« お味噌汁の健康パワー | トップページ | 「ナポリタン焼きそば」、そして「鞆の浦さより一夜干し」 »

2017年3月11日 (土)

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 今日は、3月11日だね。今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 六年前のきょう、福島市の小学四年生・吾妻直樹君は、自宅にいた。居間のピアノが数十センチ動くほどの揺れの中で、お母さんは直樹君の顔がさっと青ざめていくのを見て、抱き締めて言った。「大丈夫だよ、絶対」
▼その年の夏休み、直樹君は詩を書いた。<強い地震の中/「大丈夫だよ、絶対」/とお母さんが言った。/その言葉で少し落ちついた…/まるでま法の言葉だった…/停電で暗い中/お母さんは笑っていた/いつも/「大丈夫強いんだから」/と言っていた。/ま法の言葉を連発した…>
▼原発事故が起きて、被ばくを避けるために、春休みはずっと家の中で過ごした。宮城県にいる親戚の死を聞いて、直樹君は「命が簡単になくなっちゃう。でも自分は今、生きている」と思ったそうだ
▼詩は続く。<震災から一ヶ月後/お父さんが東京から帰って来た/お母さんは泣いた/お父さんの顔を見て/涙を流した/頑張った涙/お母さんが/頑張るま法から解放された涙/ま法つかいのお母さんは/この時から/震災前のお母さんに戻った>
▼そうして、こう結んだ。<今度は/ぼくがお母さんを守る/ま法つかいにならなくても/強くなって/ぼくはぼくのままで/お母さん/そして家族を守る>
▼直樹君は、「医療や福祉に役立つ研究をしたい」と語る高校一年生になった。身長はあれから、三十センチも伸びたという。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017031102000117.html

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「長崎県 平戸」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《平戸市漁協旬鮮館》
*平戸ひらめ
・ひらめ丼 1,500円(ひらめの吸い物)
《平戸蔦屋》1502年創業
※平戸は日本で最初に砂糖が入ってきた場所。港町だが、鮮魚店よりも菓子店の方が多い。
・カスドーズ(5個入り) 972円
 カステラを卵黄にたっぷり浸し、糖蜜にくぐらせる。ザラメを全体にまぶす。
『百菓之図』
♪ マイピュアレディ 尾崎亜美(1977年)
<お土産の店 こんどうや>
・ステンドハンカチ 1枚 870円
・タオル 1枚 180円
<平戸温泉 うで湯あし湯>
<篠崎海産物店>
 日本はオランダの東インド会社と貿易をしていた。
 オランダ塀
<平戸オランダ商館>入館料 300円
 オランダの東インド会社は、運送作業を行っていた。
《平戸和牛 やきにく鈴》
 平戸は、和牛発祥の地といわれる。
・特選平戸和牛サーロインステーキ(200g) 5,184円
(平戸名産のトビウオを使ったあご出汁ポン酢、おろしソース、ガーリックソース)
・シャトーブリアン(100g)3,888円

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1043488/

 「昼めし旅」は、「愛知県 碧南市」。12/13の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 醸造の町(みりん、しょうゆ)
<西方寺>
*報恩講(ほうおんこう):浄土真宗の開祖 親鸞上人のご命日の法要。
・大根焚き(大根、油揚げ)
・地豆の煮物(落花生、人参、コンニャク)
・マカロニサラダ
《ヤマシン醸造》創業214年
*白しょうゆ発祥の蔵
 白しょうゆの色の秘密は小麦が原料。
  一般的なしょうゆ 小麦5、大豆5
  白しょうゆ    小麦9 大豆1
 料理がしょうゆ色にならず、見映えが良い。
・コク旨きつねうどん
①カツオ・サバ・コンブでとったダシに、白しょうゆを加える。
②うどんを茹で、白しょうゆ入りのダシ汁を注ぐ。
③油揚げ、かまぼこ、薬味のネギを入れて完成。
<杉浦農園>
*へきなん美人(人参)
・ニンジンとカラム~チョのサラダ
①ニンジンを細切りにする。マヨネーズで和える。
②カラム~チョを入れ、混ぜる。
・しょうゆ仕立てけんちん汁のニンジンうどん
①ニンジン、シイタケ、油揚げなどの入った汁をうどんにかける。
・ニンジンの炊き込みご飯

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1019765/

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 「トミヤコーヒー店」に、コーヒー豆を買いに行く。
 「KILIANJARO(キリマンジャロ)」200g930円を買いたかったが、ないということなので「MOCHA HARAR(モカ ハラー)」200g1,000円を買う。ちょっと、安めだね!
 昔ながらの秤だった・・・懐かしい♪♪♪

 映画館に寄り、映画のチラシをもらう。

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 「民芸割烹 いなんば」に向かう。電話で予約しておいた「にくにくランチ」¥4,300(税別)を食べるためだ。11時10分頃到着。11時30分開店なのだが、もう「営業中」が出ていた。中に入ると、中で待たせてくれた。
「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 11時20分頃、鉄板焼きコーナーに案内してくれた。・・・高級そう!!!
 目の前で、焼いてくれて美味しいね♪
「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 肉は一旦焼いてから少し休ませていた。それから焼き加減を聞いてきた。もちろん「レア」を頼む↑↑↑
 海老のシッポもカリカリしていてなかなか美味しいんです♪
「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 デザートは、コーヒーかアイスクリームか選べたので、アイスクリームにした(^^♪ 
 メンバーズカードのポイント4,000点を使ったので、追加料金644円支払う。
 すごく満足した昼食だった↑↑↑
「民芸割烹 いなんば」
 The skill of a Japanese chief will present you the finest beef.
ステーキランチ /ランチ通年
いなんばのやわらかいヒレステーキと海鮮が楽しめる。鉄板焼の大人気ランチ!
【平日】 11:30~14:00(L.O.13:30)
【土日祝】11:30~14:30(L.O.14:00)
・ステーキランチ お一人様¥3,500(税別)
・にくにくランチ お一人様¥4,300(税別)
・あわびランチ  お一人様¥5,100(税別)
<ステーキランチ お食事内容>
 オーストラリア産牛ヒレステーキ100g/海老/帆立貝/紋甲イカ/焼野菜/サラダ/お食事/アイスクリーム
※1階鉄板焼きコーナーでご用意致します。
※にくにくランチは上記メニューの帆立貝のかわりに上和牛ロース70g(A3ランク)がついてヒレステーキ100gが70gになります。
※あわびランチは上記メニューの帆立貝、紋甲イカのかわりに活鮑がつきます。

【ふじのくに食の都づくり仕事人ランチ】 ~華かご~ /ランチ <NEW!>2017.3.1
<華かご>
 春爛漫なかご盛り
<花吹雪> お食事が豪華ちらし寿司に!
3月1日(水)~4月30日(日) 期間限定♪

<お得なクーポン> 3/1~4/28まで有効!
 大人4名様以上のご利用で(最大15名様まで)
 【華かご】10%OFF!【花吹雪】15%OFF!
 グループ割引(平日限定)

 季節を彩る春爛漫なかご盛りをご用意。
 牛肉と野菜の旨味がたっぷりの鍋物に豪華ちらし寿司を個室でゆっくりと。
【平日】 11:30~14:00(L.O.13:30)
【土日祝】11:30~14:30(L.O.14:00)
<華かご>
 お一人様¥2,300(税別)
 椀物若竹椀 鴨団子華かご桜海老サラダ 春巻き、照焼チキン 木の芽味噌、白身ねぎ巻きを桜香塩と塩昆布で、帆立酢味噌和え、じゃこ入り玉子焼、あさりしぐれ煮、スモークサーモンチーズ巻き、海老真如黄身揚げ、長芋青海苔揚げ揚 物海老と春野菜の天婦羅食 事グリーンピース御飯 / 味噌椀 / 香の物甘 味杏仁豆腐 / 胡麻団子
※2階お座敷(個室)コーナーでご用意致します。
※仕入れ状況により内容が変わる場合がございます。
<花吹雪>
 お一人様¥3,000(税別)
 華かごのお料理内容で お食事がグリーンピース御飯から 豪華ちらし寿司となります。
<プラス料金で追加>
牛肉と野菜鍋¥500(税別)
※追加料金で牛肉と野菜鍋がご用意できます。

http://www.grandhotel.jp/hamamatsu/restaurant/inanba/

 2017年3月10日のオマケの新聞の記事。
個室でゆっくり・大人気ランチ「華かご」「花吹雪」
 季節を彩る春爛漫な「ふじのくに食の都づくり~華かご~・~花吹雪~」が登場、かわいい小鉢から甘味まで全14品のボリューム満点の内容で【華かご】1名様2,300円(税別)【花吹雪】1名様3,000円(税別)
グランドホテル浜松別館
浜松市中区東伊場1-3-1
TEL 053(454)6312
営/平日11:30~14:00(13:30LO)
  土日祝11:30~14:30(14:00LO)
    17:00~22:00(21:00LO)
休/月曜日(祝日は営業)

http://www.grandhotel.jp/hamamatsu/restaurant/inanba/

 2011年9月12日のタイムスタンプで打ってあったオマケの新聞の記事。
グランドホテル浜松別館の民芸割烹「いなんば」で、大好評だったランチ限定メニュー『牛ロース重』が復活!
 10月30日(日)までの期間限定ですのでぜひお試しください。
 いなんば厳選の牛ロース重にサラダ・色とりどりの小鉢プレート・茶碗蒸し・お食事がついて、リーズナブルな1800円!ランチタイムにしか出せないこのボリュームをぜひ味わってみてください。
民芸割烹「いなんば」
お一人様:1800円
営業時間:11時30分~14時(ラストオーダー13時30分)
定休日:月曜
TEL 053(454)6312
静岡県浜松市中区東伊場1-3-1

http://www.grandhotel.jp/hamamatsu/restaurant/inanba/

 買い物に寄る、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、「納豆」69円、「木綿豆腐」41円、「するめ足」324円、「徳用ウインナー」1kg734円、「しめじ」2パック108円、「おろし生しょうが」300円を買う。

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 「宝くじ屋」に寄り、「LOTO 6」と「TOTO BIG」を買う。

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 帰宅して「モカ」を飲む。豆が、ちょっと小さいね・・・。だから安いんだろな。・・・でも、美味しいよ♪
 「トミヤ珈琲店」
浜松・紺屋町217の30
TEL 453-0831、452-2681

 「酒&FOOD かとう」に一升瓶を返しに行く。
http://slowkato.hamazo.tv/
 今日は3.11ということで「震災から復活!!陸前高田 酔仙」4合1,296円を伝票にて買う。本当は「生酒」の方が好きなんだけど、まあ、今日は、3.11だからね。
 岩手県陸前高田市から春が来ました!
 2011年3月、地震と大津波で蔵は全壊、社員7名の尊い命も失われました。
 あれから5年、町のシンボルかつ唯一の酒蔵が、昨年見事に隣町の大船渡市に移転して復活を遂げました。
 この酒は、東日本大震災で被災した田んぼを地元の人たちが丹精込めて復元して栽培した陸前高田産米「ひとめぼれ」を使い、高田の米と水と人が仕込んだ、こだわりの地米酒です。

 ここで、2017年3月6日の朝刊の「ハーフタイム」より、引用!
つながり
 浜松市西区神ヶ谷町にある酒屋さん「酒&FOOD かとう」は、店主の加藤国昭さん(64)が目利きした各地の酒が並んでいる。2月下旬に店を訪れたところ、「もうすぐ入荷します」と声を弾ませて紹介してくれた蔵元があった。
 岩手県陸前高田市の酔仙酒造。東日本大震災で工場は流され、従業員7人が犠牲になったが、すぐに再建へ動き出した。
 震災から半年後には内陸部の酒蔵を借りて、酒造りを再開。翌2012年には隣の同県大船渡市に新工場を建てた。今年になってようやく、地元産米を使った純米酒が加藤さんの店でも仕入れられるようになったという。
 「このつながりを大切にしていきたい」と加藤さん。まもなく6年を迎える震災は過去の出来事でなく、今も続いている。そのことを、つながりは教えてくれる。
(報道部・吉川翔大)


 テレビは、どのチャンネルを回してもも「3.11」の特集をやっている。

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 ということで、夕方は、「酔仙」で一杯♪
 6年前の3.11で越前高田市の蔵が流され、「岩手銘醸」の藏を借り、日本酒を製造した。
http://www.iwate-meijo.com/
 県外は300本限定販売!そのうちの1本なんです!!!!!
https://www.facebook.com/suisenshuzo/
美酒伝承
特別純米酒
アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合 60%
酔仙酒造株式会社
本社:岩手県陸前高田市高田町字大石1-1
大船渡蔵:岩手県大船渡市猪川町字久名畑136-1
TEL 0192-47-4130

http://suisenshuzo.jp/

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 おつまみは、今日買った「徳用ウインナー」で「ウインナー炒め ジャガイモとタマネギを添えて」♪
yonekyu 徳用 1000g ウインナー
100g当たり327kcal
米久株式会社 IHN
静岡県沼津市岡宮寺林1259番地
TEL 0120-409109

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 かけた「トマトケチャップ」は、だいぶ前に買ったもの。
くらし良好【生活良好】
 完熟トマトのおいしさが、びゅっとつまったケチャップです。
500g
大さじ1杯(15g)当たり16kcal
製造者:丸善食品工業株式会社
長野県千曲市大字寂蒔880
TEL 026-272-8118
販売者:コプロ株式会社
大阪市淀川区西中島5-14-10

 そして「花やさい」♪

「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」

 デザートは「スマイルクッキー」♪
お茶の実の雪うさぎ工房(有)
掛川市御所原7-11

本日のカウント
本日の歩数:10,133歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.2kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« お味噌汁の健康パワー | トップページ | 「ナポリタン焼きそば」、そして「鞆の浦さより一夜干し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65001299

この記事へのトラックバック一覧です: 「トミヤコーヒー店」「民芸割烹 いなんば」、そして「酔仙」:

« お味噌汁の健康パワー | トップページ | 「ナポリタン焼きそば」、そして「鞆の浦さより一夜干し」 »