« 「ひとくちまぐろカツ」、そして「<食卓ものがたり> 雪たまねぎ」 | トップページ | 「タンドリーチキン」、そして「いただきます 鶏ささみのおかず」 »

2017年6月21日 (水)

「鶏ももステーキ フレッシュトマトソース」、そして「鶏むね肉とレタスの梅ドレッシング」「鶏肉ときゅうりのしょうが炒め」「鶏肉と夏野菜の煮込み」

 今日は、6月21日、「夏至」「えびフライの日」「冷蔵庫の日」。
 1年のうち最も昼が長い日で、今年は6月21日です。昔は夏至~半夏生(今年は7月2日)の頃までが田植えの目安と考えられていたようです。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「三軒茶屋~下北沢」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
「烏山川緑道」
<八幡湯>
*銭湯ダンナーズ
♪ 南部酒屋酛摺唄
♪ ルビーの指輪 寺尾聡(1981年)
《邪宗門》カフェ & マジシャン
《サーモンアンドトラウト》自転車屋 & レストラン
・ブラックバスのソテー メキシコ風 ※コース料理 7,000円~
(モレ:スパイシーなメキシコ風ソース)
・鮎と筍のフィッシュ&チップス
(食用バッタ)
《MOTHER》
・ナチョス 800円
・英会話カフ 30分 500円~

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/609669/

 「昼めし旅」は、「青森県 風間浦村」。3/27の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 風間浦あんこう、あんこう鍋、あんこう寿司
「下風呂温泉」村の銭湯
《工藤商店》
 ミズダコ、あんこう共合え、たこかす漬け、紅鮭飯ずし
・ミズダコの粕漬け
《味一番 あさの食堂》
・ほうれん草の海苔和え
①海苔を炙る。
②茹でたほうれん草の上に、炙った海苔を揉む。
③醤油で味付けし、混ぜる。
・ミズダコの刺身
・サバの塩焼き
・イカの煮物(真イカを醤油と砂糖で甘辛く炊く)
☆ウニ丼
「易国間(いこくま)漁港」
《かどや旅館》岩谷さん
・タコの道具鍋
①タコの道具(心臓、白子、卵、肺、腸)を切る。
②野菜と一緒に煮る。
③味噌を酒で溶き、味付け。
・ミズのお浸し
①ミズ(山菜)を塩茹でする。
②麺つゆで味付け。
・ふのりのみそ汁
・アワビの刺身

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1048135/

 「クラブツーリズム」より、メール。「今年こそ夢を叶えましょう!富士登山ツアー特集」↑↑↑
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/fujitozan/?waad=32rTVQVd
 「キリンビール」より、メール。「一番搾り 夏冴えるホップ」の案内♪
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/products/natsusaeruhop/?utm_source=ismail&utm_medium=email&utm_campaign=170621&agechk=1
 「釜庄」より、楽天メール。「朝獲れ わら焼きカツオのたたき」の案内♪
 いわきのカツオに惚れた土佐出身の職人が作る!!
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/c/0000000339/?scid=rm_192960

 仕事を終え、帰宅して「鶏ももステーキ フレッシュトマトソース」で一杯♪
「鶏ももステーキ フレッシュトマトソース」、そして「鶏むね肉とレタスの梅ドレッシング」「鶏肉ときゅうりのしょうが炒め」「鶏肉と夏野菜の煮込み」

 トマトは先日、無人販売で買ったもの↑↑↑
 これ、焼いた後に、肉を煮込んでもよかったかも・・・タレは、スパゲティにも合うかも・・・!

 ここで、鶏肉料理のレシピの引用!!!
【鶏ももステーキ フレッシュトマトソース】(455kcal)
焼いた肉の脂をいかしたソースで濃厚な味に
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・小2枚(400g)
・トマト・・・1個
・たまねぎ(みじん切り)・・・1/4個
・にんにく(みじん切り)・・・1かけ分
・塩、こしょう・・・各適量
・オリーブ油・・・小さじ1
・サラダ菜・・・4枚
『作り方』
①鶏肉は筋を切り、塩小さじ1/3、こしょう少々をすり込む。トマトはざく切りにする。
②フライパンにオリーブ油を中火で熱し、鶏肉を皮目を下にして並べる。弱火で10分ほどじっくりと焼き、上下を返してさらに2~3分、火が通るまで焼いて器に取り出す(肉汁はフライパンに残しておく)。
③②のフライパンにたまねぎ、にんにくを入れて中火で2~3分炒める。しんなりしてきたらトマト、塩小さじ1/4、こしょう少々を加え、2分ほど水分が少なくなるまで煮詰め、②の鶏肉にかける。サラダ菜を添える。

【鶏むね肉とレタスの梅ドレッシング】(235kcal)
片栗粉をまぶしてからゆでると、鶏むね肉がやわらかく仕上がります
『材料』(2人分)
・鶏むね肉・・・1枚
・レタス・・・4~5枚
・しめじ・・・1パック
・梅干し・・・1個
・A
 酢、サラダ油、水・・・各大さじ1
 塩・・・少々
・片栗粉・・・大さじ1
『作り方』
①レタスは大きめのひと口大にちぎる。しめじは石づきを取り、小房に分ける。
②梅干しは種を除き、包丁でたたいてペースト状にし、Aと混ぜ合わせる。
③鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、片栗粉を茶こしなどに入れてふり、薄くまぶす。
④鍋に湯を沸かして塩少々(分量外)を入れ、レタス、じめじを弱火で1分ほどゆでて冷水にとり、ざるに上げて水気をきる。続いて鶏肉を入れ、火が通るまで弱火で3~4分ゆで、ざるに上げてあら熱を取る。器に盛り合わせ、②をかける。

【鶏肉ときゅうりのしょうが炒め】(242kcal)
炒めたきゅうりは食感がイイ!種を取るのがおいしく作るコツ
『材料』(2人分)
・鶏むね肉・・・1枚(200g)
・きゅうり・・・2本
・しょうが(薄切り)・・・2かけ分
・A
 片栗粉・・・小さじ1
 酒・・・大さじ1
 塩、こしょう・・・各少々
・B
 酒・・・大さじ1
 しょうゆ・・・小さじ1
 酒、こしょう・・・各少々
・サラダ油・・・大さじ1
『作り方』
①きゅうりはピーラーで皮をむき、縦半分に切る。種を除き、長さ3~4cmに切る。鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、Aをからめる。Bを混ぜ合わせておく。
②フライパンに油を中火で熱し、しょうがを軽く炒める。香りが立ってきたら鶏肉を加えて弱めの中火で4~5分炒める。
③きゅうり、Bを加えて手早く炒め、きゅうりの緑色が鮮やかになったら火を止める。

【鶏肉と夏野菜の煮込み】(412kcal)
野菜がたっぷり食べられる、作りおきもできるおかずです
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚
・なす・・・2本
・トマト・・・大1個
・たまねぎ・・・1/2個
・塩、こしょう・・・各適量
・オリーブ油・・・大さじ1
『作り方』
①なすは幅1cmの輪切りに、トマトは大きめのざく切りにする。たまねぎは1.5cm四方に切る。
②鶏肉は大きめのひと口大に切り、塩小さじ1/4、こしょう少々をもみ込む。
③フライパンにオリーブ油を中火で熱し、鶏肉を皮目を下にして並べ、3~4分焼く。上下を返し、すき間にたまねぎを加え、2~3分炒める。なすをくわえてさらに2~3分、全体を炒め合わせる。
④トマト、塩小さじ1/2、こしょう少々を加え、時々混ぜながら5~6分煮る。

本日のカウント
本日の歩数:8,405歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「ひとくちまぐろカツ」、そして「<食卓ものがたり> 雪たまねぎ」 | トップページ | 「タンドリーチキン」、そして「いただきます 鶏ささみのおかず」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鶏ももステーキ フレッシュトマトソース」、そして「鶏むね肉とレタスの梅ドレッシング」「鶏肉ときゅうりのしょうが炒め」「鶏肉と夏野菜の煮込み」:

« 「ひとくちまぐろカツ」、そして「<食卓ものがたり> 雪たまねぎ」 | トップページ | 「タンドリーチキン」、そして「いただきます 鶏ささみのおかず」 »