« 日清焼そば U.F.O. お好み焼味 | トップページ | 「タンドリーチキン」「油淋鶏(ユーリンチー)」「今治風 焼き鳥」「鶏手羽の黒酢じょうゆ煮アスパラ添え」「とりとりロール」「鶏手羽先から揚げ」 »

2017年4月 5日 (水)

「食のえびす」、そして「土井善晴の料理は楽し」(3-2)「鶏もものから揚げ」

 今朝の朝刊のコラム欄より引用。
 かつての大阪漫才の名コンビのミヤコ蝶々・南都雄二。諸説あるそうだが、伝わる南都さんの芸名の由来がおかしい
▼蝶々さん、漢字が苦手で台本を読んでは相方に「何という字や」としばしば尋ね、そのしゃれから芸名がついたという。二葉亭四迷の名の由来「くたばってしまえ」を連想する
▼語呂合わせやしゃれによって、音を漢字に変換する。日本人の得意技なのか。この方式で外国人名を日本らしい芸名、筆名とする人もいる。推理作家の江戸川乱歩は米作家エドガー・アラン・ポーから。俳優の益田喜頓さんは米俳優のバスター・キートン。作曲家の久石譲さんはジャズ界の大御所クインシー・ジョーンズである
▼さて問題はドイツ。漢字表記は「独逸」や「独」となる。一八〇〇年代にはすでにあったと聞くが、「独」の当て字に対し、ドイツ人の漢字研究者クリストフ・シュミッツさんが差別的ではないかと問題提起している
▼気にしたことがなかったが、白川静さんの「字解」によると「独」の字には「一匹の獣」の意味がある。日本人得意の語呂合わせの類いで、ドイツに対し侮蔑の意味を込めケモノヘンを当てたわけではないと信じるが、妙な漢字を勝手に当てられた側には不愉快な話であろう
▼「逸」には逸品など、良い意味もあるとなだめてみても収まるまい。傷つく人がいる。問題提起に耳を傾けたい。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017040502000114.html

 アサヒビールより、メール。『「アサヒもぎたて」モニター総計15万名大募集』が当選したらしい。「アサヒもぎたて まるごと搾りレモン」もしくは「アサヒもぎたて期間限定手摘み青梅」がもらえる。
 でも、スマートフォンがないとバーコードが表示できない!!!スマホなんて持っていないよ!!!もらえないジャン!!!これ、おかしくないか???
1)パソコンで本認定通知を受け取った方は、スマートフォンに転送してください。
2)「引換えバーコード発行専用ページ」にアクセスしてください。
3)「バーコード」を表示させてください。
※パソコンでは「バーコード」を表示することができないため、大変お手数ですが、お手持ちのスマートフォンにて表示させ、店頭にお持ちください。

 「ニッカ」より、メール。「ハイボールにぴったりの超カンタン おつまみでカンパイ!」の案内♪
【焼鳥に温泉卵トリ~リ】
 濃い目のタレが掛かった焼鳥を串から外して青ネギたっぷりかける。温泉卵をトッピングし、七味を振って出来上がり!
 鶏肉に黄身をトロリと絡ませて頬張れば至福の瞬間!キンキンのハイボールとぴったりです!
【オイルサーディンの醤油焼き】
 オイルを少し捨てて、醤油をサッとかけたら缶ごとオーブントースターへ!オイルがクツクツ、イワシの皮がプツプツ焼けたら出来上がり!熱い缶に注意して、ハイボールと愉しんでください。

http://beer.asahishop.net/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/10352/?shopwsky&sc_cid=ca_own_ht_31703
 「キリンビール」より、メール。「大好評を受け今年も発売!!キリンの9工場から47都道府県の一番搾り」の案内♪
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/ji/is17_47/index.html?utm_source=ismail&utm_medium=email&utm_campaign=170405&agechk=1

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
「港区 虎ノ門」
<愛宕神社>
*出世の石段
 三代将軍 徳川家光の頃、四国丸亀藩の曲垣平九郎が馬に乗ったまっま石段を上った。お詣りをして、梅の枝を手折って、将軍様に献上したら、1日にして出世した。
《そば処 港屋》
・冷たい肉そば 870円
(醤油ベースのつけ汁にラー油を入れる。生卵を絡めて食べる。)
<新虎通り>通称:マッカーサー道路
<旅するストア>3カ月ごとにPRする町が変わる。
・空気の器 842円~
<川湯温泉の足湯>
《富山県高岡市 おでんや高岡》
《愛媛県今治市 イマバール》
《山口県宇部市 バーガーうべ》
・宇部クラブケーキバーガー 850円
<東京タワー>
 電波塔として昭和33年開業
♪ 東京ららばい 中原理恵(1978年)
*<東京おみやけたうん>
*<東竜堂>
※しかまるくん
 2年前に登場した東京タワー無料ガイド
*プロジェクションマッピング

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1050242/

 「昼めし旅」は、「福井県越前町」。1/13の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 越前ガニ
<道の駅>
☆タイ(3尾) 1000円(税込)
☆タイの刺身 700円(税込)
☆「極(きわみ)」 8万円~30万円
 2015年に新しく作られた越前ガニの最上級ブランド。重さ1.5kg以上、甲羅幅14.5cm以上、爪幅3cm以上のオスのカニ
《越前ガニ専門店 かに八》
☆かに八定食 12960円(税込)
・みぞれ鍋
(岩のり、セイコガニ、大根おろし、豆味噌)
※波の花
<越前岬 水仙ランド>
<伊勢亀(いせがみ)家>
・ホッケの干物
・キュウリの粕漬け
・お味噌汁(卵と大根)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1027775/

「食のえびす」

 今日の昼食は、「食のえびす」の「鶏唐揚定食」1,080円♪
「食のえびす」

 「ランチ」を食べたかったんだけど、売り切れだったんだよね・・・↓
 サラダ、茶碗蒸し、小鉢、お食事、デザート、コーヒーが付いている。
美味彩色
 四季折々の旬の味。
 大切にまごころ込めた
 おもてなしとくつろぎの和の空間。
 本格会席をきわだたせます。
慶弔料理・お弁当会席料理出前承ります。
 各種宴会料理・慶弔料理からお弁当などご予算に応じて承ります。
 また会席料理の出前も好評を博しております。
 「食のえびす」は四季の味で目に舌に楽しんで頂ける料理をお届けします。
◆御人数に合わせて宴会場をご用意いたします。
・ふすまで仕切ることが可能なため、人数に応じて対応できる広々としたお座敷。木の香りと光が織り成す和の調和とおいしい料理を御堪能下さい。(10~55名様位まで)
・人気の掘りごたつ。足をお楽にできるため、両若男女どなた様からも御好評を頂いております。(2~25名様まで)
「食のえびす」
静岡県浜松市西区大平台3-15-6
TEL 050-5589-9005(予約専用番号)
TEL 053-485-8797

https://www.hotpepper.jp/strJ000615888/map/?vos=nhppalsa000013
「まい~か浜松」
http://www.mai-ca.net/shops/edible/ediblepost_499.php

 仕事を定時に終え、帰宅。スーパーに向かう。
 「しろねぎ」51円、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、それに売り出しの「CDC イタリアンドレッシング」159円、「和豚もちぶたほほ肉」322円のところ40%引きで193円を買い帰宅。

「食のえびす」

 帰宅して、今日買った「和豚 もちぶた」で一杯♪
生鮮の豚ほほ肉の塩焼き
日本ベストミート式会社
神奈川県小田原市鴨宮766

 キャベツを収穫して、付け合わせ♪
「食のえびす」

 ドレッシングは、今日買った「イタリアンドレッシング」♪
CGC Ttalian Dressing
190ml
 シチリア産のレモンの果汁とオリーブオイオイルの爽やかな香り
大さじ約1杯(15g)当たり45kcal
製造者:エスエスケイフーズ株式会社 静岡工場
静岡県焼津市高新田477-1
TEL 03-3207-0704

http://www.cgcjapan.co.jp/

「食のえびす」

 デザートは、頂いた「通のえだ豆」(^^♪
亀田製菓 株式会社KS
http://www.kamedaseika.co.jp/

 2017年3月12日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」は、【鶏もものから揚げ】(551kcal)。
冷たい油に投入
 人気の高い鶏のカラ揚げの、とても揚げやすいレシピをご紹介しましょう。小さめのフライパンに1cmの油で、鶏もも肉1枚分を揚げるのが、実にちょうとよいのです。
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚(280g程度)
<下味>
 塩・・・小さじ1/3
 しょうゆ・・・大さじ1
 酒・・・大さじ1
 ニンニク・・・小1かけ
 ショウガ・・・10g
・小麦粉、片栗粉・・・各大さじ3
・揚げ油・・・1カップ
①鶏肉を切る
 鶏もも肉は余分な脂を取りのぞき、7~8等分に切る。
②下味をつける
 下味のニンニクは皮をむいて、ショウガは皮つきのまますりおろす。鶏肉に塩をふり、しょうゆ、酒、ニンニク、ショウガを加えて混ぜ、なじませる。
③粉をまぶす
 皿などに小麦粉少々をしき、②の鶏肉をのせて、上から小麦粉をふりながら混ぜてまぶす。
 次に鶏肉ひとつずつに、丁寧に片栗粉をまぶす。
④揚げる
 小さめのフライパンに油を入れつ。常温(火にかける前の冷たい状態)の油に③の鶏肉を入れて、強火にかける。
 泡が出てきたら火を中火にし、一度返す。7~8分揚げて、こんがりと色づけばできあがり。
《食のこころ》
 フライパンで、少ない油で揚げていいとなると、揚げ物も作りやすい。家族の好きなカラ揚げも、土井さんの言うとおり、小さなフライパンで鶏もも肉1枚分を揚げてみたら、コンパクトに事が進んで気分よし。これなら、ちょっと食べたいときに、あるいはお弁当にも気軽に作れそうだ。
 注目すべきは「冷たい油から揚げ始めてよい」ということ。なぜか尋ねると「熱いところに入れると怖いでしょう」。確かに高温の油だと油ハネが怖い。それに、まわりばかりが茶色くなって、中がまだ生・・・ということもある。
 「冷たい油から揚げれば、徐々に温度が上って、鶏肉に火が入っていきます。キツネ色にこんがりと色づいた頃には、中までちゃんと火が通っているのです」
 実際、理想的な揚げ色で油から引き上げて、中もジューシーにおいしく仕上がった。ほかにもトンカツなどの水分の少ないものは、この”常温から揚げる”テクニックが使えるそうだ。

本日のカウント
本日の歩数:6,980歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.5kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 日清焼そば U.F.O. お好み焼味 | トップページ | 「タンドリーチキン」「油淋鶏(ユーリンチー)」「今治風 焼き鳥」「鶏手羽の黒酢じょうゆ煮アスパラ添え」「とりとりロール」「鶏手羽先から揚げ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65111752

この記事へのトラックバック一覧です: 「食のえびす」、そして「土井善晴の料理は楽し」(3-2)「鶏もものから揚げ」:

« 日清焼そば U.F.O. お好み焼味 | トップページ | 「タンドリーチキン」「油淋鶏(ユーリンチー)」「今治風 焼き鳥」「鶏手羽の黒酢じょうゆ煮アスパラ添え」「とりとりロール」「鶏手羽先から揚げ」 »