チキン南蛮定食 850円
・和風あんかけチャーハン
①ニンジン、タマネギ、かまぼこ、豚肉を細かく切る。
②ご飯と一緒に炒める。
③唐揚げのタレで味付け。盛りつける。
④フライパンに溶いた卵を入れる。半熟の薄焼き玉をにして、③にのせる。
⑤昆布&カツオだし、しょうゆ、みりん、酒、砂糖、塩を煮る。水溶き片栗粉を入れとろみをつける。卵の上にのせる。ネギを添える。
・揚げだし豆腐

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1053933/

 この間のテレビ「タモリ倶楽部」は、「コックピットから滑走路まで 特別開催!!出張航空ジャンク市」。
http://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/sphone/backnumber.html
<航空科学博物館>
「航空ファンが選んだジャンク品」
・第7位 コックピットパネル 約120万円
・第6位 ウインドウパネル 5万円
・第5位 誘導案内灯 1枚1万1千円、2枚2万円
・第4位 ボーイング747のフラップ 5万円
・第3位 アンテナ 2万円(民間機は周波数が118~136Mhz帯)
・第2位 ファングレード & コンプレッサーブレード
 ファンブレード:ジェットエンジンに空気を吸入するための部品 10万円
 コンプレッサーブレード:吸い込んだ空気を圧縮するための部品 2000円
・第1位 DC-10のパイロットシート 15万円

https://matome.naver.jp/topic/1Lwdi

 「博多華丸の もらい酒みなと旅2」は、「矢口真里 好感度回復!?大久保佳代子も台湾に来たバイSP」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
「台湾 台中市」
<梧棲漁港(ごせい)>
・風螺肉 100元(約500円)貝の醤油漬け
・台湾ビール 1本70元、3本100元
・野生烏魚子(カラスミ)
《阿敏(アーミン)》
・姜葱炒蟹(ジャン ツオン チョオシエ)カニの生姜ねぎ炒め
・(ウニ ザイ ガン)シエスと青菜のスープ

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1055841/

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 「ダーチャ佐野」に、「丹波の黒豆」を蒔く。7月7日の前後1週間が蒔き頃なんです!!!

 今日は、休日にもかかわらず仕事・・・。しかも!残業手当なし!!!外回りで暑かった!!!!!

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 仕事を終え、帰宅途中、昼食に「とんかつ かつや」に寄る。
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/
「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 「味噌カツ丼」(梅)529円を食べる。JAFの割引券(100円)を使い、429円支払う。
 漬物が美味しかったな。キャベツには、ソースとかドレッシングをかけてみた。美味しいよ♪♪♪
80gロース
 濃厚コクと旨み味噌ソース

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 途中、「TOTO BIG」を買う。

 帰宅して、スーパーに向かう。
 売り出しの「群馬など国産 キャベツ」105円、「納豆」50円、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、「木綿豆腐」38円、「刺身用びんちょうまぐろ」100g138円、「うどん玉」20円、「緑豆もやし」19円、「バブうまハムカツ」298円を買い、帰宅。

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 夕方は、「静岡麦酒」で一杯♪外での仕事だったから、ビールが美味しいよね↑↑↑(もう、干からびちゃう!!!)
静岡工場謹製
数量限定 SAPPORO 静岡麦酒
ふじのくに限定
SHIZUOKABAKUSYU
 美しくきめ細かい泡、爽やかな後味。[麦芽100%ビール]

静岡が好きだから
 静岡育ち ★ サッポロビール
静岡県内の飲食店でしか飲めない「静岡麦酒」を今だけ、ご家庭でもお楽しみください。

http://www.sapporobeer.jp/shizuokabakushu/index.html
100ml当たり40cakl
東京都渋谷区恵比寿4-20-1
サッポロビール株式会社
TEL 0120-207800

http://www.sapporobeer.jp

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 おつまみは、今日買った「ガブうまハムカツ」♪
厚~い日に!

「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」

 付け合わせは、今日買った「キャベツ」♪

 ここで、『JAF Mate』2014年8・9月号の「全国ご当地うまいタレ選手権④」の引用♪
地方で熱烈に愛されているタレをめぐります。
 大阪グルメを3つ挙げるとしたら、お好み焼き、たこ焼き、串カツだと思う(異論は認めます)。つまり、濃厚なソースをたっぷりつける「粉もん」である。そんな大阪には大小さまざまな地ソースが存在する。その中でも本誌アンケートで人気が高かったのが、石見食品工業所の「ヘルメスソース」だ。
 ソースなんてどれも同じじゃない?と思いながらお好み焼きにつけて食べてみると、マイルドな甘さの口当たりから後味ですごくスパイシーになる。強く主張しない代わりに、飽きずにいくらでも食べられる病みつき系だ。このソース以外使わない、という地元のお好み焼き店や、わざわざ遠くから工場を訪ねて来る熱狂的なファンもいるという。
 そんな人気ソースだけど、工場ではたった6人の従業員でソース作りから瓶詰め、ラベル貼りまでほとんど手作業で行われており、まさに社会科で習った家内制手工業のナマ現場。業務用が最優先なので、一般向けのソースは一度に少量しか作れず、ネット通販では2か月待ちもザラ。そんな「幻のソース」を、全国のファンは辛抱強く待っている。
「ヘルメスとんかつソース」900ml 648円
株式会社 石見食品工業所
FAX 06-6705-6410

http://www.ifpro.co.jp/page022.html

本日のカウント
本日の歩数:7,375歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 食卓が盛り上がる!ホットプレートバーベキュー | トップページ | 「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65508393

この記事へのトラックバック一覧です: 「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」:

« 食卓が盛り上がる!ホットプレートバーベキュー | トップページ | 「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」 »