« 「駅に食あり」(1)JRニセコ駅「茶房ヌプリ」のカレー | トップページ | 美女と野獣(BEAUTY AND THE BEAST) »

2017年5月 1日 (月)

「いただきます タケノコを食べ尽くす」、そして「そのまま食べる かつおスライス」

 今日は、5月1日「カリフォルニアレーズン デー」。でも、「メーデー」の方が有名だよね!

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 一本の安打は一本の安打にすぎない。されど、その一本にはどれほどの思いや願いが込められていたことか
▼カブスのベテラン左腕が投げ込んだカットボールをあざやかにセンター前へと弾(はじ)き返した。ピッツバーグ・パイレーツのギフト・ヌゴペイ内野手(27)。南アフリカ出身の選手として先週、初めて大リーグの試合に出場し、初安打を記録した。アフリカ大陸による初安打である
▼「十歳のときから、この日が来るのを夢見ていた」。こらえきれずに涙ぐんだが、無理もない、ここまでの困難な道程である
▼少年時代は野球場で暮らしていた。それほどまでに猛練習をしたという比喩ではない。苦しい生活。母親は地元の野球チームの料理人の仕事を見つけ、一家で野球場内の小さな部屋で生活していたそうである。南アフリカで野球の人気はさほどでもないが、少年が野球と出会った事情もここにある
▼欧州駐在のスカウトに見いだされ、米球界入りしたが、なかなか芽が出ず、大リーグ昇格までは約十年かかった。その長い日々が、あの一本の安打の裏にある
▼初安打に地元ヨハネスブルクは大騒ぎという。一九九四年、アパルトヘイト廃止後、初の総選挙が行われたことを祝う、「自由の日」の時期とも重なった。あの野球場のお母さんは残念ながら、その歴史的な一本の安打を見ていない。二〇一三年に亡くなっている。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017050102000096.html

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「宮崎県 日南市」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
<前田さん>
*漬物
 大根、赤カブ、金柑、生姜
*干し柿
・割り干し大根
①大根の皮をむく。
②かなり厚めに縦の方向に切る。
③二つ割りにして、紐にかけて干す(1週間~10日)。
④割り干し大根を水洗いし、ひと口サイズに切る。
⑤鍋に甘口しょう油、みりん、砂糖2杯を入れて火にかける。
⑥昆布を乗せた大根にそのダシをかけ、手でしっかり揉み込む。
⑦袋に入れてもむ。冷蔵庫に保存する。
・ツワブキの新芽の佃煮
①ツワブキの新芽を抜く。
②葉っぱを折ってから皮をむく(曲げながら剥く)。食べる大きさに折って水に入れる。
③30分ほどつけてアク抜きをしたら、ザルに入れ広げて乾かす(1週間~10日)。
④ツワブキを洗う。
⑤お湯につけて煮こぼす。
⑥油で炒める。芋焼酎を入れる。白だし、甘口しょう油で味付け。砂糖、みりんを入れ煮詰める。
⑦白ゴマとゴマ油で風味をつける。
・レタス巻き
①海苔に酢飯をのせる。
②レタス、マヨネーズ、ゆでたエビ、レタスをのせて巻く。

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0097/

 「ごちそうカントリー」は、「河津町 花巡り!」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<かわづカーネーション見本園>
 全国の種苗会社・6社の試験品種がここに集まっている。
<かわづ花菖蒲園>
 峰紫、河津の里
<河津バガテル公園>バラ
 クイーンバガテル、ブルーリュバン
《バラ香るカフェ Ortensia(オルテンシア)》
・河津産本わさびとローストビーフのベーグルサンド 1,500円(税込み)
※サラダ・スープ付

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=52540

「いただきます タケノコを食べ尽くす」、そして「そのまま食べる かつおスライス」

 風邪をひいたみたいだ・・・のどが痛い・・・。「パブロン ゴールドA」を飲む。
かぜの諸症状の緩和に
微粒44包
大正製薬株式会社
東京都豊島区高田3丁目24番1号
TEL 03-3985-1800

http://www.taisho.co.jp

 今日は仕事で遅くなる予定だった・・・が、先輩に「帰っていいよ、自分がやっておくから」と言われ、、予定より早く帰宅。感謝します↑↑↑

 スーパーに、『ふれ愛交差点』5月号をもらいに行く。
 ついでに、「天然ぶり あら」162円、「秋刀魚缶詰」105円、「豚味付けホルモン」386円のところ40%引きで231円を買い帰宅。

 夕方は、昨日作っておいた「タケノコと手羽先の煮もの」で一杯♪

「いただきます タケノコを食べ尽くす」、そして「そのまま食べる かつおスライス」

 デザートは、戴いた「クッキー」♪10円玉の柄だね↑↑↑

 2017年3月19日の「いただきます タケノコを食べ尽くす」は、【タケノコのオイスターソース炒め】(213kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ゆでタケノコ・・・150g
・豚肩ロース肉(薄切り)・・・100g
・サヤエンドウ・・・30g
・ショウガ(薄切り)・・・小1かけ
・オイスターソース・・・小さじ2
『作り方』
①タケノコは4~5cm長さの薄切りにし、サヤエンドウは筋を取る
②豚肉は4cm長さに切り、酒小さじ1、塩少々をふり、かたくり粉小さじ2をまぶす
③オイスターソース、酒小さじ2、しょうゆ小さじ1を合わせる
④フライパンに油大さじ1/2を温め、弱火でショウガを炒める。豚肉を加えて中火で炒め、肉の色が変わったらタケノコ、サヤエンドウを加えて炒める。全体に油が回ったら③を加えてひと混ぜする。

 2017年3月20日の「いただきます タケノコを食べ尽くす」は、【タケノコとワケギのぬた】(62kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ゆでタケノコ・・・50g(穂先・約4cm)
・ウド・・・50g
・ワケギ・・・100g
・みそ・・・大さじ1
・練りがらし・・・小さじ1/2
『作り方』
①タケノコは5mm厚さのくし形に切る。ワケギは根元を切りそろえる
②鍋に沸かしたたっぷりの湯でタケノコをさっとゆで、取り出し冷ます。続いてワケギを根元から鍋に入れてゆで、ざるに取り、冷めたら4cm長さに切る
③ウドは3cm長さに切り、厚めに皮をむく。縦半分に切り、3~4mmの薄切りにする
④みそ、練りがらし、砂糖大さじ1、酢小さじ2を合わせ、よく混ぜる。タケノコ、ワケギ、ウドをあえる。ワケギの代わりに他のネギやワカメでも。

 2017年3月21日の「いただきます タケノコを食べ尽くす」は、【タケノコのとろり煮】(221kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ゆでタケノコ・・・150g
・ニンジン・・・80g
・鶏もも肉・・・150g
・だし汁・・・300ml
『作り方』
①タケノコは3~4cm大の乱切りにする。ニンジンはタケノコより少し小さめの乱切りにする
②鶏肉はひと口大に切り、塩少々をもみ込む
③鍋にだし汁、みりん、しょうゆ各大さじ1を入れ、沸騰したらタケノコ、ニンジン、鶏肉を入れ、煮立たせる。アクを取り、ふたをして中火で15分ほど煮る。途中で1~2回上下を返す
④鍋底に煮汁が少なくなってきたら、かたくり粉大さじ1/2と水大さじ1を合わせたものをよく混ぜて加える。全体にからめてとろみをつける。

 2017年3月22日の「いただきます タケノコを食べ尽くす」は、【タケノコと油揚げの木の芽焼き】(126kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ゆでタケノコ・・・80g
・油揚げ・・・2枚
・木の芽・・・15枚
・だし・・・大さじ2
『作り方』
①油揚げは熱湯をかけて油を抜く
②タケノコは3mm厚さのくし形もしくは半月切りにする
③木の芽10枚をあらくきざみ、だし、みりん・うすくちしょうゆ各大さじ1、酒大さじ1/2を合わせて木の芽じょうゆを作る。①、②を加え、5分ほどつける
④フライパンを熱し、中火で③を焼いて焼き色をつける。油揚げはひと口大に切る
⑤器に盛りつけ、残りの木の芽を飾る。七味唐辛子を添えてもよい。木の芽じょうゆが焼ける香りに、食欲がそそられます。

 2017年3月23日の「いただきます タケノコを食べ尽くす」は、【タケノコごはん】(307kcal)。
『主な材料』(4人分)
・ゆでタケノコ・・・100g
・米・・・2合(360ml)
・油揚げ・・・1枚
・けずりがつお・・・8g
『作り方』
①鍋に水400mlを沸かし、けずりがつおを入れる。再沸騰したら火を止め、1~2分おいてこす。350mlを計量しておく
②米は洗って、たっぷりの水に30分以上つけて、ざるにあげる
③タケノコの穂先は縦に4cm長さの薄切り、残りは3~4mm厚さのいちょう切りにする。油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、縦半分にし、細切りにする
④炊飯器に米、だし汁、酒大さじ2、しょうゆ小さじ2、塩小さじ1/3、タケノコ、油揚げを入れ、さっくり混ぜて炊く。

 2017年3月24日の「いただきます タケノコを食べ尽くす」は、【タケノコと昆布の土佐煮】(kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ゆでタケノコ・・・150g
・昆布・・・5g
・けずりがつお・・・1パック(3g)
『作り方』
①鍋に昆布と水200mlを入れ、やわらかくなったら、3cm×1.5cmくらいの短冊切りにし、鍋に戻す
②タケノコの穂先は4cm長さのくし形、根元の部分は1cm厚さの半月またはいちょう切りにする
③①の鍋に砂糖小さじ1/2、しょうゆ、みりん各小さじ2、タケノコ、けずりがつお2gを加えて火にかける。沸騰したらふたをして中火で15分ほど、煮汁が少なくなるまで煮る。途中で1~2回上下を返す
④器に盛り、残りのけずりがつおをかける。
(ベターホームのお料理教室)

 ここで、昨日の朝刊「全国旨いもん」より、「そのまま食べる かつおスライス」(鹿児島県)の引用♪
削り節より しっとり厚め
 「目には青葉 山ほととぎす 初がつお」。初夏の食卓を飾るカツオの水揚げが多いのは静岡県。だがかつお節は全国生産の70%を超える鹿児島県である。
 その主産地の枕崎は端午の節句に、鯉ならぬ”鰹のぼり”が泳ぐ町。ここに工場をもつ丸俊は原料の買い付けから製造、加工、販売まで一貫して行う創業56年の水産加工会社である。
 かつお節、削り節、佃煮に加えて人気商品に「そのまま食べるかつおスライス」がある。「醤油ベースの調味料で味付けしたカツオを、堅木で燻して半生に仕上げてスライスした」と販売事業促進部課長の渡邊洋平さんが語る、カツオの旨みを手軽においしく味わえるおつまみ、おかずである。
 削り節より厚めで、しっとりとした食感があり、噛むほどに香ばしい醤油風味の旨みが染み出る。そのままご飯やサラダ、冷ややっこにのせたり、お茶漬けにしたり。マヨネーズを付けるとかっこうの酒のお供になる。
 化学調味料、保存料不使用の無添加商品で、全国漁業協同組合連合会主催のフィッシュワン・グランプリ2014で最高賞のグランプリの評価も得ている。
●(株)丸俊
鹿児島市小松原1の46の1
TEL 099(266)2211
FAX 099(266)2212
8時30分~17時30分、土・日曜、祝日休
1袋(80g)税込み562円  送料別途。
※常温で宅配

http://www.e-marutoshi.co.jp/

 「旬のフルーツ もの思い」は、「マンゴスチン」♪
上品な「女王様」
・漢字名:都念子/フクギ科フクギ属
・英名:mangosteen
 「果物の王様」といえばドリアン。では「果物の女王様」は?マンゴスチンというのが定説だ。日本ではいまひとつなじみの薄いトロピカルフルーツ。主産地は東南アジアで、日本ではほとんど生産されていない。栽培を試みても実がつきにくいのだという。女王様はなかなか気難しいのだ。
 だが、世界的に見れば非常に人気が高い果物だ。ドリアン、マンゴーと並ぶ「三大熱帯果樹」にして、マンゴー、チェリモヤと並ぶ「世界三大美果」とも。少々地味な姿からは想像できないほど、みずみずしく香り高い。
 暗褐色で直径6~7cmほどのころんとした形。厚めの皮は思いのほかやわらかく、中には真珠のように白いふっくらした実。酸味甘味も上品で、かの大英帝国のヴィクトリア女王も、その美味を称えたものだとか。
 それなのに、日本であまり食べられてこなかったのは、2003年まで生のマンゴスチンの輸入が植物免疫法によって禁止されていたことによる。冷凍物や缶詰は輸入されていたが、生とは別物だ。
 これからマンゴスチンの本当のおいしさが知られるようになれば、ファンも増えることだろう。もっとも、現在輸入されている生のマンゴスチンも、消毒のため蒸熱処理されているという。いつか、もぎたてを味わってみたいものだ。

本日のカウント
本日の歩数:7,658歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「駅に食あり」(1)JRニセコ駅「茶房ヌプリ」のカレー | トップページ | 美女と野獣(BEAUTY AND THE BEAST) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます タケノコを食べ尽くす」、そして「そのまま食べる かつおスライス」:

« 「駅に食あり」(1)JRニセコ駅「茶房ヌプリ」のカレー | トップページ | 美女と野獣(BEAUTY AND THE BEAST) »