« 「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」 | トップページ | 「ばかうけ」、そして「いつもの材料で 暑い日こそアジア気分」 »

2017年7月 9日 (日)

「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「味がないのにおいしい!?夏の涼味!じゅんさい」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《日本料理 かんだ》元麻布
☆空豆と海老のしんじょ 原木椎茸ぞえ
☆鳴門産黒あわびの茶碗蒸し
「秋田県三種町」
*じゅんさい 日本一の生産量
 じゅんさいの収穫時期 5月~8月
 ツメを指に付けて、若菜を摘む。
・じゅんさい酢みそ
・じゅんさいポン酢
※じゅんさいのおいしさの秘密
 じゅんさいのヌルヌルは多糖類という食物繊維の一種。ヌルヌルには保湿効果あり。食物繊維には整腸作用がある。善玉の腸内細菌にとっては大事な栄養素。
★冷やし茶碗蒸し じゅんさいと胡麻ゼリー 梅肉風味
①羅臼産昆布+枕崎産本枯節でだしをとる。
②日本三大美味鶏 比内地鶏の卵と合わせる。
③茶碗蒸しにする。
④胡麻ゼリーを茶碗蒸しにのせる。じゅんさいをのせる。
★アジの押しずし
①アジをお酢ではなく、すだちで〆る。
②中は、キュウリに青じをを巻く。
③徳島産すだちを絞っていただく。
・じゅんさい鍋(じゅんさいあと乗せ)
・じゅんさいの天ぷら
・冷やしじゅんさいうどん
「涼しげでうま味たっぷり!」【神田流胡麻ゼリー】
『材料』
・だし (かつお節・昆布) 400cc
・みりん 40cc
・薄口しょうゆ 40cc
・煎りごま 10g
・ゼラチン 10g
『作り方』
①だしを火にかけ、煮たってきたらみりんと薄口しょうゆを入れる
※調味料は塩分の低いものから入れること
②煎りごまを入れてさらに加熱する
※加熱することによって、ごまに味がしみこみます
※ごまは、自分でじっくりと煎ったものを使うと、より味がしみこみます
③火を止めてから、水で戻したゼラチンを入れる
④1~2時間ほど冷蔵庫で冷やして、固まれば完成
※氷をはったバットに容器を置いて冷蔵庫に入れると時間短縮になります
☆胡麻ゼリーのサラダ
①野菜の上に胡麻ゼリーをのせる。
②じゅんさいをのせる。
※「豚の冷しゃぶ」「白身魚のカルパッチョ」にも

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0107/

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「500円均一SALE」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/500all/?scid=rm_197493
 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「真イカ一夜干し」が半額!
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/ika/?scid=rm_206625

 今日も休日にもかかわらず、早朝から仕事・・・。
 運営が遅い。
 炎天下で30分も待たされているのは、変でしょう!!!???

「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」

 仕事を終え帰宅途中、ちょっと遅い昼食は「吉野家」に入る。店内に入り、座ってメニューを見ていた・・・水をなかなか持って来ない・・・と、後から来た客の方に水を持って行った???
 店員に文句を言ったらすぐに水を持ってきた。「吉野家」さん、店員教育がなっていないんじゃないの???
 牛丼(並)380円を注文する。
「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」

 だいぶ待たされた感がある・・・後から来たお客とほぼ同時に配膳された。
 牛丼の具の量が他店に比べ少ないように思う・・・同じチェーン店でも店によって違うの???同じ吉野家でも他店の方が具が多いと思うな・・・???
https://www.yoshinoya.com/

 帰路に就く。
 車いすテニスのヒッチハイカーの撮影???「愛知県」と書かれた紙を提示している人をカメラが撮っていた。

 「酒&FOOD かとう」に寄る。
 「大雪渓」2570円、「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円、「国産チキンカツ」321円のところ、213円、「冷やし中華」429円のところ375円を伝票にて買い帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/

 2017年6月29日の朝刊「おはよう」より、「全国新酒鑑評会 花の舞酒造の杜氏 青木 潤さん(44)」の引用♪
念願の酒造り挑戦
 全国新酒鑑評会(酒類総合研究所など主催)で金賞を受賞した浜松市浜北区の「花の舞酒造」の杜氏を務める。「酒米の生産者も喜んでくれてうれしい」と感謝する。
 短大卒業後に働いた荷受会社では、大好きな魚を扱えずに退社。親族の農業を手伝っている時に、酒米を視察に訪れた同社の当時の杜氏や社長と知り合い、「酒造りをしたい」と頼み込んで入社した。
 半年後に正式に配属された先は営業職。「また夢がかなわないのか」。名前と顔を覚えてもらうために毎朝5時、杜氏らが朝食を取る社内食堂の前で杜氏らにあいさつをした。それから6年。念願の酒造りの現場に配属された。でも、昔かたぎの職人が多い職場。仕事を覚えるのも苦労の連続だった。
 杜氏を名乗れるようになったのは昨年7月。「先輩杜氏の土田一仁さんからさまざまなことを学んだ。恩返しに、土田さんをうならせる酒を造りたい」。同区染地台。
(宮沢輝明)

 2017年6月28日の朝刊に「金賞の大吟醸 来月発売」という記事が出ていたっけ!
花の舞酒造 数量限定で
 花の舞酒造(浜松市浜北区)は、5月の全国新酒鑑評会で金賞に輝いた大吟醸を数量限定で7月1日に発売する。同社の金賞は3年ぶり。
 県西部の山田錦を40%まで精米して低温発酵で仕込み、穏やかな香りを凝縮した繊細な味わいとキレの良さを兼ね備えたバランスの良い酒質に仕上げた。
 清酒の鑑評会は今年で105回目を迎え、全国の860点の中から242点が金賞を受賞した。
 720ml入りで3780円。県内の百貨店や酒店などで販売する。

「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」

 夕方は、今日買った「大雪渓」で一杯♪
山の酒 大雪渓
特別純米生酒 DAISEKKEI
原材料名:米(長野県産)・米こうじ(長野県産米)
精米歩合:59%
アルコール分:15度
大雪渓酒造株式会社
長野県北安曇野郡池田町大字会染9642-2

http://www.jizake.co.jp/

「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」

 おつまみは、今日買った「国産チキンカツ」♪
国産鶏もも肉、パン粉、国産小麦粉、鶏卵、海の精(塩 なんでもソルト)

「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」

 さらに「冷やし中華」♪
国産小麦粉中華麺、冷やし中華スープ、卵、とんきいハム、無農薬トマト、キューリ、その他
 ついている「冷やし中華スイープ」。
涼風仕立て
アサヒ食品工業株式会社
名古屋市中村区押木田町1-14

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「白山堅とうふ醸し漬」(石川県)の引用♪
濃厚 まるで熟成チーズ
 富士山、立山とともに日本三名山の白山。その山麓に発して日本海に注ぐ手取川流域の一市二町五村が合併して生まれたのが石川県白山市だ。
 市の特産品に、重石をのせてかたく絞った、縄で縛って持てる白山堅豆腐がある。
 これに醤油店ならではの技を生かした「白山堅とうふ醸し漬」は、1900年創業の吉市醤油店が三年前に発売した発酵食品である。
 店主の吉田昇市さんによると、「醸し漬(商標登録)」は醤油もろみや酒粕、みりん粕などの漬け床で発行醸造食品が醸し出す風味を最大限に生かした製法」という。
 スライスやサイコロ状に切って口に運ぶと、ぷ~んと濃厚な匂いとともに、しっとりした粘質感の舌触りで、熟成チーズのような風味がある。食べ進むと塩辛さがじわりと漂う。クセはあるが、味には独特の旨みがある。
 新製品ながら、この商品は国産食品・飲料展『FOOD EX JAPAN2016』の”ご当地おつまみ部門”で金賞とビジュアル審査員賞をダブル受賞。酒の肴をはじめ、ご飯のおかず、和食の食材にぴったりだ。同展示会で最高金賞の「ふぐの子醸し風」もお薦めしたい。 
●吉一醤油店
石川県白山市安吉町78
TEL 076(275)0908
FAX 076(275)8181
8時30分~18時、日曜・祝日休
白山堅とうふ醸し漬 1個(90g)税込み780円
※冷蔵にて宅送。送料別途

http://www.4c1.jp/

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「ブルーベリー」の引用♪
国内栽培 発祥は東京
 日本での栽培は主にラビットアイ系とハイブッシュ系。ラビットアイという名は完熟する前がキレイなピンク色だからなんです!
・科属:ツツジ科スノキ属
・漢字名:藍苺
・英名:blueberry
 ブルーベリーといえば、西洋のお茶会が思い起こされる。ブルーベリー・ソースをたっぷりかけたパンケーキやブルーベリー・マフィン。なんだかわくわくさせてくれるフルーツだ。
 紫がかった深いブルーの色が鮮やかで、ジャムやソースもきれい。穏やかな酸味と甘みは焼き菓子にもよく合う。一方で、生で味わう機会も増えてきた。
 一昔前、店頭のブルーベリーは輸入物がほとんどだった。それが、近年は国内生産量がぐんぐん伸び、中でも東京での栽培が盛んになっているから驚く。都内に幾つも農園があり、ブルーベリー狩りも楽しめる。
 日本での栽培が本格化したのは、昭和43(1968)年に東京都小平市に日本初という栽培園が開設されてから。栽培発祥の地は東京というわけだ。
 ひと言でブルーベリーといっても、品種はものすごく多いらしい。酸味も甘みも異なるが、見た目で判別は難しい。いずれにせよ、完熟の摘みたては美味。各農園では早生種から晩生種まで何種類も栽培していて、六月から九月初めごろまで楽しめる。
 ブルーベリーはアントシアニンが豊富で、目によいフルーツとしても注目されてきた。科学的根拠を疑問視する向きもあるが、それはそれ。効能があってもなくても、美しさやおいしさなど、ブルーベリーの魅力は変わらない。

本日のカウント
本日の歩数:6,496歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」 | トップページ | 「ばかうけ」、そして「いつもの材料で 暑い日こそアジア気分」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65512759

この記事へのトラックバック一覧です: 「大雪渓」、そして「白山堅とうふ醸し漬」:

« 「静岡麦酒」「ハムカツ」、そして「ラベル貼りまで手作業!幻の「ヘルメスソース」」 | トップページ | 「ばかうけ」、そして「いつもの材料で 暑い日こそアジア気分」 »