« <食卓ものがたり> ナガノパープル | トップページ | 「駅に食あり」(4)JR板東駅 鳴ちゅるうどん(徳島) »

2017年5月 7日 (日)

「今がおいしい旬の食材 5月」、そして「伊万里牛の牛みそ汁」

 今日は、5月7日、「粉の日」「コナモンの日」「ココナッツの日」。
 日本コナモン協会が制定した記念日。お好み焼き、たこ焼き、うどんなどの日本の粉もの料理のほか。チヂミやナン、タコスやトルティーヤなど世界の粉もの料理を調べてみると楽しいかも!

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「千葉県 銚子市 春キャベツ ”鳴く子”は育つキャベツの秘密とは?」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《レストラン タテル ヨシノ 銀座》
☆春キャベツとモリーユ茸のカリカッセ
「千葉県銚子市 犬穂崎灯台」
 灯台キャベツ
<長島農園>
・春キャベツのコロッケ(具はジャガイモ、牛ひき肉、春キャベツ)
・春キャベツの浅漬け
・春キャベツとシジミの味噌汁
*キャベツが”鳴く”
 巻いていく時に、春キャベツなので葉の間に空気がたくさん入っている。巻く時に絞り出される音がキュッキュッというキャベツの”鳴き”声。
※1953年に犬吠埼でキャベツ栽培開始。
 ワイヤーで根を切る。:元の根を切った方が細かい根が育ち発育が良くなる。
※油・脂とキャベツの組み合わせ
 生ハム、パテ・ド・カンパ^ニュ、ミニハンバーグ、サーモンのオリーブオイル漬け、イチゴ、イワシのフライ
★春キャベツのサンドウッチハパーティー
 バンズ、パン・ド・ミル(食パン)、クロワッサン、カンパーニュ。
<ソース>
 マスタード、ソーセージをほしくたもの、リンゴピューレ、春キャベツのソース
 春キャベツの千切り
★春キャベツのミニハンバーバーガー
★イワシのフライと春キャベツのサンド
★吉野シェフ特製スープ・ド・シュー
「簡単!春キャベツのスープの作り方」【吉野シェフ特製スープ・ド・シュー】
『材料』(4人分)
・春キャベツ 1/4玉
・ベーコン 10g
・玉ねぎ 1/4玉
・ニンニク 1片
・タイム 1枚
・ローリエ 1枚
・水 3L
・塩 適量
①キャベツを千切りにする
②鍋に水を入れキャベツ・玉ねぎ・ベーコン・ニンニク・タイム・ローリエを入れ火にかける
③塩で味付けして弱火で煮込む
④キャベツがやわらかくなれば完成
 (2時間程煮込めばトロトロに仕上がります)

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0098/

 ビデオの調子が良くない・・・リモコンのボタンを押しても反応しない・・・。

 連休の最終日なのに、仕事に出かける。強制参加だって・・・休日出勤なのに、無休!これって、変でしょう!

 会場に到着。来ていない営業所もある???係りと話をしたら、強制じゃないといわれた・・・!!!
 何なんだ???この、連絡は???無責任にもほどがある!!!

「今がおいしい旬の食材 5月」、そして「伊万里牛の牛みそ汁」

 仕事尾を終え、帰宅途中、「ザ・えんぎ堂」に寄る。「天赦日」らしい。
http://engido.hamazo.tv/
https://ameblo.jp/noriko-happy-life/entry-12202802103.html

 ドラッグストアーに行き、「サッポロ黒ラベル」1,088円と「浜松餃子」を買う。
限定醸造 サッポロ生ビール黒ラベル Extra Brew《エクストラブリュー》
 完璧な生ビールを。
 喉ごしのうまさに、みがきをかけた。エクストラブリュー限定醸造!

 自転車に行き、点検の為、預ける。
http://nakano-cyc.eco.coocan.jp/

「今がおいしい旬の食材 5月」、そして「伊万里牛の牛みそ汁」

 夕方は「むらかみの 豚もつホルモン」で一杯♪
豚味付けホルモン300G
加工者 株式会社 村上臓器
浜松市中区海老塚1-4-1
TEL (053)452-2212

「今がおいしい旬の食材 5月」、そして「伊万里牛の牛みそ汁」

 「緑豆もやし」も炒める(^^♪
シャキシャキ食感が旨い!
Fresh
21世紀のハイテク野菜工場
 当社のもやしはISO22000認定取得工場で徹底した衛生管理の基で栽培されております。
 又、健康生活を考え、選び抜かれた豆を使用し薬品等の添加物は一切使用しておりません。
生産者 フロンティア株式会社 伊勢場工場
三重県松坂市伊勢場町673-1
TEL0120-684811

「今がおいしい旬の食材 5月」、そして「伊万里牛の牛みそ汁」

 デザートは、戴いたお菓子♪
ROSENHEIM
 FEINE KONFISERIE
 Wiener Bissen
 HASELNUSS GIANDUIA

 ここで、『ふれ愛交差点』5月号の「旬の食材」の引用↑
・野菜、果物
春は豆の季節です。フレッシュなレタスでサラダもいい!
 豆類は鮮度が大切。特にそら豆は収穫してから時間が経つほど味が落ちるので、買った日に調理をするのがおすすめです。果物ではブルーベリーなども出てくる季節です。
・魚介
初がつおは初夏の味。しらすも旬をむかえます。
 かつおが北上し、たくさん出回るようになります。刺身やたたきで旬を楽しんでみましょう。しらすやほたてもおいしくなるのでおすすめです。
【わいわいサンドイッチ】(1/4量で535kcal)
『材料』(3~4人分)
★とんかつにんじんサンド(2組分)
・食パン(サンドイッチ用)・・・6枚
・豚肩ロース肉(とんかつ用)・・・2枚
・にんじん(せん切り)・・・1/2本分
・A
 薄力粉、水・・・各大さじ2
 塩、こしょう・・・各少々
・パン粉、揚げ油・・・各適量
・とんかつソース・・・大さじ1
・B
 サラダ油、酢・・・大さじ1/2
 塩・・・小さじ1/4
 こしょう・・・少々
・バター・・・20g
『作り方』
①豚肉は余分な脂肪を除き、肉たたきなどでたたく。混ぜたAをからめ、パン粉をまぶす。
②フライパンに揚げ油を深さ5mmほど入れて弱めの中火で熱し、①を2~3分揚げる。上下を返して2分ほど揚げ、油をきってソースを両面にかける。にんじんは混ぜたBをからめて10分おく。
③食パン2枚の片面にバターを塗る。それぞれにとんかつを置き、両面にバターを塗った食パンを重ねる。にんじの水気をしぼってその上にのせ、片面にバターを塗った食パンを重ねる。
★タルタルハムサンド(2組分)
・食パン(サンドイッチ用)・・・6枚
・かたゆで卵(粗みじん切り)・・・2個分
・ハム・・・6枚
・レタス・・・2枚
・A
 マヨネーズ・・・大さじ2
 塩、こしょう・・・各少々
・バター・・・20g
『作り方』
①ボウルにゆで卵、Aを入れて混ぜる。
②食パン2枚の片面にバターを塗る。それぞれにハムを3枚ずつ置き、ちぎったレタスをのせる。両面にバターを塗った食パンを重ねる。①をその上にのせ、片面にバターを塗った食パンを重ねる。
※2種類のサンドイッチは、それぞれラップに包み、バットなどで軽く重しをして10分ほどおき、食べやすく切る。

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「伊万里牛の牛みそ汁」(佐賀県)の引用♪
豚の代わりにA5ランク
 江戸時代から続く伊万里焼で有名な佐賀県伊万里市。名産品はもちろん焼きものだが、車エビやウメ、塩など、食に関する名物も少なくない。その筆頭が、JA伊万里の管轄内で飼育されている黒毛和牛の伊万里牛。肉質が細やかでやわらかく、脂肪の甘みと風味があることで人気があり、県内ではJAさが管轄エリアの佐賀牛とともに、二大ブランド牛として知られる。
 精肉のほかローストビーフ、ハンバーグなど加工製品も多彩だが、これを具に贅沢なフリーズドライ仕立ての味噌汁にした「伊万里牛の牛みそ汁」が評判。発売元は明治5(1872)年創業の西岡醤油店。醤油をはじめ味噌、酢などを製造するこの地屈指の名店である。
 「地元が誇るA5ランクの伊万里牛を使った商品を作りたいとの思いから、先代の営業部長が考案。豚汁は一般的ですが、牛肉を味噌汁に入れたものは全国でも珍しいのではないでしょうか」と、社長の西岡伸介さん。
 細かく刻んだ牛肉にゴボウ、ニンジン、ネギなどが加えられ、湯を注ぐだけで手軽に味噌汁が出来上がる。味噌の甘みと肉の旨味が醸し出す味わいは濃厚。食卓のひと品になるほどの存在感がある。
●(有)西岡醤油店
佐賀県伊万里市二里町大里甲2912
TEL 0955(22)2038
FAC 0955(22)6061
伊万里牛の牛みそ汁5ヶ入(1ヶ14.5g)税込み810円ほか(送料別途)

http://nishioka-soy.com/

 さらに「旬のフルーツもの思い」より、「夏ミカン」の引用♪
実るのは秋だけど
・科属:ミカン科ミカン属
・漢字名:夏蜜柑/夏橙・夏代々
・英名:natsudai dai orange / Japanese summer orange
 「これは、レモンのにおいですか?」・・・
 「いいえ、夏みかんですよ」
 夏ミカンといえば思い出す。遠い昔、小学校の国語の教科書で読んだ、あんまきみこ作「白いぼうし」の一節。夏ミカンがまとうのは、穏やかな陽光のイメージだ。
 夏ミカンは春から初夏にかけて旬を迎える。とっても、実るのは秋。晩秋にかけて色づくが、その時点では酸っぱすぎて、とても食べられない。木につけたまま一冬越し、酸が抜けるのを待って収穫する。
 子どもの頃は、夏ミカンが好きではなかった。、甘みが薄くて酸っぱくて。皮も厚くてむきにくく、張りつめた中身もパリッと硬くて。皮を使うマーマレードも、苦味が少し苦手だった。
 その魅力に気づくのは大人になってからだ。酸っぱさの奥にある深い旨み。みずみずしい食感とすがすがしい香り。特にもぎたての香りの良さは格別だ。料理や菓子にもいい。皮の苦味も独特なおいしさにつながる。
 夏ミカンは、江戸時代に現在の山口県で誕生したとされる。交雑しやすく、木によって味が異なったりするのも面白い。
 長州藩の士族の貧困対策に栽培が奨励されたように、育てやすく、一本の木にたくさんの実がつく。時に持て余すほどだが、砂糖漬けやマーマレードなど、保存食しにて楽しみたい。

本日のカウント
本日の歩数:14,628歩
(本日のしっかり歩数:6,152歩)
本日:54.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« <食卓ものがたり> ナガノパープル | トップページ | 「駅に食あり」(4)JR板東駅 鳴ちゅるうどん(徳島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65247960

この記事へのトラックバック一覧です: 「今がおいしい旬の食材 5月」、そして「伊万里牛の牛みそ汁」:

« <食卓ものがたり> ナガノパープル | トップページ | 「駅に食あり」(4)JR板東駅 鳴ちゅるうどん(徳島) »