« 「駅に食あり」(2)JR我孫子駅「弥生軒」の唐揚げそば | トップページ | <食卓ものがたり> ナガノパープル »

2017年5月 5日 (金)

「駅に食あり」(3) JR伊勢奥津駅「かわせみ庵」の弁当(三重)

 今日は、5月5日、「こどもの日」「立夏」「端午の節句」「わかめの日」。今日から夏かぁ~!そういえば、暑くなってきましたよね!
立夏
 二十四節気の一つ。今年は5月5日。
 暦の上ではこの日から立秋の前日までが夏です。
端午の節句
邪気を祓い、子どもの成長を祈る 菖蒲湯、柏餅、鯉のぼり
 古く中国では5月に薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだりして邪気を祓う風習がありました。また、日本でも古来、田植えが始まる旧暦5月に菖蒲湯に入るなどしてケガレを祓う風習があり、それらが混ざって端午の節句となっていったようです。さらに、武家社会の発展とともに、菖蒲=尚武(武勇を重んじる)に通じるとして男子の成長を祝う行事になりました。「こどもの日」に制定されたのは1948年です。
 端午の節句は、五月節句、菖蒲節句とも呼ばれます。菖蒲が出回りますから、菖蒲湯に入り、柏餅やちまきを食べるのもよいですね。柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、武家社会で後継ぎが絶えない縁起ものとして広まったようです。
 鯉のぼりは、鯉が滝を上って龍になるという伝説から立身出世の象徴として揚げられるようになりました。


こどもの日におすすめ!
 こどもの日は、大人にも子どもにも人気の高いオムライスとアイスクリームのセットでランチにしましょう!
【ふわとろ卵のチーズオムライス】(607kcal)
卵の下に、とろ~りチーズが隠れています!
『材料』(2人分)
・温かいごはん・・・300g
・鶏むね肉・・・1/2枚(100g)
・ピーマン・・・1個
・たまねぎ・・・1/4個
・卵・・・3個
・塩、こしょう・・・各少々
・牛乳・・・大さじ2
・バター・・・大さじ2
・A
 トマトケチャップ・・・大さじ3
 塩、こしょう・・・各少々
・ピザ用チーズ・・・30g
・トマトケチャップ(好みで)・・・適量
①ピーマン、たまねぎはみじん切りにする。鶏肉は皮を除いて1cm角に切り、塩、こしょうをふる。ボウルに卵を溶きほぐし、牛乳を加えて混ぜ合わせる。
②フライパンに半量のバターを中火で熱し、鶏肉を炒める。肉の色が変わったら、ピーマン、たまねぎを加えて炒める。野菜がしんなりしたらごはん、Aを加えて炒め合わせる。器に盛りつけ、チーズをのせる。
③フライパンをきれいにし、残りのバターを中火で熱し、卵液を流し入れる。ふんわりとかき混ぜて半熟に火を通したら、②の上にのせる。好みでケチャップをかける。
【ブルーベリーソースのアイスクリーム】(205kcal)
ソースはレンジで簡単に作れます。アイスやヨーグルトにかけてどうぞ
『材料』(作りやすい分量と作り方)
①ブルーベリー(生)200gはサッと洗って水気をきり、耐熱のボウルに入れる。砂糖100g、レモン汁大さじ1を加えて30分ほどおく。砂糖がなじんだら、ふんわりとラップをかけて電子レンジで5分加熱する。ラップを取り、さらに5分加熱する。
②器にアイスクリームを1人80g盛り、①を1/8量かける。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「秋葉原 雑居ビル巡り」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
《モンキーのいるレストラン&BAR》リスザル
・ベイビーバックリブ ハーフ 1,296円
《ローストビーフ大野 秋葉原店》
・和牛ロースとビーフ丼定食 1,620円
<ASOBIBA 秋葉原店>室内サバイバルゲーム
・レンタル料金(ハンドガン、マスク、迷彩服等) 平日 2,500円
 ゲーム料金 平日 12時~15時半 3,000円~
<スターベース東京>望遠鏡専門店、初心者向けから300万円以上のものまで取り揃える。
・FC-1000DC鏡筒 205万2,000円
・タカハシ CCA-250鏡筒 140万円
<スーパーラジコン 秋葉原店>
・コース使用料 1時間 500円
♪ 白いハイウェイ ヒカシュー(1980年)

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/595020/

 「昼めし旅」は、「茨城県 北茨城市」。2/13の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 アンコウ、アンコウ鍋
「平潟漁港」
 ヤナギガレイ、アンコウ
《あんこう研究所》(あんこうの宿 まつみつ旅館)
☆あんこうバーガー 540円
☆あんこうラーメン 1,296円
☆あんこうコロッケ 216円
*吊るし切り:船上で吊るしてさばいたことが始まり
 ヒレ、肝、皮、エラ・・・捨てるのは口と目の周りだけ
・アンコウスープの雑炊
①アンコウからとったダシに味噌とすりつぶしたあん肝を溶かす。(アンコウの肝と味噌で味付けした濃厚ラーメンと同じアンコウのスープ)
②大根、ニンジンなどを入れ、3時間ほど煮込む。
③ご飯を投入。アンコウの骨を3時間煮込んで抽出したコラーゲンスープを加える。
④溶き卵を流し入れ、ネギを散らせば完成。
・アンコウメンチカツ
《久利山精肉店》
☆常陸牛 サーロインステーキ用 1500円
☆チューリップ 1本 60円(税抜)
・常陸牛と豚肉のコラボすき焼き
①熱した鍋に牛脂を敷き、肉を焼く。
②しょうゆ、砂糖を入れる。
③白菜、春菊、シイタケ、エノキ、糸こんにゃくなどを入れる。
④豚バラ肉を入れる。
・自然薯とろろ
《温泉民宿 かね久》
・アンコウのどぶ汁
①鍋にあん肝を入れる。つぶしながら煮る。
②ダイコン、味噌を入れる。アンコウの切り身を入れる。(水は入れない)
・共酢和え
(アンコウの身や皮、胃などを茹で、酢味噌でいただく)
・メヒカリの天ぷら
・ヤナギガレイの煮付け
・お刺身盛り合わせ(サワラ、コチ、エンガワ)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1036432/

 「東京グルメ噺」は、「通が通う江戸の蕎麦」。「神田まつや」って、「築地発!おいしい事件簿」で出てきた「はし田」っていう蕎麦屋さんじゃないの???
http://www.tabichan.jp/travelogue/tokyo_groumet
 江戸庶民のファーストフード
「千代田区 神田」
<神田明神>
*神田祭:2年に1度、5月に開催される日本三大祭りのひとつ。江戸時代には「天下祭」とも呼ばれていた。
《甘味処 天野屋》
・明神甘酒
《神田まつや》明治17年創業
東京都千代田区神田須田1-13
 向かって右が入口、左が出口
※花番:客の注文を奥に通したり、そばを運ぶ役
 「売る身は 買う身」
・鴨南ばん そば(種もの
※かえし:蕎麦汁に使われる調味料。かえしを出汁で割って蕎麦汁が作られる。
 本節、宗田節、さば節に、みりん、醤油、砂糖で作った。
 かけなどは、さば節などでとったダシをベースに味を決めていく。
『池端正太郎が残したかった「風景」』(新潮社)
 「酒を飲まぬくらいなら 蕎麦屋へなんぞ入るな」
※そば前
・板わさ
・焼き鳥
*一鉢 二延し 三包丁
 水まわし そば粉との対話
 切りは1.3mm
・車エビ
*つら水
・天もり
・蕎麦湯:蕎麦を食べた後、蕎麦湯を頼むのは、江戸時代中期以降。
*湯桶
 「蕎麦屋の湯桶」:人の話に横から口出しすること。

http://www.tabichan.jp/travelogue/tokyo_groumet/2

 先日の「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、1時間SPで「神奈川県 三浦市」。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
《鮮魚店 まるいち》
☆三崎地魚三点盛り定食 1,620円(税込)
☆まぐろと地魚の盛り合わせ 2,808円(税込)
☆金目鯛の塩焼き 2,500円(税込)
・だつのたたき 2160円(税込)
・だつの塩焼き 2160円(税込)
※だつ:「クロシビカマス」のこと
《城ヶ島漁協直売所》
☆刺身定食 1,620円(税込)
☆煮魚定食 1,620円(税込)
☆焼き魚定食 1,620円(税込)
・ホラ貝の刺身 500円~(城之崎名物・げっぽ)
・アワビの刺身 1500円~(かながわの名産100選)
・伊勢エビ
<下里農園>
・三浦産 青首大根
《〇つね》
《庄和丸》メバチマグロ
☆鮪づくり御膳 3,500円(税別)
☆特選まぐろ漬丼 1,600円(税別)
・鮪三昧御膳 1,850円(税別)
《ミサキドーナツ》20種類のドーナツ
・レモンクリームチーズ 267円(税込) 一番人気
・いちじくハニークリームチーズ 267円(税込)
・あんドーナツ 205円(税込)
・よもぎファッション 174円(税込)
<京急油壺マリンパーク>
《まぐろ専門店 くろば亭》カブト焼き、メニュー数200種類以上
☆鮪大トロカマステーキ 1,620円~
☆海鮮おこげちゃんぽん 1,404円(税込)
☆まぐろ刺身盛り合わせ 3,240円(税込)
☆鮪トロ串天ぷら 2串 756円(税込)
☆鮪の珍味盛り合わせ 6,480円(税込)
☆まぐろのカブト焼き(7名分) 15,750円
・鮪カルビ焼 1080円
(血合いをカルビだれで焼き上げる)
★すじから 840円(税込)(筋身の唐揚げ)
★大トロの燻製 1,080円(税込)
《割烹旅館 立花》創業62年
☆鮪の白子フォアグラ風ステーキ 1,944円(税込)
☆まぐろ盛り合わせステーキ 1,944円(税込)
☆鮪すき焼き 2人前 4,536円(税込)
・まぐろ一匹コース 3,564円(税別)
(刺身、カマトロのステーキ、たまご、まぐろの胃袋、ハチの身(頭)、まぐろの心臓、まぐろの皮
《港楽亭》
・三崎まぐろラーメン 850円(税込)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1057782/

 「クラブツーリズム」より、メール。「夏休みツアー特集」♪
http://www.club-t.com/nagoya/theme/friend/ohitori/?waad=6DCE5QAn

 咳が出る・・・また、気管支喘息だろうか!?

 家のいてもやることがないので、久しぶりに散歩に出掛けた。
 ホームセンターを覘いたり、百均を覘いたりした。
 「遠鉄ストア」に「エコキャップ」を納め、店内を覘く。
 「日本ハム ビビンバ」409円のところ40%引きで245円、「かつお あら」108円のところ20%びきで86円、「緑豆もやし」19円を買う。
 「明治ブルガリアヨーグルト」の応募用紙が見つからないので、インフォメーションで聞くと、「担当者がいないので分からない」だって。担当者って、いついるの???

 帰宅して、「かつお あら」を焼肉のたれに漬ける。
 テレビで見た「鮪カルビ焼」を「カツオ」で代用できないかなと思ったからなんだな。

「駅に食あり」(3) JR伊勢奥津駅「かわせみ庵」の弁当(三重)

 夕方は、「千葉県産 かつお あら カルビ焼風 せん切りキャベツ添え」で一杯♪これも、アりだね↑↑↑

「駅に食あり」(3) JR伊勢奥津駅「かわせみ庵」の弁当(三重)

 デザートは、頂いたお菓子♪パッケージの表と裏は色が違うんだね!
ロイズ石垣島 BATON COOKIES
 KOKUTOH
 バトンクッキー黒糖

 ここで、2017年5月3日の朝刊より、「<駅に食あり>(3) JR伊勢奥津駅「かわせみ庵」の弁当(三重)」の引用♪
 タケノコの木の芽あえ、ウドの酢みそあえ、タラの芽の天ぷら、アマゴの甘露煮…。弁当箱の中は、山里の恵みたっぷり。山菜の香りとほろ苦さ、やさしい甘さに煮付けられたアマゴが、空腹を満たしてくれた。
 名古屋駅から電車を乗り継ぎ、およそ二時間半。伊勢奥津(いせおきつ)駅(津市)は、松阪駅(三重県松阪市)から始まるJR名松線の終点だ。津市美杉地区の山あいにある。田園風景の中を走る一両編成の車両の旅は、鉄道ファンにも人気だ。
 美杉の旬がぎっしり詰まった弁当を味わえるのは、駅前の休憩所「かわせみ庵(あん)」。「都会から来た鉄道ファンにも評判なんよ」。休憩所を運営する中田かほるさん(71)が胸を張った。
 調理するのは、約五キロ離れたそば店「如月(きさらぎ)」を営む別所頼子さん(67)。古民家を利用するかわせみ庵は調理場がないため、事前に注文を受けて如月から運ぶ。
 山菜は全て、別所さんが用意する。「ここで生まれ育ったから、旬の山菜が採れる場所は分かる」と、調理する前日の昼休みに近くの山に入る。そのため、山菜のメニューは日替わり。それに、名物の一つで地元で養殖されたアマゴの甘露煮も彩りを添える。「美杉らしいお弁当でしょ」。中田さんが顔をほころばせて運んでくれた。
 かわせみ庵がオープンしたのは二〇〇九年三月。「足を休める場所が駅前にほしい」という観光客の声を受け、地元商工会の女性部長を務めていた中田さんが有志と整備した。
 別所さんの弁当の評判も手伝って、少しずつ観光客にも知られるようになっていた七カ月後、状況は急変。台風で線路に土砂が流入するなど、名松線は大きな被害を受けた。過疎化による乗客減もあり、伊勢奥津までの一部区間一七・七キロは復旧工事がされないまま。そのまま廃線とする案も検討された。
 駅前を終点とするバスが運行したため、かわせみ庵を開けて弁当の提供も続けた。だが、「乗降客の姿がなく、雑草が生い茂る線路を眺めるのはつらかった」と中田さんは振り返る。
 しかし、存続を願う住民や鉄道ファンが約十一万六千人の署名を集め、JR東海に提出。中田さんも署名集めに率先して励んだ。過疎化と高齢化が深刻な美杉には、名松線を生かした誘客が欠かせないと思うからだ。その熱意に押される格好でJRと地元の三重県、津市が費用を分担し、昨年三月二十六日、六年半ぶりに伊勢奥津駅に列車が入ってきた。
 新緑の五月は、美杉が一年で一番鮮やかな季節。「腕によりを掛けてもてなしたい」と、口をそろえる二人の言葉にも自然と力が入った。
  (中日新聞・添田隆典)
<伊勢奥津駅>
 1935(昭和10)年開業。現在の駅舎は2005年に建て替えられた。構内には蒸気機関車(SL)に水を補給した給水塔が残る。
<かわせみ庵>
 営業は水、土、日曜の午前8時半~午後3時。事前予約があればほかの日も営業。弁当は1週間前までに予約。値段は600~1500円。問い合わせは、中田さん=(電)090(4083)8550

本日のカウント
本日の歩数:6,869歩
(本日のしっかり歩数:4,579歩)
本日:55.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「駅に食あり」(2)JR我孫子駅「弥生軒」の唐揚げそば | トップページ | <食卓ものがたり> ナガノパープル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「駅に食あり」(3) JR伊勢奥津駅「かわせみ庵」の弁当(三重):

« 「駅に食あり」(2)JR我孫子駅「弥生軒」の唐揚げそば | トップページ | <食卓ものがたり> ナガノパープル »