« 「土井善晴の料理は楽し」(1-5)「鶏手羽の煮込み」 | トップページ | THE GREAT WALL(グレートウォール) »

2017年4月14日 (金)

食飲室 濱しょう

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 なぜ、公認会計士という仕事は生まれたのか。歴史学と会計学を研究するジェイコブ・ソール氏の『帳簿の世界史』によると、公認会計士を生んだのは鉄道だという
▼世界初の蒸気機関車が試験走行に成功したのは、一八〇四年。それから四十年もたたぬうちに英国の鉄道の総延長は九千七百キロになった。米国では一八七〇年までの三十年間に総延長が一万一千キロから八万二千キロになった
▼当然、莫大(ばくだい)な資金が注ぎ込まれたが、鉄道会社では粉飾決算がまかり通っていた。それでは安心して投資できぬし、鉄道の経営が破綻すれば、経済や国政にも大混乱をもたらしかねぬ-との危機感から、公的に認められた会計士の集団が生まれたという
▼そんな草創期からの伝統を持つのが、世界四大会計事務所の一つプライスウォーターハウスクーパース(PwC)。そのPwCが「まだ解明すべき疑惑がある」と指摘しているのに、決算の発表に踏み切ったのだから、東芝の闇は深い
▼原発事業がとてつもないリスクをはらんでいることに目をつぶってのめり込み、ついには会社そのものが炉心溶融を起こしたかのようだ
▼鉄道建設をめぐる不正が横行していたころ、作家のマーク・トウェインは、こう書いたという。「鉄道は嘘(うそ)に似ている。建設し続けないと維持できない」。鉄道を原発に置き換えれば、今でも通じる警句ではないか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017041402000111.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「台東区 浅草」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
「浅草西参道商店街」
<浅草きんぎょ>2016年OPEN
・金魚すくい 1回 300円
 コツは横から切るようにすくう。夕方が狙い目。
《カレーランド》
*ご当地レトルトカレー自販機
☆長崎県 チョコリー 864円
☆18禁カレー 痛い(ブート・ジョロキア)200g 1,620円
・鳥取 ピンク華麗(200g) 980円
・沖縄 闘牛カレー(250g) 1,800円
・和歌山 小南農園のみかんカレー(180g)648円
♪ あなたに会えてよかった 小泉今日子(1991年)
《花月堂》
・ジャンボメロンパン 200円
<浅草蒟蒻 しゃぼん>
 ほおずき、金、桜、竹炭、銀杏
・金 1,550円(100g)
<Bunny’s Theme Park Hutch>
  ネザーランドドワーフ、ライオンロップ、ホーランドロップ、ドワーフホト、ジャージウーリー
・入園料(1名)2,000円
 お部屋飼育体験料(1名、30分ごと)3,000円

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/588461/

 「昼めし旅」は、「静岡県 浜松市」。1/24の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 ウナギの養殖発祥の地、遠州灘 天然とらふぐ、浜松城
<高野山 頭陀寺>703年
 井伊直政が幼少期を過ごした。(徳川家康を支えた四天王のひとり)
静岡県浜松市南区頭陀寺町214

http://www1a.biglobe.ne.jp/zudaji/
・リンゴとシリアルヨーグルトかけ
・お酢を入れたトマトジュース
・アボカドの手巻き寿司
・チキンレッグ
・野菜たっぷりのおみそ汁
<スズキ果物農園>
浜松市浜北区宮口3911

http://www.oranpear.com/
・ミカン餅
(ミカンを丸ごと練り込んだお餅で餡を包んだもの)
・白菜のお味噌汁
・白菜の漬物と紫蘇の味噌焼き
《かもちゃん餃子》
浜松市北区新都田5-1-9
※浜松餃子:戦後に屋台で販売。フライパンで円形に並べて焼くのが特徴
*キャベツ、ショウガ、ニンニク、ニラ、黒豚
・いぶりがっこ
・餃子
・ご飯
・お味噌汁

http://www.geocities.jp/kamo_yos/
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1030811/

 「サッポロビール」より、メール。「日本の伝統を詰め込んだ純和風アウトドア料理に挑戦!」。
 いかに美味しくビールを飲むか。そんな永遠のテーマにスペシャルアウトドアフードを介して挑戦する、Kitchen by SAPPORO OVER QUALITY。
 今回は、キャンプやBBQではお目にかかることの少ない和食にアプローチ!メインは金目鯛の炊き込みご飯、副菜は、桜エビのかき揚げに新玉ねぎの丸ごとホイル焼き。日本の春を感じさせる厳選の2品が、食卓をさらなる純和風へと彩ります。
 そんな第9弾のご感想をお教えいただいた方の中から、抽選で30名様に「サッポロ生ビール黒ラベル」350ml缶×6本をプレゼントいたします。

http://d.sapporobeer.jp/c/aeymaijOdpso2Eab

 仕事を定時に終え、帰宅。
 帰宅して飲み会のため、バス停に向かう。
 バス内で1000円チャージ!
 早く着き過ぎたので、ちょっと前で降りて歩く。銀行による。本屋に寄る。

食飲室 濱しょう

 時間になったので、会場の「食飲室(しょくいんしつ) 濱しょう」に向かう。
食飲室 濱しょう

 やがて開演。飲み放題だったので、ビールをたくさん飲んだよ!!!「生中」が600円だから、3杯飲むと、元が取れるね。でも、もっとたくさん飲んだよ!!!
 お店側がそれに焦ったのか、頼んでもいないのに焼酎をセットして行った!
 刺身がなかなか良いものだったよ。
食飲室 濱しょう

食飲室 濱しょう

食飲室 濱しょう

 予約してあってにも関わらず、一人来なかったので、その料理分のお金をみんなで割って支払。
『居酒屋』以上、『割烹』未満
・秋葉コース 4000円(税別)
・飲み放題 1500円(税別)
食飲室 濱しょう
住所〒430-0944 浜松市中区田町325-5
電話053-451-5455

http://www.at-s.com/gourmet/detail/1935.html

 バスに乗り、帰宅。・・・そして、お風呂に入り、就寝。

本日のカウント
本日の歩数:20,028歩
(本日のしっかり歩数:8,619歩)
本日:56.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(1-5)「鶏手羽の煮込み」 | トップページ | THE GREAT WALL(グレートウォール) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食飲室 濱しょう:

« 「土井善晴の料理は楽し」(1-5)「鶏手羽の煮込み」 | トップページ | THE GREAT WALL(グレートウォール) »