« 「タンドリーチキン」「油淋鶏(ユーリンチー)」「今治風 焼き鳥」「鶏手羽の黒酢じょうゆ煮アスパラ添え」「とりとりロール」「鶏手羽先から揚げ」 | トップページ | 「真二郎のお手軽カフェごはん 春の食材を使った料理」【アサリと春キャベツの和風ペペロンチーノ】 »

2017年4月 7日 (金)

春は揚げもの

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 詩人の大岡信さんは、「不思議」という言葉が何となく好きだったという。三十年前には、自分が生まれた情景をうたったこんな詩を書いた
▼<真赤になつて/盥(たらい)の中でわめいてゐる僕…/御国の宝がまた一人/軍国の田におんまれなすつた/爆死もせず 号令もかけず/銃剣で人をあやめもせず/やつてこられた僥倖(ぎょうこう)が/まだぶよぶよの状態で/盥の中でわめいてゐる/逆さ眼鏡でじつとその子を見てゐると/ただただ 不思議に 怖ろしい。>
▼大岡さんが生まれた一九三一年、満州事変が起きた。少年時代はずっと戦争で、いずれ戦死すると思っていたから、「将来」とはせいぜい二十歳までのことだった
▼だが十四歳の夏、戦争は終わった。「殺し、殺される」ことから逃れ得たことへの放心するような不思議な思い。そんな感覚を原点に、大岡さんは敗戦の翌年から詩を書き始めたという
▼詩集『詩とはなにか』で大岡さんはうたっている。<ただ一度でいい/わが詩のなかに閉ぢこめたいと願つてゐる/幼い子が仔猫(こねこ)とならんで/草の葉に宿る露を/じつと見あげて動かない/あの無防備な/見てゐる者を悲しくさせる/何も語つてゐないほど深いまなざし>
▼八十六歳で逝くまで探り続けたのは、「言い尽くすことはできないけれども、言い尽くしたいという気持ちを沸き起こらせる」言葉の不思議だったのだろう。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/
「墨田区 両国」
《ウランバートル》モンゴル料理(元小結 白馬関)
・チャンサンマハ 3人前 3800円
(ニラの塩漬けダレ)
《両国メンチカツ》
・両国ロースメンチカツ 250円
・焼きドーナッツ 165円
《両国 國技堂》
・元祖 焼き あんこあられ 8個入り 400円(相撲の徳俵)
・土俵サブレ 150円
<両国 髙はし>
 相撲小物:力士が場所中に使ったり、普段使う日用品
・オーミすき油
「墨田区 押上」
♪ 浪漫飛行 米米CLUB(1987年)
<大黒湯>入浴料 460円

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/586320/

 「昼めし旅」は、「静岡県 浜松市」。1/17の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 浜名湖(ウナギやスッポンの養殖が有名)、ウナギの養殖の発祥の地、遠州灘 天然とらふぐ
<昭和楽器製造株式会社>ハーモニカ(酢山さん)
★複音ハーモニカShowa21SP 5400円
★からふるハーモニカ 1080円
★ミニハーモニカ 1080円
・かぼちゃと豚ひき肉のそぼろ煮
・自家製 揚げ春巻き
・お味噌汁
<舞阪魚市場>
 ホウボウ、ワラサ、とらふぐ
《魚河岸料理 太助》
☆遠州灘天然とらふぐ刺し (2人前) 6480円
・魚河岸料理 太助 まかないカレー
①鶏モモ肉をフライパンで強火で炒める。
②大根を鍋で煮込む。①の鶏肉を入れる。
③炒めたタマネギとパプリカを加え、煮込む。
④カレー粉を加える。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1028876/

 「アサヒビール」より、メール。「GWは工場見学へ出かけよう!全国のアサヒビール工場で開催」の案内♪
親子イベント『アサヒクイズツアー2017』~家族みんなで目指せ!ビンゴ!!~
http://news.asahi-mailmagazine.jp/?4_--_1121189_--_183804_--_3
 「クラブツーリズム」より、メール。「にっぽん丸」の案内↑↑↑
http://www.club-t.com/special/japan/nipponmaru/ship.htm?waad=3WOPCzlY#sect01
http://www.club-t.com/special/japan/nipponmaru/nagoya.htm?waad=3WOPCzlY#course_01

 今日の仕事・・・。
 仕事のできる方々がそんな仕事をするんですか!!!???なんで、地区を区別をすることができないの???
 勤務評定がAとかB(SとかSAの方もいるんでしょ!!!)の仕事ができる方々なんだから、しっかりやってくださいよ!!!オールCの評定の自分でも、もっとしっかりやっていると思いますよ!!!(「家で名簿で確認し、電話してください」とか言えばしいでしょう!!!)
 それに、なんで勤務評定オールCの評定の人に、3年ばかりに配置するのですか???仕事のできる方々を配置するべきでしょう!!!おかしでしょう???1年に配置された方々は、仕事のできない人なんていなくて、勤評定がA判定とかB判定なんてないでしょうね!!!???

 仕事を定時に終え、帰宅。
 今日は、職場の歓迎会で「ほろ酔い村 映里砂」で飲み会なんですけど、管理職が仕事のできないと判定した自分は関係ない!!!そんな所に出席できる訳がない!!!
「ほろ酔い村 映里砂」
中区肴町317-9 有楽街まぶちビル3階
TEL 050-5852-0726

 そんなわけで、帰宅して、買い物に出掛ける。
 「杏林堂」に行き、売り出しの「フジッコ」170円、「こだわり味付落花生」192円、「キリン一番搾り 静岡に乾杯」199円を買う。
 「落花生」は、内容量が減っているよね↓

 「ベイシア」に行く。
 「国産 手羽先」100g51円640gで326円、「むき海老と柔らかイカ」100g158円、183gで289円、「まぐろのカマ焼き」100g98円、236g231円、「木綿豆腐」38円、「納豆」50円、「若鶏のからあげ」980円、「貝わさび」300円のところ半額で150円を買い帰宅。

春は揚げもの

 帰宅して「貝わさび」で一杯♪
 薄く切った貝の身にわさび風味が良く合う一品です。
マルタ食品株会社MT
新潟県秋葉小須戸3582
TEL 0120-11-3181

http://www.maruafod.co.jp/

春は揚げもの

 ぞれに「まぐろのカマ焼」100g98円で231円のもの(^^♪
100g当たり156kcal

春は揚げもの

 さらに「むき海老と柔らかイカの磯辺揚げ(抹茶塩付き)」(^^♪
お茶屋さんの抹茶塩
株式会社 松鶴園
愛知県西尾市上町南荒子50-2

春は揚げもの

 デザートは、いただいた「治一郎のラスク」↑↑↑・・・合計670円て、飲めて安上がりでいいよね↑↑↑
Jiichiro's Rusk
sugar
株式会社 ヤタローR
浜松市東区丸塚町169
TEL 0120-81-5061

 ここで、『くらし良好』2017年3月号より、「春は揚げもの」の引用↑↑↑
「2cm油で揚げる 基本の手順」
 一般的な揚げものは、専用鍋に深さ3~4cmくらいの油を使用します。
 フライパンに2cmの油なら経済的で片付けも比較的楽に済みますよ。
①油を熱する
 フライパンに2cm深さのサラダ油を入れ、中火で160度に熱し、野菜から揚げる。180度に熱して魚介や肉を揚げる。
揚げる順番
 野菜(160度)→魚介(180度)→肉(180度)
POINT
 菜箸を油に入れたとき、160度の目安は、菜箸の先から小さな泡がゆっくり出るくらい。180度の目安は、箸全体から泡がフワフワと出るくらい。
②少しずつ揚げる
 温度が一気に下がらないよう、具材を適量入れる(鍋の面積の半分が目安)。まわりが少し固まってきたらひっくり返し、スプーンで油をかけながら揚げる。
POINT
 具のまわりが固まるまでさわらない。
③泡が小さくなったら引き上げる
 大きな泡が小さな泡へ変化し、具材が軽く感じるようになったらバットに上げて油をきる。
POINT
 油の量が少なく音素が上がりやすいので、火加減をこまめに調節して適温を保つ。

*素揚げ
 衣はつけずに素材をそのまま揚げて。旨みがギュッと凝縮します。
【新じゃがとさや豆の素揚げ】(171kcal)
『材料』(2人分)
・新ジャガイモ(大きければ半分に切る)・・・240g
・スナップエンドウ(筋を取る)・・・8本
・塩、こしょう、サラダ油・・・各適量
『作り方』
 具材は洗って水けをふく。油を160度に熱し、ジャガイモを入れる。竹串を刺して、スッと通るまでじっくり揚げる。続いてスナップエンドウを入れ、サッと揚げる。塩、こしょうで味をととのえる。
「素揚げのコツ」
 水分をしっかりふき取ってから揚げるのがコツ。
上手に揚げるには
 根菜など火の通りにくいものはじっくり揚げましょう。

*天ぷらとかき揚げ
 外はサクッ、中はやわらか。衣が素材の風味をとじ込めます。
【えびと春野菜の天ぷら】(262kcal)
『材料』(2人分)
<天ぷらの衣>
 卵・・・1/2個
 水・・・1/3カップ
 小麦粉・・・1/2カップ
・下粉(小麦粉)、サラダ油・・・各適量
・エビ・・・4尾
・レンコン(5mm厚さの輪切り)・・・2枚
・菜の花(根元の固い部分を切り落とす)・・・4本
『作り方』
 エビは背わたを取って殻をむく。腹に切り込みを入れて身を伸ばし、尾の先を切る。具材に下粉をまぶし、天ぷらの衣をつける。油を160度に熱し、野菜を揚げ、続いて180度に熱してエビを揚げる。好みで塩または天つゆでいただく。
【桜えびと新タマネギのかき揚げ】(290kcal)
『材料』(2人分)
<かき揚げの衣>
 卵・・・1/2個
 水・・・1/3カップ
 小麦粉・・・1/2カップ
・下粉(小麦粉)・・・大さじ2
・サラダ油・・・適量
・サクラエビ・・・大さじ4
・新タマネギ(薄切り)・・・1/2個分
・クレソン(葉先を摘む)・・・1束分
『作り方』
 具材と下粉をボウルに入れて混ぜる。かき揚げの衣も加えて混ぜ、油を180度に熱し、木べらまたはスプーンで落として揚げる。まわりが少し固まったらひっくり返して裏面も揚げる。好みで塩または天つゆでいただく。
「天ぷらとかき揚げの衣」
 冷やした卵と水を混ぜ、小麦粉を加え、練らないように粉が少し残るくらいまで混ぜます。
上手に揚げるには
 衣がはがれやすいので、揚げている時はあまり触らず、まわりが固まってきたらひっくり返して。

*から揚げ
 サクッとした口当たりと香ばしさが楽しめます。
【鶏のから揚げ】(315kcal)
『材料』(2人分)
<から揚げの衣>
 卵・・・1/2個
 片栗粉・・・大さじ3
・鶏肉(胸・ひと口大に切る)・・・1枚分(250g)
・下味
 しょうゆ・・・大さじ1
 ショウガ(すりおろし)・・・小さじ2
 ニンニク(すりおろし)・・・小さじ1
・サラダ油・・・適量
『作り方』
 鶏肉は下味をつけて10分おく。油を180度に熱し、から揚げの衣を加えた鶏肉を揚げ、まわりが少し固まったらひっくり返す。最後に強火にし、カリッとするまで揚げる。好みでレモン、プリーツレタスを添えていただく。
「から揚げの衣」
 卵と片栗粉を混ぜ合わせます。このとき、手で混ぜるとダマになりにくく、きれいに仕上がります。

*フリット
 衣のやさしい食感と味わいで、繊細な風味に仕上がります。
【白身魚とタケノコのフリット】(435kcal)
『材料』(2人分)
<フリットの衣>
 小麦粉、炭酸水・・・各1/3カップ
 卵白・・・1個分
・白身魚(タイなど、ひと口大に切る)・・・2切(1切80g)
・タケノコ(4等分のくし形に切る)・・・60g
・サヤインゲン・・・12本
・塩、こしょう・・・各少々
・サラダ油・・・適量
『作り方』
 具材にかるく塩、こしょうをする。油を160度に熱し、具材にフリットの衣をつけ、タケノコ、サヤインゲン、白身魚の順に揚げる。好みでレモン、カレー塩(カレー粉と塩を1:1の割合で混ぜる)をつけていただく。
「フリットの衣」
 小麦粉と炭酸水をよく混ぜ合わせ、泡立てた卵白を加えます。この時、泡をつぶさないようにさっくりと混ぜて。

*フライ
 サクサクの衣がジュワッとジューシー。どんな素材にも合います。
【豚肉のアスパラロール】(595kcal)
『材料』(2人分)
<フライの衣>
 小麦粉・・・大さじ3
 卵・・・1個
 パン粉・・・適量
・豚肉(ロース、生姜焼き用)・・・6枚
・グリーンアスパラガス(根元の固い部分を切り落とし、ピーラーで皮をむく)・・・6本
・塩、こしょう・・・各少々
・サラダ油・・・適量
『作り方』
 豚肉は広げて塩、こしょうし、グリーンアスパラガスを芯にして巻き、フライの衣をつける。油を180度に熱して揚げ、まわりが少し固まったらひっくり返し、きれいな揚げ色がつくまで揚げる。好みでソースをかけていただく。
「フライの衣」
 バッター液(小麦粉と卵を混ぜ合わせたもの)をつけると、手順が省けます。その後、手で軽く抑えるようにしてパン粉をつけます。

本日のカウント
本日の歩数:16,505歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「タンドリーチキン」「油淋鶏(ユーリンチー)」「今治風 焼き鳥」「鶏手羽の黒酢じょうゆ煮アスパラ添え」「とりとりロール」「鶏手羽先から揚げ」 | トップページ | 「真二郎のお手軽カフェごはん 春の食材を使った料理」【アサリと春キャベツの和風ペペロンチーノ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春は揚げもの:

« 「タンドリーチキン」「油淋鶏(ユーリンチー)」「今治風 焼き鳥」「鶏手羽の黒酢じょうゆ煮アスパラ添え」「とりとりロール」「鶏手羽先から揚げ」 | トップページ | 「真二郎のお手軽カフェごはん 春の食材を使った料理」【アサリと春キャベツの和風ペペロンチーノ】 »