« 「父の日」、そして「上さいぼし」 | トップページ | 「ひとくちまぐろカツ」、そして「<食卓ものがたり> 雪たまねぎ」 »

2017年6月19日 (月)

「七冠馬」、そして「ゆす胡椒でカツオのタタキ!?」

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「千葉県 南房総市」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
<地区清掃>
*白浜地区の伝統食材 しのべ竹
・煮物
①しのべ竹の皮をむく。斜め切りにする。
②新ジャガと一緒に煮る。多めの砂糖、醤油、みりん、タマネギを入れて煮込む。
・ホイル焼き
①皮のままのしのべ竹に切り込みを入れて、ホイルに包む。
②七輪で焼く。
③味噌をつけて食べる。
・炒め物
①しのべ竹を薄切りにし、オリーブオイルで炒めた豚肉に投入。
②醤油と塩・コショウで味をととのえる。
③仕上げにピーマンを入れて、軽く火を通せば完成。
・しのべ竹とマイタケの天ぷら
(塩でいただく)
<菜の花牧場>
<山中さん>
・BBQ(サザエ、アワビ、伊勢えび)
 サザエの味噌つぼ焼き
(サザエを焼き、味噌、日本酒を注ぐ)

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0104/

 「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、「鹿児島県 霧島市」。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
 西郷どんの湯、西郷どんの宿、黒豚、和牛、地鶏、ダイサイゴー、薩摩剣士隼人
《霧島こうじ蔵 GEN》
☆麹育ち豚のステーキ膳 1,580円(税込)
☆麹卵の親子丼 980円(税込)
・黒麹豚の甘酒角煮 980円(税込)
《黒豚の館》霧島高原ロイヤルポーク
★黒豚ヒレカツサンド 648円(税込)
★黒豚特上ロースカツ 2,200円(税込)
《地鶏の里 永楽荘》
☆地元どり焼 1人前 750円(税込)
☆チャーシュー丼 700円(税込)
・地元どりの刺身 800円(税込)
(むね、もも、ぼんじり)
・黒牛焼きしゃぶ 1,750円(税込)
(ザブトン)
・黒豚せいろ蒸し 1,200円(税込)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1071680/

 「ごちそうカントリー」は、「藤枝市 エダマメ」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<遠藤農園>5月下旬~9月
【絶品エダマメのゆで方】
『材料】』
・エダマメ・・・1袋
・水・・・1リットル
・塩・・・40g
※エダマメをゆでる水に対して4%の塩を用意する(海水ぐらいの塩分濃度でゆでる)
『作り方』
①水を火にかけ沸騰したら、塩を入れる
②5分ぐらい強火でゆでる
③エダマメのさやの口が2~3個開いたらゆであがりのサイン!
【エダマメのゴマ油炒め】
『材料』(2人分)
・ゆでたエダマメ・・・1袋 
・ゴマ油・・・大さじ1
・塩・・・適量
『作り方』
①熱したフライパンにゴマ油を入れる
②さやから取り出したエダマメを炒める。エダマメが温まったらOK。
③最後に、塩で味を調える
【エダマメとジャガイモのサラダ】
『材料』(2人分)
・ゆでたエダマメ・・・1袋
・ジャガイモ・・・1個
・マヨネーズ・・・適量
・塩・・・少々
『作り方』
①ジャガイモをゆでて、2センチ角に切る
②エダマメとジャガイモをボールに入れ、マヨネーズで合え塩で味を調える

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=53154

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「あの大人気【軟骨入りつくね串】が驚きの超大特価!」♪
http://item.rakuten.co.jp/e8010/umedori-momokushi/?scid=rm_191968
 「津軽甘熟りんご研究会」より、メール。「第31回新りんご頒布会の募集」(^^♪
http://ringokenkyukai.jp/shouhin/hanpukai/ringohanpukai.html

 今朝食べた「明治ブルガリアヨーグルト」の中蓋に「ヨーグルト豆知識 vol.1」が載っていた。
古代日本ではヨーグルトは高級なクスリ?
 日本人がはじめて牛乳を飲んだころは、牛が輸入された西暦540~571年ごろ。この頃から酪(らく)、蘇(そ)、醍醐(だいご)という名前で乳製品が作られ、酪と呼ばれていたものが「ヨーグルト」にあたるといわれています。日本最古の医書には、酪を食べると、疲れがとれ、便秘をやわらげ、肌をつややかにすると書かれています。古代日本では、ヨーグルトはえらい人たちに愛された高級なクスリのようなものだったようです。

 仕事を定時に終え、ダッシュで帰宅。
 野菜の無人販売で「トマト」2個100円を買う。ここの野菜、美味しいんですよ!!!
 スーパーに向かう。
 売り出しの「かつお土佐造り」100g105円で、388円のもの、356円のもの、それに「するめ足」324円を買う。

 帰宅途中、LOTO 6を買う。

 「酒&FOOD かとう」で、「七冠馬」2,678円を伝票にて買い帰宅。

「七冠馬」、そして「ゆす胡椒でカツオのタタキ!?」

 帰宅して「七冠馬」で一杯♪やっぱり、日本酒の冷酒は美味しいねェ~♪♪♪
純米生酒
島根の銘酒 簸上(ひかみ)正宗
七冠馬 純米 夏生
 島根県、奥出雲の風土に根ざした濃醇な太みある味わいが特徴。五味のバランスがよく、どんな料理にお相性良い日本酒です。
アルコール分:15度以上16d未満
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合:60%
使用酵母:協会無酵母901号
酵母:速醸
日本酒度:+3
酸度:1.7
杜氏名:松本年止
簸上清酒合名会社
島根県仁多郡奥出雲町1横田1222

http://www.sake-hikami.co.jp/

「七冠馬」、そして「ゆす胡椒でカツオのタタキ!?」

 おつまみは今日買った「かつお土佐造り」♪
炭火
 戻り鰹

 「たたきのたれ」が付いていた。
10ml
製造者:株式会社 鈴勝
静岡県焼津市吉永1915

 以前の『クックマート新聞』に、「ゆす胡椒でカツオのタタキ!?」というのが載っていたので、気になっていた「柚子胡椒」で戴く。
 これは、アリだよ!!!旨い↑↑↑
『クックマート新聞』
 今が旬真っ盛りの初カツオ。初物好きな日本人として外せない食材のひとつです。カツオといえばやっぱりタタキ!ですが、何をかけて食べるのか人によって分かれますよね。周囲に聞いてみると、生姜醤油やポン酢が圧倒的多数。その他にはニンニク醤油という人もいて、個性が出ておもしろいです。その中でちょっと珍しかったのが、ゆず胡椒をかける食べ方。教えてくれた方は北九州出身で、向こうではメジャーな食べ方なんだとか。「すごく合うからやってみて!」と言うので、早速ゆず胡椒とカツオのタタキを買って試してみました。なるほど、ゆずの香りがピリッと鼻を抜けるこの感じが確かにカツオと合います。これはオトナの味覚ですね~うっかりお酒が進んじゃいます(笑)
 初カツオのちょっと変わった食べ方、ぜひ皆さんも挑戦してみてください!

http://cookmart-blog.com/index.php?id=188

「七冠馬」、そして「ゆす胡椒でカツオのタタキ!?」

 「柚子こしょう
柚子の香りと青唐辛子の辛さ
 House 無着色
1箱分(40g)22kcal
「スパイスブログ」
 日本最大級!みんなのスパイス料理大集合サイト
柚子こしょうを使ってこんなメニュー
・サーモンの柚子こしょう漬け丼
・長芋の柚子こしょう磯辺揚げ
(鶏鍋、刺身、冷奴、お茶漬け、うどん、ラーメンなどに)
 スパイス料理が見つかる!投稿できる!スパイスブログはこちらから

http://hfgi.jp/087243/
製造者:ハウス食品(株)
大阪府東大阪市御厨栄町1-5-7
製造所:ハウス食品(株) 奈良工場
奈良県大和郡山市池沢町337
TEL 0120-50-1231

本日のカウント
本日の歩数:7.109歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「父の日」、そして「上さいぼし」 | トップページ | 「ひとくちまぐろカツ」、そして「<食卓ものがたり> 雪たまねぎ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「七冠馬」、そして「ゆす胡椒でカツオのタタキ!?」:

« 「父の日」、そして「上さいぼし」 | トップページ | 「ひとくちまぐろカツ」、そして「<食卓ものがたり> 雪たまねぎ」 »