« くらしの掲示板 7月(文月)「冷やし中華」 | トップページ | <食卓ものがたり> ビアグラス »

2017年7月 2日 (日)

「イワシの磯辺フライ」、そして「いなご甘露煮」

 今日は、7月2日「半夏生」「蛸の日」「うどんの日」。
 夏至から数えて11日目の雑節で、農作業の大事な節目とされています。関西地方では、たこの足のように作物がしっかりと根を張ることを祈願して、たこを食べる風習があります。
【たこ&ソーセージのコロコロドッグ】(437kcal)
『材料』(直径4.5cm 約18個 2人分)
・ゆでだこ・・・60~70g
・ウインナーソーセージ・・・2本
・A
 ホットケーキミックス・・・100g
 卵・・・1個
 牛乳・・・80ml
・サラダ油・・・適量
・マヨネーズ、トマトケチャップ・・・各適量
『作り方』
①たこは幅1.5cmのぶつ切りにする。ソーセージも同様に切る。
②ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、生地を作る。
③たこ焼き器を中温に熱し、油を薄くひく。②の生地を6~7分目まで流し入れたら、具を1切れずつ入れる。たこにはマヨネーズを小さじ1/4量ずつ、ソーセージにはケチャップを小さじ1/4量ずつのせ、3~4分焼く。まわりの生地を集めながら竹串で返し、さらに1~2分焼く。

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「極上チーズ 広島 三次市 世界一のピザ職人が最高のチーズに出会う」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《Pizzeria e trattoria da ISA(ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ)》中目黒
「広島県 三次市」
 あったか村 川とひまわりまつり
<松原牧場>放牧地
※2015年国際チーズコンクール金賞受賞
 山地酪農:広大な山地でストレスのない環境下で自由にさせ、山に生えるものだけを食べさせてる。
 アベマキの葉 ヤギの大好物
 竹林:タケノコ
・フロマージュ・ド・みらさか・シェーブル
・モッツァレラ
・スカモルツァ・アッフミカータ
☆山本シェフ特製 みらさかピッツァ(9種類のチーズ)
①イタリア産の小麦粉と塩で練り上げた生地を伸ばす。
②牛のリコッタチーズとヤギのリコッタチーズを生地に塗る。
③フロマージュ・ド・みらさか・シェーブルを大きめにちぎってのせる。モッツァレラをのせる。
④450℃の窯で焼く。均一に火が通るよう、回しながら焼く。
⑤バジル、トマトをのせる。
☆山本シェフ特製 デザートピッツァ
①生地にモッツァレラチーズ、はちみつを包んで焼く。
山本流「冷めたピザをフライパンで復活させる技!」
Point
 水分のコントロール
①火をつける前に、フライパンに冷えたピザを乗せる。
②油はひかず、霧吹きで周りの部分に水分を足す。
③ふたをして弱火で5分蒸し焼きにする。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0106/

 先日の「タモリ倶楽部」は、「猫&すもうブームに乗っかれ!荒汐部屋の猫写真集 まさかの3社かぶり」。
https://matome.naver.jp/topic/1Lwdi
 荒汐部屋 モル、ムギ
・塩ちゃんこ
 鶏肉、油揚げ、キャベツ、ニラ、タマネギなどの具材を昆布だしと塩で味付け。

 「岐阜にイジュー」は、第10話「春が来れば」。最終回。
https://www.nagoyatv.com/gifuniiju/
《清流club》
<佐長田神社>

https://www.nagoyatv.com/gifuniiju/story/

 「孤独のグルメ Season 6」は、第十二話「東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯」。最終回。
 「Season 7」が待たれる!!!
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
「ふれあい飲食店街」B1F~2F
《食堂 とだか》
品川区西五反田1-9-3 B1F
・ウーロン茶 400円
・たことキュウリの塩昆布(お通し)
・ウニ・オン・ザ煮玉子 600円
・胡麻豆腐とトマトの揚げだし
・揚げトウモロコシ 800円
・キンキと茄子の包み焼き 2000円
・牛ご飯 900円
・体に良いみそ汁(ラッキョウ) 250円
☆ザーサイと糸こんのペペロン 500円(お通し)
☆とだビアーノ 700円
☆砂丘ラッキョウ塩昆布 650円
☆枝豆とブルーチーズの白和え 900円

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume6/backnumber/backnumber12.html

 NHKの「幕末グルメ ブシメシ!」ってどんな内容なんだろう???
http://www.nhk.or.jp/pyd/bushimeshi/
 『勤番グルメ ブシメシ! (SPコミックス)』土山しげる (著)、酒井伴四郎 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E5%8B%A4%E7%95%AA%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-%E3%83%96%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%B7-SP%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%9C%9F%E5%B1%B1%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B/dp/4845847396

 「孤独のグルメ Season 4」、「夏の博多出張スペシャル」は、「福岡県福岡市博多区中洲の鯖ごまと若どりスープ焚き」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume4/
《みやけうどん》
・うどん 320円
・丸天 80円
・いなり 50円
《西鉄イン福岡》
「人形小路」
《味の店 一富(かずとみ)》
福岡県福岡市博多区中洲4-2-24
・ウーロン茶
・鯖ごま(青とうがらし)
・鯵納豆
・ご飯
・変わり茶わん蒸し
・若どりスープ炊き(柚子胡椒)
・若どりスープ炊きの雑炊
☆麦スカッシュ(ビール)
☆おきうと 500円
☆レモンサンド 500円
☆井戸水(福岡県のお酒)
☆冷やしそうめん 700円

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume4/story/storysp.html

 「趣味どきっ!カレーの世界」は、第3回「2日目も絶品!アレンジメニューでカレーパンに挑戦!」
http://www4.nhk.or.jp/syumidoki/
「2日目のカレーがおいしい理由」
①冷めていく過程で味が染みる
②スパイスがなじむ
③濃縮されてとろみが強くなる
 鍋の中は放置しない。小分けにして冷蔵・冷凍庫に保存する。
「お手軽!ワンランクUPの保存法」
・水野式カレーペースト
 残ったカレーを中火でかき混ぜながら水分を飛ばす
「簡単アレンジメニュー」
・焼きカレー
 カレーペーストとご飯を混ぜる。耐熱皿に入れ、卵の卵黄とチーズをのせて、オーブンで焼く。
 250℃で10分。
・カレーチャーハン
・カレー野菜炒め
・カレーパン
*東京・白金台 焼きカレーパン 具はワイン風味の欧風カレー
*東京・旗の台 カレーパン 具はスパイスの効いたキーマカレー
*東京・森下 《やきたてパン カトレア》 元祖カレーパン 具は豚ひき肉と野菜たっぷりのカレー
*東京・世田谷 Shima
TEL 03-3422-4040
・揚げたてカレーパン
「パウダースパイス」
 スパイスは形状で2つに分けられる。粉状に砕いたパウダースパイスは食事に馴染みやすく、ふりかけたり混ぜたりして、簡単に風味を楽しむことができる。
 パプリカ、カルガモン、クミン
「ホールスパイス」
 ホールスパイスは油で炒めたり、長時間煮込んだりして風味を引き出して使う。
 シナモン、カルダモン、クミン、コリアンダー、マスタード。クローブ
「水野さんセレクト」スパイスの使い方
 パウダースパイス
 ホールスパイス
  クミンシード
「水野式 2日目のカレーをアレンジする クミンシード入りカレーパン」
『材料』(10コ分)
 強力粉 300g、ドライイースト 小さじと1/2、ぬるま湯(40℃) 180ml、砂糖 適量、塩 小さじ1弱、卵黄 1コ分、クミン 小さじ1
①強力粉300gにクミンシード小さじ1を入れる。砂糖大さじ2弱と塩小さじ1弱を入れて合わせ、お湯(ぬるま湯(40℃)大さじ2)で溶かしたドライイースト小さじ1と1/と卵黄を入れて混ぜ、さらにぬるま湯を注いで入れ、よく混ぜる。
②台に移して、よくこね、打ちつけることでなめらかな生地に。
③丸めておよそ1時間室温で発酵させると、1.5倍くらいの大きさにふくらみます。
④10等分に切り分けて、丸め、めん棒で伸ばす。
⑤カレーペーストを包む。親指を固定して、人差し指で生地をつまみながら包むむ。もう片方の手でパンを少しずつ回すのがポイント。カレーがはみださないように入口をしっかり閉じる。
⑥閉じた側を下にしておく。30分間さらに発酵させる。
⑦パン粉を全体にまぶし、180℃の油で2分揚げる。2分たったら、ひっくり返し、空気穴をあける。何度かひっくり返しながらさらに2分間揚げる。

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/54929/610330/

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「1番人気のお試しセットはコレ!5品入ってお買い得!!」。
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/hajimete/?scid=rm_197493
 「ふっくら鰻の蒲焼き」
 鳥と豆腐料理の店「ちどり」
 地元の老舗川魚問屋『おくまや』

https://m3.rakuten.co.jp/suigodori/unagi/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/bgu50/2/76mi0/

 買い物に出掛ける。
 杏林堂で「サッポロ 静岡麦酒」1142円、「S&B 袋七味唐辛子」84円、「遠州もめん豆腐」62円のところ20%引きで50円を買う。
「イワシの磯辺フライ」、そして「いなご甘露煮」

静岡麦酒
 ふじのくに限定
 数量限定
生[麦芽100%ビール]
 静岡県でしか飲めない生ビールを、今だけ。
「イワシの磯辺フライ」、そして「いなご甘露煮」

静岡工場謹製
 普段は静岡県内の飲食店でしか飲めない「静岡麦酒」を今だけ、ご家庭でもお楽しみください。
静岡が好きだから。
 静岡育ち ☆ サッポロビール

 スーパーに行く。「イワシ磯辺フライ」298円、「納豆」50円、「長ねぎ」97円、「白菜キムチ」170円、「うどん玉」20円、「ぶどう(シュガーワン)」210円のところ30%引きで147円、それに「アメリカ産牛肉こま切れ」100g116円353円のものを買い帰宅。

 「JAF Mate]の「伊勢市・南伊勢町・度会町名産品プレゼント」に応募↑↑↑
http://www.jaf.or.jp/jafnavi/driveguide/local/mie_minamiise.php?_ga=2.185989101.533078431.1498971608-1902493264.1490511299#present-anchor

「イワシの磯辺フライ」、そして「いなご甘露煮」

 夕方は「イワシ磯辺フライ」で一杯♪

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「いなご甘露煮」(長野県)の引用
エビ思わせる食感
 かつて全国各地の農村では、タンパク源として佃煮などに調理され食べられていたイナゴ。近年、あまり姿を見なくなったが、全国有数の”産地”で知られる長野県では今も健在。商品化されて店頭に並ぶものも少なくないなか、定評あるのが諏訪市・原田商店の「いなご甘露煮」。同店は明治19(1886)年に創業、「花九曜印(はなくようじるし)」のブランド名で売り出し人気を博してきた老舗だ。
 「素材の持ち味を生かすため、砂糖と醤油、水あめを加えるのみで、着色料や香料、アミノ酸などは一切使用しません。また、昔ながらの味わいを楽しめるよう足と羽は残し、伝承された手作りでコツコツと製造」と、社長の原田健司さん。そのため生産量は多くなく、希少価値のある商品といえる。
 見た目に対する好みは分かれるところだが、さっくりとした噛み応えはエビを思わせる食感。甘みのなかに、わずかな辛みがアクセントとなっている味わいもなかなかだ。伝統の郷土食を懐かしみたい向きにはもちろん、珍味好きにもおすすめしたい。
 同社ではイナゴのほかにも蜂の子、カリンなど、地元の特産品を加工販売し好評。
●(株)原田商店
長野県諏訪市湖南3820の1
TEL 0266(58)2525
いなご甘露煮(缶入・45g)486円、同(瓶入・50g)540円ほか(いずれも税込み、送料別途)

http://www.sonomanma.co.jp/shop.php?shop=C0002067&name=index

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「アンズ」の引用♪
多彩で美味な加工品
 タネは杏仁(キョウニン)といってアーモンドのような香りがします。杏仁豆腐(アンニンドウフ)は本来アンズを使うのです!
・科属:バラ科サクラ属
・漢字名:杏/杏子
・英名:apricot
 初夏から夏にかけて、春に花で目を楽しませてくれた果樹たちが、次々に実を結ぶ。代表的なのは梅や桃。昔なじみの果物は片仮名よりも漢字で表すほうが落ち着くように思う。
 そして梅と桃の季節をつなぐような杏。この字には少々ためらいがある。アンズ。
 古くからよく知られる果樹だが、近縁のウメほどには身近に感じられない。それは、生のアンズを目にすることが少ないせいもあろうか。主産地の信州や青森では別だろうけれど。
 アンズの皮は薄くて傷つきやすく、生での保存や流通はなかなか難しい。収穫期も6月末から7月のほんの一時期。そして、加工しておいしい果物であるということも、生食へのこだわりの薄さにつながっていそうだ。
 アンズの加工品は多彩だ。ジャムにシロップ漬け、干しアンズにアンズ酒など、いずれもなじみの味。甘みのイメージが強いが、青森では漬物やシソ巻きの形でも親しまれている。
 アンズの主な品種は20種ほどで、日本の在来種と西洋アンズがあるとされるが、交配種も多い。酸味が弱いものは生食向きといわれるが、砂糖煮にしたほうが、風味がくっきりしておいしいものもある。
 ジャム作りも簡単だ。砂糖とコトコト煮るだけ。さわやかな酸味と甘み、鮮やかな橙色は、初夏の朝食にもふさわしい。

本日のカウント
本日の歩数:3,987歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« くらしの掲示板 7月(文月)「冷やし中華」 | トップページ | <食卓ものがたり> ビアグラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イワシの磯辺フライ」、そして「いなご甘露煮」:

« くらしの掲示板 7月(文月)「冷やし中華」 | トップページ | <食卓ものがたり> ビアグラス »