« 7歳が危険!登下校時の事故 | トップページ | 遠州や十兵衛「おもてなし幕の内弁当」 »

2017年4月 2日 (日)

「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ピュリツァー賞を受賞した、この有名な写真には、たくさんの物語がつまっている。撮影場所はベトナムの旧サイゴン近郊のチャンバン。撮影は一九七二年六月。正式な題名は「戦争の恐怖」だが、世間では、こっちの名で知られる。「ナパーム・ガール」(ナパーム弾の少女)
▼その名に写真の構図を思い出した方もいるだろう。写っているのはベトナム戦争当時、九歳だった少女である
▼南ベトナム軍のナパーム弾が村に落ちた。背後から迫る黒煙。焼けた衣服を脱ぎ捨てまる裸の少女がカメラに向かって逃げてくる。カメラが真正面から撮影した少女の顔は泣いている。全世界に向かって泣き叫んでいるように見える
▼その写真はベトナム戦争終結に向けた国際社会の機運を後押しした。世界を揺さぶった一枚の写真。それは大きな物語である
▼そしてもう一つの物語。こっちの方はあまり知られていないか。写真の撮影後のことである。カメラマンは少女のひどい傷に泣き叫んだ。「なぜ、誰もこの子を見てやらないんだ!」。このままでは助からない。取材を打ち切った。少女を抱え、自分の車で病院に連れていった。少女は一命を取りとめた。今も元気で暮らしている
▼写真を撮り、少女を救ったのはAP通信の報道カメラマン、ニック・ウットさん(66)。ベトナム系米国人。先週の水曜日にAP通信を退職、引退した。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017040202000112.html

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「丹波県産 若どり【時短 お惣菜シリーズ】7商品」♪
1)バジル   ★オリーブオイルで焼いて今夜は、イタリアンで決まり!
2)レモンペッパー ★レモンの爽やかな風味で鶏肉一枚ペロリ!!
3)青しそ    ★爽やかなシソの香りが、食欲をそそります!
4)タンドリー ★本場スパイスの効いた!カレー風味が激ウマ!!
5)ねぎ塩ダレ ★ご飯が進むこと間違いなし!
6)みそ味     ★甘味噌が、お肉に絡んで めちゃくちゃ旨い!
7)てりやき  ★もも肉と当店秘伝の照り焼きソースが絡み合う自慢の一品

http://m3.rakuten.co.jp/e8010/c/0000000244/%E3%80%80%E3%80%80%253fscid%3drm_191968/-/2/444g/bckcq/2/76mi0/
 「ワーキングホリデー飯田」より、メール。
http://www.city.iida.lg.jp/site/waki/entry.html

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「静岡県 網代漁港 今朝獲れ天然アジ」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
「築地場外市場」
「静岡県 網代漁港」
※網代
 網を入れて魚をとる漁法が地名の由来と言われている。
☆アジの姿造り
<台野さん>
*定置網漁
 魚の進路に網を張って、迷い込んだ魚を引き上げる。
  垣網、運動場、箱網、袋網
 2艘の船で、端から網を巻き上げる。
  ヒラメ、イシダイ、スズキ、ヤリイカ、カガミダイ、イワシ、サバ、アジ、アオリイカ、アブラカマス、ホウボウ、真鯛、ブリ、マンボウ(身がやわらかく、淡泊な味わい。マンボウの刺身、マンボウの肝和え)
《幸寿司》上野さん
《さくら水産》越智さん
※鮮度のよい証拠
 尻尾の所が締まるとカチッとなる。振るとゆるゆる。
 身が活かってる:魚の鮮度が良く、身が生きている状態に近い。
《レスロトラン よねむら》
・米村流 アジフライ
①アジを3枚におろす。酢でしめる。
②フライパンでバターを温める。皮目だけに衣をつけてアジを入れて、片面だけ揚げる(約120℃の低温で40秒ほど揚げ焼きにする。)(澄ましバター)。
③アジフライの上に、サウザンアイランドドレッシングで和えたタケノコ、新ジャガ、キュウリ、セロリをのせる。
④もう1枚のアジフライで挟む。
*アジ
 <網代定置網 築地場外市場>で買える。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0093/

 「博多華丸の もらい酒 みなと旅2」は、「TOKIO松岡 & 千原ジュニア参戦 春になったバイ!大宴会SP」「春になったバイ!ジャニーズ芸人 女子アナ みーんなで大宴会SP」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
「東京 月島」
 車海老の塩焼き、マグロのカツフライ、山形牛の焼肉
「西仲通り商店街」
《山形山》
☆山形だしやっこ 410円
☆山形・寒河江の肉そば 850円
・ホッピー
・いも煮(お通し)
(サトイモ、こんにゃく、牛肉、しめじ、長ネギ、醤油・砂糖・みりん)
・山形牛の舟盛り 600g 8,089円
(三角バラ、カメコノ、イチボ、カイノミ)
*アポロン山崎
 手相、算命学、オラクルカードなど様々な占いを駆使し、驚異の的中率で話題の占い芸人!
《下町酒場 まさみ》
☆メンチカツ 650円
☆トマトベーコン 220円
☆まぐろぶつ 550円
・レモン酎ハイ
・ハタハタ一夜干 380円
・レバーフライ 500円
《月島 亀とき》
・生ビール
・レモンサワー
☆白子ポン酢
☆鯨の刺身
・刺身の舟盛り 11点盛り
(初ガツオ、マコガレイ、生マグロ、タイ、イワシ)
・まぐろのカツフライ

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1049568/

 「ナイツの丼なもんでしょう!」は、「キラキラひかる墨田の商店街」。
http://www.twellv.co.jp/program/tabi/don.html
「下町人情 キラキラ橘商店街」向島橘銀座商店街
《鳥正 京島店》
墨田区京島3-21-7
TEL 03-3611-6083
・チキンぎょうざ 110円
《デリカショップ くるみ》
墨田区京島3-21-8
TEL 03-3610-6188
・メンコロ 90円
《ハト屋 パン店》
墨田区京島3-23-10
TEL 03-3166-8290
・コッペパン
《おでん種 大国屋》
墨田区京島3-48-8
TEL 03-3611-5289
おでん各種
・もやし 80円
・スカイツリー 60円
・カレーボール 50円
・紅しょうが 60円
※キラキラ橘丼
《キッチン Bouget Bon》
墨田区京島3-52-3
TEL 03-6317-0334
・牛スジカレー
・ぎょうざ(食べるラー油で)
「いろんな丼なもんでSHOW!」東京都内の郷土どんぶり!!
《どぜう 飯田屋》
台東区西浅草3-3-2
TEL 03-3843-0881
・舞子丼
《深川宿 八幡店》
江東区富岡1-23-11
TEL 03-5646-8678
・深川めし
・浜松風
《大井 更科》
品川区大井1-24-5
TEL 03-3444-0002
・品川丼
(そば粉をまぶしたシャコを揚げる)

http://ameblo.jp/knights-hanawa/entry-11930699142.html

 出掛ける。
「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 まず、「TOTO BIG」を買う。

 「はま寿司」に寄り、昼食(^^♪
 タッチパネルで「春の旨だし はまぐりラーメン」378円のところ新聞折り込みチラシのサービス券で324円を注文する。メニューに戻ったらもう一度「注文が確定しました」と表示された。
 「変だな」と思いつつ、タッチパネルを操作して、お寿司を食べようと思ったが、「次へ」が進まなくなった・・・。
「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 やがて「ラーメン」が運ばれてくる。「あさりとあおさのうどん」も持ってきた。そんなの頼んでない!!!注文の履歴を見ると、注文されているらしい・・・が、そんなもの注文していない!!!注文をするとき「それでいいですか?」という確認画面が出るでしょう!!!そんな画面も出てきていない!!!「うどん」が、下げてもらった。
 そんなわけで、流れてきた「まぐろはらみ」を1皿食べて、会計した。432円なり。
http://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html

「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 「酒 アルコ」に寄り、売り出しの「かのか麦 25度」950円を買う。甲種乙種混合なので安いんですね!!!
 「満腹食堂」の「カップラーメン」95円も買う。
「銘酒の森 酒 アルコ」
浜松市中区西浅田2-18-8
TEL 053(456)6966
アルコ事業本部
TEL 0120-328888

 準仕事で、勉強会に行く。
 早く着きすぎたのでロビーで待つ。
 「うまい寿司の握り方」なんていう案内があったよ!
 ~手巻き寿司~
沼津魚がし鮨 店長に習う!4/2(月)
 手巻き寿司を美味しく握る秘訣を伝授します。ご自身で握ってお召し上がりいただきます。
講師/横内 貴幸(沼津魚がし鮨 浜松市野店店長)
受講日/4月24日(月)15:00~16:30
受講料/2,160円(税込)
材料費/1,000円(税込)
持ち物/筆記用具、エプロン、ハンドタオル
会場/沼津魚がし鮨 浜松市野店(浜松市東区天王町1981-1)

 「女性のたしなみ 日本酒講座」というのもあったよ!
 「獺祭」編
 今、話題の日本酒「獺祭」(だっさい)。女性にも親しみやすい、その魅力を体験しませんか。香り、味わいの違いを感じながら飲み比べ、自分の好きな「獺祭」を探しましょう。
 日本酒に興味がある方、日本酒をもっと楽しみたいという方におすすめです。
講師/寺田 好文(地酒コンサルタント)
受講日/5月13日(土)19:00~20:30
受講料/5,000円(教材費込)
持ち物/筆記用具
会場/SBS学苑浜松校(プレスタワー)

http://www.sbsgakuen.com/

 1時ちっと前に会場に行ってみた。受付はまだやっていなかった。1時ぐらいに受付開始。
 250人の募集の所、超満員・・・立見もいる。皆さん、熱心なんだね!
 でも、これで消防法が通っているのかな???緊急時に、これだけの人数、避難できないと思うよ!?
 内容は、なかなか面白かったよ!これで、無料なんてすごいね!!!

「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 帰宅して「サッポロ黒ラベル」で一杯♪
静岡工場謹製
 浜松まつり
5月3・4・5日 勇壮な凧揚げ合戦と御殿屋台引き回し
★生のうまさ、実感
 旨さ長持ち麦芽!!一部使用
 麦芽・ホップ 協働契約栽培100%
SAPPORPO
 THIS PERFECT BALANCE BETWEEN MALT & HOP GIVES YOU A GREAT DRINKING EXPERRIENCE FROM THE VERY FIRST SIP TO THE LAST.

「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 おつまみは、「湯豆腐」♪
濃厚しっかり 木綿とうふ
 濃厚な豆乳で造った 本格にがり仕立て木綿豆腐
320g
100g当たり72kcal
株式会社 ベイシア
群馬県前橋市亀里900

TEL 0120-047-803

「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」

 デザートは、いたたいたお菓子♪
アルフォート
ミルクチョコレート&ダイジェスディブビスケット
 Enjoy the superb tasete of cookies made with the finest ingresients.
ブルボン

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「ボロニアソーセージ」(静岡県)の引用♪
地元伝承の手作り
 富士山南東麓、御殿場は真夏でも最高気温が30℃以下の高原地帯。中でも富士山を間近に仰ぐ二の岡は軽井沢や箱根と並ぶ避暑地で、外国人宣教師らが集まり、”アメリカ村”と呼ばれた別荘地。
 その一人、ボールデンさんは自分たち外国人の食のために養豚を始め、昭和初期には本格的なハムを製造。だが戦争の気配に1936(昭和11)年に米国に帰国。味と技術を受け継いだのが昭和8年創業の二の岡ブーツの初代、芹沢正策さんである。
 厳選の豚肉と伝承の手作り、水、空気、緑豊かな自然から生まれたハムやソーセージは絶品揃いだが、中でもお薦めは豚もも肉と肩肉を使った「ボロニアソーセージ」。
 専務の芹沢尚幸さんが「何年もの試行錯誤の末、香辛料、食塩の絶妙な配合に到達。豚肉本来の濃厚な味わいに」と自負するように、何もつけずそのままでも、穏やかな味付けなのに肉質たっぷりの旨みがじわりと広がる。
 軽く炙ると香ばしく、じゅわっと滑らかに脂が滲み、ご飯やパンの絶妙なお供に。薄切りにしてサンドイッチ、厚切りにしてハムカツなど自在に使える、逸品のソーセージである。ハムやベーコンもおいしい。
●有限会社 二の岡フーズ
静岡県御殿場市東田中1729
TEL 0550(82)0127
FAX 0550(84)1323
9時~18時、火曜休
1個(1040g)税込み2471円 スライスでの販売も可。
冷蔵瓶で宅配(送料別途)

 さらに「旬のフルーツ もの思い」より、「イチゴ」の引用♪
酸いも甘いも大人の味
・漢字名:苺/バラ科オランダイチゴ属
・英名:strawberry
 果物の旬は、野菜に比べれば分かりやすい。スイカは夏、ナスやカキは秋、冬にかけてはリンゴ、そしてミカンといえば冬。だが、困惑させらるものもある。例えばイチゴ。旬は春と思っていたのだが-。
 「イチゴはお正月!」と、ある人は断言した。なるほど赤くておめでたい。「やはり12月」と世事に通じた人が言う。クリスマス需要の高まりで出荷量は多い。イチゴ狩りのシーズンも1月、早ければ12月から始まる。いつからこんなに早くなったのだろう。
 本来、イチゴは季節に忠実な植物だ。夏に葉を茂らせ、秋になると花芽が動きだし、冬には休眠し、春に花を咲かせて実を結ぶ。それが温度と日照の調節で、収穫期を操れるようになったのだという。品種改良も進み、夏や秋に収穫できるイチゴも誕生している。
 同時に、より甘くより大きく美しい新品種の登場も目覚ましい。それとともに、野趣味が失われてきているようにも思う。その昔、小粒のイチゴに砂糖と牛乳をかけて味わった、あの甘酸っぱいおいしさは遠のきつつあるようで、少し寂しい。
 イチゴ狩りでは、先っぽの甘い部分だけをかじって捨てる不届き者もいると聞く。真のイチゴのおいしさは、酸いも甘いもあってこそ。丸ごと味わいたいものだ。

本日のカウント
本日の歩数:9,235歩
(本日のしっかり歩数:1,455歩)
本日:56.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 7歳が危険!登下校時の事故 | トップページ | 遠州や十兵衛「おもてなし幕の内弁当」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65098959

この記事へのトラックバック一覧です: 「春の旨だし はまぐりラーメン」「酒 アルコ」、そして「ボロニアソーセージ」:

« 7歳が危険!登下校時の事故 | トップページ | 遠州や十兵衛「おもてなし幕の内弁当」 »